fc2ブログ

3代続く“野方の台所” 【野方食堂】

2019.06.02

 ずっと探していた棕櫚の箒が野方で手に入るらしいことを知った。
駅の北口、環七の内側の静かで人通りのない住宅街を20分ほど歩くと、いきなり目的の店「そうこう箒本舗」があった。


190602 nogatasyokudo-27


家の掃除はもっぱらダイソンだが、私(相方)は棕櫚の箒に憧れていて、京都三条にいい感じの店があることを知った。ただし、いつもあるとは限らない。職人が作ってくれると店頭に並び、当然ネット通販などしない。京都は遠いな…、いや距離の問題だけでなくその商い方も。
さずが京都と感心するやら諦めの境地やらでいたところ、偶然こちらを知って、さっそく訪れた。――以上、相方記す。


190602 nogatasyokudo-26


野方は高円寺に遊びに行くときやなんか意外に使うことの多い駅で、そんなとき横目で眺め、駅前商店街にはいくつかなんとも惹かれる外観のお店が存在することを記憶にとどめている。


190602 nogatasyokudo-55


その筆頭格が「野方食堂」。
お昼ごはんは迷わずこちらに。


190602 nogatasyokudo-14


過去に現場で横目で見て記憶にとどめてはいるが、お店情報を下調べするようなマメな性格ではないので、入ってみて「あ、そうなのかぁ…」みたいなことがいろいろある。


190602 nogatasyokudo-15


「野方食堂」は昭和11(1936)年創業。あ、そうなのかぁ… みたいな。
てか、えぇー!! 昭和11ねん~!?


190602 nogatasyokudo-56


魚中心の和定食は想像どおりだが、スパゲティ、オムライスといった洋食メニューにもこだわりがあるらしい。それは神田の食堂や上野のレストランで修行を積んだという創業者の経歴に関係するようだ。
いま店を切り盛りするのは孫の3代目だという。


190602 nogatasyokudo-57


注文は、まず“4万食突破”おすすめ度五つ星のA定食(とりから2個&豚肉生姜焼き)。


190602 nogatasyokudo-58


もう1品はせっかくだから洋食方面。オリジナル特製みそが使われているというミートスパゲティー(みそ汁サービス)に。
ご飯大盛り無料とスパゲティ大盛り無料(レギュラー240g→大盛り460g)のサービスがあり、スパゲティのほうだけ大盛りにしてもらう。


190602 nogatasyokudo-59


客入りはいいが回転も速く、家族連れや年配客など、地元では幅広い層の根強い支持を獲得している雰囲気が伝わってくる。


190602 nogatasyokudo-60


4人テーブル6卓、2人テーブル6卓の構成だが、2人客でもまず4人掛けから案内するといったサービス精神の徹底された接客がとても好ましく映る。


190602 nogatasyokudo-62


ミートソース(大盛り)は、まさに懐かしの昭和のミートソース。


190602 nogatasyokudo-61


「アルデンテなどという洒落た言葉はありません。それどころかスパゲティを20分も茹でる」(メニュー帳より)
僕らはそんなレシピのスパゲティを食べて育ったのだ。


190602 nogatasyokudo-64


A定食もボリューム満点。


190602 nogatasyokudo-63


からあげがデカい。生姜焼きも、肉ばっかり。
ご飯大盛りにしなくてよかった…(笑)。


190602 nogatasyokudo-65


3代目の先代・先々代へのリスペクトがひしひしと伝わってきて、それだけでもほっこりとさせられる街の食堂である。


190602 nogatasyokudo-66


[DATA]
野方食堂
東京都中野区野方5-30-1





[Today's recommendation]

wachat190602-3.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




1936年の出来事:アメリカでチャップリンの『モダン・タイムス』が封切られる https://youtu.be/u5isqWnleGI


幾千もの川を越え 【千曲食堂】

2019.03.17

 西武新宿線の鷺ノ宮駅で降りて散歩するのに、いつもなら阿佐谷に向かうところを、逆方向に行ってみることにした。西武池袋線練馬駅方面、未知の世界である。
途中、典型的な東京郊外の住宅街で特筆すべきことはないが、しいて特徴を挙げればその典型的というところ。子どものころ想像していた東京の町というのはこんな感じだったかもなぁ… という上品で平和な空気感が漂っている。


190317 chikumashokudo-26
練馬区指定文化財・南蔵院鐘楼門


前方に出現した高い建物を目印に進む。
着いてみれば、それは練馬区役所。1996年竣工、地上21階建て。
区役所から駅方面への歩道橋の架かる目白通りを渡ると、いきなり繁華街に。たまに自転車で通ってここの駅前は栄えている印象だったが、商業地域がそれほど広いわけではないのかも。


190317 chikumashokudo-24


おぼろげな記憶で細い路地へ。
以前、そのあたりで偶然見つけたのが「千曲食堂」。それはネット上で見覚えのある外観で、ラーメンなら「栄屋ミルクホール」、洋食なら「キッチンぶるどっく」というような、いわばSランクの昭和食堂として記憶されていたものであった。


190317 chikumashokudo-23-2


11時半で、ちらっとのぞいてみるとお客さんの気配はない。いまなら入れる… 気がした。
聞こえの高い「千曲食堂」に潜入しようとの野心を抱いてやって来たわけではないが、その空虚感には排他的ニュアンスはなくむしろ寂しげでもある。


190317 chikumashokudo-12


ところが、「ほかに誰もいないと入りづらくない…?」と相方。
たしかにそのとおりで、物事には二面性がある… と(笑)。そもそもの目的の一つが食べもの屋の探索でもあるし。


190317 chikumashokudo-25-2


で、駅周辺をひと通り見て回ったが、これといったお店は見つからない。
“これといった”とはすなわち“千曲食堂以上にインパクトのある”ということ。歩いているうちにもそのブラックホール的吸引力はどんどん強まっていくようであった。
12時半、再び「千曲食堂」。


190317 chikumashokudo-11


カウンター9席の細長い店内。
ご高齢のおかみさんが1人で切り盛りしているようだ。


190317 chikumashokudo-13


いたるところ、外観から想像していた以上に年季が入っている。外見はアレでも入ってみれば意外に小ぎれいということが多く、こういう正真正銘なのは久しぶり。僕なんか昭和40年代の光景がフラッシュバックしちゃったりなんかして ( ̄  ̄;) ムム…


190317 chikumashokudo-18


オーダーシステムは、単品料理+定食(ご飯、みそ汁、お新香)200円というもの。
目の前のネタケースに仕込んである大きいコロッケに、まず一品めは決まり。あとはバランスを考えたつもりで焼肉と玉子焼。3品とも350円。それに定食×2。


190317 chikumashokudo-17


あとで思ったが、バランスを考えるなら野菜で、おひたしやおかずケースに並んでいるホウレンソウの卵とじといったものも頼めばよかった。


190317 chikumashokudo-15


壁の品書きの短冊の上に並ぶ大入り額のたぐいを見て「あれ…?」と思った。
いずれも宛名が“宝華さん江”。中華料理店らしい。
気になるので聞いてみた。


190317 chikumashokudo-14


「主人の店なんです」とおかみさん。「肩を痛めてできなくなっちゃって。それで、かあちゃんにできることをやっていくしかない(笑)って、このお店を始めたんですよ」
中華屋さんで肩の故障は厳しい。中華鍋の炒め物もラーメンの湯切りも、肩の動きが基本だ。
食堂の名前はおかみさんのお母さんの故郷、長野の千曲川から。


190317 chikumashokudo-21


3品ほぼ同時にできあがる。
コロッケは、小判形の形状で俵形の厚みがあるというか… 独特の形状&サイズである。衣はカラッと、中はホクホク。タネはほぼジャガイモで、ちょうどよいバランス感覚でひき肉がちらほら。素朴なおいしさで、いくらでも食べられそう。2個350円はお得だ。


190317 chikumashokudo-20


豚バラの焼肉も甘めの優しい味付け。玉子焼は軽く味が付いているが、しょうゆかソースをかけて食べる、なんだか懐かしいおかずだ。


190317 chikumashokudo-28


「その中華屋さんはどこでやられてたんですか?」
「ここなんです。食堂の前は中華屋で、でも1年くらいしかやらなかったけど…」
中華屋にしたらこの物件は小さすぎるかと思って聞いてみたんだが、小商いからスタートという時代だったかもしれない。


190317 chikumashokudo-19


「それで、食堂は何年くらいに?」
「59年。始めたのが昭和35年で…」
「35年… まだ生まれてない(笑)」
「あらそう? ずいぶん長くやってきたものですね(笑)」


190317 chikumashokudo-16


[DATA]
千曲食堂
東京都練馬区豊玉北5-32





[Today's recommendation]

wachat190317-22.jpg




https://youtu.be/6cKXMGEF_XY


新宿ディープゾーンの残影 【長野屋】

2019.03.01

 若いころ、新宿には踏み込むのに勇気の要る場所がいくつもあった。歌舞伎町、ゴールデン街、二丁目、場外馬券、しょん… もとい思い出横丁……。
これらダークサイドはそれぞれにオープン化の方向に変化してきているが、なかでも特に大きな変貌を遂げたのが場外馬券売り場、現・ウインズ新宿周辺である。


190301 naganoya-11


かつてセントラルホテル前の通りは甲州街道陸橋に突き当たり、左に折れたところにある狭い歩行者用トンネルは、特定の人間しか通らない、異界への入り口だった。
その向こうの世界を僕は知らない。


190301 naganoya-12


平成に入り高島屋が開業、南口コンコースが線路の東側に延びて東南口改札ができ、その上にはルミネ2、改札を出て広い階段を下りたGAP前広場は有数の待ち合わせスポットとなり、人の流れは東口から高島屋へ向かう動線と合流。
どん突きのガード下は、いまや新宿の人の流れの要衝である。


190301 naganoya-61


人波に流され雑然たる風景の一部にしか映らない街角も、立ち止まって眺めれば個々の身上が見えてくる。
新たな新宿の中心の五差路の一角に、場末時代の面影を残す大衆食堂。


190301 naganoya-58


食堂「長野屋」は1915年創業。
なんと、100年企業である。


190301 naganoya-56


存在は知っていたが、あらためて立ち止まって眺めてみると、表の品書きの周りにはいろいろな書き込みがなされている。
“材料値上げに耐えきれず、かつ丼、カツカレ、とんかつ……、各50円上げさせていただきます”
厳しい経営環境はどこも変わらない。


190301 naganoya-21-2


店内は1~6人用のテーブル席のみ30席ほど。
中央のネタケースが懐かしい。


190301 naganoya-59


注文はイカフライ定食。値段は、表のメニュー表では850円、店内は870円(笑)。
実際いくら払ったかは、会計で少しゴタゴタッとなったので覚えていない ( ̄ω ̄;) ウーム…


190301 naganoya-55


入り口左手に上り階段があるが2階が客席として使われている気配はない。調理の物音は聞こえず、ネタケースの向こうで昇降機の到着チャイム音がするので、2階が厨房になっているものと思われる。


190301 naganoya-20-2


店員はホール係の中国系? 女性と、その女性が「奥さん」と呼ぶ初老のやせた女性の2人体制。ホール係の方は客には誠実に相対するが、奥さんには反抗的である(笑)。
その奥さん、一見神経質そうにも見えるが、いかめしい顔でメニューを眺めている年配客に「どれがいいかなー?」といきなりちょっかい出したりと、実のところ一本外れてるふう ( ̄. ̄;) …


190301 naganoya-60


イカフライはリングタイプではなく大きめの短冊が3本。各半分に包丁が入れてある。
イカは肉厚のモンゴウ系で、火の通しがよく、やわらかでおいしい。ただ、半分に切ってはあるがひと口サイズには大きく、かみちぎろうとしても薄皮がじゃまをする。ちょっと食べづらい。
付け合わせの千切りキャベツの量が少ないのは、不思議とこういう外観の食堂に共通している。みそ汁は豆腐とワカメ。
簡素にして堅牢な組み立ての一食である。


190301 naganoya-18-2


支払いのとき奥さんが見当たらず、ホールの女性に呼ばれて階段を下りてきた。
「〇〇〇と〇〇〇で…」と階段の途中から、「合計1760円になります」
「えー…!?」と驚くワタクシ。
「ちがうよ」とホール係。
「ごめんなさい、えーと、こっちね」と奥さん。「でもお客さんの前でいまの口の利き方はよくないよ。『ちがうよ』じゃなくて『ちがいます』」
いや、客の前でいきなり接客指導をするのもどうかと思うぞ。


190301 naganoya-57


1000円払ってお釣りを受け取り、「ごちそうさま」と言うと…
「まちがえましたぁ… (・_・、) グス」と小声でつぶやいたあと、(なんちゃって (・ڡ < ) テヘペロ!! )という表情を浮かべる。

間違えたところからすでに“なんちゃって”なのかは定かでないが、長年赤鉛筆相手に鍛え上げてきた接客術はひと癖もふた癖もありそうだ。


190301 naganoya-25


[DATA]
長野屋
東京都新宿区新宿3-35-7





[Today's recommendation]


https://youtu.be/J2bCQMj3D9w



wachat190301-22.jpg





 変わりゆく新宿

朝のニュースで指揮者アンドレ・プレヴィンの訃報が流れた。プレヴィンはN響首席客演指揮者時代の2012年に実演に接する機会があったが、そのときすでに身体的フレイルな感じだった。享年89歳。


190301 shinjuku-11190301 shinjuku-13


ジャズピアニストだった若いころの音源が聴きたくてディスクユニオンに行こうとしたら、ビルが解体されていた。両隣がなくなり紀伊國屋ビルがぽつんと立っている。Jazz館の移転先は、「長野屋」のすぐ裏手であった。
『West Side Story』を購入。



https://youtu.be/gc0SU0LfPzw


激変の街で、変わらぬ存在 【ほかり食堂】

2018.04.14

 JR中央線では三鷹―立川間の高架化(~2010年)に伴い、短期間で沿線の街の様子が激変した。
同じように、いま大きく変わろうとしているのが西武池袋線。
練馬高野台駅─大泉学園駅間連続立体交差事業が2015年に終了。同区間の石神井公園駅周辺は大きく様変わりした。


180414 hokarishokudo-27


駅および南北通路を縦軸に、東西に伸びるプロムナードを取り囲むように4つの「Emio」を配置する再開発計画が、西武グループが推進する“エミナード石神井公園”。


180414 hokarishokudo-37


これにより、特に従来商業施設が手薄だった駅北西エリアがおしゃれなショッピングスポットに生まれ変わった。


180414 hokarishokudo-31


その一方で、バス通りとなっている南西側の古い商店街は、いまのところ手つかずのまま。

南口のロータリーから石神井公園にかけて、古本屋や和菓子屋、せんべい屋、青果店、釣具店… と、昔ながらのお店がいくつも残る。
もちろん古い飲食店も多い要注目エリアである。


180414 hokarishokudo-38


公園に下る道の途中にある「ほかり食堂」は、創業1939年。


180414 hokarishokudo-23


お店の隣が「ほかり美容商事」、その向かいに「株式会社ホカリ」が入る「ホカリビル」と、この食堂は一帯の有力者とみられるほかり(穂苅?)一族の一つと想像される。


180414 hokarishokudo-20


ちなみにこちら、坂口安吾ライスカレー100人前事件で有名。
それぐらい歴史がある。


180414 hokarishokudo-34


意外に広い店内は、ホールにテーブル6卓、右側の異様に高さのある小上がりに3卓。
14時10分にしてお客さんは5組6人と多い。


180414 hokarishokudo-39
“高座”


何の気なしに空いている席に座ったが、あとで眺めてみると、自分でテーブル席は全部埋まっていた。下手すると“高座”に上がらされていたわけで、けっこうヒヤヒヤもの。


180414 hokarishokudo-02


何でもありな感じの食堂で、そういうお店でよく頼むカツカレーが食べたかったが、何度見ても見つからない。
すると、壁の張り紙に“ラーメン・半カレーセット”というものを発見。迷わずそちらに変更。


180414 hokarishokudo-01180414 hokarishokudo-03


注文後にメニュー表を見直すと、あっさりカツカレーが見つかった。これはレイアウト上、タブの設定に問題があるんですね。
結果的には見落としてよかったと思っている。


180414 hokarishokudo-04


こちらは60前後? の男女が主に取り仕切っている。
と思ったら、厨房に小柄で背中の曲がった男性の姿がちらちら。この方が店主のほかり(穂苅?)さんと思われる。

しばらく見ていると、若手の2人は精力的に動き回ってはいるが、どうやら調理関係には関わっていない。
洗い物やテーブルの片づけがメインで、それが終わったとしても、たとえばカレーのごはんをよそうとか、そういうアシスト的な作業さえいっさいしないようなのだ。


180414 hokarishokudo-13


配膳口のトレーに店主によってカレーとラーメンがセットされても、ほかの2人は厨房の奥で突っ立ったまま。

「え、セルフサービス?」と、中腰になるワタクシ。
すると店主がぐるっと回ってホールに出てきて、背中をぐいと伸ばして重そうなトレーを持ち上げる。
中腰から、一歩踏み出しそうになるワタクシ。
「お待たせしちゃってね」と、店主のおとうさんが運んできてくれる。


180414 hokarishokudo-17


これは客一人一人に声をかけて料理を出すという、おとうさんのポリシーなんだと思った。
だから、多少危なっかしく見えても、周りは手出しをしない。


180414 hokarishokudo-35


まずラーメンのスープをひと口、レンゲがないのでカレーのスプーンですする。
「うまー!」
続いてカレーをひと口。
「うまいなー…」


180414 hokarishokudo-36


こんなしょっぱおいしいラーメンは高校の学食以来かも… と、たぶん違うスイッチが入っちゃってる(笑)。
とはいっても、懐かしいだけでなくカレーはけっこうスパイシーで案外辛かったりするので、オッ! となる。


180414 hokarishokudo-40


お支払いに対応したのもおとうさん。
千円札を出してお釣りをもらう、そのやりとりだけでもホンワカと…。


180414 hokarishokudo-24


[DATA]
ほかり食堂
東京都練馬区石神井町3-16-18





[Today's recommendation]


https://youtu.be/m0d4qNXnCFM



chat180414-22.jpg





 創業明治35年! 
2018.04.14 名物焼だんご 池田屋(閉店)/東京都練馬区石神井台1-15-3

180414 ikedaya-01


三宝寺門前のおだんご屋さん。
こちらは創業1902(明治35)年と。


180414 ikedaya-03180414 ikedaya-02


焼だんご1本100円(×3)


180414 ikedaya-04


Latest Articles
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2