梅雨時散歩の流儀は 【キッチンブラウン】

2019.06.23

 昨日(22日)の柳沢は天気予報にだまされて自転車で行き、ずぶぬれになった。
雨がひどいので公共施設等で雨宿りして、もう上がったかな…? と走りだすともっとひどく降ってくるという急性雨男症候群。

今日は相方が東小金井に用事があるというので花小金井から歩いていくことにした。
空模様は相変わらず不安定ではあったが、昨日ほど降ることはないだろうという脳天気なヨミは見事に外れ、駅舎を出たとたんポツリポツリと。
雨宿りした「ピーコックストア」は駅からわずか170mという (ーー;) ウーム…


190623 kitchen brown-11


その第一波をやり過ごし、シティテラス小金井公園→小金井公園→よこみち横丁… みたいなルートで東小金井へ。
北大通りのあたりで再びポツリポツリ。
相方の目的地は駅直結のコミュニティステーション東小金井内「atelier tempo」。僕の考えていた昼ごはん候補の一つ「キッチンブラウン」はすぐそこで、先に食べようかということになった。
天気やら何やらに行動方針や入る店が左右されるのはいつものこと。


190623 kitchen brown-25


「キッチンブラウン」は、このかいわいにいくつかある(あった)味のあるたたずまいの洋食店の一つ。


190623 kitchen brown-15


予想外の激セマ物件で、カウンター席2カ所(4席+3席)と4人掛けテーブル1つのみ。よってテーブル席はあらかじめ「相席となります」と書いてある。
はじめテーブルに通され、カウンターが空いたところで「よろしかったら…」とお店のおばさま。お言葉に甘えて移動。


190623 kitchen brown-16


注文は、カニクリームコロッケ・ビーフシチュー950円とチーズ焼ハンバーグ・豚しょうが焼900円(どちらもライス・サラダ・みそ汁付き)。


190623 kitchen brown-13
190623 kitchen brown-14


こういう洋食店は2~3種類の盛り合わせ主体のメニュー構成であることが多く、2人で入るときはなるべくかぶらない組み合わせにする。
より多くの料理を味わおうという欲張りな性格なのだ。


190623 kitchen brown-22 190623 kitchen brown-23


カウンター席からはコック帽のご主人の仕事ぶりがよく見える。大火力のバーナーで熱した鉄板に調理したものを盛り付けていくスタイルだ。
注文間違えた… みたいなやりとりも聞こえてくる。おばさまの親身な接客といい、客一人一人に誠実に相対する店なんだと思う。そのためにはこのくらいの店舗サイズがぎりぎりと。


190623 kitchen brown-18


どちらのプレートも、パッと見、茶色い。
店名となっているブラウンソース… というかドゥミグラスソースがふんだんに使われているからだ。


190623 kitchen brown-19


ハンバーグソースとビーフシチューはベースが同じだと思うが、時間をかけて煮込まれたような濃厚な味わい。
野菜の甘味が強く、洋酒系の香りがアクセントとなっている。


190623 kitchen brown-17

190623 kitchen brown-21


ハンバーグはふんわりタイプではなくみっしり重量感のあるもの。カニクリームコロッケも重めのクリーム。
イマ風ではないかもしれないが、質実剛健な感じがよい。


190623 kitchen brown-20


食べている間、激しく降っていた雨は、店を出るころには上がっていた。
雨宿りに入ったのは思ったよりずっと素敵なお店。
梅雨時の散歩も悪くない。


190623 kitchen brown-24


[DATA]
キッチンブラウン
東京都小金井市梶野町5-6-11



[Today's recommendation]

wachat190623.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/D1ZYhVpdXbQ






190623 mojizuri 190623 karasubisyaku
ネジバナ カラスビシャク (小金井公園)



 コダイラブランドの銘品

2019.06.23 玉川屋/東京都小平市鈴木町2-175

最初に雨宿りしたピーコックストアには地元の和菓子屋「玉川屋」のコーナーがあり、ときどき利用している。
「玉川屋」は“コダイラブランド”ブルーベリー商品のリーダー的存在。特にブルーベリーあんドーナツは銘品で、手土産に使ったこともある。


190623 tamagawaya-12

190623 tamagawaya-14 190623 tamagawaya-13


コーナーを眺めていると「玉川屋」のおかあさんが商品の補充にやって来た。
お話を伺ったところ、ブルーベリーが丸のまま入っているのはブルーベリーあんドーナツとブルーベリー大福だけとのこと(ほかはジュースが餡などに練り込んである)。その2品を2つずつ購入。
これもまた、雨降りのちょっとした僥倖。


190623 tamagawaya-11


うどんどころで人気No.1 【手打ちうどん こげら】

2018.09.27

 東村山市はうどんどころで、人気店が多い。
食べログで“東村山×うどん”のランキングを見てみると、野口町の「野口製麺所」が3.51点で第1位。
市内人気No.1の座は… と思いきや、思わぬ伏兵が。


180927 kogera-13


1つ戻って、“東大和×うどん”で見てみよう。
第1位は「手打ちうどん こげら」。所在地は東村山市富士見町。
なぜ東大和?
ここは東村山と東大和の境界線上で、生活エリア的にはむしろ東大和圏に入るのである。東村山市の主要駅・久米川駅から約2.6kmなのに対して、東大和市駅からは約1.8km。


180927 kogera-12
お店の住所は東村山市富士見町、のぼりの位置は東大和市清原


得点は3.57で「野口製麺所」を上回る。シーズン終盤に規定打席に達して突如首位打者に踊り出る、みたいな感じで、東村山人気No.1うどん店の座は「こげら」に。
どちらのお店も武蔵野うどんの中心地で讃岐うどんを掲げて人気… というところが興味深い。


180927 kogera-25


Twitterのプロフィールに「野鳥とうどんが好きなので、野鳥の名前のうどん屋を作りました」とある。
コゲラはキツツキ目キツツキ科の野鳥で、日本最小のキツツキ。多摩地区でも普通に見られ親しまれている。
たとえば小平市の市の鳥であり、小平和菓子組合加盟店では名物こげらまんじゅうが買える。


180927 kogera-26 180927 kogera-27
コゲラは仕事場の窓の外にもやって来る。右:こげらまんじゅう110円(「玉川屋」/東京都小平市鈴木町2-175-23)


――今や都市鳥に数えられるコゲラだが、これほど分布を広げたのはごく最近のことで、その理由は都市の緑地化にあるのかもしれない。市街地の公園や街路樹、住宅の木などが成長してきて枯れ木や枯れ枝が増えてきた。コゲラは小さいので固い生木には穴を掘ることはできないが、枯れ枝ならば巣穴を掘ることができる。

と某野鳥図鑑に書いてあるが、緑地化というより、里山の荒廃のように都市緑地の手入れ不足が皮肉にもコゲラの分布域を広げたと考えるのが適切かと思う。


180927 kogera-17


「手打ちうどん こげら」は人気店だけに、いつも混んでいる印象がある。といっても、ごく小さい店なので、5人も入れば外にまで圧迫感が伝わりそうだ。
本日、お店の前を通るときちらっと横目で見てみると、お客は1人もいない。
僕が人気店に入るのは決まってこういうパターン。


180927 kogera-18


カウンター5席、4席テーブル2脚。
注文は、かけうどん中400円と、ちくわ天100円。


180927 kogera-15


こちらは温・冷が細かく選べ、たとえば“あつあつ”なら麺=温、だし=温。
「あったかいの?」と聞かれ「はい」と答えたので定かでないが、かけうどんの基本は“ひやあつ”らしいのでそうだったのかな?


180927 kogera-19


約4分での提供なので、うどんはゆで置きのもよう。
僕はうどんはゆで上げにこだわらないので、問題なし(そばやラーメンはダメだけど)。
で、極太麺です。これ、ゆで上げだとちょっと咀嚼できないかも…。
天ぷらは目の前で揚げてくれる。ちくわのほかに、ワケギはサービス?


180927 kogera-16-2 180927 kogera-22


つるつるっという感じではなく、もそもそ。
これはもう、感覚的には武蔵野うどん。


180927 kogera-20


コシはしっかり残っているが、歯を跳ね返すほどではない。かみしめられるので小麦の風味がよくわかる。
つゆもだしが効いていて甘すぎずおいしい。
なんか武蔵野とか讃岐とか、そういうのどうでもいいか…(笑)、という気にさせられた。


180927 kogera-23 180927 kogera-24


1人で切り盛りしているという店主は、きさくで客を安心させる雰囲気を持っている。
繁盛の最後の決め手は、やっぱりそこかな…? なんて考えたりもする。
もちろん、うどんがたいへんおいしいことを大前提として。


180927 kogera-11


[DATA]
手打ちうどん こげら
東京都東村山市富士見町2-6-72
https://www.facebook.com/udonkogera?ref
https://twitter.com/oga2414



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=znPqn878YRU



wacha180927.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


大盛り、いってみる? 【九州ラーメン いし】

2017.03.15

 僕が大盛りにするのは、はじめ応援の気持ちが少しあった。自己満足というか自己完結しているので、たった100円でおこがましいという話ではない。応援というよりシンパシーといったほうが近いかもしれない。
しかしそのうち、客が普通盛りを頼むと大将が寂しそうな顔をすることに気づいた。この大将はたくさん食べさせたい人なのかもしれないと思った。だからコンディションのいいときに行って大盛りを食べるというパターンが定着した。

僕はそういうのは苦手なのでお店の人と世間話を交わしたりはしないが、この店では1カ月に1回ぐらい来る客としてずいぶん前から認知はされているらしかった。そのうち大将のほうから「大盛り?」と聞いてくるようになった。
「1カ月に1回の人」から「1カ月に1回、大盛りの人」に出世した。いよいよ普通盛りでは済まされなくなった。

そうするうちに、今度は大盛りでないと物足りなく感じるようになった。それぐらいの量食べて1カ月分の欲求が満たされる感じ。ここのラーメンの魔力にはまった気がした。


ishi2-12.jpg


あるとき二日酔いがひどいにもかかわらずラーメンが食べたくなり、食べたいのはピンポイントで「いし」であり、でもさすがに大盛りは無理そうだし、と思うとますます食べたくなり…。ここは正直に申告するしかないと来店。

いつものように、「大盛り、いってみる?」と大将。
「いや、ちょっと二日酔いで」
「なーんだ、それじゃラーメンだ!」
怒ったように大将は麺1玉、鍋に投入するのだった。「すみません…」となぜか謝る私。
食べ終わり、「ちゃんと食べれたじゃない」「しみじみおいしかったです」

本日は午前中、Skypeを使ってのテレビ会議という初めての経験をしてぐったり疲れた。なんだかシラフじゃないような状態でフラフラ自転車を走らせていたら店の前にいた、という感じ。マジで。
「大盛り?」
「大盛りで」


ishi2-11.jpg


[DATA]
九州ラーメン いし
東京都小平市小川西町3-18-10



                                         

2017.03.15 玉川屋/東京都小平市鈴木町2-175-23

tamagawaya21.jpgtamagawaya22.jpg
ブルーベリー入りあんドーナツ140円


Latest Articles
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
ふるさとの原風景を体感 【ますや】 Aug 08, 2019
ホヤをめぐる諸問題(と思い出) 【角上魚類 小平店】 Aug 07, 2019
ネパールカレーと近未来予想図 【PIMA】 Aug 05, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2