fc2ブログ

武蔵野食文化 【Enjoy Agano】

2023.03.05

 今回歩いた範囲でいうと、吾野宿には食事のできるお店が3店ある。

一つは3記事前の「ゲストハウス吾野宿 & カフェレストラン」で、カレーやビーフシチューといった洋食メニューがおいしそうだ。
が、今回はライダーの貸し切り状態で、ちょっと無理。


20230305 enjoyagano-23


2店目は、吾野駅前にある「美晴休憩所」という「創業60有余年」(お店のおかあさん談)のお土産&軽食の昭和ノスタルジア系。
もちろん立ち寄り、吾野宿の生き字引きのようなおかあさんにいろいろお話を伺ったが、写真は「撮らなくていいです、こんなとこ(笑)」というので、今回は掲載を控える。


20230305 enjoyagano-11


で、今回食事をしたのが👇こちらの手打ちうどん&ピザのお店。


20230305 enjoyagano-12


あちこちに書いてあってキャッチコピー? とはじめ思っていた「Enjoy Agano」が、こちらの店名。


20230305 enjoyagano-13


うどん、ピザ、おにぎり…。
品ぞろえは多くないが、斜陽の宿場町にあって貴重な存在であろう。


20230305 enjoyagano-14


農家の離れのような外観とは裏腹に、店内は重厚。
無垢材の梁と天井。漆喰の壁。


20230305 enjoyagano-15


酒瓶や缶詰の並ぶショーケースがいい感じで、角打ちかくあるべし! というたたずまい。
「酒屋さんだったんですか?」と尋ねたところそういうわけではなく、ショーケースは閉店した近所の呉服屋さんから譲り受けたものだそう。


20230305 enjoyagano-16


注文は、肉汁うどんと豚すき定食。


20230305 enjoyagano-17

20230305 enjoyagano-18


豚すき定食には小鉢がたくさん付いてきて、サービス精神満点といった感じ。

葉物野菜の小鉢を指して「のらぼう菜です」とご主人。
のらぼう菜といえば秩父というイメージだが、自宅の畑で採れたものだそうで、ここが“秩父街道の宿場”ということを思い起こさせる。

たっぷり添えられたポテトサラダは丁寧な手づくり感いっぱい。


20230305 enjoyagano-19


うどんの粉の香りがよかったり豚肉の脂身がおいしかったり、武蔵野うどんに通じるものがある。
武蔵国の同じ食文化圏。


20230305 enjoyagano-20

20230305 enjoyagano-21


山間の旧街道は木曽路にも通じるものがあり、そんな旅心を誘われる吾野宿。

吾野宿編おしまい)


20230305 enjoyagano-22


[DATA]
Enjoy Agano
埼玉県飯能市坂石町分229-2
https://enjoy-agano.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/DslSk317-Dc


wachat2305-77.jpg



20230305 enjoyagano-24
景観重要建造物「高山家」ひな飾り


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2