fc2ブログ

除厄けのお祖師さま 【妙法寺】

2023.12.19

 自転車で新宿に行く最短ルートは直線距離に近い新青梅街道~青梅街道だが、大気汚染物質と道路交通騒音に自らを曝露するつもりはないので、そんな幹線道路を通ることはほとんどない。
最善ルートは、青梅街道に付かず離れずで距離的にかさまず、信号が少なく(伏見通り~山手通り間に10個程度)ストレスフリーでもあるこのルート👇


20231219 myohoji-2220231219 myohoji-2320231219 myohoji-24
※田無駅までのルートは省略  © OpenStreetMap contributors


途中、妙法寺参道を通る。
以前このかいわい(杉並区和田)に住んでいたことがあり妙法寺には親近感があるが、お寺の名前はそれ以前から知っていた。
1985年ころだったと思うが、女性誌か何かで見た“妙法寺名物・揚げまんじゅう”に惹かれ、わざわざ買いに行った。
そのお店はとっくになくなっているが、参道にはいまも1軒、揚げまんじゅうを売るお店が残っている(記事はこちら


20231219 myohoji-21


新宿に行くのに参道をよく通るようになって、気になっているお店がある。
今回の目的は揚げまんじゅうではなく、そのもう一つの妙法寺名物だが(記事は次回予定)、まずは妙法寺にお参りしないと。


20231219 myohoji-11


――元々は真言宗の尼寺であったが、1615年 - 1624年(元和年間)日逕上人は、母・日圓法尼の菩提のため日蓮宗に改宗した。山号は日圓法尼に因み日圓山とし寺号を妙法寺とした。初めは碑文谷法華寺の末寺となったが、1698年(元禄11年)碑文谷法華寺は不受不施派の寺院として江戸幕府の弾圧を受け、改宗を余儀なくされた結果、身延山久遠寺の末寺となった。「妙法寺(杉並区)」Wikipediaより、最終更新 2023年6月8日22:24)


20231219 myohoji-12


仁王門(山門)は1787(天明7)年再建。
徳川家綱が妙法寺の地頭所・日吉山王社に寄進したとされる金剛力士像が安置されている。東京都指定有形文化財。


20231219 myohoji-13


仁王門をくぐった先にあるのが妙法寺で最大のお堂“祖師堂”。


20231219 myohoji-14


祖師堂にはお祖師さま(おそっさま)すなわち厄除け祖師像(日蓮像)が奉安されている。
東京都指定有形文化財。


20231219 myohoji-15

20231219 myohoji-16


祖師堂正面上部の龍の彫刻は、江戸~昭和に5代にわたり寺社の欄門や向拝を彫った宮彫り師一族“波の伊八”の初代・武志伊八信由による。


20231219 myohoji-17


手水舎は1782(天明2)年、第17世日研上人のとき渇水のために掘った井戸で、天明の当時から涸れることなく清水をたたえている。
ここにも龍があしらわれており、辰年の初詣にぴったりかも。


20231219 myohoji-19


――祖師堂の東前に鐘楼があります。梵鐘には「鐘の音は妙法の声、鐘を打てば仏と一つになる」という意味の文字が刻印されています。享保10年(1725)、第十世日弘上人の代に鋳造されたとされています。恒例の大晦日から元旦にかけての除夜の鐘は、この妙法の鐘が界隈に鳴り響きます。「諸堂・文化財」妙法寺HPより)


20231219 myohoji-20


お寺HPの境内案内図を見ると、奥行きがあり、祖師堂の背後にも見るべきものがたくさんあるようだが、寺は墓所というプライベート領域を含むのでうろつき回るのははばかられる。
祖師堂で手を合わせるだけでよい。

いけね! そそっかしくて賽銭箱に財布投げ込んじまった💦

(つづく)


20231219 myohoji-18


[DATA]
妙法寺
東京都杉並区堀之内3-48-8
http://www.yakuyoke.or.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/szY-h8VcVfg?si=Artj3O5ek3aKIj5r



wachat231219-11.jpg



20231219 myohoji-25
次号予告


都内3位の広大な境内を構える 【大宮八幡宮】

2023.03.29

 最近、寺社仏閣の記事が多いようにみえるため誤解されると具合が悪いのでときどきお断りしているが、自分は信仰心の篤い人間ではなく、信仰の対象というより観光資源としての寺社に興味がある。

庶民観光の起源は“おかげ参り”とされるが、江戸時代の庶民も信仰心というより参拝後の“お楽しみ”目当てに伊勢に参りたがったらしい。
いわゆる“精進落とし”である。
まあ自分のような小心者に遊郭遊びなど想像もつかないが、精進料理の饗応などにあずかってみたいとは思う。

動機はそんな俗物根性であり、本来、寺社そのものより門前町を対象とすべきだが、それもまた衰退著しい存在。


20230329 ohmiya-hachimangu-24


“門前町”でググッてみた。

――門前町(もんぜんまち)とは、有力な寺院・神社の周辺に形成された町のこと。特に神社の場合は、鳥居前町(とりいまえまち)という。大規模で多くの参詣者を集める神社や寺院の前に、社寺関係者および参拝客を相手にする商工業者が集まることによって形成される。「門前町」Wikipediaより、最終更新2023年1月8日15:42)

主な門前町として、東京では浅草(浅草寺)、上野(寛永寺)、池上(本門寺)などが挙げられている。
一方、その記事では鳥居前町を分けて扱っており、そちらの代表として湯島(湯島天満宮)、亀戸(亀戸天神社)……、大宮(大宮八幡宮)、ん…?

大宮(杉並区と書いてある)ってどこだべ ( ̄ー ̄?).....??


20230329 ohmiya-hachimangu-11
大宮八幡入口交差点(表参道入り口)


――というのが2年ほど前。

気になるのですぐに調べて行ってみた。
善福寺川右岸の段丘上、和田堀公園の対岸に広大な境内を有するそれは堂々たる神社であった。


20230329 ohmiya-hachimangu-12
長い表参道は国府道でもある

20230329 ohmiya-hachimangu-13
一之鳥居

20230329 ohmiya-hachimangu-14
二之鳥居

20230329 ohmiya-hachimangu-16
正参道


天喜年中(1053〜57)、前九年の役平定の勅命を受けた鎮守府将軍 源頼義が奥州に赴く途次、この地で八条の白雲の瑞祥を見、奥州平定後の1063(康平6)年、京都・石清水八幡宮の分霊を勧請し創建したとされる。


20230329 ohmiya-hachimangu-15
二之鳥居をくぐって振り返ってみた


大宮氷川神社、秩父神社とともに武蔵国三大宮の一つ。
江戸時代に隆盛した八八幡詣(ややはたもうで)の江戸八所八幡の一つでもある。

ちなみに八八幡詣は、8社(富岡八幡宮・市谷亀岡八幡宮・穴八幡宮・大宮八幡宮・鳩森八幡神社・金王八幡宮・御田八幡神社・西久保八幡神社)、15里ほど(約60km)の行程を一日で回ったという。
さすがにキビしそうだが、気になる情報。


20230329 ohmiya-hachimangu-17

20230329 ohmiya-hachimangu-18
正参道から神門へ

20230329 ohmiya-hachimangu-19
笹の輪くぐりの神事が行われている

20230329 ohmiya-hachimangu-20
神門

20230329 ohmiya-hachimangu-21
本殿


敷地面積(約4万9500㎡)は、明治神宮(約70万㎡)、靖国神社(約9万2500㎡)に次いで23区内で第3位。
東側には600mを超える表参道 / 正参道を構え、茶室、結婚式場、幼稚園… とさまざまな付帯施設を備え賑わう境内。
神社自体はまことに立派である。


20230329 ohmiya-hachimangu-27


が、周辺に門前町としての歴史的風致は感じられない。
上記記事では何をもって“主な鳥居前町”としているのか謎であるが、あるいは近年急速に衰退したのかもしれない。
これも時代の趨勢であろうか。


20230329 ohmiya-hachimangu-22
南参道

20230329 ohmiya-hachimangu-23
南大鳥居


寺社(門前町・鳥居前町)めぐりはかつての隆盛をしのぶ旅。

ところで、門前町といえば“門前そば”だが、長い表参道の入り口には“門前〇〇そば”が…。

(つづく)


20230329 ohmiya-hachimangu-25


[DATA]
大宮八幡宮
東京都杉並区大宮2-3-1
https://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/PziLvqpvJe8


wachat230329-11.jpg



20230329 ohmiya-hachimangu-26
門前〇〇そば(次号予告


物見遊山気分で 【永福寺】

2022.11.18

 玉川上水沿いを新宿まで自転車で行ったことがあった。
ブログ記事にするつもりで走りだしてすぐ、記事化を諦めた。
見るべきもの、撮るべきものが定まっておらず、まともな記事になるとは思えなかったからだ。
「思い付きでやっていいテーマではなく、ちゃんと調べないといけないのだ」と反省の弁を述べている(記事はこちら


20221118 eifukuji-18
(2022年6月)


言いっ放しじゃなく、暇を見てはちゃんと出かけてチェックしてる。

玉川上水は「ジブリ美術館」を過ぎると神田川右岸を並行するコースをとるが、その一帯にはやたら寺社が多い。
先月記事にした「十二社熊野神社」もその線上に位置している。
どういった背景があるんだろう?

現場に足を運び続ければ感じるものもあるかもしれないという機械学習システムは、机上の勉学が苦手な裏返しなわけだが。


20221118 eifukuji-13


今回は神田川左岸の永福寺。
沿線2駅の駅名に付く“永福”の由来となっている寺院である。

――1522年(大永2年)、秀天慶実によって開山された。永福という地名は、当寺の寺名に由来し、かつては「永福寺村」という村だった。Wikipedia


20221118 eifukuji-11


永福町駅東の踏切から神田川に下っていく(瀬田貫井線)途中、石柱門がある。
“萬歳山永福寺”の石柱も。


20221118 eifukuji-12


寺院そのものは見当たらないので参道入り口と思われるが、地名になっているだけあって寺域が広そうだと興味をひかれたのと、永福寺の右肩に曹洞宗と付いているのとで、拝んでいこうか… と思ったのだ。


20221118 eifukuji-14


実家の宗派は曹洞宗で、ずいぶん前になるが田舎の母親が檀家ツアーで鶴見の総持寺に来るというので、生まれたばかりの子どもの顔見せも兼ねて出向いたことがあった。
両親は晩年も永平寺にツアーで出かけていた。
まさに物見遊山であり、観光の原点であるのだなぁ… と、あらためて思い出された次第である。

神社と違ってお寺さんは入りづらい雰囲気があるので、山門の外で手を合わせる。


20221118 eifukuji-15


ハラが減ったが、永福町といえばやっぱり…?

(つづく)


20221118 eifukuji-16


[DATA]
永福寺
東京都杉並区永福1-25-2





[Today's recommendation]

wachat221118.jpg




https://youtu.be/kW1bWjCpF0Y?si=Q3lz-OEIQV6aVFbF




20221118 eifukuji-17
次号予告


Latest Articles
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2