fc2ブログ

青春を懐かしがる 【ビフテキ家 あづま】

2021.11.23

 22日朝のニュースでラグビー早慶戦の特集をやっていた。
そういえばワールドカップのあと生観戦したくなったが、まもなくコロナが始まってしまったんだった。見たい気持ちは2年たっても変わっていない。
早明戦は何度か見ているが、早慶戦は見たことがなかった。

「今日、ラグビー見に行こうか」
と翌日の朝食のときに切り出したのである。

ところが、チケットの手配をしようとしたら、チケットぴあは予定枚数終了と。
焦っていろいろ当たってみたが、チケット販売はネットのチケットぴあのみで、当日の早慶戦はともかく約2週間先の早明戦も完売。リセールにもワセダ絡みは引っかかりもしないのだった。
えー、ラグビーってそんな人気なの…!?

自分の学生時代はラグビーブームの頂点で、1学年上に本城・吉野・津布久の三羽烏を擁した早稲田は人気の面ではラグビー界のトップに君臨した。早慶戦や早明戦はまさにプラチナチケットだった。
あのころの熱気が戻っているとすれば、ラグビーファンでありチョイ経験者としてはうれしいことではあるが…。

「ラグビーが無理ならイチョウでも見に行こうか」と相方。
神宮外苑のイチョウ並木は秩父宮ラグビー場のすぐ近く。そこに行く気になっていただけに、ナイス提案。


20211123 azuma-1120211123 azuma-12


用事があるという半蔵門まで地下鉄で行き、外苑まで歩くという計画。


20211123 azuma-1320211123 azuma-14


半蔵門→紀尾井坂→真田堀→四ツ谷駅→若葉→鉄砲坂→信濃町駅… というコースで、絵画館に12時ちょうど。


20211123 azuma-1520211123 azuma-16


軟式球場を回り込んで神宮球場の外野席入り口あたりまで来ると、突如ものすごい人並みに。

「え… なにこれ!? ラグビー? 日本シリーズ?」

それはイチョウ見物に訪れたおびただしい人の群れなのでした w( ̄▽ ̄;)w


20211123 azuma-1720211123 azuma-18


そそくさとその場を離れ、昼ごはんを食べに「ホープ軒」へ。が、やっぱりというか長蛇の列。「もうこのあたりはダメ。新宿まで歩こう」 となったのである。

前振りと中身に一貫性がないのはそういう経緯によるもので、ご容赦願えればと。


20211123 azuma-1920211123 azuma-20


「新宿でお店の候補は?」
「えーと、天ぷら、じゅうじゅう焼き、とん丼、…」
「じゅうじゅう焼きかな」

ということで、北西から北へと進路を修正しつつ新宿三丁目方面へ。

「新宿末廣亭」横、じゅうじゅう焼きで有名な「ビフテキ家 あづま」は、近くのデパートでアルバイトをしていた学生時代、バイトの帰りによく入った。
前振りとお店に関連があるとすれば、キーワードは学生時代。
今回のテーマは“青春時代を懐かしがる”かな。


20211123 azuma-2120211123 azuma-22


末廣亭の前から外観写真を撮ろうとスマホを構えたら、お店がない。
え、閉店しちゃった? と目を凝らせば、神田松鯉の幟の向こうに小さいながらも看板はたしかにある。
近寄ってみると、看板の下には地下へ下りる階段。


20211123 azuma-2320211123 azuma-24


かつて1階と地下の2フロアだった「あづま」は地下だけになり、1階には別のお店が入居している。
調べてみると2019年4月にリニューアルしたらしい。


20211123 azuma-27


13:20来店で満席、空き待ちとなったが、僕らのすぐあとから順番待ちはどんどん増えていったのでタイミングはよかったみたいだ。


20211123 azuma-2820211123 azuma-29


注文は、昔そればかり食べていたもち豚のじゅうじゅう焼き(昔“もち”は付いてなかったと思うが…)と、もう1品は店名に敬意を表す意味でビフテキに。


20211123 azuma-3020211123 azuma-31


15年前くらいに家族で入ったときは地下へ通され、煙がすごかったことを覚えているが、いまはもちろん全席禁煙。内装や照明も明るくなった印象で、こういう変化は歓迎である。


20211123 azuma-32


まずオニオンコンソメスープ。
塩気の強い昔風の味付けが食欲を増進させる。


20211123 azuma-3320211123 azuma-34


じゅうじゅう焼きは、豚バラ肉とキャベツが鉄板に盛り付けられた状態で提供され、上から特製オニオンソースをかけて食べるというもの。


20211123 azuma-37<


ソースが熱々の鉄板に触れ、ジュージューとものすごい湯気を上げる。豚肉には火が通っているがキャベツは生で、それがいい具合に蒸し焼き状態になるという、シンプルながらよく考えられた料理である。


20211123 azuma-37-2


ソースは昔ながらの甘みを抑えた味付けで、酢の酸味が効いてごはんがススム。


20211123 azuma-3520211123 azuma-36


ビフテキも熱々の鉄板にのってやって来た。パッと見、厚みもサイズ感も十分。
付け合わせの具なしナポリタンにテンション上がる。


20211123 azuma-3820211123 azuma-39


ナイフを入れると中はミディアムレア状態で、肉汁が多く軟らかい食感。
味は付いているが、フロアマネージャーに勧められるままにじゅうじゅう焼きのソースをかけてみれば、これまたごはんがススムススム。


20211123 azuma-46


あとから入った隣のテーブルの若いカップルの男子のほうは、じゅうじゅう焼きの肉大盛りと。
昔、バイト仲間のHMは必ず肉大盛りで頼み、「HMは肉食だからなー」とからかわれていたものだ。

彼は大学1年のときの下宿仲間で、テレビのなかった僕はその年のラグビー交流試合をHMの部屋で見たことを覚えている。
それは専修大に敗れ大学選手権に進めなかったという衝撃の結末で、早稲田は人気絶頂でも実力が伴っているわけではなかったのだ。


20211123 azuma-4320211123 azuma-43-2



この日の早慶戦、勝つには勝ったが、かなりハラハラする展開だったみたいだ。
見たかったような、見なくてよかったような…。


20211123 azuma-45


[DATA]
ビフテキ家 あづま
東京都新宿区新宿3-6-12 藤堂ビルB1F
https://azuma-shinjuku.owst.jp/map





[Today's recommendation]

wachat211123.jpg




https://youtu.be/dx7vNdAb5e4


https://youtu.be/dO6rCGUt2_A



20211123 azuma-41
そろそろ幸先詣の時期かなと


Latest Articles
老舗和菓子店の一番人気は? 【井筒屋】 Dec 02, 2021
“地元”ソウルフード 【山口屋だんご店】 Dec 01, 2021
己を知る… 【九州ラーメン いし】 Nov 30, 2021
とっくに若くなく… 【ニューバーグ】 Nov 28, 2021
想定外に○○な老舗うどん店 【まるいうどん 星の宮店】 Nov 27, 2021
居酒屋ランチで考えた 【入船】 Nov 26, 2021
青春を懐かしがる 【ビフテキ家 あづま】 Nov 24, 2021
江戸の老舗からの… 【道味】 Nov 23, 2021
リアル昭和な 【鶴家】 Nov 22, 2021
青梅散策その1 【チョコレート工房 ZEN】 Nov 21, 2021
予想をはるかに超える 【多古屋】 Nov 18, 2021
西新宿カレーのノスタルジア 【カレーハウス11イマサ】 Nov 17, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2