fc2ブログ

陰陽五行の五色にまつわる ――五色不動めぐり 前編

2024.01.07

 正月の恒例イベントとしてコロナ禍の2年を除き10年以上続けている七福神めぐりだが、そろそろネタ切れというか、残っているのが東京の東のほうだったり南のほうだったりで、はっきり言って遠い。去年の「雑司が谷七福神」のように2回目でもかまわないが、それもいまひとつモチベーションが上がらない。
そんななか、ふと思い出したのが「五色不動」。

駅名や地名としておなじみの目黒や目白の名前の由来が不動尊であることを知っている人は少なくないかもしれないが、この「目◯不動」、ほかに目赤、目青、目黄と全部で5色あることをご存じだろうか。


20240107 goshikifudoh-07


五色不動(江戸五色不動)は、陰陽五行思想の五色(白・黒・赤・青・黄)にまつわる不動尊で、3代将軍・徳川家光が天海僧正の進言により江戸府内から5カ所の不動尊を選び天下太平を祈願したことに由来する、と伝えられる。
五眼不動とも呼ばれる。

――一方で五色不動を歴史的に研究したいくつかの報告によると、実際に「五色不動」という名称が登場するのは明治末または大正始めであり、江戸時代の史実とは考えにくいとしているが、伝説自体は江戸時代から伝わる噂話に原型が見られるという。「五色不動」Wikipediaより、最終更新 2024年1月1日11:52)


20240107 goshikifudoh-0820240107 goshikifudoh-0920240107 goshikifudoh-10
© OpenStreetMap contributors



◆ ◆ ◆

ということで、五色不動めぐり。

五色不動は具体的には、目黒不動 瀧泉寺(目黒区下目黒)、目白不動 金乗院(豊島区高田)、目赤不動 南谷寺(文京区本駒込)、目青不動 教学院(世田谷区太子堂)、目黄不動 永久寺(台東区三ノ輪)、目黄不動 最勝寺(江戸川区平井)の6カ所。
目黄不動と伝わる寺院は2つあるが、シンプルに一筆書きでめぐる計画の都合上、目黄は永久寺に参ることとした。


20240107 goshikifudoh-11
三軒茶屋駅地下連絡通路


スタート地点は東急田園都市線・三軒茶屋駅。
いちばん西に位置する目青不動尊からめぐる。


20240107 goshikifudoh-12
キャロットタワーと東急世田谷線



目青不動 教学院
東京都世田谷区太子堂4-15-1
https://kyogakuin.or.jp/

20240107 goshikifudoh-13

20240107 goshikifudoh-14

20240107 goshikifudoh-15


1311(応長元)年、江戸城紅葉山に創建と伝わる。
1604(慶長9)年、青山に移転し“青山の閻魔様”として親しまれる。
1882(明治15)年、近くにあった観行寺の廃寺に伴い不動明王像がもたらされている。
1909-11(明治42-44)年、世田谷に移転、現在に至る。


20240107 goshikifudoh-1620240107 goshikifudoh-17

20240107 goshikifudoh-18


本尊は阿弥陀如来で本堂に、目青不動は不動堂(閻魔堂)に安置されている。


20240107 goshikifudoh-19



◆ ◆ ◆

目青不動から目黒不動までは徒歩で。
ルートは👆の地図を参照いただければと思うが、幹線道路もスマホ頼みも嫌いなので朝出かける前に歩きやすそうな道を調べて暗記してきた。


20240107 goshikifudoh-20
三軒茶屋交差点

20240107 goshikifudoh-20-2
目黒通り



目黒不動 瀧泉寺
東京都目黒区下目黒3-20-26
https://megurofudo.jp/


20240107 goshikifudoh-21

20240107 goshikifudoh-22

20240107 goshikifudoh-25

20240107 goshikifudoh-26

20240107 goshikifudoh-27


808(大同3)年、開山。

――目黒不動尊縁起によれば、「慈覚大師が少年時代、現在の地に宿をとったとき、神人の夢をみた。その後大師が青年になり、唐に留学して、ある日長安の青竜寺を訪れ不動明王を拝んだところ、それが少年のころ霊夢に感じた神人と同じ姿であった。大師は奇異に感じ、帰朝後さっそく不動尊像を彫刻し、これを目黒の地に安置した」とある。「歴史を訪ねて 目黒不動(瀧泉寺)」目黒区HPより)

また、堂宇建立の敷地を定めるに当たり、慈覚大師が法具の獨鈷(とっこ)を投じたところ、そこに泉が湧出。泉は“獨鈷の瀧”と名づけられ、この泉にちなんで名称を「瀧泉寺」とした。
2条の銅製の竜口から注ぐ清水は1年中枯れることがない。


20240107 goshikifudoh-23

20240107 goshikifudoh-24
獨鈷の瀧


瀧泉寺には「江戸最初・山手七福神」の恵比寿神が祀られており、2020年の七福神めぐりで参っている。
境内は山あり瀧あり、門前町もにぎわっており、江戸期における近郊有数の参詣行楽地の面影をいまに伝える。


20240107 goshikifudoh-28



◆ ◆ ◆

目黒不動をあとに、山手通りを中目黒駅へ。次のお不動さんまで電車移動である。
目黒不動~中目黒間はおよそ2.3kmで、どうせ電車を使うなら目黒駅のほうがぜんぜん近いが、中目なら目的地・三ノ輪まで乗り換えなしで行けるというシンプルさにこだわった。


20240107 goshikifudoh-29
中目黒アトラスタワー


東京メトロ日比谷線・中目黒~三ノ輪の所要時間40分。
後半の10km近い行程に備え、車中でじっくり体力回復。

(つづく)


20240107 goshikifudoh-30
中目黒駅


[DATA]
目黒不動 瀧泉寺
東京都目黒区下目黒3-20-26
https://megurofudo.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/DqwIgy8ByFo?si=4LcMZVOj7KA3TfDG



wachat240107-11.jpg



20240107 goshikifudoh-31
次号予告


北斗信仰をめぐる ――平将門北斗七星めぐり

2023.11.12

 日曜日なのでお出かけしたいが、予報が思わしくない。
山歩きはちょっとキビシイが、街ならどうだろう。
朝、目が覚めてふと思い浮かんだのが、“平将門北斗七星めぐり”。

ストンと落ちてきた感じで、これは天の声じゃなかろうか。
調べてみると――
939(天慶2)年11月、平将門は常陸・下野・上野を攻め落とし関東を制覇。朝廷に反旗を翻し自らを新皇を名乗る。
11月は平将門の乱。

ちなみに、ゆかりの地・茨城県坂東市では毎年11月の第2日曜日(つまり今日)、「坂東市将門まつり」が開催される。

北斗七星めぐりとは、平将門にまつわる神社が都内に7つ、北斗七星の形に配置してあり、一日で全部めぐればご利益にあずかるというもの。
将門が信じたとされる妙見信仰に由来しており、それは北斗七星を“妙見菩薩”として神格化し、天之御中主大神、鎮宅霊符神として崇めた信仰である。

いわば都市伝説のたぐいだが、スタンプラリーが行われたりもしているらしい。


20231112 masakado-10-120231112 masakado-10-220231112 masakado-10-3
今回めぐったルート:①鳥越神社、②兜神社、③将門塚、④神田明神、⑤筑土八幡神社、⑥水稲荷神社、⑦鎧神社  © OpenStreetMap contributors


七福神めぐりもそうだが、信心やご利益というより、歩いたら面白そうだという純粋な街歩き的好奇心に突き動かされている。
対象が寺社なだけに、どっちが純粋で、不純か… 微妙なところではあるが。

ということで、ちゃちゃっと計画を立て……
10:34、御徒町駅到着。


20231112 masakado-11


北斗七星めぐりは、めぐり順が決められているという(あとで知ったんだけど…💦)
1番目は鳥越神社。


20231112 masakado-12
御徒町

20231112 masakado-12-2
日光街道


御徒町駅から20分近く歩く。
地図でざっと見た感じよりこのあたりの縮尺感はだいぶ大きく感じられ、早くもペースが狂う。
途中パラッときたと思ったら、鳥越神社に着くころには本降りに。
いきなり暗雲立ち込める🌨


20231112 masakado-13
蔵前橋通り(左が鳥越神社)



鳥越神社
東京都台東区鳥越2-4-1
https://www.facebook.com/torikoej/?locale=ja_JP

20231112 masakado-14

20231112 masakado-15

20231112 masakado-16

日本武尊を祭って白鳥神社と称したのが鳥越神社のはじまりとされる。
伊勢国能褒野で亡くなった日本武尊は白鳥と化し北天(妙見菩薩のもと)へ旅立ったという“日本武尊白鳥伝説”から、妙見信仰=将門と結び付けるなど、やや都市伝説的。
将門の首が飛び越していったので“飛び越え(鳥越)”という説も。



20231112 masakado-17
浅草橋


雨が降り続けば撤収やむなきに至るところだが、鳥越神社最寄りの浅草橋駅のあたりで早くも小降りに。
ナントカと秋の空で、こちらも気持ちを切り替えて先へ進む。


20231112 masakado-18
左衛門橋(神田川)

20231112 masakado-19
甘酒横丁

20231112 masakado-20
茅場橋(日本橋川)

20231112 masakado-21
東京証券取引所(左)



兜神社
東京都中央区日本橋兜町1-12
https://www.jpx.co.jp/corporate/about-jpx/history/01-04.html

20231112 masakado-22

20231112 masakado-23

20231112 masakado-24

940(天慶3)年、承平天慶の乱で将門を討ち取った藤原秀郷が、首を京都へ運ぶ途中にこの地で将門の兜を供養したとされる。
世界屈指の金融センターとしてその名をとどろかせた兜町の名前の由来にもなっている。

――「兜町」は平将門の兜を埋めて塚にした所を兜山と云ったところから由来しているという。その地に祀られたのが兜神社である。「日本橋兜町」Wikipediaより、最終更新2023年3月1日23:37 )



20231112 masakado-25
日本橋(日本橋川)

20231112 masakado-26
日本橋川(常盤橋より)

20231112 masakado-27
丸の内



将門塚(しょうもんづか・まさかどづか)
東京都千代田区大手町1-2-1
https://visit-chiyoda.tokyo/app/spot/detail/65

20231112 masakado-29

20231112 masakado-30

20231112 masakado-31

ご存じ将門の首を供養するために建てられた石碑。

――平安京でさらされた平将門の首は、数ヶ月経った後も目を開いたり閉じたりを繰り返し、ときには「首を繋げて再戦したい」と叫ぶなどして民を恐怖に追いやりました。その後、平将門の首は怨念により故郷の東国に向かって飛んでいき、その途中の土地土地に落ちた、という伝説があります。その首が落ちた場所の一つが、ここ「将門の首塚」なのです。「将門塚」千代田区HPより)

20231112 masakado-32-2


近代においても、東京の中心部にあって都市計画上の障害となることから何度か取り壊し・撤去が計画されたが、不審な事故が相次ぐなどして将門の祟りがうわさされ、計画はことごとく取りやめとなっている。

10数年前に一度来たことがあり、そのときはたしかビルにコの字形に囲まれ、オドロオドロしい雰囲気も漂っていたが、西側が開けて明るい印象に変わっている。


20231112 masakado-33-2
神田橋交差点

20231112 masakado-33
ニコライ堂



神田明神
東京都千代田区外神田2-16-2
https://www.kandamyoujin.or.jp/

20231112 masakado-34

20231112 masakado-35

20231112 masakado-36

神田神社(神田明神)の神祭は、大己貴命(大黒)、少彦名命(恵比寿)、平将門の三柱。

――平将門命(たいらのまさかどのみこと):まさかど様。除災厄除の神様。延慶2年(1309)にご奉祀。平将門公は、承平・天慶年間、武士の先駆け「兵(つわもの)」として、関東の政治改革をはかり、命をかけて民衆たちを守ったお方です。明治7年(1874)に一時、摂社・将門神社に遷座されましたが、昭和59年に再びご本殿に奉祀され今日にいたっております。東京都千代田区大手町・将門塚(東京都指定文化財)には将門公の御首をお祀りしております。「御祭神」神田明神HPより)


ここでひと休みして、お土産&昼ごはん(→次記事&次々記事予定)

20231112 masakado-37
「神田明神文化交流館 EDOCCO」では将門酒や将門麦酒が売られている



20231112 masakado-38
飯田橋交差点



筑土八幡神社
東京都新宿区筑土八幡町2-1
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/shinjuku/5437/

20231112 masakado-39

20231112 masakado-40

20231112 masakado-41

将門ゆかりの神社としては約1.2km南東の「筑土神社」が有名だが、北斗七星の配置? でこちら八幡宮。

築土神社は940(天慶3)年、現在の大手町周辺の観音堂に将門を祀り津久戸大明神と称したのがはじまりとされる。1616(元和2)年に江戸城の拡張工事により筑土八幡神社隣接地へ移転、以来300年以上の間、両社は並んで鎮座していたが、1945年の東京大空襲によって全焼、築土神社は九段北へ移転し現在に至る。



20231112 masakado-42
馬場下町交差点

20231112 masakado-43
西早稲田交差点



水稲荷神社
東京都新宿区西早稲田3-5-43
https://mizuinari.net/

20231112 masakado-45

20231112 masakado-46

20231112 masakado-47

――天慶四年(941年)鎮守府将軍、俵藤太秀郷朝臣が旧社地(現早稲田大学九号館法商研究棟)の「富塚」の上に稲荷大神を勧請され、富塚稲荷、将軍稲荷と初めは呼ばれる。「神社の御由緒」水稲荷神社HPより)

俵藤太秀郷とは将門を討ち取った藤原秀郷の別名で、941年は将門討伐の翌年であることから、大願成就によって当地に稲荷大神を勧請したと考えられている。

過去記事も参照ください)



20231112 masakado-48
戸山公園

20231112 masakado-49
鎧ガード



鎧神社
東京都新宿区北新宿3-16-18
http://yoroi.or.jp/

20231112 masakado-50

20231112 masakado-51

20231112 masakado-52

――天慶三年(940)、関東に威をとなえていた平将門公が藤原秀郷によって討たれると、この地の人々はその死を悼み、天暦元年(947)、将門公の鎧もまた当地に埋めたと言われています。また一説によると、将門公を討った後、重病となった藤原秀郷が、 将門公の神霊の崇りであると恐れ、薬師如来を本尊とする円照寺に参詣し、将門公の鎧を埋め、祠を建ててその霊を弔ったところ、 病気がたちまち治ったと言われます。「鎧神社ものがたり」鎧神社HPより)



20231112 masakado-53
職安通り


「鎧神社」の最寄り駅はJR大久保駅だが、僕らの場合は西武線が地元路線なので西武新宿駅をゴールに設定してある。
16:24、西武新宿駅到着。


20231112 masakado-54
西武新宿駅


あとでGoogleマップで測距してみると、全工程(御徒町→西武新宿)20km強。
しかしアスファルト路の20kmはかなりこたえる。
途中、神田明神のあたりで癖になっている左股関節痛が出て、かばいかばい歩いていたため飯田橋交差点歩道橋階段で左足ふくらはぎが激しくつる。さらに右ハムストリング痙攣、右坐骨神経痛… と、満身創痍のゴール。
いろいろな気づき(体の悪いとことか💦)がありました。

(つづく)


20231112 masakado-28


[DATA]
将門塚
東京都千代田区大手町1-2-1
https://visit-chiyoda.tokyo/app/spot/detail/65





[Today's recommendation]


https://youtu.be/ujnYf2FypEY?si=qwnxG7mt4kx-xSFZ



wachat231112.jpg



20231112 masakado-55
お土産


26の寺院が軒を連ねる ――烏山寺町

2022.11.27

 食べ物ブログのつもりではあるが、食べ物以外の行動全体を書き留めてみてはどうかと最近考えるようになった。
コロナ禍でマイクロツーリズム(近場観光)が注目されるなか、自分の行動はもともとそれに近いのではないかと。
発信情報の幅を広げることで近場観光情報サイト的に有用性を高めていければと、ひそかに企てているわけである。

観光といったら寺社仏閣だが、先月の「十二社熊野神社」の記事で取り上げている“大正末期の京王線沿線案内”という観光ポスターには多くの寺社が掲載されており、それらを一つ一つ現在の地図上でチェックしているうちに、異常に寺院が密集しているエリアを発見した。
1本の道を挟んで両側にお寺が連なっており、道の名前を“寺町通り”という。

そこを歩いてみることにした。
吉祥寺に車を止め、井の頭線~京王線で千歳烏山まで行き、歩いて吉祥寺に戻るという計画。


20221127 teramachi-11


千歳烏山駅北口の“烏山交番横通り”というアーチの掛かった道がそのまま寺町通りになる。


20221127 teramachi-12


その先のクランクのところにでっかい寺院の案内図が。…と思ったら石材店の広告看板というあたり、いかにも寺町っぽい。
この石屋さんでは散策マップも配布しているのでありがたい。


20221127 teramachi-13


――北烏山2丁目から6丁目にかけて、寺町通りを中心にみどりにつつまれた26もの寺院が軒を連ねる烏山寺町。小京都と呼ばれるように、ここが東京かと思うような、白壁の連なりが落ち着いた雰囲気をかもしだしています。それぞれの寺院は長い歴史がありますが、寺町のおいたちは、関東大震災(1923年・大正12年)の後、浅草、築地、本所、荒川など都心部から移転してきた寺院が集まったのが始まりです。世田谷区HP


20221127 teramachi-3120221127 teramachi-3220221127 teramachi-33
高速下の案内看板


甲州街道を越え、中央道と交差するあたりから寺院エリアとなる。


20221127 teramachi-15
最初の寺 妙高寺。バス停の名前が札所っぽくて面白い。“寺院通五番”まである

20221127 teramachi-16
乗満寺では土曜日に「お寺ねこ茶房」が開かれるらしい

20221127 teramachi-17
多聞院

20221127 teramachi-18
称往院

20221127 teramachi-19
永隆寺(左手前)と妙祐寺(右奥)

20221127 teramachi-20
妙寿寺山門

20221127 teramachi-21
世田谷区指定有形文化財・妙寿寺客殿(旧蓮池藩鍋島家住宅)

20221127 teramachi-22
浮世絵師 喜多川歌麿の墓がある専光寺。門前に“都旧跡 喜多川歌麿墓”石碑

20221127 teramachi-23
高源院の弁天池(鴨池)。“せたがや百景”および“東京の名湧水57選”に選ばれている


寺町には喜多川歌麿をはじめ歴史上の人物の墓が多くある。
ただ、雑司ヶ谷や谷中といった共同墓地ならともかく、一寺院の墓所はプライベートゾーンである。
昔、三鷹の禅林寺に森鴎外と太宰治の墓を見に行ったことがあるが、寺院裏手の墓所から戻ってくるとちょうど法要を終えて本堂から出てきた人々と鉢合わせになり気まずい思いをした。

そういう経験もあって、お寺めぐりとなるとどうしても表面的になってしまうが、街歩きというだけでも魅力的なコースである。
墓を参りたい場合は、世田谷区頒布の散策マップに個々の墓所見学の可否など注意事項が記されているので、事前にチェックするのがよいと思う。


20221127 teramachi-24


ラーメンマークのようにぐるっと回って松葉通りから東八道路の岩崎橋へ。
そのまま玉川上水沿いに吉祥寺に向かう計画だが、そのルートに飲食店などはありそうにない。
時刻は12時を回り、腹が、減った……

(つづく)


20221127 teramachi-29
左に行けば玉川上水沿いに井の頭公園・吉祥寺、正面が久我山駅へ続く商店街


[DATA]
烏山寺町
世田谷区北烏山
https://www.city.setagaya.lg.jp/theme/kanko/003/002/d00006124.html





[Today's recommendation]


https://youtu.be/-D8zh8N3KWM



wachat221127-11.jpg



20221127 teramachi-30
次号予告


穴場的ツツジの名所は…? ――吉野山園地

2022.04.29

 自分のInstagram投稿に“GW、泊まりがけはまだちょっとアレなので、毎日#近場観光 かな…”と書いている。
自宅を観光地の宿と見立てて名所を巡っているイメージかなぁ…

川越に続く2日目は、青梅の愛宕神社へ。

インスタのフォロイーさんの投稿で最近知ったんだが、こちらはツツジの穴場的スポット。
同じ青梅市のツツジの名所・塩船観音寺を訪れた3週間前にはまだ花には早かったので、ちょうどいいころかと思った。


20220429 yoshinoyamaenchi-1120220429 yoshinoyamaenchi-12


事前に調べたところ、このエリアは“吉野山園地”という名勝で、無料の駐車場もある。
その駐車場のすぐ横に立派なお寺さんがあるので、まずそちらにお参りに。


20220429 yoshinoyamaenchi-1320220429 yoshinoyamaenchi-14
即清寺山門

20220429 yoshinoyamaenchi-15
鐘楼

20220429 yoshinoyamaenchi-1620220429 yoshinoyamaenchi-17
本堂


即清寺は平安時代に神域の守護のため愛宕神社とともに創建されたとされる。
正面の山腹を歩けそうなので登り口に行ってみる“山内新四国霊場 第弐番”と書いてある。


20220429 yoshinoyamaenchi-18


あとで調べたところ、こちらの愛宕山には江戸末期の慶應年間、即清寺住職により山内新四国八十八箇所霊場が開創されたと。
その二番から三番の途中で挫折して早々に下山した軟弱なわしらって… ( ̄ω ̄;)


20220429 yoshinoyamaenchi-1920220429 yoshinoyamaenchi-20
二番と三番の間から見下ろす景色もすでに雄大


庭の手入れをしている女の方にお話を伺うと、「京都の景色に似ているらしくて、京都ということで撮影に使われたこともあるんです(笑)」と。
たしかに鐘楼などはかなり絵になると思う。


20220429 yoshinoyamaenchi-21


愛宕神社への裏のルートを教えてもらい、ぶらぶら向かう。
途中、「吉川英治記念館」の裏手にセッコクのような香りが漂っていて、気になってしつこくのぞき込んだがわからずじまい(記念館未訪問)。
お寺の女の方が「山が赤く見えますから」と言っていた愛宕山だが、残念ながら花の盛りは過ぎたもよう。

参拝は吉野街道の一の鳥居から。


20220429 yoshinoyamaenchi-2220220429 yoshinoyamaenchi-23
吉野街道に面した一の鳥居

20220429 yoshinoyamaenchi-2420220429 yoshinoyamaenchi-25
実相寺昭雄監督作品に出てきそうな二の鳥居

20220429 yoshinoyamaenchi-2620220429 yoshinoyamaenchi-27
三の鳥居

20220429 yoshinoyamaenchi-2820220429 yoshinoyamaenchi-29
愛宕神社の急階段を今年2回も登ったので、出世間違いなし?


20220429 yoshinoyamaenchi-3020220429 yoshinoyamaenchi-31


塩船観音とは同じ青梅市だが多摩川に隔てられだいぶ地域が異なるとはいえ、塩船ではまだほとんど咲いていなかったツツジが愛宕神社では散っている。
諸行無常と申しましょうか。

ムジョーに、ハラも減る。。。

(つづく)


20220429 yoshinoyamaenchi-3220220429 yoshinoyamaenchi-33


[DATA]
吉野山園地
東京都青梅市柚木町1丁目





[Today's recommendation]

wacha220429.jpg




https://youtu.be/OkAe0xmvczI


Latest Articles
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
デジャヴな土曜の午后2時 【ラーメン専門店 和】 Feb 10, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2