fc2ブログ

不整合からアニメの聖地へ ――秩父札所巡り④

2024.03.17

 前々記事からの続きで、札所3番 常泉寺から昼ごはんタイムを挟んで4番 金昌寺へ。


20240317 heianro-24


石柱や石標の立つ金勝寺入り口は「平安楼」の目と鼻の先なのだった。


20240317 chichibu5-11-2
20240317 chichibu5-12-220240317 chichibu5-13-2



札所4番 金昌寺
埼玉県秩父市山田1803-2


20240317 chichibu5-14

20240317 chichibu5-15

20240317 chichibu5-16


秩父札所のうち最も豪華という山門をくぐると…


20240317 chichibu5-17


こ、これは……


20240317 chichibu5-18-2


まさしく“それっぽい”たべもの屋さん(👈️前記事参照)
こういうのを伝えたくてブログをやっているともいえる。


20240317 chichibu5-19-2
金昌寺境内のおそば屋さん「およんな よばん」


しかしながら、さっき食べた中華屋さんはけっこうボリュームあったし、その前にパンも食べてるし。
今回は泣く泣くパスということで。


20240317 chichibu5-20

20240317 chichibu5-21

20240317 chichibu5-22
本堂


気を取り直して…
ほかにもこのお寺さんはいろいろすごい。


20240317 chichibu5-22-22


――県指定有形民俗文化財の石仏群のある札所として、知られている。本堂は三間四面、様式は唐様、江戸中期のものである。山門は仁王像を安置し、階上には縁をまわして石仏の五百羅漢を安置している。秩父札所のうちで最も豪華な山門である。本尊は十一面観世音、像高107cm、室町時代の作で、慈母観音の石仏も有名になっている。「札所4番 高谷山金昌寺」秩父市HPより)


20240317 chichibu5-23-2


先のおそば屋さんの脇から本堂と反対の左の坂を上ると石仏群。


20240317 chichibu5-25

20240317 chichibu5-26


下部に三波川帯の蛇紋岩(8500万~6500万年前)、上部に秩父盆地内の礫岩層(約1500万年前)が見られる“不整合”で、地形的にこの寺は山地と盆地の境界に位置しているとされる。


20240317 chichibu5-24


1319体に及ぶ石仏は1624(寛永元)年当時の住職が石造千体仏安置を発願し7年の歳月をかけて成就したとされるもので、見応え十分。


20240317 chichibu5-27



◆ ◆ ◆

巡礼道を少し戻って5番 語歌堂へ。


20240317 chichibu5-30-220240317 chichibu5-31-2
20240317 chichibu5-32


武甲山がどんどん迫ってくる。
ちなみに5~10番は秩父市ではなく秩父郡横瀬町(武甲山御嶽神社=武甲山山頂所在地)になる。


20240317 chichibu5-33-2



札所5番 語歌堂
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬6086

20240317 chichibu5-34

20240317 chichibu5-35

20240317 chichibu5-36

20240317 chichibu5-38


――堂を建立した本間孫八が、ある旅僧と夜を徹して和歌の道を語り合い、ついに奥義を体得したことから語歌堂と名付けられました。言い伝えでは、その旅僧は観音様の化身だともいわれています。堂右手の庚申塔の石仏は、秩父でも数少ないもののひとつです。(「札所五番 小川山 語歌堂」横瀬町観光協会HPより)


20240317 chichibu5-39



5番納経所 長興寺
埼玉県秩父市山田2191

20240317 chichibu5-40

20240317 chichibu5-41



◆ ◆ ◆

5番納経所 長興寺の先、6番・7番は左で、車を止めてある秩父駅は右と、選択の分かれ道である。
計画では7番までだったが、時間が遅くなったのとお賽銭の小銭も尽きたことだし💦 今回は5番で終了ということに。


20240317 chichibu5-51


そのまま秩父駅方面に向かう途中、10番の標識が。
この先、6番~ と巡るとして、この位置に10番というのは行程の計画上ネックになるのでは? と、今回お参りしておくことに。

あとで地図で確認すると、その判断は的確だった。



札所10番 大慈寺
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬6086


20240317 chichibu5-46

20240317 chichibu5-53

20240317 chichibu5-47

20240317 chichibu5-54


――秩父が舞台となっているアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』通称「ここさけ」(2015年公開)札所十番が舞台となり、アニメファンの聖地にもなっています。本堂入り口には、なでると病気を治してくださるといわれている「おびんずる様(なで仏)」が安置されています。自分の悪い所とおびんずる様を交互に撫でると病気を引き受けてくれると言われています。仁王門は、樓門形式であり、本堂は茅葺形銅平葺の寄棟造りになっています。寺には本尊の聖観世音菩薩像と脇仏の子安観音・地蔵菩薩像等があり、子安観音は安産子育ての仏様として有名です。「札所十番 萬松山大慈寺」横瀬町観光協会HPよりより)


20240317 chichibu5-56


1番のところで書いているように、それっぽいにぎわいを感じるのは「札所1番 四萬部寺」のみで、以後の巡礼道ではほぼ人と出会っていないと言っても過言ではない。
快適でもあり寂しくもある、巡礼道。

秩父札所編おしまい)


20240317 chichibu5-49


[DATA]
秩父札所
https://chichibufudasho.com/

札所4番 金昌寺
埼玉県秩父市山田1803-2


札所5番 語歌堂
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬6086


札所10番 大慈寺
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬6086




[Today's recommendation]


https://youtu.be/v55d_5_3JSk?si=Fsk1NjT6tBQz5qAL



wachat240317-66.jpg



20240317 chichibu5-57


時刻は12:15 ――秩父札所巡り③

2024.03.17

 2番納経所 光明寺を出たところの四つ辻、お寺の石柱の斜向かいに“禁葷酒”の石碑。
“葷”とはネギ・ニラ・ニンニクのたぐいの臭気の強い野菜のことで、(精がつくため)修行の妨げになるとして、仏門においては酒とともに禁忌とされている。


20240317 chichibu2-47


四つ辻を下ったところの“ひだり二番・正面納経所・みぎ三番”の石標の丁字路を右へ。


20240317 chichibu3-11


時刻は12:15――
さっき真福寺でパンを食べたのがむしろ呼び水となり、よけい腹が減っている。


20240317 chichibu3-12-220240317 chichibu3-13-2


この先、3番~4番の巡礼道は、朝にバスで通ったr11熊谷小川秩父線を縫うようなコースとなっている。
バスの車窓から見た感じでは県道沿いの飲食店事情はそう悪くなさそうだが、どうせなら“それっぽい”のがいい。


20240317 chichibu3-14


巡礼道と県道の交わるところに“季節の和食 秩父茶屋”の看板。
あ、そうそう、それっぽい。
好都合なことに、札所3番 常泉寺と同方向を矢印は指している。


20240317 chichibu3-15

20240317 chichibu3-16


“三番みち”の石標の先に見えてきたそのお店は… 臨時休業🙀
どうも長期に休んでいるようだ。


20240317 chichibu3-18
20240317 chichibu3-19-220240317 chichibu3-20-2


これによりこの先少しバタつくことになるが、それはおいといて、ひとまずお参りということで💦



札所3番 常泉寺
埼玉県秩父市山田1392

20240317 chichibu3-21-2


1234(文暦元)年の開山と伝わり、当初は高篠山の中腹の岩窟に所在したと推定されているが、その後、2番真福寺の納経所である光明寺の援助を得て現在地に観音堂を遷座したという。


20240317 chichibu3-27
20240317 chichibu3-2820240317 chichibu3-29
20240317 chichibu3-30


本堂の左手に蓮の池。
その後ろに石仏群と文殊堂。
その先の石段を上ると観音堂。


20240317 chichibu3-23

20240317 chichibu3-25

20240317 chichibu3-25-2
向拝の海老虹梁のかご彫りの龍


――前面に水田、背景に山、絵姿のような境内で、長命水の伝説をもつ井戸、小池の間を通って石段を登る。三間四面の堂、大唐破風の向拝は建築彫刻として繊細を極めている。竜の彫刻を施した向拝の海老虹梁のかご彫り(すかし彫り)は見事である。明治3年秩父神社の薬師堂を移築した江戸時代後期のものである。本尊は聖観音立像一木造り、像高97.3cm、室町時代の作である。「札所3番 岩本山常泉寺」秩父市HPより)


20240317 chichibu3-22


◆ ◆ ◆

3番 常泉寺をあとに、ルートを進む。
時刻は1時近くで、空腹感がやばい。


20240317 chichibu3-31

20240317 chichibu3-32

20240317 chichibu3-33


横瀬川に架かる人道橋を渡り再びr11に出ると、中華屋さんの看板。
“それっぽい”とは“禁葷食的”というニュアンスで、中華料理といえば葷要素のかたまりみたいで全然それっぽくないが、特に修行の身でもなし、とりあえず助かった。

(つづく)


20240317 chichibu3-34


[DATA]
秩父札所
https://chichibufudasho.com/

札所3番 常泉寺
埼玉県秩父市山田1392




[Today's recommendation]


https://youtu.be/X3_H5YlgKFU?si=zdkJEw88onmpevgo



wachat240317-33.jpg



20240317 chichibu3-35
次号予告


いきなり難所…? ――秩父札所巡り②

2024.03.17

 秩父札所1番 四萬部寺をあとに、ルートを進む。


20240317 chichibu2-11


ここから歩き始めとなるが、古い石碑のたぐいから新しいプレートまで道々こまめに道標が設置され、用意してきた地図を見なくともスイスイ歩ける。
思ったほど山ということもなく、のどかな人里という感じ。


20240317 chichibu2-12
20240317 chichibu2-12-220240317 chichibu2-13


…が、はじめ下り道だが、定峰川を渡り、“約1.7km 札所2番真福寺”のプレートの四つ辻と“右 志まんぶ寺(四萬部寺)”の石標の分かれ道を過ぎると、道は徐々に上り勾配に。


20240317 chichibu2-14
20240317 chichibu2-1520240317 chichibu2-16


ずっと舗装路のだらだら上りだが、気がつけばけっこうな坂になっている。
山歩きのトレーニングというには相当キツい。


20240317 chichibu2-17


👆️こんな看板も。
まだあと500mもあるんかーい!


20240317 chichibu2-1820240317 chichibu2-19
20240317 chichibu2-0920240317 chichibu2-10


あたりはいつしか杉林で、いよいよ山登り感が高まるが、ほどなく前方が開け…


20240317 chichibu2-21
前方、芦ヶ久保? の山々越しに武甲山


まあ、この区間が上りということはあらかじめ調べがついており、“難所”という表現もあったりして覚悟はしていた。
しかし難所とはいかにも大げさで、ずっと舗装路ということからもわかるように、去年あちこち出かけた低山登りに比してもだいぶ楽である。


20240317 chichibu2-22


“札所二番”の大きい看板の位置が峠になっており、少し下るとお寺の駐車場。
その奥から再び上ると札所2番 真福寺。



札所2番 真福寺
埼玉県秩父市山田3095

20240317 chichibu2-23

20240317 chichibu2-24

20240317 chichibu2-25

20240317 chichibu2-26


――この札所は、1番札所から徒歩40分、急なジグザグな坂道を登りつめたところにある。本堂は三間四面、江戸時代末期の再建によるものである。特に向拝の意匠に善美をつくした時代の気風を再現している。本尊は、聖観音立像一木造り、高さ64cm、室町時代の作である。「札所2番 大棚山真福寺」秩父市HPより)


20240317 chichibu2-27

20240317 chichibu2-28



◆ ◆ ◆

お参りを済ませて、時刻は11:25。
腹が、減った……


20240317 chichibu2-29


駐車場の端には丸太スツールがいくつも設置してあり、山の上で眺めもよく、絶好の休憩ポイントとなっている。
ということで、軽食タイム。


20240317 chichibu2-30


セブンイレブンのカレーパンのウマいこと🐱


20240317 chichibu2-3120240317 chichibu2-32
20240317 chichibu2-3320240317 chichibu2-34


梅や早春の花も咲き乱れ✿


20240317 chichibu2-35



◆ ◆ ◆

――なお、1860年(万延元年)の火事で大伽藍を焼失したため現在は高台に観音堂が建つだけの無住の寺で、納経や御朱印などは麓の光明寺で行っている。「真福寺(秩父市)」Wikipediaより、最終更新 2024年3月16日06:48)

ということで、3番札所の前に光明寺へ。


20240317 chichibu2-36
20240317 chichibu2-3720240317 chichibu2-38
20240317 chichibu2-3920240317 chichibu2-40


上った分だけ下る感じで。
はじめつづら折りの山道もやがて人里に。


20240317 chichibu2-41


“←札所3番4番 ↑光明寺(2番納経所)”の看板を右へ。



2番納経所 光明寺
埼玉県秩父市山田2191

20240317 chichibu2-42

20240317 chichibu2-43


20240317 chichibu2-45


前記事に書いているように御朱印を授かることはないので納経所はパスしてもいいのかもしれないが、これもご縁だと思うので手を合わさせていただく。

(つづく)


20240317 chichibu2-47


[DATA]
秩父札所
https://chichibufudasho.com/

札所2番 真福寺
埼玉県秩父市山田3095




[Today's recommendation]


https://youtu.be/KvPyu31yxls?si=gDaDBg2QkNafEryB



wachat240317-22.jpg



20240317 chichibu2-50
次号予告


早春、歩きはじめ ――秩父札所巡り①

2024.03.17

 運動不足解消のため自転車で新宿まで行ったりしてるわけだが、先日、現地で昼めしを食べるのに地下街から地上へ階段で上がってひどく息が上がった。
自転車片道33kmはどうってことなかったが、使う体力が違うらしい。

ちょうど1年前の高尾山をきっかけに去年はちゃんとした山歩きを10回近くこなしており、今年ももちろん継続するつもりだが、地下街(地下2階相当)からの上り程度で息を切らしているようでは八国山(標高89.4m)登頂すら危ぶまれる。


20240317 chichibu1_2-34


ところで、“〇〇巡り”が好き。
このブログの記事としては、七福神めぐり平将門北斗七星めぐり五色不動めぐり
と、最近は寺社めぐりが多いが、対象は別に何でもよく、過去にはスイーツウォーキングなんていうのも。

要するに道標めぐりというかスタンプラリー的なものだが、スタンプラリーのルーツは御朱印という説もあるくらいで、寺社でもスイーツでも、ポケモンでも何でも、本質は変わらないと思っている。

〇〇巡り企画で、山歩きのトレーニングにちょうどよさそうと思い付いたのが、秩父札所巡り。
まさに“元祖スタンプラリー”的であり、山寺も多そうで春先の体力づくりにもってこいである。


20240317 chichibu1_2-11


秩父駅近くに車を止め、1番札所までバスで行き、1~7番と歩いてめぐって駅に戻ってくるという計画。約15kmの行程である。
秩父駅のバス時間10:07を目安に家を出る。


20240317 chichibu1_2-11-2


秩父には何度も出かけているが、秩父鉄道 秩父駅には来たことがなかった。
山歩きで食べ物屋がない可能性があるのでパンぐらい持参したいが、駅前ロータリーから見える範囲にコンビニすら見当たらない。
バスの時間までにヤマカンで動いて秩父神社裏に、あってよかったセブンイレブン。


20240317 chichibu1_2-12


バスの乗客は僕らを含めて4名。
のどかなバス旅という上々の滑り出しである。


20240317 chichibu1_2-13-2


1番札所バス停はお寺の駐車場。


20240317 chichibu1_2-14-2
上の写真の反対側から見たところ。「旅籠一番」は創業江戸時代という


駐車場からそのまま階段を上ると本堂の裏で、いったん山門から出て入り直し。
門前に古びた旅籠があり境内の人出もけっこう多く、さすが名にし負う秩父札所! とテンション上がったが、1番だけに… ということを後々知ることになる。



札所1番 四萬部寺
埼玉県秩父市栃谷418
https://www.shimabuji.com/

20240317 chichibu1_2-15

20240317 chichibu1_2-18

20240317 chichibu1_2-19


――日本百番観音霊場のうち秩父札所34番は、この寺から始まる。この堂は三間四面、表一間の向拝を付した入母屋造で、県指定の文化財である。秩父地方の名匠藤田徳左衛門吉久によるものである。天井には狩野常信の弟子抱素斎休世常耀益之(ほうそさいきゅうせいじょうようますゆき)の画いた龍画がある。「札所1番 誦経山四萬部寺」秩父市HPより)


20240317 chichibu1_2-21

20240317 chichibu1_2-22

20240317 chichibu1_2-23

20240317 chichibu1_2-24


こちらの納経所で巡礼用品一式をそろえることができる。
納経所とは本来、お参りしたときに写経を収めその“受け取り証”として納経帳や掛け軸などに朱印を授かる、文字どおり“経を納める所”を指したが、いまではまぁ、御朱印帳に朱印を授かる場所ということ。


20240317 chichibu1_2-25


冒頭に御朱印うんぬんと書いているが、僕らは(いまのところ)御朱印集めはやっていない。
そのまま2番札所へ。

(つづく)


20240317 chichibu1_2-26


[DATA]
秩父札所
https://chichibufudasho.com/

札所1番 四萬部寺
埼玉県秩父市栃谷418
https://www.shimabuji.com/




[Today's recommendation]


https://youtu.be/dSXRSaMOwyo?si=B8bTBaSOMDYoJr_f


wachat240317-11.jpg



20240317 chichibu1_2-35
次号予告


門前のホカホカ焼きまんじゅう 【後藤商店】

2022.02.06

 バタバタだったりソワソワだったりで、気がつけば日曜日。何もやることを考えておらず、朝起きてボケーッとしてしまった。

「今日どうするの?」
「今日はうちでのんびりするの」
「……」

「あ… つまようじなくなった」
「…じゃあ、つまようじ買いに行くかぁ。車で秩父あたりまで(笑)」


20220206 chichibu-1120220206 chichibu-12


やって来ました、秩父へと。
マジで ( ̄ω ̄;)


20220206 chichibu-1320220206 chichibu-14


秩父行くかぁ… となったのが9時半で、11時半には「道の駅 ちちぶ」にいる。
そんなお気軽・お手軽に観光気分を味わえるスポットは、けっこうたくさんある。
いわゆるマイクロツーリズムのすすめ。


20220206 chichibu-1520220206 chichibu-16


前に秩父に来たのが2018年10月。車を買い替えて最初の遠出だったと思う。
車に慣れることと、スマホマップのナビ機能の使い始めでその練習とが目的だった。
車にUSBポートが付いているという常識がなくケーブルを持っていかず、2人ともスマホの電源が落ちて帰りはナビを使えなかったのだった。


20220206 chichibu-1720220206 chichibu-18


秩父に来たなら、やっぱり秩父神社にお参り。


20220206 chichibu-1920220206 chichibu-20


秩父神社は第10代 崇神天皇の時代の創建とされる。

――秩父地方の総鎮守である。三峯神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。12月の例祭「秩父夜祭」で知られ、秩父夜祭(秩父祭の屋台行事と神楽)は「山・鉾・屋台行事」(18府県の計33件)の1つとしてユネスコ無形文化遺産に登録されている。(Wikipedia)


20220206 chichibu-2120220206 chichibu-22


社殿は極彩色の彫刻で飾られ、なかでも東西南北に配置された“つなぎの龍” “お元気三猿”“子宝 子育ての虎”“北辰の梟”が有名。


20220206 chichibu-2520220206 chichibu-26-2
左甚五郎作 つなぎの龍


神社的にはフクロウ推しが強い?
ホームページのアイキャッチがフクロウキャラクターだ。


20220206 chichibu-2320220206 chichibu-24
北辰の梟


――秩父神社のご祭神である妙見様は、北極星を中心とした北辰北斗の信仰であり、この梟の見ている方角に妙見様が出現することからも、ご祭神と特に縁りの深い瑞鳥であると考えられます。秩父神社HP


20220206 chichibu-2720220206 chichibu-28


参道には露店が並ぶ。


20220206 chichibu-2920220206 chichibu-30


入るとき抜かりなくチェックしていた相方が「焼きまんじゅう食べる」と。


20220206 chichibu-3120220206 chichibu-32


“上州名物”とある焼きまんじゅうのキッチンカー。
あとで調べると、こちら「後藤商店」は秩父地方では有名なお店らしい。
HPによると小鹿神社入り口の小鹿野店を拠点に、秩父市中津川にもお店があり、うどんや郷土料理を提供。秩父神社には定期的にキッチンカー出店しているもよう。


20220206 chichibu-3320220206 chichibu-34


焼きまんじゅうは3個串と4個串があり、3個のほうが高い。あんこ入りだからだ。
3個を1本買う。


20220206 chichibu-35


みそだれがかなーり甘い。あんこ入りだからダブルで甘い。
甘くて田舎臭い。
それがいい。


20220206 chichibu-36


蒸して焼いてくれるので、ホカホカで気持ちも和む。


20220206 chichibu-3720220206 chichibu-38


小腹を満たして、秩父散策へ。

(つづく)


20220206 chichibu-3920220206 chichibu-40


[DATA]
〈後藤商店〉
 http://mamecya.pupu.jp/gotou/
〈秩父神社〉
 埼玉県秩父市番場町1-3
 http://www.chichibu-jinja.or.jp/





[Today's recommendation]

wachat220206-1.jpg




https://youtu.be/LLr0bh6h3O4



20220206 chichibu-41


老舗そば屋で秩父名物 【大むら 本店】

2018.10.14

 車で秩父へ観光に行った。
と書くと予定された行動のように思われそうだが、行き先が決まったのは車を走らせるとき。「じゃ、秩父でも行くかぁ…」と。


181014 ohmura-61-2


アベノミクスのせいかどうか知らないが、最近、道路整備事業の進展が速く、さすがにナビなしでは車で遠出しづらくなった。
ナビはスマホのアプリで十分のような気もするので、とりあえずGoogleマップアプリのナビ機能を使ってみよう、というのが今回の趣旨。


181014 ohmura-11


走り始めてしばらくすると、スマホが何かしゃべってる。
「○○交差点を右折」
いやいや、僕は左折したいのだ(笑)。


181014 ohmura-16


そんな感じで飯能の街を抜けるまでに5回ぐらいナビとけんかして、あとはR299をひたすら走るだけだから案内不要。ナビさんも沈黙。
最後に2回右折の指示をいただいて、「道の駅 ちちぶ」に到着。


181014 ohmura-12181014 ohmura-13
181014 ohmura-14181014 ohmura-15


11時半近かったので、とりあえず昼ごはん。
道の駅に置いてあった「観光×食べ歩きマップ秩父2018」を手に街を歩いてみる。


181014 ohmura-62-2


でもやっぱり、(ここまで写真でお伝えしたとおり)秩父神社へのお参りは、食事より先に済ませましたよ(笑)。


181014 ohmura-36


最近、そばガレットのワークショップに参加してそばづいてる人がいて、「秩父といえばそばでしょ」と。
そうなの…? たしかにマップにはそば屋がたくさん載っている。


181014 ohmura-19


そばに異論はないが、こういうとき本格手打ちそばのお店だと、生まじめさゆえにこの浮ついた気分に水を差されかねない。いかにも観光地、というあか抜けないお店がいい。


181014 ohmura-64


ということで、店名からヤマ勘で選んだのが「大むら 本店」。
参道(番場通り)から1本西の裏道に位置する。


181014 ohmura-63


ヤマ勘のわりに、われながら鼻が利くというか、あとで調べてみると「大むら 本店」は秩父で一番の老舗だそうで、創業明治17(1884)年という情報がいくつか見つかった。


181014 ohmura-22


広めの店内に席がゆったり配置してある。真ん中の12席の大テーブルのほか、6人掛けテーブル、4人掛けテーブル×2、小上がりに座卓4人×3、2人×3。


181014 ohmura-23


「秩父といえば、わらじ丼でしょ」と相方。
そうなの…?


181014 ohmura-65181014 ohmura-66


僕は知らなかったが、たしかにおいしそうなのでミニわらじ丼セット(そばは小もりを選択)1030円に決める。
もう一品は、とり南そば700円。


181014 ohmura-67181014 ohmura-68


先客は5組15人ほど。オペレーションがちょっと変わっていて、1組分作り終わったら次の組に取りかかる、みたいなのんびりペースだ。入店から料理提供まで、実に45分を要す ( ̄▽ ̄;) アハハ…
別に決まった用事ないからいいけどね…。


181014 ohmura-73


わらじ丼はいわゆるソースカツ丼だが、カツが2枚のって一足… で、わらじだそうだ。


181014 ohmura-75


そば屋だけにそばつゆの配合されたソースが絶妙で、甘さがきつくなく上品。


181014 ohmura-70


セットの小もりそばのつゆが洗練された辛口で驚いたが、それがわらじ丼のおいしさの秘訣でもあるのだろう。


181014 ohmura-74


とり南そばのネギがやわらかくおいしい。寒さにあたって甘くなったのもいいけれど、この時期のフレッシュでさっぱりした感じもいいなと思う。
温かいそばがおいしい空気感だ。


181014 ohmura-72


食べ歩きマップのクーポンで、ミニわらじ丼セットは50円引きに。


181014 ohmura-34181014 ohmura-35


お店を出て、街をぶらぶら。
そのあとも寄るお店といえば、たべもの屋ばかりなのだった ( ̄∇ ̄)

(つづく)


181014 ohmura-33


[DATA]
大むら 本店
埼玉県秩父市東町12-17





[Today's recommendation]


https://youtu.be/JJyGkX3WzAM



wachat181014-1-222.jpg


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2