fc2ブログ

陰陽五行の五色にまつわる ――五色不動めぐり 前編

2024.01.07

 正月の恒例イベントとしてコロナ禍の2年を除き10年以上続けている七福神めぐりだが、そろそろネタ切れというか、残っているのが東京の東のほうだったり南のほうだったりで、はっきり言って遠い。去年の「雑司が谷七福神」のように2回目でもかまわないが、それもいまひとつモチベーションが上がらない。
そんななか、ふと思い出したのが「五色不動」。

駅名や地名としておなじみの目黒や目白の名前の由来が不動尊であることを知っている人は少なくないかもしれないが、この「目◯不動」、ほかに目赤、目青、目黄と全部で5色あることをご存じだろうか。


20240107 goshikifudoh-07


五色不動(江戸五色不動)は、陰陽五行思想の五色(白・黒・赤・青・黄)にまつわる不動尊で、3代将軍・徳川家光が天海僧正の進言により江戸府内から5カ所の不動尊を選び天下太平を祈願したことに由来する、と伝えられる。
五眼不動とも呼ばれる。

――一方で五色不動を歴史的に研究したいくつかの報告によると、実際に「五色不動」という名称が登場するのは明治末または大正始めであり、江戸時代の史実とは考えにくいとしているが、伝説自体は江戸時代から伝わる噂話に原型が見られるという。「五色不動」Wikipediaより、最終更新 2024年1月1日11:52)


20240107 goshikifudoh-0820240107 goshikifudoh-0920240107 goshikifudoh-10
© OpenStreetMap contributors



◆ ◆ ◆

ということで、五色不動めぐり。

五色不動は具体的には、目黒不動 瀧泉寺(目黒区下目黒)、目白不動 金乗院(豊島区高田)、目赤不動 南谷寺(文京区本駒込)、目青不動 教学院(世田谷区太子堂)、目黄不動 永久寺(台東区三ノ輪)、目黄不動 最勝寺(江戸川区平井)の6カ所。
目黄不動と伝わる寺院は2つあるが、シンプルに一筆書きでめぐる計画の都合上、目黄は永久寺に参ることとした。


20240107 goshikifudoh-11
三軒茶屋駅地下連絡通路


スタート地点は東急田園都市線・三軒茶屋駅。
いちばん西に位置する目青不動尊からめぐる。


20240107 goshikifudoh-12
キャロットタワーと東急世田谷線



目青不動 教学院
東京都世田谷区太子堂4-15-1
https://kyogakuin.or.jp/

20240107 goshikifudoh-13

20240107 goshikifudoh-14

20240107 goshikifudoh-15


1311(応長元)年、江戸城紅葉山に創建と伝わる。
1604(慶長9)年、青山に移転し“青山の閻魔様”として親しまれる。
1882(明治15)年、近くにあった観行寺の廃寺に伴い不動明王像がもたらされている。
1909-11(明治42-44)年、世田谷に移転、現在に至る。


20240107 goshikifudoh-1620240107 goshikifudoh-17

20240107 goshikifudoh-18


本尊は阿弥陀如来で本堂に、目青不動は不動堂(閻魔堂)に安置されている。


20240107 goshikifudoh-19



◆ ◆ ◆

目青不動から目黒不動までは徒歩で。
ルートは👆の地図を参照いただければと思うが、幹線道路もスマホ頼みも嫌いなので朝出かける前に歩きやすそうな道を調べて暗記してきた。


20240107 goshikifudoh-20
三軒茶屋交差点

20240107 goshikifudoh-20-2
目黒通り



目黒不動 瀧泉寺
東京都目黒区下目黒3-20-26
https://megurofudo.jp/


20240107 goshikifudoh-21

20240107 goshikifudoh-22

20240107 goshikifudoh-25

20240107 goshikifudoh-26

20240107 goshikifudoh-27


808(大同3)年、開山。

――目黒不動尊縁起によれば、「慈覚大師が少年時代、現在の地に宿をとったとき、神人の夢をみた。その後大師が青年になり、唐に留学して、ある日長安の青竜寺を訪れ不動明王を拝んだところ、それが少年のころ霊夢に感じた神人と同じ姿であった。大師は奇異に感じ、帰朝後さっそく不動尊像を彫刻し、これを目黒の地に安置した」とある。「歴史を訪ねて 目黒不動(瀧泉寺)」目黒区HPより)

また、堂宇建立の敷地を定めるに当たり、慈覚大師が法具の獨鈷(とっこ)を投じたところ、そこに泉が湧出。泉は“獨鈷の瀧”と名づけられ、この泉にちなんで名称を「瀧泉寺」とした。
2条の銅製の竜口から注ぐ清水は1年中枯れることがない。


20240107 goshikifudoh-23

20240107 goshikifudoh-24
獨鈷の瀧


瀧泉寺には「江戸最初・山手七福神」の恵比寿神が祀られており、2020年の七福神めぐりで参っている。
境内は山あり瀧あり、門前町もにぎわっており、江戸期における近郊有数の参詣行楽地の面影をいまに伝える。


20240107 goshikifudoh-28



◆ ◆ ◆

目黒不動をあとに、山手通りを中目黒駅へ。次のお不動さんまで電車移動である。
目黒不動~中目黒間はおよそ2.3kmで、どうせ電車を使うなら目黒駅のほうがぜんぜん近いが、中目なら目的地・三ノ輪まで乗り換えなしで行けるというシンプルさにこだわった。


20240107 goshikifudoh-29
中目黒アトラスタワー


東京メトロ日比谷線・中目黒~三ノ輪の所要時間40分。
後半の10km近い行程に備え、車中でじっくり体力回復。

(つづく)


20240107 goshikifudoh-30
中目黒駅


[DATA]
目黒不動 瀧泉寺
東京都目黒区下目黒3-20-26
https://megurofudo.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/DqwIgy8ByFo?si=4LcMZVOj7KA3TfDG



wachat240107-11.jpg



20240107 goshikifudoh-31
次号予告


泉岳寺参りからの… 【なか卯 泉岳寺前店】

2020.01.03

 山手七福神めぐりを清正公→目黒不動尊でなくその逆順としたのは、清正公の最寄り駅が白金高輪であることからもわかるように一帯は白金台、高輪台といった地名に“台”の付く台地であり、23区内で最も起伏に富んだ地形を持つことが一つ。
江戸東京の坂道歩きというものをやってみたかった。

もう一つの理由は、地図で見ると清正公は泉岳寺に近い。
『吾輩は猫である』に「第一今時泉岳寺などへ参るのはさも東京を知らない、田舎者のようじゃないか」とあるが、田舎者であるワガハイはいまどき泉岳寺へ参ってみたい。


20200103 sengakuji-2120200103 sengakuji-22


天神坂を上り、二本榎通りを左へ。
高輪皇族邸の向かいの路地に入り、井戸を過ぎて6回曲がったら、いきなり泉岳寺参道の和菓子屋の脇に出た。


20200103 sengakuji-25-2


山門手前の橋を渡ると、右手に大石内蔵助良雄銅像。
そうです。
この寺は浅野内匠頭と赤穂浪士が葬られていることで知られる。
いま銅像を見て気づいた ( ̄ω ̄;) エートォ


20200103 sengakuji-2620200103 sengakuji-27


本堂へお参りしたあと、赤穂義士墓地へ。


20200103 sengakuji-24


血染の梅・血染の石、首洗い井戸といった禍々しい名前の付いた見所は、正月であることだしスルーだな…。
墓地は遠目にも線香の煙が立ち込め、名称に地獄または浄土と付く火山地形が連想される。


20200103 sengakuji-28


さて、いろいろお参りしたことだし、待望の昼ごはん。
七福神→泉岳寺コースにしたのは、ここに来れば食べるところがいろいろあると踏んだから。
泉岳寺は、浅草寺も増上寺も寛永寺もそうはなっていない、駅名になっている名刹。門前町が発達しているに違いない、と。


20200103 sengakuji-29


山門から中門経由で伊皿子坂に合流して第一京浜まで… が参道っぽい。
お正月で15時近いとあっては、開いているお店が少ないのもいたしかたないところ。にしても、そもそも飲食店少なすぎ Σ( ̄ε ̄ ; |||
立ち食いそばと、居酒屋と、「なか卯」と、焼き鳥屋と… で、もう突き当りのR15泉岳寺交差点に至る。


20200103 nakau-21


向かい側の中華料理店が開いているが、表の品書きは一品料理のみでちょっと高級そうで怖いし(後で調べたら全然そんなことないらしいが…)、第一京浜の庶民的そうな中華屋さんは準備中だし。
僕一人なら立ち食いそばで決まりだが、着物の人に立ち食いは無理やろ…。
逃れようのない一択状態なのであった。


20200103 nakau-22


人生初「なか卯」。
牛丼といえば「吉野家」か「養老乃瀧」かという世代である。「松屋」には辛うじて引っかかるが、「すき家」「なか卯」が台頭してきたころすでに牛丼は卒業… みたいな。ちなみに「すき家」には1回入ったことがある。


20200103 nakau-23


お得なランチセットから、和風牛丼(並)・はいからうどん(小)セット500円と、親子丼(並)・はいからうどん(小)セット600円をポチッとな。


20200103 nakau-25


こういうお店は久しぶりなのでシステムに注意しながら振る舞う必要があるが、とりあえずセルフではないもよう。スタッフが冷たい玄米茶を出して食券を持っていってくれる。


20200103 nakau-27

20200103 nakau-28


こちらの牛丼は、具がかなり煮詰まってタマネギが小さくなっており、かつそもそもタマネギ混入率が少なく、かなり肉率が高い。
どこの「なか卯」も同じかどうかわからないが、これで単品並380円はかなりお得だと思う。


20200103 nakau-26

20200103 nakau-29


何より、トータル昨日の食事の半値以下… というバランス感覚は大事。


20200103 nakau-30


食事を終え、伊皿子坂を上って魚籃坂を下り、一国を白金高輪駅へ。
目黒駅から、(書いていないがほかにも)いろいろ寄り道して、総距離約10kmという七福神めぐりであった。


20200103 sengakuji-23


[DATA]
なか卯 泉岳寺前店
東京都港区高輪2-16-35
https://www.nakau.co.jp/jp/index.html





[Today's recommendation]

wachat20200103-2.jpg




https://youtu.be/ykUCfqvnI9I


正月恒例七福神めぐり ――江戸最初・山手七福神

2020.01.03

 このところ正月3日の恒例イベントとなっている七福神めぐり。
日本橋七福神、東久留米七福神、新宿山手七福神、武蔵野吉祥七福神、雑司が谷七福神、谷中七福神、下谷七福神浅草名所七福神とめぐり、今回選んだコースはこれまででいちばん南、目黒区と港区にまたがる「山手七福神」。

上記「新宿山手七福神」との混同を避けるためネット上などでは「元祖山手七福神」と呼ばれることが多いが、参詣のしおりでは「江戸最初・山手七福神」とされている。


20200103 shichifukujin0-11


普段、自分の感じていることを正確な言葉で記述する習慣がないので急にそれをやろうというのも無理な話だが、七福神めぐりの醍醐味をあえて表現するとすれば、それは仙境から俗界への旅。水は低きに流れ、人は易きに流れる。水の神であり音楽の神である弁財天をゴールに、おのずと巡り順を考えるのだ。日本橋の水天宮、谷中の不忍池辯天堂、武蔵野の井の頭弁財天… と、それは最もにぎやかな場所でもある。


20200103 shichifukujin0-15


今回、思うところあっていつものパターンとは逆のコース取りとなった。
参詣のしおりにはご利益別の巡り順の案内が載っていて、それによれば今回のコースは“商売繁盛祈願”ということになるが、そういう理由ではなく、知らない街を歩くのが好きなので単純にこっちのほうがゴールのワクワク感を味わえそうに思えたと。
その選択はどのような結果をもたらすだろうか…。


20200103 shichifukujin0-13


目黒駅から行人坂を下って目黒不動に向かう途中に七福神ののぼりを見つけ、予定を変更して大圓寺からスタート。





○大黒天/大圓寺
東京都目黒区下目黒1-8-5
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/6daienji/

20200103 shichifukujin1-11
20200103 shichifukujin1-12
20200103 shichifukujin1-1320200103 shichifukujin1-14
20200103 shichifukujin1-15





○恵比寿神/瀧泉寺(目黒不動尊)
東京都目黒区下目黒3-20-26
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/6ryusenji/

20200103 shichifukujin2-11
20200103 shichifukujin2-1220200103 shichifukujin2-13
20200103 shichifukujin2-14

20200103 shichifukujin2-15
20200103 shichifukujin2-1620200103 shichifukujin2-17
恵比寿神は仁王門の外の三福堂に祀られている




○弁財天/蟠龍寺
東京都目黒区下目黒3-4-4
https://www.facebook.com/vanryuji344/

20200103 shichifukujin3-11
20200103 shichifukujin3-12
20200103 shichifukujin3-1320200103 shichifukujin3-14
20200103 shichifukujin3-15





○福禄寿尊・寿老人尊/妙円寺
東京都港区白金台3-17-5

20200103 shichifukujin4-11
20200103 shichifukujin4-12
20200103 shichifukujin4-13





○布袋尊/紫雲山 瑞聖寺
東京都港区白金台3-2-19
http://www.zuisho-ji.or.jp/info.htm

20200103 shichifukujin5-11
20200103 shichifukujin5-12
20200103 shichifukujin5-1320200103 shichifukujin5-14
20200103 shichifukujin5-15





○毘沙門天/覚林寺(清正公)
東京都港区白金台1-1-47

20200103 shichifukujin6-11
20200103 shichifukujin6-1220200103 shichifukujin6-13
20200103 shichifukujin6-14





目黒駅を11:32にスタート、巡り終えて14:12。
歩き始めの目黒区内には開いている飲食店がたくさんあったが、行程が進むにつれて商業地域から遠ざかっていく状況は明らか。ゴールの覚林寺周辺に飲食店らしきものは見当たらない。
昼ごはんのことを考えたらコース設定をミスったか… ( ̄∇ ̄;) ガチョーン

ランチ難民という言葉が脳裏をよぎる。
どうなる、わしら…!?

(つづく)


20200103 shichifukujin6-15


[DATA]
江戸最初・山手七福神
http://sitifukujin-meguro.fudasyo.net/



[Today's recommendation]

wachat20200103-3.jpg 




https://youtu.be/nfCNxBKauE8


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2