fc2ブログ

昔ながらの優しい味わい 【たちばな家】

2022.01.30

 自分史の中に何をやっても楽しめない時代というのがあった。無理やり出かけてもことごとくトラウマとなっていたり…。
いまはお出かけが楽しくてしょうがないので、当時の足跡をたどり、よき思い出として上書きしてトラウマを解消しようとひそかにもくろんでいる。
嵐山渓谷川越大師 喜多院増上寺などがそのシリーズで、トラウマ破りはおおむね成功といえよう。


20220130 tachibanaya-1120220130 tachibanaya-12
払沢の滝側から見る橘橋交差点。右隅の“標識”のとおり、左が江戸(五日市、立川)、右が甲斐(奥多摩、山梨県丹波山村)


檜原村のラーメン店「たちばな家」にも行っておかなければと思っていたところ、前記事に書いたとおりInstagramで払沢の滝結氷の情報を見つけた。はじめ気づかなかったが、両者はごく近いのである。
いろいろ調べるうちに「檜原とうふ ちとせ屋」などを含め構想が膨らむ。


20220130 tachibanaya-1320220130 tachibanaya-14


檜原街道の橘橋近くにあるので「たちばな家」(だと思う)
街道沿いで駐車場に入れにくく、10年以上前に来たとき「クルマ止められないから帰る」と言いだして相方を怒らせたというトラウマ ( ̄Д ̄ ; ;


20220130 tachibanaya-1520220130 tachibanaya-16


「ちとせ屋」からそのまま歩いてきたので駐車に煩わされることもないし(笑)。
11時5分前に着いて、開店待ち1組。並ばず道の向かいで待っていたらもう1組増えたが、急ぐ用事もないので気にならない。


20220130 tachibanaya-3320220130 tachibanaya-34


お店は秋川(南秋川)の急崖にへばりつくように建てられており、渓谷に面した窓際にカウンター席が設けてある。


20220130 tachibanaya-19


テーブル席や小上がりも空いていたが、特等席っぽいカウンターを選ぶ。たしか前回もそうだった。


20220130 tachibanaya-20
眼下には秋川の渓谷


注文は、わんたんめんと五目中華そば。
知らなかったが、こちらは1947(昭和22)年創業の老舗。それで五目中華というナツカシメニューがあったのね。


20220130 tachibanaya-2120220130 tachibanaya-22


わんたんめんは味のベースが基本のらぁめんと同じだと思うが、鶏ガラなどのだしにショウガの風味の効いた懐かしくも優しい味わい。


20220130 tachibanaya-23-24


手打ちの麺は不ぞろいで、加水の関係か伸びやすいが、コシうんぬんとは違う基準ではかるべきものだと思う。
2枚のチャーシューは部位が違うかな。どちらもていねいな仕事ぶりで、程よい歯応えが残り、かみしめるとうま味が広がる。


20220130 tachibanaya-25-26


五目中華そば、なんと華やかで美しいたたずまい!


20220130 tachibanaya-27-28


五目中華といえば塩味というのも昔ながら。
具はチャーシュー、メンマ、味玉、かまぼこ、カニのほぐし身、キクラゲ、ハクサイ、モヤシ、タマネギ、コマツナ、ニンジン、ネギ…。


20220130 tachibanaya-29-30


前回もおいしかったという覚えはあるが、漠然たる記憶どおりに、かつレベルが高いというのはすごいと思った。
でも、あとで思ったが、川魚塩焼きの定食も食べてみたかった。シーズンには鮎料理も出るらしい。


20220130 tachibanaya-31


いまは冬枯れの渓谷だが、眼下の木は新芽が膨らんでいるように見える。おねえさんに聞くと「モミジだと思います」と。
新緑の季節は格別に眺めがよさそう。


20220130 tachibanaya-1720220130 tachibanaya-18


[DATA]
たちばな家
東京都西多摩郡檜原村5574
https://hinohara-kankou.jp/spot/tachibanaya/





[Today's recommendation]

wachat220130-22.jpg




https://youtu.be/Ulq_jb7MhT0



20220130 tachibanaya-35


Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2