fc2ブログ

祝60周年🎊 イベント開催も! 【ふじみ食堂】

2023.06.10

 地方出身者としては都心の人気店よりむしろ郊外の地域密着型のお店にハードルの高さを感じる。
“地域の皆さまに愛されてウン十年”などとうたわれていると、皆さん顔見知り、親の代からのお客ばっかりに思えて、招かれざる客的シチュエーションを意識せざるを得ない。

いわばネイティブコンプレックスだが、それを和らげてくれるのもネイティブな人々にほかならない。
ローカルな情報をその土地の人にお寄せいただくと、「オヨビデナイ… こともない?」と安堵するし、後ろ盾を得たようで心強くもある。


20230610 fujimishokudo-11


立川富士見町の「ふじみ食堂」が創業60周年を迎え、記念イベントが行われるという。
ふじみ食堂は新奥多摩街道沿いの人気店で、4月に記事にしている流れで当ブログに情報が寄せられた。
お寄せくださったのは、立川の地域密着型ウェブマガジン「立川新聞」に掲載されている短編エッセイ『Tachikawa Photo Essay』の執筆者・おおつきみつあきさん。


20230610 fujimishokudo-12


非常に気になるが、イベントとなるとさすがに気が引ける。
イベント前日に伺って、せめて情報発信のお役にでも立てればというのがこの記事だ。
(イベントの概要はこちらを参照ください)


20230610 fujimishokudo-13


11時15分の入店で、すでにだいぶにぎわっている(10時開店)
通されたのは、たぶん前回と同じ席。


20230610 fujimishokudo-14


前回チャーハンセットを食べたので、今回はポークライスセットに。
って、ほぼ一緒や! ゞ( ̄∇ ̄;)


20230610 fujimishokudo-15

20230610 fujimishokudo-16


フロアのおばさま方はしゃきしゃき小気味よく動き回っているが、接客も親身で、常連・非常連の分け隔てなくフレンドリーに接してくれる。
それも地元密着型でありながらためらうことなくリピートできる理由に違いない。


20230610 fujimishokudo-17


ポークライスは前回記事でも引用させてもらっているこちらのブログで見て気になっていたメニュー。


20230610 fujimishokudo-18

20230610 fujimishokudo-19
シンプルかつオーソドックスなラーメン


具材はチャーハンのチャーシュー・ナルトを豚肉に替えただけの感じだが、当たり前だがまったく別の食べ物である。
たとえばチャーハンがパラパラなのに対しポークライスはご飯が糊化してネットリな仕上がりで、タレも違うとは思うが調理法一つでこうも変わるものかと驚かされる。


20230610 fujimishokudo-20


共通するのが鉄鍋で炒めた香ばしさ。
食が進む進む。


20230610 fujimishokudo-2120230610 fujimishokudo-2220230610 fujimishokudo-23


60周年イベントが行われる明日(6/11)はあいにくの雨予報だが、一応、雨天決行とのこと。

「こないだの台風みたいにジャンジャン降ったらできないと思いますが、パラパラ程度だったらやりますよ!」


20230610 fujimishokudo-24


[DATA]
ふじみ食堂
東京都立川市富士見町7-37-22





[Today's recommendation]


1963年といえば… https://youtu.be/x7prHYwxWPY



wachat230610.jpg



20230610 fujimishokudo-25
ウマノスズクサ / 東京都薬用植物園


懐かし感いっぱい❣ 【ふじみ食堂】

2023.04.06

 立川市歴史民俗資料館をそそくさと立ち去ろうとするワタシに、「もう済んだの?」と声をかける駐車場のお掃除のおばちゃん。
入るとき自転車どこに止めればいいか聞いた流れで、この木(トキワマンサク)には花がつくんだ… とか、昭和記念公園のチューリップがきれいだ… とかとりとめのない会話を交わし、ちょっと印象に残っていたらしい。この施設の利用者にしてはずいぶん滞在時間が短いと思ったのだろう。
実はその時点で想定外に時間に追われる展開になってしまっており、六面石幢の写真を撮っただけでほかの展示を見ていない。


20230406 fujimishokudo-11
左前方の緑が、たぶん普済寺


時刻は13時20分。
メシは食べなきゃいけないが迷ってるヒマはなく、知ってる店でちゃちゃっと済ませることに。


20230406 fujimishokudo-12


資料館から真っすぐ南下して新奥多摩街道を左折、2つ目の信号の際に位置する「ふじみ食堂」。
初めて入る店だが“知ってる”というのは、最近立て続けにインスタ投稿やブログ記事を目にして知った気になっている。
前記事冒頭に書いている“気になる案件”の一つがこちら。

初めてのお店に入るのに長考を要する優柔不断なワタシだが、そんなヒマはないので、時間に追われる状況というのも悪いことばかりではない。


20230406 fujimishokudo-13


広い駐車場を備えたロードサイド店だが、袖看板がなく電飾も使われていないのでまったく目立たない。
広い窓とガラスドアとタバコ売り場の小窓越しに店内の様子がうかがえ、入りやすい雰囲気ではある。
暖簾の“創業55年”の文字は数年前から変わっていないらしく、食べログ情報によれば1962年オープン。


20230406 fujimishokudo-14


店内は意外に広く、4人掛けテーブル席が8つほど。
先客は3組5名うち1組2名は店員(まかないタイム)
窓際の席に着くと、外には金魚の池。
うわさどおり、ほのぼのしてる (ミ ̄エ ̄ミ) ボー


20230406 fujimishokudo-15


メニューは中華系主体で、チキンライスやオムライスといった洋食系も充実。
事前に調べたところではポークソテーとポークチャップがとてもうまそうだ。しかしラーメンも食べたい。
ポークライスセットと迷った末、チャーハンセット(ミニラーメン付き)に。
迷ったというわりには、いつもおんなじおんなじ ( ̄- ̄;)ンー


20230406 fujimishokudo-16

20230406 fujimishokudo-17


まかないの2人を含め、ホールはおばちゃん3人体制かな。
どういうわけか僕のあとにどんどんお客が入ってきて、ほのぼのムード一転、臨戦態勢に。
それでもおばちゃんたちの接客は余裕しゃくしゃくで、客は大いに安心感を得られるのである。


20230406 fujimishokudo-18


チャーハンセットは、半チャンならぬチャーハン半ラーメン。


20230406 fujimishokudo-19


チャーハンもラーメンも昔懐かしい味。
懐かしいだけでなくレベルが高い。
ほけーっ… とするくらいおいしい。
このチャーハンとこのラーメンが食べられるお店が1店あれば、ほかに店はなくていいかな(←暴言)。


20230406 fujimishokudo-21-2


ところで、外の看板の出前持ち風キャラクターは若いころの店主がモデルらしく、作者である常連だった漫画家さんによる7コマ漫画『ふじみ食堂物語』が、あちこちの壁に掛かっている。
こちらの名物らしいのでお勘定のときにでも写真を撮らせてもらおうと思っていたら、前述のように後客が多く、漫画の額の掛かる席はすべて埋まってしまった。
なので漫画やほかのもろもろについても、こちらのブログを参照していただければ…。


20230406 fujimishokudo-20


帰路は直線距離にして10kmを珍しく全力でこいで、いい運動になった。
やっぱり、あとで思えば、それは悪いことばかりでもない。


20230406 fujimishokudo-22


[DATA]
ふじみ食堂
東京都立川市富士見町7-37-22





[Today's recommendation]


https://youtu.be/w0Svc6XH7K8



wachat230406.jpg


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2