いつもの? 餃子屋へ 【みんみん】

2019.01.06

 今年のように年末年始の休みが長いと、終盤ユウウツなこと…。

 このブログの日付(末尾のアップロードの日付ではなく↖に記してある実際の行動日)と記事内容からそうは思われないかもしれないが、年末は急な仕事(物理の難問)が入って29日まで働いていた。玉突き式に年を越した仕事には4日に取りかかった。
なので、そう長く連続で休んだわけではないが、自分の場合“休み”でも仕事をしていたり“仕事”していても休み気分だったりと玉虫色のカレンダーを生きているので、“休日意識”は便宜上マジョリティと共有させていただいている。
この年末年始、休みが長かった、と。


190106 minmin-22


こんなときはたいてい街に出かける。西武新宿線の武蔵関駅で降りて、歩いて吉祥寺に向かう。昔はよく通ったルートだが、思い返せば久しぶり。
出足が遅かったので吉祥寺の街なかに入ったころには1時半を回っていた。もう選んでいる時間ではないので、いつもの「みんみん」へ。
この“いつもの”というのは、昔、武蔵関から歩いて吉祥寺に来て「みんみん」に入るのがお決まりのコースだったころの感覚だが、歩くのもそうだが2人で「みんみん」に入るのも実に久しぶり。漠然たる記憶では、相方は約3年ぶりの「みんみん」。


190106 minmin-18


ところが、行列は覚悟していたものの予想をはるかに超える列の長さで、10組は下らない。小さい店なので回転はよくない。相方が駅で用事を済ませて戻ってきても僕の位置は全然進んでおらず、あえなく脱落。
だが、ほかにこれといった店が思い浮かばず、うろうろ。


190106 minmin-19


最中と羊羹の「小ざさ」の前で「最中買ってるからもう1回『みんみん』見てきてよ」と相方。
列を離れて10分もたっていないので状況に変化があるとは思えないが、念のため戻ってみると魔法のように行列が消えており、順番待ちは1組3人のみ。
そのまま後ろに並んで、電話で相方を呼びました。やれやれ…。


190106 minmin-20


しかしそこからがウソのように速い。


190106 minmin-12-2 190106 minmin-21


カウンターの右端に通され、みそラーメン750円、餃子470円×2皿、小ライス190円を注文。
奥の壁に備え付けの荷物置きのラックに上着とバッグを置いて席に戻る途中に、もう餃子が出てきた。客が座るより早い(笑)。


190106 minmin-11


ここは餃子を見込みで焼いているので(出なければ持ち帰り用に回せるので)、タイミングがよければこのように速い。待たされるときは待たされる。


190106 minmin-14


これは後半、みそラーメンだけモソモソ食べることになるなぁ… と思っていると、みそラーメンも来た。
餃子から2分! ((= ̄□ ̄=;)) ナ、ナント!!
が、調理場のおっちゃんCがボソッと「そこじゃないだろ…!」


190106 minmin-15-2


ですよねー。いくらなんでも速すぎる。
どうやら左隣のグループの注文分を僕の前に置いちゃったみたいなのだ。
当方の極限の空腹状態を見抜いたかのような中国? のおばちゃんのナイスな間違いっぷり。
いちおう「食べていいですか?」と断って食べ始める。隣の人も一度ほかの席に置かれたものを持ってこられても困るだろうし。
そのあとのおっちゃんCのリカバリーの速かったこと。


190106 minmin-16


餃子+小ライスという注文は以前、相方がよくやっていたが、スープとザーサイが付いていないことに途中で気づく。

メニュー表を見ると餃子ライス(スープ・ザーサイ付き)は760円だが、餃子は470円、ライスは240円なので、(スープ・ザーサイ付き)で50円アップになっているもよう。
昔は品書きに餃子ライス(小ライス)の項目があったように思うんだが、どうだろう?
“餃子ライス”のライスを小ライスで、と注文しなきゃいけなかったんじゃないの…? という結論に。


190106 minmin-13


餃子は縁起のいいたべものとされ、日本人がおせちや雑煮を食べるように、中国では正月(旧正月)に餃子を食するという。
今年、早くも3回目の餃子だが、さすがに専門店だけあって、ひと味もふた味も違うのである。


190106 minmin-17


[DATA]
みんみん
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9



[Today's recommendation]

wachat190106.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=NEl6BBLwSa0


なじみの店との距離感問題 【みんみん】

2018.06.26

 吉祥寺に用事があって向かっている途中、ものすごく「みんみん」の餃子が食べたくなった。そういえばしばらく食べていないな、と思ったら。
調べてみると、なんと1年以上空いてしまってる。以前は月イチペースだったので、さすがに焦った。


180626 minmin-18


こういう食堂巡りみたいなことをやっていると、どうしても入ったことのないお店に関心が向いて、行きつけのようなところは相対的に頻度が落ちる。距離的に離れていれば、なおさらのこと。
そのへん、どう折り合いをつけていくかが個人的課題ではある。


180626 minmin-11


「みんみん」には去年と一昨年で計5回行っている(すでにペースが落ちている)が、食べたものは毎回同じ。
あさりチャーハンと餃子。


180626 minmin-12


これはたぶんこのお店の一番人気の組み合わせなので間違いない。
間違いないが、問題はある。


180626 minmin-13


ほかに食べたいものがあっても、あさりチャーハンの魅力に屈してしまっているのだ。
それが、来店頻度が落ちていることのいちばんの問題点でもある。


180626 minmin-14


たとえば、塩ラーメンが好きで以前はよく食べていた。
月イチだったら、「あさりチャーハン食べたいけど、塩ラーメンしばらく食べてないし、チャーハンは来月でもいいか」となる。
次が半年後、1年後かもしれないとなると、どうしてもチャーハンの魔力に勝てない。
みんみんのあさりチャーハンは、いちばん好きなチャーハンの一つなのだ。


180626 minmin-15


ところで、暑いときほど汗をかくたべものを欲すると、ときどき書いている。タンメンとか。
みんみんの塩ラーメンは、まさに僕の中ではタンメン扱い。
という流れもあってか、チャーハン渇望に苦しむこともなく、わりと自然に塩ラーメン(+餃子)という注文になった。


180626 minmin-16 180626 minmin-17


塩ラーメンの製法は、中華鍋で野菜を炒めてスープを加えるという札幌スタイル。味噌ラーメンも醤油ラーメンも、材料・作り方はまったく同じ。
いわゆる普通のラーメンは、醤油ラーメンではなく中華そばという名前のたべものになる。


180626 minmin-20


具はたっぷりのキャベツ、モヤシ、コマツナ、豚コマと、まさにタンメンそのもの。トッピングにメンマ。
スープはきわめてあっさりという第一印象だが、けっこうだしのガラ系の風味が強く野菜の青臭さを包み込むので、薄いとか水っぽいという感じにはならない。塩気もストレートにくる。


180626 minmin-21


みんみんの餃子は厚めのもちもちの皮が特徴。野菜主体の具は細かくミンチされ、野菜の甘味と香りが強く感じられる。
そのつど微妙に焼き上がりが違うが、今日のは焼き目がカリカリで香ばしく、モチモチとの対比が楽しめ、上々の仕上がりじゃないかと思う。


180626 minmin-19


いつものように塩ラーメンに途中でたっぷりのラー油を垂らす。たちまちどっと汗が噴き出してきて、シャツがぐしゃぐしゃに。
ここは近所のローカル駅じゃなく、おしゃれタウン吉祥寺のど真ん中だ。
やっちまった感は否めない。


180626 minmin-22


[DATA]
みんみん
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9



[Today's recommendation]

Serebro MiMiMi
Serebro
『MiMiMi』

https://www.youtube.com/watch?v=nlt5Wa13fFU



chat180626.jpg
◆ 猫写真はこちら


行列店の二枚看板 【みんみん】

2017.06.06

 約4カ月ぶりの「みんみん」。2~3年前までは月イチくらいのペースだった。
最近行く店の数が増え、そうすると、同じ吉祥寺の「ホープ軒」の場合もそうだが、必然的に遠方ほど機会が減ってしまう。
今日、うまい具合に午前中の早い段階で仕事の区切りがついたので、ほかの仕事が来ないうちにと速攻で吉祥寺にやって来た。
しかし11時45分ですでに満席+順番待ち1人。しょうがない、と行列は好きじゃないけど後ろに並ぶ。

狭いカウンターの左から2番目の席で、あさりチャーハン720円、餃子450円と、いつものパターンのオーダー。
入るまでに10分以上かかったが、注文したらあっという間に餃子が出てきた。
ここは一定ペースで一定数の餃子を焼いているから一斉提供となる。待たされるときは待たされるが、今日のように早いときは早い。注文分を出しても余る場合は持ち帰り用焼き餃子のストックに回せばいいから合理的である。


minmin15.jpg
minmin16.jpg


しかしこれは早すぎるからチャーハンまで時間が空いちゃうな… と考えながら餃子のたれの調合などをしていると、後ろからヌッとチャーハンを差し出される。あんまり早いから「僕の?」と、チャーハンの鍋振り担当のお兄さんに聞いてしまった。
チャーハン作り置きということはないだろうけど、見込みである程度多めに作っているような気はする。ときどき妙に量が多いことがあるのだが、それもその“見込み”に関係しているかもしれない。量のほかにも若干ゆらぎがあって、あさりに火が通りすぎることや塩気が強すぎることがある。
本日のチャーハンは、量かなり多め、あさりバッチリ、味ややしょっぱめ。

具はあさりのむき身、チャーシュー、卵。グリーンピースをのせ、ザーサイを添えてある。
たっぷりのあさりを使うことで、風味に魚醤的なニュアンスが加わる。魚醤×ごま油で食欲増進効果が最大限に高まるのである。

大ぶりの餃子は、あんがペースト状で野菜の甘味が強い。皮は厚めでモッチリしており、小麦の風味も感じる。このように皮のしっかりした餃子は好きなタイプだ。
焼き方にはコツがある、と以前大将がお客に説明していた。お湯を捨てるタイミングが遅れると皮がフワフワになっちゃうのだそうだ。4分と言ったかな…? 持ち帰り餃子に付いてくる焼き方の説明に書いてあると思うけど。

あとから入ってきたオシャレ系の若い女性4人組が「餃子3枚にビール3本!」 どう見ても仕事の最中なんだが…。
このところ連日、このような状況を目撃している。そろそろ自分も我慢できなくなりそうだ。今週末あたり、やばいかも。


minmin11.jpgminmin12.jpg
minmin19.jpg
minmin13.jpgminmin14.jpg
minmin17.jpg
minmin18.jpg


[DATA]
みんみん
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9


char170606.jpg


Latest Articles
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
ふるさとの原風景を体感 【ますや】 Aug 08, 2019
ホヤをめぐる諸問題(と思い出) 【角上魚類 小平店】 Aug 07, 2019
ネパールカレーと近未来予想図 【PIMA】 Aug 05, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2