fc2ブログ

街道の茶屋から続く? 老舗うどん 【関根屋】

2017.06.22

 青梅街道沿いの武蔵野うどんまたは小平糧うどんの老舗。
7代続いているとのことで、団子やいなりずしを出すこともあって、まさに時代劇の茶屋を連想させる。


sekineya31.jpg


ずいぶん前にテレビでこの店のことをやっているのを見て、このあたりがうどんどころであること、この店に代表される昔農家で食べられていたようなうどんを出す店が点在していることを知った。
閉店時間が早いから昼食の遅い人は食べられない、ともテレビで言っていた(営業時間10:30~13:00)。


sekineya32.jpg


12時40分すぎに近くを通っていて、「そういえば」と、閉店間際で客足が引けていることを期待して急きょ立ち寄ることに。
常連客2組が続けて支払いをしているところで、ほかにはカウンターに若い女性1人、奥に中年カップル。どちらもほぼ食べ終わっている。やはりちょうどいい来店時間だったようだ。
カウンター席に座り、もりうどん中430円(+税)を注文。


sekineya33.jpg


店舗は古いシラカシの高木に緩く囲まれ、武蔵野の風情を残す。元は“樫ぐね”に整備されていたのかもしれない。
外観のこぢんまりした様子からすると意外なほど店内は広い。入ってすぐがカウンター、その右にテーブル2卓、それらを囲むように奥がかぎ形の座敷になっている。古い民家のような渋く落ち着いたつくり。


sekineya14.jpg


カウンターの後ろが洗い場と団子用の炭火の焼き台、その奥が広そうな調理場になっている。手前に女性店員、奥に男性店員。
なぜかおばあさん、おじいさんがイメージされる店だが、2人とも案外若い。
うどん屋のおばさんはそういう人が多いのか、こちらの方もけっこう濃い(「みんなのうどんや」 参照)。濃いには濃いが、怖くはない。


sekineya34.jpg


うどんはどんぶりに盛られている。糧は細切りのゆでキャベツ。
ここはゆで置きのイメージがあるが、たしかに提供時間は早かったが麺はゆでたてのようにしっかりしている。武蔵野系にしては細め、かなり長め。灰色がかっており、無漂白の地粉を使用しているようだ。細めでそこそこコシがある、とても食べやすいうどんだ。


sekineya16.jpg


つゆは個性的で、武蔵野うどんに多い砂糖で甘味を付けるのではなく、だしのうま味を効かせたタイプ。しょうゆは控えめで魚の匂いが強いが、やはり武蔵野に多い鰹節ではなく煮干しの風味。


sekineya35.jpg


このうま味の強いつゆと小麦の香り高い麺は非常に相性がよく、いくらでも食べられる。
中盛りは少なくはないが、大でもペロッといけそうだ。


sekineya36.jpgsekineya37.jpg


前に一度入ったことがあるが、そのときはこれといって印象に残らなかった。それが不思議に思えるほど、麺もつゆもとてもおいしく感じられた。やはり、長く続いているのには訳がある、ということ。
混んでいるというイメージだが、この時間に入れば余裕かもしれない。そのことがわかったのも収穫。


sekineya38.jpg


[DATA]
関根屋
東京都小平市仲町164





[Today's recommendation]

chatdailleurs170622-2.jpg
自転車道にいつもいるやつ。うちのじゃないので生き物枠で




https://youtu.be/Uinob0vq3MA


Latest Articles
王道を行く 【武蔵村山大勝軒】 Dec 01, 2022
アケボノとか… 【大金】 Nov 30, 2022
26の寺院が軒を連ねる ――烏山寺町 Nov 29, 2022
滝山の土曜の午后1時 【珍来】 Nov 27, 2022
こんなコミュニティ、いいね! 【喫茶庵 うたたね】 Nov 26, 2022
チャチャッと 【IKEA立川 ビストロ&スウェーデンフードマーケット】 Nov 26, 2022
かつおの追憶 ――発酵で旅する東京の森 Nov 24, 2022
洋食の追憶 【ホテルオークラレストラン ゆりの木】 Nov 23, 2022
150年後というか、50年前との邂逅 【東京国立博物館 表慶館】 Nov 21, 2022
一日楽しめる巨大ミュージアム 【東京国立博物館】 Nov 20, 2022
いざ総本山へ! 【永福町大勝軒】 Nov 19, 2022
物見遊山気分で 【永福寺】 Nov 18, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2