鉄の世界にどっぷりな街のおそば屋さん 【福幸軒】

2019.01.19

 東久留米駅周辺をぶらぶらして、昼ごはんに旧市役所通りのそば店「福幸軒」へ。
間口のわりに奥行きのある店内。
奥のほうに間仕切り壁があり、使われているかどうかわからないが戸と敷居があって個室に仕切れる造りになっている。


190119 fukukohken-12


その奥のスペースのほうへ進んでいくと、なぜかマッサージチェアが置いてある。
これは一般客でない何らかの特別サービス用のスペースに違いないと判断して、手前のテーブルに着く。


190119 fukukohken-15


すると、お店のおばさまが「どうぞ奥にお入りください」としきりに勧める。
ならば遠慮なく、と奥の間へ移動。
なんと、背後から見てマッサージチェアと思った物品は新幹線の座席シートなのであった。


190119 fukukohken-14


そうです。
このお店は知る人ぞ知る鉄道マニアのおそば屋さん。


190119 fukukohken-16


「こちらは0系新幹線の座席でございます」
とおばさま。

おおっ!
この方こそ鉄ちゃんその人であらせられるかー!!

「…と、それだけは覚えました。ほかは何が何やら(笑)」
ヽ(_ _ヽ)彡 ズルッ!


190119 fukukohken-17 190119 fukukohken-18
190119 fukukohken-19 190119 fukukohken-20


このスペースがコレクション展示ルームになっているもよう。
ナンバープレートやサボ、行先板、ホーロー看板のほか、制服・制帽や機器・装置類など、鉄道部品が所狭しと展示してある。
「写真撮ってもいいですか?」と伺うと、「どうぞどうぞ。制服着て写真撮るお客さんもいるんですよ(笑)」と。

僕は鉄道には疎いが、乗り鉄・撮り鉄・食べ鉄、最近は呑み鉄ってのもあるけれど、どれもいい趣味だと思っているので、鉄の方には一目置いている。
こちらの展示品は、見る人が見ればすごいのかもしれない。


190119 fukukohken-21 190119 fukukohken-22
190119 fukukohken-23


「どなたの趣味なんですか?」と聞いてみた。
「まず父が好きで…」とおばさま。「父は写真と乗るのと模型だったのでまだよかったんですが、弟(現 店主?)は機械も集め始めて…。あちこちに置いてあって足をぶつけるものですから、私は痛い思いしかないんです」と苦笑する。
「でもこうやって飾って見てもらえるんですから、いい趣味だったんでしょうね」とも。


190119 fukukohken-24


さて、注文。
このお店は“鉄”以外にもユニークな特徴がある。
袖看板が、そば屋にもかかわらず“中華そば おそば”と、中華が上位に来る。


190119 fukukohken-28


実は以前一度入ったことがあって、それはこの看板に興味を引かれてのこと。“そば屋のラーメン”の訴求度は高いのだ。
といっても、もう20年くらい前のことなので何も覚えていない。
で、注文は迷わず五目ラーメン750円。もう1品は親子丼750円。


190119 fukukohken-25


五目ラーメンは、キャベツ、ニンジン、タケノコ、シイタケなど具が約10種。3種類の練り物が、このたべもののがB級感を高めている。伊達巻きなんか、このパターン以外に食べることはほとんどないし。
意外なことに麺が不ぞろい。“麺科指導員”の免状が飾ってあるので自家製麺かもしれない。


190119 fukukohken-27


親子丼にもカマボコ、ナルトが入る。
豚肉の卵とじがアタマのどんぶりを他人丼というが、こうなると多民族国家丼って感じ…?
同じくB級路線でたいへん好ましく思うのである。


190119 fukukohken-26


支払いのとき「表のタバコ売り場の横に新幹線のハナがあるんです」とおばさま。
「新幹線の花…?? あ… ノーズ!?」
国鉄がJRに変わったときのうんぬんかんぬんという代物らしい。


190119 fukukohken-13


店を出て写真を撮らせてもらっていると、勝手口から弟さん? が出てきて、出前用のスーパーカブをどかして撮りやすくしてくれた。


190119 fukukohken-29 190119 fukukohken-30


「ありがとうございます」
お店の写真を撮って丁重にお礼を言われたのは初めてかも。
深い鉄道愛がひしひしと伝わってきた。


190119 fukukohken-11-2


[DATA]
福幸軒
東京都東久留米市幸町1-1-1



[Today's recommendation]

wachat190119.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=eIi_GbFa_nw



続 つるしびな巡り

2019.01.19 いせや和菓子店 /東京都東久留米市金山町1-1-4

190119 iseya-14
190119 iseya-12 190119 iseya-13
190119 iseya-11


「つるしびな巡り」のスタンプラリーの続きで東久留米駅周辺を歩いてみたが、土日休みの参加店・施設が多く、11カ所回ってスタンプは4つしか集まらなかった。マップではたどり着けない店があったり、昼ごはんに使えるたべもの屋の参加がなかったりと、このイベントは何かと問題含みである。まあ、手弁当感が漂い、好ましくはあるが。


柳久保を旗印に集結! ――麦の収穫祭~東久留米麦まつり~

2018.10.07

 東久留米のイベント「麦の収穫祭~東久留米麦まつり~」に出かけた。
会場は都立六仙公園。


181007 mugimatsuri-13
181007 mugimatsuri-14 181007 mugimatsuri-15


「“畑を耕し育てる人・作る人・食べる人を結ぶ”東久留米で採れた麦を囲むイベント」をキャッチコピーに、“柳久保小麦”の認知拡大を図るもの。


181007 mugimatsuri-11181007 mugimatsuri-12


柳久保小麦は江戸時代から当地で栽培されていたが、戦時中に途絶え、昭和末に復活されたという“幻の小麦”。東久留米市では地域シンボルとして特産化をめざし、行政や生産者、食品事業者などが協力して、うどん・まんじゅう・パンなどに加工し普及を図っている。


181007 mugimatsuri-34


――江戸時代より、武蔵野台地では乾燥した畑で栽培できる麦・雑穀・サツマイモが中心に作られていました。その麦は今再び東久留米で多くの農家の方々により栽培されています。6月に収穫された小麦は熟成を待ち、10月に脱穀し、新小麦となります。Higashikurume 麦は、10月に、収穫を祝うお祭り“麦まつり”を、耕す人・作る人・食べる人が集う楽しいおまつりとして企画いたします。(主催者Higashikurume麦HPより)


181007 mugimatsuri-16 181007 mugimatsuri-17


去年12月に閉店したうどんの名店「不動」が出店。
去年も出ていたのでひそかに期待していたのだが、食べるところはなく持ち帰りのみ。10月とは思えない暑さだったので(アメダス練馬の最高気温32.2℃)、購入を断念。


181007 mugimatsuri-25 181007 mugimatsuri-26
焼き菓子「かくしち」 キッチンカー「カオマンガイ ピントー」

181007 mugimatsuri-28 181007 mugimatsuri-29
「ぎょうざや へいはち」

181007 mugimatsuri-27

181007 mugimatsuri-30 181007 mugimatsuri-31
キッチンカー「88DINER」 タイ料理「ポンちゃん」

181007 mugimatsuri-33 181007 mugimatsuri-32
パン工房「モナモナ」 手づくりハム・ソーセージ「シャルキュトゥリーモエ」

181007 mugimatsuri-35


小麦製品ではないが、季節の食材を使ったユニークな栗ジャムを試食させてもらった(「マザアス」)。
むき栗と渋皮ごとペーストにした2種類があり、より栗の風味を強く感じる渋皮のほうを購入(500円)。


181007 mugimatsuri-21
181007 mugimatsuri-22 181007 mugimatsuri-23 181007 mugimatsuri-24


金山町の和菓子処「いせや」の柳久保まんじゅう(1個100円)を4個買う。


181007 mugimatsuri-18 181007 mugimatsuri-19 181007 mugimatsuri-20


人気店から知られざる老舗、惜しまれつつ閉店したところまで、東久留米のさまざまなたべもの屋が一堂に会した感がある。
行きがかり上、写真は食カテゴリーに偏ってしまったが、ほかにも手作り雑貨や木工製品、布小物、手作り豆本、花苗… と盛りだくさん。
たいへん内容の濃いイベントであった。


181007 mugimatsuri-36
柳久保小麦の麦畑 / 東久留米市南町(2018.05.31撮影)


[DATA]
Higashikurume 麦
https://higashikurume-mugi.jimdo.com/

〈和菓子処 いせや〉
 東京都東久留米市金山町1-1-4
〈就労継続支援B型事業所 マザアス〉
 東京都清瀬市松山1-4-20



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=x_FfURYuVXk



wachat181007-1.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Latest Articles
物価も盛りも、あの時代のままな…! ―1CLシリーズ⑯ 【ジュノン】 Sep 15, 2019
満を持して、○○丼登場! ―1CLシリーズ⑮【宇奈とと 調布店】 Sep 13, 2019
うまい、安い、ガッツリ! ―1CLシリーズ⑭【寳来屋】 Sep 12, 2019
名将の人心掌握術とは…? ―RWC直前緊急企画-2 【明喜屋】 Sep 11, 2019
RWC直前! ラグビータウンの洋食店ともう一つの国際大会 【アオヤギ】 Sep 10, 2019
市内屈指のラーメン店、初潜入! 【ラーメン本舗 まるみ】 Sep 09, 2019
あの懐かしの喫茶店ミートスパが…! ―1CLシリーズ⑬ 【BuFuUu】 Sep 08, 2019
飽食の時代を見つめる日の… ―1CLシリーズ⑫ 【じろえもん】 Sep 07, 2019
非の打ちどころのないネタ構成の天丼が…!? ―1CLシリーズ⑪ 【四八天丼】 Sep 06, 2019
サイズも味もレベル超えのハンバーグが…! ―1CLシリーズ⑩ 【パンドラ】 Sep 05, 2019
ダブルメインのがっつり中華定食が…!? ―1CLシリーズ⑨ 【珍来】 Sep 04, 2019
夏の終わりの街のそば屋は… 【大村庵】 Sep 03, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2