fc2ブログ

蔵の街によみがえった酒蔵 【小江戸鏡山酒造】

2023.02.05

 川越観光の最後に立ち寄ったのは、その名も川越市産業観光館。
愛称「小江戸蔵里 KOEDO KURARI」として知られる人気施設である。


20230205 kagamiyama-11


こちらは1875(明治8)年創業の旧 鏡山酒造の建築物を改修した施設で、2010年開業。
核となるのが国の登録有形文化財として登録された3つの蔵で、建てられた年代から「明治蔵」「大正蔵」「昭和蔵」と呼ばれ、それぞれ「おみやげ処」「まかない処」「ききざけ処」の機能を担う。

まかないは済ませたし、ききざけは車なので無理だし…。
ここはやはり、おみやげ利用中心。


20230205 kagamiyama-12


明治蔵は、川越銘菓やクラフトビール、醤油などがそろう「蔵里セレクション」、軽食・ソフトドリンクの「kuracafe」、そして物販店「小江戸鏡山酒造」「くらづくり本舗」「おいも堂」からなる。


20230205 kagamiyama-13


今回の目的は鏡山酒造の“酒粕かすてら”。
以前お土産に人にあげて好評だった。


20230205 kagamiyama-14


ところで冒頭に記した鏡山酒造であるが、実は2000年に廃業している。
それを惜しむ地元の声を受け、若い世代が復刻させたのが現 鏡山酒造(小江戸鏡山酒造㈱)。設立2007年の若い蔵なのである。


20230205 kagamiyama-15


明治蔵内のショップ「小江戸鏡山酒造」店頭には、カステラと奈良漬けのサンプルが並ぶ。
奈良漬け好き的にはこれはうれしい。


20230205 kagamiyama-16

20230205 kagamiyama-17


実は先月、川越に遊びに来たとき、時の鐘の近くの酒屋さんで鏡山の酒粕を買っているが、その袋搾り酒粕を使った奈良漬けという。
つぶつぶ感と発泡感があって香り高い、鮮烈な酒粕だった。
これは買わないわけにはいかない。


20230205 kagamiyama-18


酒粕かすてらは、酒粕というか酒の匂いがプンプン。
酒も甘い物も好きな人には、これはたまらないだろう。
あ… オレか ヾ(・ω・o)


20230205 kagamiyama-20


奈良漬けも封を切った途端、日本酒の香りがふわりと香る。
粕を拭って皿に盛ってもまだまだ芳しく、実においしくぜいたくなもの。


20230205 kagamiyama-19
先月買った袋搾り酒粕と、今回のお土産・奈良漬け


日本酒を買わずとも満足のいくお土産が買えたのであった。

川越観光編おしまい)


20230205 kagamiyama-21


[DATA]
小江戸鏡山酒造
埼玉県川越市新富町1-10-1
https://www.kagamiyama.jp/
https://www.machikawa.co.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/eOtGz_X2wS4



wachat230205-888.jpg


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2