fc2ブログ

夏の名残を惜しむ 【御菓子司ふくしま】

2022.09.03

 先ごろ東大和「匠紀の国屋」の冷やし求肥ぜんざいなる菓子をいただいて、そういえば今年こういうの食べてないなぁ… となった。
“こういうの”とは、いわゆる四季折々の和菓子。

和菓子は、旬の素材を使うことはもちろん、菓子そのもので季節感や日本人の美意識をも表現する芸術作品といわれる。
夏には夏の風情を表す和菓子が作り出されてきた。

ところが今年のような夏に、そもそも“夏の風情”など見いだすことができるだろうか…?
生きるのにいっぱいいっぱいなくらい暑ければ、風情も何もあったものじゃない。
和菓子ぃ…? 持って帰る間に溶けるわ!!

それではあまりに寂しいので、秋モードに切り替わる前に夏の名残を惜しんでおきたい。


20220903 fukushima-31


東大和の古い商店街・富士見通りの古い和菓子店「御菓子司ふくしま」。


20220903 fukushima-32


いまや貴重な街の和菓子屋さんで、季節ごとに商品を入れ替えている印象だが、店頭の張り紙で夏の和菓子となると麩まんじゅうと若鮎くらい。
タイミング的に、かろうじて引っかかってる感じ。


20220903 fukushima-33


こういうことは“粋”という美意識の世界の話であり、“走り”は喜ばれるがわざわざ“名残”を求めようという人は多くないということ。


20220903 fukushima-34


ショーケースには水ようかん、白玉大福、麩まんじゅうと並んでいる。


20220903 fukushima-35


1個ずつ頼んだが水ようかんは売り切れ。
あと、どら焼きが看板っぽいので、栗どら焼を追加。


20220903 fukushima-37


実はこちらのどら焼き、以前、ウォークラリーの“ひがしやまとスイーツウォーキング”でいただいたことがある。
イベントの無料配布用に特製の小さいどら焼きを大量に用意してあり、いたく感心した… というようなことを話すと、お店のおかあさんはよく覚えていないと。


20220903 fukushima-36


調べてみるともう5年も前の話だ。
(ウォーキングイベントとしての)スイーツウォーキングはコロナ禍の2020年以降行われていない。


20220903 fukushima-40


生麩のもっちりした食感とさらっとしたこしあんがよく合う。
白玉大福の皮はつるりとしてのど越しがよく、くどさを感じない。
寒い冬の温かいあんこもいいが、暑い日のさらっとした冷たいあんこもまたいい。


20220903 fukushima-38


これでお月見団子も心置きなく食べられるというもの。


20220903 fukushima-39


[DATA]
御菓子司ふくしま
東京都東大和市南街6-4-2





[Today's recommendation]

wachat220903.jpg




https://youtu.be/vp_h649sZ9A



20220903 fukushima-41
第6回ひがしやまとスイーツウォーキング(2017年)の様子


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2