FC2ブログ

茶散歩と豆大福と、樺細工と… ――第12回 西荻茶散歩

2019.11.03

 そもそも僕は街歩きが好きで、飲食ネタはその一環にすぎなかったわけだが、今年はどういうわけか街歩き系イベントに都合が合わず、正月の七福神めぐり以来参加できていない。
恒例にしたいお気に入りのイベントというものも、気がついたら終わっていたという顛末続き。

去年行ってみておもしろかった6月の“西荻茶散歩(チャサンポー)”もそんな一つだが、今年は10周年を記念して第1回と同じ11月にも開催されるという。
万難を排して馳せ参じます (`・ω・´) キリッ!


20191103 chasampo-10-2


茶散歩は、西荻窪駅周辺の飲食店やギャラリー、アンティークショップ、古本屋といったさまざまなお店が参加し、各店で振る舞われるお茶をいただきながら街をめぐるというイベント。
ガード下の駐輪場に自転車を止めて、去年もそんな感じだったと思うが「紙モノ雑貨店 ぺぱむら」からスタート。


20191103 chasampo-11 20191103 chasampo-12

20191103 chasampo-13 20191103 chasampo-14

20191103 chasampo-15 20191103 chasampo-16


おわら通り(旧府道)を五日市街道まで行き、その1本東の南中央通りを戻る。


20191103 chasampo-17


バス通りとなっている南中央通りはめったに通らないが、おもしろそうなお店をたくさん発見。
やはり西荻はフトコロが深い。


20191103 chasampo-18 20191103 chasampo-19

20191103 chasampo-20 20191103 chasampo-21


神明通りと中央線の間のエリアをジグザグに歩いて北口へ。
イベントとは関係ないが、せっかくなので和菓子の名店「喜田屋」で豆大福と豆餅を購入。


20191103 kitaya-11


八幡通りから駅前へ抜け伏見通りへ。「古書音羽館」の路地に入り、「キャロット」の角を曲がって駐輪場に到着――というルート。


20191103 chasampo-22 20191103 chasampo-23


去年は20杯くらいお茶をいただいたと思うが、今回はそれほど飲まなかった。
11月じゃ、歩いても、それほど喉渇かないかぁ…


20191103 chasampo-25 20191103 chasampo-26
最後の写真は次号予告的だけど、有名なあのお店ではないよ (^ ^)


[DATA]
西荻茶散歩
http://www.chasampo.com/



 お茶と一緒に! 名物豆大福

2019.11.03 喜田屋(きたや)/東京都杉並区西荻北3-31-15

売り切れ御免の豆大福。

20191103 kitaya-12


西荻に来る途中、武蔵野大学近くのガラクタを陳列している謎の八百屋で、相方が200円で買いたたいた秋田・樺細工の菓子器に盛ってある。
骨董の街・西荻では、その値段では買えないんじゃないかなぁ…?


20191103 kitaya-13 20191103 kitaya-14

20191103 kitaya-15
 


[Today's recommendation]

waka191103.jpg chat191103.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/-Y2SCXymLCw

 にほんブログ村 音楽ブログへ






ふと、懐かしの喫茶店メシ 【ランチハウス】

2018.02.17

 前回の続き。少々おさらい&補足を。
西荻窪まで足を延ばす気になったのは、仕事が一段落して開放感に満たされたから。
3連休を含め、この2週間、ずっとごたごたで、金曜の昼ごろに出口が見えたときには、なんだか遠いところから帰還したような心持ちがした。
どれぐらい遠いところかというと、エンケラドスぐらい。

前の記事はしんみり調になっているけど、せんべい屋さんは別に畳んじゃったわけじゃないからね。
基本的にこの日はうわずった気分で動いているので、切り替えは早いのだ。


lunch house 24


「大判」に向かう途中、心揺さぶられる外観のお店を見かけた。昔よくあった料理がおいしい喫茶店のにおいがする。
帰り道にじっくり観察してみると、店名が読みづらいレベルの庇テントのくたびれぶりと、窓から見える店内の清潔で温かそうな雰囲気のギャップがたまらなくいい。


lunch house 12lunch house 13


こぢんまりした店内、カウンター8席とテーブル4人×2、2人×1という構成。
カウンターの中に初老のマスター。外で支度中の若い女性は娘さんか?
お客さんは奥の4人テーブルの2人組のみ。マスターに「そちらにどうぞ」と勧められ、隣の4人テーブルに。

3種類のランチメニューから、ポーク鉄板焼き(ライス、みそ汁、ドリンク)650円、チキンカレー(サラダ、ドリンク)800円を注文。


lunch house 14


待っている間、「そういえば何ていうお店?」と(笑)。
背後の窓のポークスタミナ焼きの張り紙の隅に、小さくLunch houseとある。
あとは表の看板と同じ内容のランチメニューのボード、壁には絵画が2枚。
掲示物は以上の4点のみ。
非常にシンプルな内装で、全面白い壁の清潔感ある空間だ。


lunch house 17lunch house 18


いい感じのお店のわりにすいてるな… と思っていたら、11時半を過ぎた途端に混みだした。
4人組が入ってきてカウンター席に案内される。見れば小さい子ども連れ。迷わず席を譲ってカウンターに移動した。向こうは戸惑っていたようだが、素早く判断して正解だったと思う。その後立て続けに3人連れが来店した。
小さい店でカウンターの4人組(幼児含む)と3人組を尻目に、4人テーブルを2人で占拠しておいしく食事ができるような強靭なメンタリティを自分は持ち合わせない。


lunch house 16lunch house 15


移動先のカウンターのいちばん奥は調理場のコンロの真ん前だったので、マスターの調理の様子をじっくり拝見させてもらった。
1つのバーナーに鉄板を2~3枚、少しずらして重ね、強火でガンガンに熱している。もう一つのやはり強火の火口には使い込まれたフライパン。この簡素なシステムで鉄板焼きとカレーの温めまでをカバーする。


lunch house 22


木の台に鉄板を載せ、生のモヤシとソテーした豚肉を盛り付けて、仕上げに追加のタレをかけるとジュワーッと湯気が立ち込める。


lunch house 21


ライスは一人一人、お客の顔をみながらよそってる。提供の際にも確認する。
「多くないですか?」「少なくないですか?」
見ていると、ドカ盛り基本で、女性その他は減らすというスタンスのよう。ご飯山盛りの皿がどんどん運ばれていく。
僕のカレーはすごい量だった。


lunch house 23 (2)


カレーは期待どおりの懐かし系。
甘めで、S&B的な配合カレー粉の香り。メリケン粉の適度なとろみ。よく煮込まれたニンジンとチキンがゴロゴロ。


lunch house 20


ポーク鉄板焼きはショウガとニンニクの効いた、まぁショウガ焼きタイプ。
付け合わせの生のモヤシが熱々の鉄板でどんどんしんなりしていく。
基本ご飯大盛りだけに、肉の量はかなり多い。
これでドリンク付き650円は、コスパ超優秀だと思う。


lunch house 19


昭和の喫茶店を思い出させる鉄板料理と懐かしのカレースタンド的カレー。
街外れにこういうお店があるあたり、西荻窪の懐の深さを感じた。


lunch house 23 4


[DATA]
ランチハウス
東京都杉並区西荻南1-18-11



[Today's recommendation]

Gazebo I Like Chopin
Gazebo
『I Like Chopin』

https://www.youtube.com/watch?v=grGjD1rTNyg
https://www.youtube.com/watch?v=UHPkz-DT8wk



chat180217-3.jpg
◆ 猫写真はこちら



  2018.01.18 喜田屋/東京都杉並区西荻北3-31-15

kitaya2-11.jpgkitaya2-12.jpgkitaya2-13.jpg
豆大福140円×3


熊本ラーメンのモヤモヤ… 【ひごもんず】

2018.01.18

 いつも貴重な情報を添えてコメントを寄せてくださるcarmencさんのブログ「carmencの見上げれば青い空…めぐり逢えたら」1月11日の記事を読んで以来、「桂花ラーメン」が頭から離れない。
35年来の桂花ファンである。

5年前ぐらい、スタンプカードが年間2巡(赤→緑…?)したのをピークに、パタッと行かなくなった。新宿そのものに行かなくなった。
桂花は食べたいが、当面新宿に行く用事があるとは思えない。行ったとしても、ほかに入ってみたい店がたくさんあって、さんざん食べた桂花は優先順位低いかもしれない。
…モヤモヤする。


higomonnzu12.jpg


自転車に乗っていて、あることを思い付いた。というか、思い出した。
守備範囲に擬似桂花体験ができるラーメン屋がある。
西荻窪の「ひごもんず」だ。


higomonnzu11.jpg


創業1997年。桂花出身者の熊本ラーメン出店と、当時話題になった。
当然、味はよく似ている。

この店は開店当時、早々に入っている。
熊本ラーメンが好きな自分は都内の主要な店をチェックしていた。

30年前に勤めていた会社の唯一の同期入社で仲のよかった友人が西荻に家を建てたと。
久しぶりに会って吉祥寺で2人で飲んだあと、お宅におじゃました。
帰り、駅までのルートの途中「ひごもんず」を通る。がまんできずに入店。
電車はJR中央線から国分寺で乗り換え。西武国分寺線の終電、終わってた。タクシーで帰宅…。
ラーメン1杯に3000~4000円ついたことになる。


higomonnzu13.jpg


ひごもんずは武蔵小金井に支店を出していた。
それはもう、頻繁に通った。
そのころ、行きつけのラーメン屋がどんどんなくなっていった。この店もしかり。
それに焦ってラーメン屋開拓を始めたのが、いまの自分の行動のそもそものはじまりなので、「ひごもんず武蔵小金井店」は因縁の店でもある。


higomonnzu14.jpg


西荻の本店は5年ぶりぐらいかな。注文は決まっている。
角煮ラーメン880円。
武蔵小金井時代、ほぼこれを食べていた。
「半ライスがサービスで付きますが」と聞かれ、あ、ムサコもそうだったな… と、お願いする。


higomonnzu18.jpg


角煮ラーメンは、桂花でいえば太肉麺(ターローメン)に当たる。
ちなみに、閉店した「肥後のれん」はパーコーメン、「火の国らーめん てっぺん」はターコーメン。
順列組み合わせの問題のようだ。いまのところパーローメンには出会っていない。


higomonnzu15.jpghigomonnzu16.jpghigomonnzu17.jpg


BGMはビートルズ。
ムサコ店がやっぱりそうだった。
いつもビートルズ、というか、なぜか必ず『リボルバー』。
本日は「Act Naturally」「Don't Pass Me By」「I Am the Walrus」…
そういうパッケージはないだろう。有線かな?


higomonnzu19.jpg


角煮ラーメンのこの丸っこいかわいい器には覚えがない。
具では、ノリ入ってたかな…? 逆にいまはないモヤシが入ってたような…?
桂花と比べて大きな違いは、茎ワカメがキクラゲというくらい。
中太・硬めのストレート麺はよく似ている。
角煮は、ぷるぷる、ほろほろ具合がいまひとつだが、濃厚で美味。ごろごろのってて、ご飯にももちろん合う。


higomonnzu13.jpg


これでこの店に通うかというと、西荻は新宿以上に気になる店が多い。
モヤモヤ… は解消しない。


higomonnzu21.jpg


[DATA]
ひごもんず
東京都杉並区西荻北3-19-13
http://higomonzu.com/



[Today's recommendation]

The Beatles Revolver
The Beatles
『Revolver』

https://www.youtube.com/watch?v=cbkgciF3KiY



chat180118-2.jpg
◆ 猫写真はこちら



  2018.01.18 喜田屋/東京都杉並区西荻北3-31-15

kitaya11.jpgkitaya12.jpgkitaya13.jpg
豆餅140円×3


Latest Articles
昭和が息づく二枚看板 【いさわ】 Nov 21, 2019
何かと紛らわしい中華飯店 【喜楽飯店】 Nov 20, 2019
人知れず人気なイタリアン 【Kitchen KEIJI】 Nov 18, 2019
東京そば・大阪うどん 【伊六庵】 Nov 17, 2019
安定のみそラーメン&餃子 【くるまやラーメン 東村山店】 Nov 16, 2019
超ボリューミーでお得なセット 【秀味軒】 Nov 15, 2019
そのたべもの最強につき…! 【たかはし】 Nov 13, 2019
多角的個人事業主における軽減税率は… 【じゃがいも】 Nov 11, 2019
昭和な商店街に、おいしい1CL 【花ごよみ】 Nov 10, 2019
創業百年の老舗そば 【金城庵 本館】 Nov 09, 2019
こけしの街のOld fashionedカフェカレー 【まつばや】 Nov 08, 2019
茶散歩と豆大福と、樺細工と… ――第12回 西荻茶散歩 Nov 07, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2