fc2ブログ

ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】

2024.03.23

 前記事で普通に“フードコート”という言葉を使っているが、そんなものがあろうとはツユ知らず、目的の? おそば屋さんに入ろうとしてハタと立ち止まったわしら。

ラーメン、おやき、イワナ… と、あちこちに暖簾や看板が出てる。
それぞれ別のお店のようだ。

あ… これってフードコート!?


20240323 miharashi-12


埼玉県唯一の村というくらい辺境の地にあって、突然にぎやかな食堂街が出現する。
『千と千尋の神隠し』のトンネルをくぐった先みたいで、まことにファンタジックな展開なのである。


20240323 foodcourt-10


「めん処 みはらし」でうどんとそばを食べ終わり、まだおなかに余裕があるので「だんごも食べる?」と聞くと、「それは違うお店で」と相方。

いろんなお店で食べてみたいと思わせる雰囲気が、この食堂街にはある。
チェーン店に頼らない、意欲的かつ遊び心いっぱいなローカルフードコート。


20240323 foodcourt-11


ということで、“リの字”形フードコート左奥の「笠山だんご」へ。



笠山だんご

20240323 foodcourt-12


だんごのほかに大判焼き、やきとりを売っている。
だんごは、しょうゆ、みたらし、いそべ海苔の3種類。
しょうゆとみたらしを1本ずつ。


20240323 foodcourt-1320240323 foodcourt-14
20240323 foodcourt-1520240323 foodcourt-16


予報に反して天気もよくなり、山里の清々しい空気のもとで食べるだんごのおいしさ。
こんなオープンで気持ちよいフードコート、なかなかない。


20240323 foodcourt-17



◆ ◆ ◆

そのあと施設内を見て回り… と、時系列的には前々記事へと続く。


20240323 foodcourt-18


農産物直売所でお土産を買い、再びフードコートへ。
おやきを買って帰ると決めてあった。



さとやま工房

20240323 foodcourt-19


扱い品目は、おやき、天ぷら、コロッケ。
おやきは、しゃくし菜、切り干しミックス、おいも&あんこ、きんぴらごぼうの4種類。
切り干し以外の3種類を買う。


20240323 foodcourt-2020240323 foodcourt-21
20240323 foodcourt-2220240323 foodcourt-23


草もちも2個買って、これはその場で食べる。
つぶつぶ感が残って粘りすぎない餅、ヨモギの鮮烈な香り、甘すぎず小豆の香りが立つ餡…。
抜群においしい草もちなのだ。


20240323 foodcourt-24



◆ ◆ ◆

こうなると、ずっとおいしそうな匂いを嗅がされ続けているイワナを買わないわけにはいかない。



イワナ屋

20240323 foodcourt-25


「このへんで育てているんですか?」
「冷たくきれいな水でしか生きられないんですよ」
とお店のおかあさん。


20240323 foodcourt-2620240323 foodcourt-27



ずいぶん焼けているように見えるんだが、注文してからさらにじっくり、10分かかった。


20240323 foodcourt-28



◆ ◆ ◆

帰宅して戦利品でビールというのは、近場旅行の醍醐味であろう。
(現地では飲めないからね💦)


20240323 foodcourt-3020240323 foodcourt-31
20240323 foodcourt-3220240323 foodcourt-33


おやきのしゃくし菜ときんぴらごぼうはビールにめっちゃ合う。
炭火の遠火でじっくり焼いて、冷めてもおいしいイワナは、言わずもがな。


20240323 foodcourt-34


見どころいっぱい、おいしさいっぱい。
サイコーの道の駅なのだ。


20240323 washinosato-16


[DATA]
道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート
埼玉県秩父郡東秩父村御堂441
http://www.michinoeki-washinosato.jp/
http://www.higashichichibu.jp/hosokawashi/washinosato





[Today's recommendation]


https://youtu.be/sLujhePY_iY?si=btEBJ32EOuWKhXEh



wachat240323-33.jpg



20240323 foodcourt-35
「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ」編おしまい


地粉うどんと太めのそば 【めん処 みはらし】

2024.03.23

 出かけ先に「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ」を選んだ理由が、そば。
Googleマップにおいしそうなそばの写真が載っている。

駐車場に面した建物が農産物直売所で、その脇を抜けると前記事に書いた諸施設となるが、真っ先に目に入るのが直売所裏の角に立つ“うどん・そば”の幟である。
12時近くでハラも減っており、迷わずその立ち食い屋さん的お店で昼ごはんをとる。

それから店を出て施設内をぐるっと見て回っていると、日本庭園の先に趣あるそば店前記事参照)
「あ、写真はこっちだったかぁ…😅」

すでに食事を済ませており、こっちの趣あるおそば屋に入れないのは悔しいが、でも「いや~、失敗失敗」とは思わなかった。
あっちの立ち食い的おそば屋も十分満足できたから。


20240323 washinosato-48

20240323 miharashi-12
“リの字”形のブース配置で中央にパラソルテーブルが並ぶフードコート


ということで、フードコート内の立ち食い的おそば屋さん「めん処 みはらし」。
そば・うどんのほか、おだんごも売っている(土日月のみ)


20240323 miharashi-13


キャッチコピーは“昔ながらの手捏ねうどんと、ちょっと太めの田舎そば”。
両方食べるしかないでしょ。


20240323 miharashi-14

20240323 miharashi-15


店内はカウンター5~6席のみだが、外のパラソルテーブルも使えるのだった。
そのへんのつくりが“フードコート”なのだった。


20240323 miharashi-16


店内が埋まっていたので外で食べるつもりで注文している最中に店内2席空く。
注文は、かきあげうどんときんぴらそば。


20240323 miharashi-17


注文の品、すぐ来る。
そのへんが立ち食い屋さん的。


20240323 miharashi-21

20240323 miharashi-18


うどんは地粉の武蔵野風… とあれば、かき揚げは必定。
にんじん、ごぼう、たまねぎと青物。


20240323 miharashi-22


常々思っているが土の匂いの強いごぼうと地粉のうどんは相性抜群、まさに大地の恵みを感じる。


20240323 miharashi-19


きんぴらそばは名前そのまんま、‘Kimpira on the Soba’。
実は注文するとき漠然とごぼうとにんじんの天ぷらを思い浮かべていたんだが、それってかき揚げな ゞ( ̄∇ ̄;)


20240323 miharashi-20


“ちょっと太め”と書いてあるそばは、かなり太め。
ボソッとした食感で、ホシが入って香りも強い。
きんぴらののったそばは初めて食べたが、地粉うどん同様、素朴な田舎そばと根菜の相性が悪かろうはずがない。


20240323 miharashi-23


前記事に書いているように、こちらの道の駅には趣あるそば店「すきふね」目的に再訪する可能性が高そうだが、その際にこちら「みはらし」をスルーする自信がない。

(フードコート編、つづく)


20240323 miharashi-24
次回、イワナなど


[DATA]
めん処 みはらし
埼玉県秩父郡東秩父村御堂441 道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート
http://www.michinoeki-washinosato.jp/
http://www.higashichichibu.jp/hosokawashi/washinosato





[Today's recommendation]


https://youtu.be/U75MzaPvQjQ?si=JknRFyRo-JxMISt2



wachat240323-22.jpg



20240323 miharashi-25
次号予告


古民家のある道の駅 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ】

2024.03.23

 朝の予報は雨か雪で、お出かけ先に困ってしまう。
出かけるとなると自転車か、車を使ったとしてもその先で街歩きとか山歩きとかアウトドア系の行動が多いため雨に弱く、しかしながら家にじっとしているのもとてつもなく苦手で、行き先を求めGoogleマップをさまよう。

雨の日ネタとして思い浮かぶのが道の駅。
比較的近くにあってこれまで知らなかった道の駅をたまたま見つけ、そこに行ってみることに。


20240323 washinosato-11
出かけてみれば予報に反して意外にいい天気なのだった🐱


「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ(東秩父村和紙の里)」は2016年オープン。

飯能から県道30号飯能寄居線→11号熊谷小川秩父線と行程はシンプルだが、小川町駅手前からr11に入って間もなく“東秩父村”という標識を見て「そんな村があったのか!?」となったくらい(小川町の施設だと思っていた)、自分的には白昼の死角。
加えてGoogleマップで“道の駅”で検索してもマップピンが立たず検索結果一覧でも下位表示ということも、これまで知らなかった理由と思われる。
ちなみに東秩父村は埼玉県唯一の村だそうだ。


20240323 washinosato-1320240323 washinosato-1420240323 washinosato-15


ところがこの道の駅――

定番の農産物直売所のほか、紙製品や特産品販売。
お食事処は10店ほどからなるフードコート。
そば打ち体験工房、和紙製造所、ふるさと文化伝修館、研修・宿泊所、ギャラリー・茶室… と体験型施設も充実。
さらには古民家のある日本庭園。

――等々、盛りだくさん。

結論から言うと、これまで訪れた中でも満足度ナンバーワン道の駅なのであった。


20240323 washinosato-12
正面の建物が農産物直売所

20240323 washinosato-16
文化伝修館(左)とフードコート(右)

20240323 washinosato-17
特産品直売所(左)と紙すき工房(右)



文化伝修館「ふるさと」

20240323 washinosato-18
20240323 washinosato-2020240323 washinosato-22


紙すき工房「つきがわ」

20240323 washinosato-24
20240323 washinosato-2520240323 washinosato-26


これらメインの建物群の背後は広い中庭。


20240323 washinosato-19
日本庭園「いちねん」。建物は左から、研修会館「まなびや」、ギャラリー・茶室「いちよう」、細川紙 紙すき家屋「かやぶき」


格調高い日本家屋や古民家を配した日本庭園で、古民家は江戸時代後期に建てられた細川紙の紙すき家屋を移築・復元したもの。
庭の一隅には小さな天満宮も建つ。



和紙の里 天満天神宮

20240323 washinosato-2820240323 washinosato-27
20240323 washinosato-29


細川紙 紙すき家屋「かやぶき」

20240323 washinosato-30
20240323 washinosato-3120240323 washinosato-32

20240323 washinosato-3320240323 washinosato-34
20240323 washinosato-49


古民家の板の間に配膳がしてあるので、炉端に座っている説明係? のおばあさんに「何かやるんですか?」と聞いてみたところ、「展示してあるだけ」とのこと。
ちょうど昼どきで、おばあさんはカップ焼きそばを食しておられる。
「この鉄瓶のお湯で…?」とよっぽど聞きそうになったが、だとすれば薪と鉄瓶で沸かしたお湯使用のチョー贅沢ペヤングなのだった。



研修会館「まなびや」 手打ち蕎麦「すきふね」

20240323 washinosato-36

20240323 washinosato-37

20240323 washinosato-21

20240323 washinosato-38


研修会館の隣に手打ち蕎麦「すきふね」。
実はさっきフードコートで食事を済ませており(次回掲載予定)、このおそば屋さんも気になるが今回はパス。
これだけのために近々再訪もありうる。



農産物直売所「とれたて」

20240323 washinosato-39
20240323 washinosato-4120240323 washinosato-42
20240323 washinosato-4320240323 washinosato-40
20240323 washinosato-4520240323 washinosato-46


ぐるっと回って農産物直売所に戻ってきた形だ。
平飼い卵、のらぼう菜、まな板、小梅干し、干し椎茸、木酢液…
いろいろ見て回ってテンション上がっているので、ついいろいろ買ってしまうという仕掛け?💦


20240323 washinosato-47
夏みかんはガラガラくじの景品


しかしお土産はこれだけではないのだった。

(つづく)


20240323 washinosato-48


[DATA]
道の駅 和紙の里ひがしちちぶ
埼玉県秩父郡東秩父村大字御堂441
http://www.michinoeki-washinosato.jp/
http://www.higashichichibu.jp/hosokawashi/washinosato





[Today's recommendation]


https://youtu.be/wNn7ThzgwDk?si=mKzr1MFJzWo4TAFG



wachat240323-11.jpg



20240323 washinosato-50
次号予定


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2