fc2ブログ

おしゃれなレトロ感? 【キッチン若松】

2017.06.18

 5年前に「信州そば若松」から「キッチン若松」にリニューアル(「東村山グルメ日記2」参照)。
フライものやハンバーグ、ナポリタンといった洋食メニュー中心の展開に切り替え、それが成功していまや人気店となっている。


kitchen-wakamatsu31.jpg


リニューアル時に人目を引いたのが、さくら通りに面した外壁に掛けられた大きな料理写真。
ミートソーススパゲティとハンバーグという、どう考えてもそば屋では出していなかったであろう新規メニューを前面にアピールしているあたりに決意のほどがうかがえた。
一方で、どう考えてもそば屋時代の人気メニュー、かつ丼と天丼がそれと同格に扱われているあたり、保険かけてるな… と。


kitchen-wakamatsu32.jpg


内装もきれいにリフォームされていて、壁の一部のあずき色をメインカラーに、暖簾、いすの座面、ブラインドカーテンが同色にコーディネートされている。
ただ、メニューブックの表紙デザインや割り箸入れが完全にそば屋仕様というあたり、素性が見え隠れして面白い。

入って右側のテーブル席はそれぞれ衝立で仕切ってあるのでゆったりくつろげる。
いちばん奥のテーブルに着き、豚生姜焼き定食890円(私)とかつカレーライス890円(妻)を注文。


kitchen-wakamatsu33-2.jpg



隣のテーブルは女系3世代、その向こうは若い家族と、2日続けて小さい子率が高い。一方で高齢者の単独客もいて、地元密着度は高そうだ。
店員は、ホール係のおばちゃんと、ときどき厨房からヘルプで出てくる大女将。厨房の奥はうかがえない。


kitchen-wakamatsu36.jpgkitchen-wakamatsu35.jpg


まずかつカレーが出てきたので妻の前を指さすと、「あ、こっちなの?」と、おばちゃんは意表を突かれたような反応。
推測だが、男女でご飯の量を変えていて、かつカレー=おやじ、と決めてかかったんじゃないだろうか。すごくご飯が多く見える。


kitchen-wakamatsu38.jpg


続いて僕の生姜焼き。
ご飯の量は普通だ。


kitchen-wakamatsu37.jpg


ついでにマヨネーズのボトルをドン。
定食のキャベツ用と思われ、業務用1kgという感じのチューブがどの席にもドンと置かれる。


kitchen-wakamatsu40.jpg


生姜焼きは厚めのロース肉が4枚。
ショウガのほか、甘みを出すためにタマネギやリンゴなんかを下ろして漬け込んである感じ。とても軟らかく、甘めの味付けでご飯が進む。
キャベツ、トマト、パセリとマカロニサラダが添えてある。生姜焼きにレモンというのは珍しいかも。


kitchen-wakamatsu34.jpg


小鉢はキュウリとモヤシのサラダ、ワカメとネギのみそ汁、たくあんに白菜漬け。
かつカレーにはキャベツときゅうりのサラダ、コンソメスープ、酢ラッキョウに福神漬けが付く。


kitchen-wakamatsu39.jpg


子連れの人たちが出て、1時を過ぎて『NHKのど自慢』が終わるのを見計らったかのように、若いいまどきのカップルが2組、立て続けに入店。
古い店で若い客を見かけても不思議とは思わないが、おしゃれなのは珍しいかも。このあたりでは。
洋食メニュー×丼もののミスマッチのように、きれいにリフォームしたけれどもセンスは昭和そのもの、みたいなズレが若い人に受けているのかもしれない。
それでいて新しく清潔だから安心感もある。安全・安心なレトロ。いってみれば、レトロ規格のおしゃれアイテム認証。
この人たちは神楽坂や谷根千のノリでこの店を楽しんでいる、と言ったら言いすぎだろうか? 言いすぎだな(笑)。

彼らのテーブルに若松ランチが運ばれてきて、男のほうが手を挙げると、「あ、こっちなの?」とおばちゃん。ご飯茶わんをいったん下げて、てんこ盛りにして戻ってきた。
見込みで動くんじゃなく、確認をとったほうがいいと思う(笑)。


kitchen-wakamatsu13.jpg


[DATA]
キッチン若松
東村山市栄町2-21-14





[Today's recommendation]

chat170618-22.jpg



20170618 goisagi-222
ゴイサギ(野火止用水 / 東村山市恩多町)




https://youtu.be/x_ZPceluIsY


Latest Articles
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
コミュニティの中心に 【野村商店】 Sep 23, 2022
地場野菜と仕込み水が自慢の 【自然処 玉井屋】 Sep 22, 2022
小京都の酒蔵と衰退商店街と 【晴雲酒造】 Sep 21, 2022
大正ロマンなB級グルメ 【好古壱番館】 Sep 20, 2022
江戸期の商都を体感 ――栃木蔵の街 Sep 19, 2022
地域きっての… 【ますも庵】 Sep 17, 2022
昭和そのままなたこやき屋さん 【たこやき高橋】 Sep 16, 2022
こんな活力のもと 【そばうどん 松本】 Sep 15, 2022
すし折りの幸せ感 【明治屋】 Sep 13, 2022
運気の上がる? 【福元】 Sep 12, 2022
田舎風景に忽然と 【五千頭の龍が昇る聖天宮】 Sep 11, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2