肉汁うどん発祥の老舗 【小島屋】

2017.05.29

 15年ほど前になんとなくうどん屋めぐりをしていたことがあって、「小島屋」にも何度か訪れた。そのころ以来というわけではなく、この10年間にも何度か入っているはずなのだがその状況をまるで覚えていないので、10数年ぶりの来店という感覚だ。
何かいろいろ記憶と違っていて、特に内装やテーブルがこぎれいになったような気がする。普通っぽい。

昭和39年創業、いまや武蔵野うどんの標準仕様ともいえる肉汁うどんの元祖とされる。古い農家の作業場のような外観のインパクトもあって、東村山のうどん店でも特に知名度が高い。
こちらは薪釜でうどんをゆでる。加温特性が異なるためうどんの味に差が出る、という説もある。煙突の陣笠から煙をたなびかせ、薪を燃やすにおいが漂い、ノスタルジアに駆られる。


kojimaya21-2.jpg


11時ちょっと前の来店で、ほかに客はない。肉汁うどん750円とごぼうの天ぷら105円を注文。
ここはゆで置き・揚げ置きだったと思うが、出てくるまでに時間がかかっているので、最初の客の特権でゆでたてとなるのかもしれない。

「肉汁にごぼう天、おまちどう」と配膳されたものを見て、「ん?」となった。ごぼうのほかにもう1つ天ぷらがのっている。
あとで調べてみたら肉汁うどんには天ぷらが1個付くらしい。昔はそんなことはなかった。
僕は武蔵野うどんにはごぼうと人参の天ぷらが必須と考えるので、以前小島屋では必ずその2種の天ぷらを付けていた。で、本日のデフォルトの天ぷらはごぼうと人参のミックス。それで十分だったと思いました(笑)。
ラーメン屋で煮卵を追加したらもともと半個付いていた、みたいな感じ。ちゃんと調べていかないとだめだな、と。まあ、ごぼうの天ぷら好きだからいいけど。


kojimaya26.jpg


麺は武蔵野特有のよじれが入り、太さ・長さがだいぶ不ぞろい。というか短めが多い。やはりゆで上げのようで、しっかりコシがある。量は多くない。
汁も作りたてのようで豚肉の味が強く、ネギも湯あたり状態になっていない。ただ、僕の好みからすると味付けが甘すぎ。糧は青菜とワカメ。

記憶があいまいだが、外観はともかく、内部空間は以前に比べてレトロ感が薄れているように感じられる。しかしレトロを求めるのは客の都合であって、店側とすれば今を生きているわけだから、古いなりにも日々変化し続けて当然だ。
薪をたくにおいとおばちゃんたちのおしゃべり好きは、いつの時代も変わらないが。


kojimaya22.jpgkojimaya23.jpg
kojimaya24.jpg
kojimaya25.jpg


[DATA]
手打うどん 小島屋
東京都東村山市野口町3-10-3


Latest Articles
ランチずし最強宣言! 【東鮨】 Aug 22, 2019
絵心をそそる門前の茶屋 【小林屋】 Aug 20, 2019
関東(ry) うどんロード ―2 【おぎの屋 板倉店】 Aug 19, 2019
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2