fc2ブログ

焼き鳥屋の恋しい… 【とり幸 本店】

2022.09.02

 雨雲に厚く覆われ日が短くなった感が際立つ9月初旬。
赤提灯が恋しくなる季節である。
これは活動ベクトルが内向きに切り替わったことによって起きるイメージ空間の赤方偏移現象なのだね。

――と、ここまで去年のいまごろの記事のセルフコピペでした ( ̄∇ ̄*)ゞ

どちらかというと閉所はちょっとアレで何でも開放的なのが好きだし、焼き鳥屋なんか煙モクモクで基本オープンなイメージだし。
だが秋口には戸の立つところの趣き深く感じられることよ。


20220902 torikoh-31


台風11号の影響で秋雨前線が活発化し、朝から断続的な雨模様。
夕方、ようやく雨雲が切れ、仕事の気晴らしに自転車でぶらぶら。
八坂商店会でどうにも我慢できず焼き鳥を買う。


20220902 torikoh-32


「とり幸 本店」で買うのはずいぶん久しぶり。
注文を受けていたのは若い男性で、行き届いた接客で非常に感じがよい。


20220902 torikoh-33


とりかわ、ヤゲン軟骨、とりニンニク(塩)、娘肉、とりレバー(たれ)。


20220902 torikoh-35


注文するとき、娘肉というものに何か引っ掛かりを覚えた。


20220902 torikoh-36


帰ってから調べてみると、「とり幸 市役所前店」の記事に何件かコメントをいただいていて、それらをまとめると“娘肉=せせり”であり、なぜそのような字を当てるのか、機会があれば尋ねることになっていたらしい。

いやー、カンペキに忘れてました (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20220902 torikoh-39
左が娘肉


ボリュームいっぱい、食べでがある焼き鳥。
こちらはネギの代わりにニンニクを使った焼き鳥が秀逸。串全体によい香りが回っている。


20220902 torikoh-40


ちなみに、せせりは首まわりの肉のこと。
首の骨から肉をほじりとる様子から、せせりは関西方言でほじくるを意味する「せせる」に由来するという説。


20220902 torikoh-41


せせ‐る《五他》 1.つつく。つついて中身をほり出す。「―・り箸(ばし)」 2.いじる。もてあそぶ。(Oxford Languages)

うーむ… ( ̄ω ̄;)


20220902 torikoh-37


[DATA]
とり幸 本店
東京都東村山市栄町3-10-17





[Today's recommendation]

wachat220902.jpg




https://youtu.be/qQBVsPROjc0



20220902 torikoh-42


Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2