すし屋のつくるテイクアウト寿司 【ととや】

2019.07.26

 梅雨が明けてカーッと暑くなるこの時期に食べたくなるもの――ナス漬け、ところてん、ホヤ…。

ほや【海鞘】 尾索綱ホヤ目の原索動物の総称。海産で汽水にも生息し、単体、または群体をつくる。単体のものは球形ないし卵形で、岩や海草に固着。(デジタル大辞泉)


190725 totoya-15


ものすごくホヤが食べたくなって、近場で売っていそうなところで思い浮かんだのが滝山中央商店街の「ととや」。
いまどき貴重な鮮魚店で、東久留米市商工会が運営する地域ポータルサイト「東久留米ショッピング情報」の紹介ページには「品揃えはデパート並に価格は30%OFFを目指し、毎日築地に仕入れに行ってます」とある。
鮮魚価格が高騰する年末などは特に価格差が際立ち、ありがたいお店である。


190725 totoya-13


しかし残念ながらホヤはなし。
代わりにというか、“すしやが造ったおすし”のコーナーを発見。


190725 totoya-11


すしやというのは向かいの「すし小島」。ととや(株式会社鮮魚とゝや)直営のすし店である。
こちらは“創業40年以上の魚屋直営ならでは”を前面に訴求している。


190725 totoya-12


向かい合わせで営業していて相互に行き来も頻繁なだけに、そういう品があるに違いないと以前あてずっぽうに買いに来て、そのときはそんな気配もなく残念に思った“企画商品”である。
「わが意を得たり!」という感じで食い付いた。


190725 totoya-14


にぎり寿司セットのどれもがビミョーなサイズ感。にぎり7貫では、たとえば一般成人男性的にはいかにも少ないが、それがこの商店街のスタンダード。
実はこれは高齢者目線的に手を出しやすい分量に設定してある。たぶん…。


190725 totoya-17


それでは自分的にはいかにも少ないので、7貫パックのほかに太巻き入りのパックを購入。


190725 totoya-18


「ととや」の魚だけに、ネタはどれも上々。
シャリの味付けが強く、そこは持ち帰りずしの味。これが「すし小島」と同じ味とは思えないが、そりゃ目の前で食べてもらうのと、購入後どんな状態で置いとかれたものがいつ食べられるのかわからないものとで、同じ処理が施されているとも思えないわけで…。


190725 totoya-22


2パックで税込み1000円ちょっと。
保証付きといえるネタのよさに加え、コスパもなかなかで、隠れたランチアイテムとして重宝しそう。


190725 totoya-16


[DATA]
ととや
東京都東久留米市滝山4-1-40
http://h-kurume.shop-info.com/TOTOYA/



[Today's recommendation]

wachat190726.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/jTTA9bYmDKU


https://youtu.be/1YQzZPo57gA





優良鮮魚店直営 人気すし店に潜入 【すし小島】

2017.11.29

 滝山団地前の滝山中央名店会は、大型ショッピングモールの影響か衰退著しく、人出が減ってシャッターが目立つ。あるいは外因というより団地商店街という一時代前どころじゃない旧態の宿命かもしれない。役割を終えた感はぬぐえない。

と思っていたが、今日行ってみると新しいお店ができている。それも一度に3つも発見。


sushikojima11.jpg


象徴的なのが、名物的存在だった「永井商店」(2016年9月閉店)の跡地に同じたこ焼き屋が入っていたこと。
タネが、タコ、紅ショウガ、以上! という潔い姿勢の永井商店のたこ焼きが好きだった。ああいうものにゴタゴタ入っているのを好まない自分としては、ある意味理想のたこ焼き。
新しいお店はタコ焼き1パック(7個入り)500円と書いてあるので、永井商店とはだいぶ方向性が違うみたいだ。500円払ったら、昔の永井商店だったら50個も来ちゃう(のちに1個2円値上げ)。
夕方にたこ焼き買いに行ったとき、今日はもう店じまいだからと、おばちゃんが売れ残った大判焼(チーズ)くれたっけなぁ…。
それが最後になってしまった。


takiyama12.jpgtakiyama11.jpgtakiyama13.jpg
左から、カフェ&セレクトショップ「MYUMA99」、「焼物工房 みやこ」、コーヒー豆販売&テイクアウトドリンク「Tomochi Coffee」


昼ごはんは商店街の真ん中らへんにある「すし小島」と考えてここまで来たのだが、1時すぎで順番待ちの高齢女性3人組が、外から見える前室的なところに座っている。この店はこの光景が普通。人気店なのである。

外から丸見えの位置でおばちゃん3人組の隣に座る度胸はないので、向かいの鮮魚店「ととや」で買い物をしたりして時間をつぶす。


sushikojima12.jpg


すし小島は、ととや直営のすし店。
創業40年以上という鮮魚ととやは、地域最優良の魚屋である。扱う魚はどれもよいが、個人的にはシメ鯖とイカの塩辛、いまどきこれだけのものはなかなか食べられない。
以前、威勢のいい小さいおばちゃんがいてよく声をかけられたが、あるときレジで「ここのシメ鯖食べたらほかのは食えないね」とお愛想を言ったら、「そりゃそうだよ。うちのは砂糖使ってないからね」と。質のよいサバのうま味・甘味そのものの味わいなのである。


sushikojima13.jpgsushikojima14.jpg


小島はそういう経緯もあってずっと気になっていた店だが、いつも混んでいるからなかなか入る機会がなかった。
今日も結局、最初にのぞいた時点から入店まで25分もかかった。異常に回転率が悪い。


sushikojima15.jpgsushikojima16.jpg


入ってすぐの4人掛けのテーブル席に案内される。
パーティションでいくつかの区画に仕切ってあって、奥のほうの様子はわからない。とりあえず空間を共にしているのがおばちゃん3人組および4人組で、左右から挟まれて居心地が悪いのなんの。
向こうのカウンター的な席に空きがあるように見えるんだが、なぜ僕はここに通されたのだろう?


sushikojima21.jpg


表に出ている“大特価 おまかせ海鮮丼880円”にしようと思って入ったが、メニュー表をぱらぱら見ると“彩セット(にぎり8貫+細巻)820円(+税)”というものを発見、急きょ変更。
ほかにも丼ものなど1000円以下のメニューがけっこうあって、思っていたよりリーズナブルで使いやすそうだ。


sushikojima17.jpgsushikojima18.jpg
sushikojima20.jpgsushikojima19.jpg


左右の7名のほか、カウンターや隣の区画に垣間見える人々、僕の位置から総勢15人ほどまで確認できる。
ぱっと見、内訳は、70歳以上15名。以上! 僕がいくら頑張っても平均年齢70歳以下には持ってこれない。
15人中、男性は2名。
要するにここは、おばあさんのたまり場のようである。


ssushikojima22.jpgsushikojima23.jpg


すしの提供はものすごく早い。そりゃそうだ。周りは全部、とっくに食べ終わってる。食べ終わってだらだらおしゃべりしてる。
混んでいるように見えて、職人さんは実はヒマなんじゃないかな。

ネタはどれも鮮度がよく期待を裏切らない。ネタもシャリも客層からすると意外なほどボリュームがある。
巻物はかっぱ、おわんは甘海老の頭のみそ汁。


sushikojima24.jpg


周りのテーブルを見ると、食べ終わった食器は僕のと同じ皿か浅めの丼がほとんど。
つまり彩セット820円かおまかせ海鮮丼880円と思われる。アルコールの客はいない。
回転は悪いが客単価は低そうだ。


sushikojima25.jpgsushikojima26.jpg


この人たち、立ったり座ったりと非常にせわしない。皆さん、トイレが近い。
客単価は低そうだが、お店の水道料金は毎月高くついていそうだ。

人けがなくなったと思っていた滝山商店街だが、こういう場面を見ると潜在購買層はまだまだ少なくないんだと思う。
新しいお店ができて、再生から次のステップへと進んでいくのかもしれない。


totoya3-14.jpg


[DATA]
すし小島
東京都東久留米市滝山4-1-40



[Today's recommendation]

OUT TO LUNCH
Eric Dolphy
『Out to Lunch!』




chat171129.jpg
◆ 猫写真はこちら



                                         

2017.10.20 鮮魚 ととや/東京都東久留米市滝山4-1-40

totoya3-11.jpgtotoya3-12.jpgtotoya3-13.jpg
自家製塩辛1cp 280円、日本海産かいひも259円


種類豊富な手づくりのり巻き 【仙石】

2017.10.20

 アメッシュやXRAINでは雨雲は抜けたことになっているが、細かいのは降り続いていて、自転車で出るには出たがぬれることはぬれる。相変わらず風邪っぽいので、これはよくない。もう遠出は諦めて弁当を買って帰ることにした。


sengoku11.jpg


西友久米川店の向かいのパチンコ屋の並びの惣菜・弁当・のり巻き・やきとりの店「仙石」。こちらは繁盛店で、店頭にはいつも何人かお客さんが並んでいる。
店主らしきお父さんが前のお客さんの注文をとっている間、のんびりショーケースを眺めていると、「どうぞ」とおばさん店員に声をかけられる。奥にはもう1人、女性店員がいて、繁盛店だけあって3人体制だ。
品数が多くて決められずに慌てつつ、「あなご、梅、えーと…、めんたい」と注文。
「切りますか?」と聞かれ、「切ってください」

この店の存在は以前から知っていたが、実際に利用したのは今年の春が初めて。そのときは夕方の閉店間際で、売り切りサービス品を購入した。4本パック320円と、本日が3本で430円なので、前回はたいへんお得だったわけである。
夕方、狙い目です(20時閉店)。


sengoku13.jpgsengoku14.jpg


のり巻きには切れ目が2本入っているが、一口サイズにはちょっと大きい。
で、思ったんだが、1人で3本食べるより、品数が多いので2人で6本、3人で9本と、違う種類を買ったほうが絶対楽しいはず。

今日並んでいた中太巻きの種類は次のとおり。
・たらこ巻145円
・うに巻145円
・いか巻160円
・あなご巻145円
・しゃけ巻145円
・めんたい巻145円
・シーチキン巻145円
・梅巻140円
・なっとう巻140円

ほかに山菜太巻350円、太巻350円、各種細巻105円など。あと、釜めし460円もかなり気になる。


sengoku15.jpgsengoku16.jpg


夕方、帰ってきた妻がキッチン流しのプラパックを見て、
「これ、どしたの?」
「昼にのり巻き買って食べた」

水切りかごの皿を見て、
「で、インスタ映えしそうな皿使ったんだ(笑)」

狙いはそのとおりなんだが、オレって盛り付けセンス悪っ…!(笑)


sengoku12.jpg


[DATA]
仙石
東京都東村山市栄町2-8-5



[Today's recommendation]

Bruno Mars - It Will Rain
Bruno Mars
『It Will Rain』

https://www.youtube.com/watch?v=W-w3WfgpcGg



chat171020.jpg
◆ 猫写真はこちら



                                         

2017.10.20 鮮魚 ととや/東京都東久留米市滝山4-1-40

totoya11.jpgtotoya14.jpg
激辛紅さけ(昔の味)259円、あま塩紅鮭筋子(極上)230円(外税価格)


Latest Articles
ランチずし最強宣言! 【東鮨】 Aug 22, 2019
絵心をそそる門前の茶屋 【小林屋】 Aug 20, 2019
関東(ry) うどんロード ―2 【おぎの屋 板倉店】 Aug 19, 2019
オープン1年、市内要注目エリアに 【野口製麺所 本町店】 Aug 18, 2019
気軽に立ち寄るカウンター寿司の原点? 【すし食堂 勝】 Aug 17, 2019
実りの季節へ 【収穫祭 小山園】 Aug 17, 2019
ガラパゴス化する? 都会の洋食文化 【タカセ 池袋本店】 Aug 16, 2019
国立クオリティを村山プライスで 【アジアン酒場 アビマーニ】 Aug 14, 2019
灼熱のカツカレー 【太丸食堂】 Aug 13, 2019
I see a ‘Naruto’ and want it painted black 【さんらいず亭】 Aug 12, 2019
この夏、ビールのアテはここ! 【秋津ナンバーワン】 Aug 11, 2019
横丁の風情ある食事処 【高ふじ】 Aug 10, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2