fc2ブログ

タンメンの塩梅 【はつね】

2024.02.20

 もともとタンメン好きだが、この物価(および栄養)の優等生的麺料理に特に目が向くようになったのは4カ月前である。
背景にあるのは健康問題とか? そのへんの経緯や理屈はこちらの記事を参照いただければと思うが。


20240220 hatsune-11


この間、タンメンで15本ほど記事を上げているがハッシュタグ参照)、この東京の西側エリアにおいて、タンメンを語るうえで避けては通れない店がある。
いや、なにか語ろうなどというつもりはさらさらないんだが、自分の興味として避け難い。
前から気になる店ではあったので、この流れで浮上するのは必然なのである。


20240220 hatsune-12


そのお店とは、西荻窪の「はつね」。
知る人ぞ知るタンメンの名店。
東京一とも日本一とも称されるタンメン。


20240220 hatsune-13


気になっていながら入ったことがなかったのは、行列の絶えない店だから。
しかも激セマ店で、行列が動かない(並んだものの離脱した経験あり💦)


20240220 hatsune-14


本日たまたま開店時間11時の15分ほど前に西荻付近を通り、急いで駐輪場に入れて行ってみると、行列2名。
そのまま第三の男となったのであった。


20240220 hatsune-21


時刻は10時47分。


20240220 hatsune-15


キャパはカウンター5席で、僕の後ろに並んだ2人組までが1巡目。


20240220 hatsune-16


創業1961年。
店主は想像していたよりだいぶ若めの方で、寡黙な職人タイプとお見受けする。
激セマ店の至近距離で職人タイプと相対することになるので、緊張感なり、それなりの心構えは必要かも。
というか、調理はもとより接客も誠実そのものであり、客のほうが礼を失してはいけないという意味でも。


20240220 hatsune-17


注文はタンメン。
スープをひと口すすり、けっこう塩気が強いというのが最初の印象。
塩気は強いが、後味にジワッとうま味が来る。
うま味はともかく甘味成分がなく、いまどき好まれる味とはちょっと違うと思う。


20240220 hatsune-18


具はハクサイ、キャベツ、モヤシ、ニンジン。
肉けがないので焼豚をトッピングする人が多いようだ。


20240220 hatsune-19


シンプルな塩気が野菜の甘味を引き出す。
麺への絡みもしかり。
いわゆる塩梅というやつでしょうか。


20240220 hatsune-20


誠実かつ時代におもねらない職人の矜持が、絶大な人気の理由かも。


20240220 hatsune-22


[DATA]
はつね
東京都杉並区西荻南3-11-9





[Today's recommendation]


https://youtu.be/uuqewIy4PMw?si=6BTvz3fbvzHUDQgC



wachat240220.jpg



20240220 hatsune-23


名門ののれんの… 【我楽酒家 丸長】

2023.12.23

 前記事の続きで、〆のラーメン。

この流れだと、昔だったら目に留まった店に適当に入り、どこもまあそこそこで次の日にはもう忘れてる… みたいなものだったが、“そこそこ”という概念のないいまどき、おいそれとラーメン屋なんかに入れたものじゃない。
なので先回りしてちょっとでも情報を持っているお店を提案させていただいた。


20231223 marucho-11


「丸長でどうです?」
「あー、昔入ったことあるわ」とNWKさん。


20231223 marucho-12


荻窪の「丸長」(先月惜しくも閉店)を頂点として組織されている都内最古および最大級の暖簾グループ“丸長のれん会”。
そのピラミッドの最上位に位するのが阿佐谷の丸長である。

――【丸長のれん会とは】1947年(昭和22年)、荻窪に5名の共同経営で中華そば「丸長」を創業。その後、それぞれが「丸信」「栄楽」「大勝軒」「栄龍軒」として独立。各店が「のれん分け」として出店を増やしていきます。(丸長のれん会創立60周年事業実行委員会プレスリリースより)

上記引用にある「栄楽」がのちに「丸長 阿佐ヶ谷店」と改称(1970年)
つい最近、代替わりを機にラーメン居酒屋にリニューアル、屋号も「我楽酒家 丸長」に改める。


20231223 marucho-13


ずっと気になっていて、いざ入ろうとしたらお店が見つからず行ったり来たり… というのが、そのリニューアル時の体験記。
荻窪の本店の閉店で、業態は違えど、いまや中央線唯一の「丸長」らしい。


20231223 marucho-1420231223 marucho-1520231223 marucho-16


注文は、中華そば×2、味噌ラーメン、餃子×2、ビール。


20231223 marucho-19

20231223 marucho-20

20231223 marucho-21

20231223 marucho-18


メニューの幅が広く迷ってしまうが、中華そばは老舗らしい間違いない味だと思いました。
具のみっしり詰まった餃子もウマい!


20231223 marucho-22


ところで、前記事「和田屋」の店頭POPに“本日土曜日は若旦那の日 土曜限定メニュー ラーメン”とあり、実際ラーメン目当てのお客も多かったように思う。
面白いことに、老舗居酒屋がラーメン寄りにシフトし、こちら老舗ラーメン店は居酒屋を志向。

来年はカンバンが入れ替わってるかも。


20231223 marucho-23


[DATA]
我楽酒家 丸長
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/xeAPWrHRGiU?si=2ln3ZtDdxhMb9073



wachat231223-22.jpg



20231223 marucho-25
「丸長荻窪本店」


一丁目一番地の奥の院? 【草むら】

2023.03.29

 前記事の最初の写真にも写っている大宮八幡宮表参道入り口のラーメン店「草むら」。

“門前〇〇そば”シリーズ。
(👉このへんとかこのへんとか)


20230329 kusamura-31
左が方南通りで右が大宮八幡宮表参道


大宮八幡宮の愛称“東京のへそ”は、当地(35°40'56.1"N / 139°38'24.1"E)が東京の重心に当たるという意味。

「草むら」の住所は杉並区大宮1-1-1。
東京の重心 大宮の一丁目一番地に鎮座まします。


20230329 kusamura-32


平安中期天喜年中の創業と伝えられ… るわけはないが、ラーメンデータベースによれば創業1956年。


20230329 kusamura-40


いろんな情報が入り乱れていて深入りするのは危険そうなのでサラッとなぞるだけにするが、こちらはいわゆる永福町大勝軒系。
永福町系のおおもと「永福町大勝軒」創業者(草村賢治氏)のお名前からもわかるように血縁筋で、この系統の最上流に位置する。

某グルメサイトのレビューに“永福町大勝軒の奥の院”という表現を見つけ、歴史的にも地理的にも言い得て妙… と思いました。


20230329 kusamura-42


永福町系好き的には“本堂”「永福町大勝軒」ともども特別感ある存在で、気後れしてずっと遠巻きに眺めていたが、先日、意を決してその本堂のほうに入ってみれば行き届いた接客でアメニティ抜群なのである。
「草むら」のハードルが低くなったのは言うまでもない。


20230329 kusamura-36


特に意味はなく、運動のため自転車で遠出した先で、たまたまタイミングがよかったから入ったということだが。

こぢんまりした店内は、カウンター席とその背中合わせの窓際の席を合わせて10席ほど。
注文はラーメン。


20230329 kusamura-34


永福町系といえば量が多いので有名だが、ほかのお客さんの注文を聞いていると餃子やチャーハンを組み合わせる人がほとんどで、ラーメン類単品はごく少数派。


20230329 kusamura-37


ラーメン来る。
想像していたデカいどんぶりではなく、街の中華屋さんのような普通のラーメンどんぶりである。
永福町系のトレードマーク的なステンレストレーもなし。

麺量はごく普通なので、量を食べる人は組み合わせ必至かも。


20230329 kusamura-39


煮干しの効いたしょうゆ味のスープにユルめの麺は、まさに永福町系。
はじめ煮干しを強く感じるが、ラードの風味も大事な要素だと思う。


20230329 kusamura-38


初めて食べたにもかかわらず、(平安とは言わないが)50年くらい過去へ飛ばされる。


20230329 kusamura-41


[DATA]
草むら
東京都杉並区大宮1-1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/z9tECKZ60zk



wachat230329-22.jpg


荻窪ラーメン源流型 【中華そば 丸福 荻窪本店】

2023.02.23

 吉祥寺に買い物の用事があり、食べ物なので持ち歩くわけにもいかないし帰りしな寄ることにして、少し自転車で足を延ばすことに。

11時すぎ、四面道の北で環八通りを越えたところで、いいこと思い付いた。
いまなら酒まんじゅう買えるかも…。

酒まんじゅうとは、荻窪名物「高橋の酒まんじゅう」の酒まんじゅう。
午前中には売り切れ必至の逸品だが、11時すぎならまだ残っているに違いない。

お店に着いたのが11:10。
“本日終了”の札。


20230225 marufuku-28-2


うーむ、恐るべし、荻窪名物。
まんじゅうがダメならラーメンがあるさ。
いつもは行列の人気店でもこの時間なら…


20230225 marufuku-12
ガーン!! ( ̄▽ ̄;) ガーン


というのはフェイントで、真の目的はその先の横丁。
荻窪北口駅前通商店街の「丸福」は、かつて一時代を画した荻窪ラーメンの一角をなす。


20230225 marufuku-13
荻窪北口駅前通商店街の青梅街道側入り口

20230225 marufuku-14
有名な「邪宗門」も同じアーケード内

20230225 marufuku-15
「中華そば 丸福 荻窪本店」


“荻窪の丸福”といえば泣く子も黙る… とわれわれ世代は刷り込まれているが、日本一とまでうたわれたあの丸福とこちらの丸福はビミョーに異なる。
2005年に閉店したあの丸福や西荻の丸福のおおもとが、こちら現存の丸福である。


20230225 marufuku-16


そのへんの事情は「丸福 西荻店」の記事を参照いただきたい。
さらに“あの丸福”の2005年閉店後を追跡したこちらの記事もお読みいただければ。


20230225 marufuku-17


L字カウンター10席足らずの小さいお店。
客層はほぼ年配男性で、僕なんか若者の部類だ。


20230225 marufuku-18-2


注文は玉子そば。
丸福といえば… と刷り込まれている。
周りの注文も、ほとんどそれ。


20230225 marufuku-19


スープをひと口すすってわかる、個性的というか極め付きというか、そんなしょうゆラーメン。
実はこちらに入るのは初めてだが、それとわかるのは西荻店の記憶から。
西荻店の説明書きによれば、千葉県「入正醤油」の超特選しょうゆ使用。
それがこの高貴ともいえる芳香のもとらしい。


20230225 marufuku-2120230225 marufuku-22


玉子そばとは、まあ味玉ラーメンだ。
硬ゆでの味玉がしっくりくるのが、わしら世代。
西荻店と違ってひき肉はのっていない。


20230225 marufuku-23


麺の量は多くない。
客の年齢層が高いこともあってか。
しかし、じいさん連中の多くは「大盛り」と頼む。
老いも若きも食べすぎな波が、こんなお店にまで… (; ̄。 ̄A


20230225 marufuku-24


青梅街道沿いに「丸福」、その背中合わせの駅前に「丸信」という時代に思いを致しつつすする、究極の一杯。


20230225 marufuku-25


[DATA]
中華そば 丸福 荻窪本店
東京都杉並区上荻1-6-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/QDVKurl_d4g



wachat230225-11.jpg


ファストフード的な 【博多らーめん 一心堂】

2023.01.07

 自転車で中村橋の商店街をひたすら南下したら鷺ノ宮で、いま通ってきたのは中杉通りだったのね。
また一つ道を覚えた。

時刻は11時50分。
腹が、減った……


20230107 isshindo-11


そういえば鷺ノ宮の隣の下井草駅近くに博多ラーメンの店があった。

博多ラーメンが好きで、北多摩および23区西部の博多ラーメン店はある程度頭に入っているつもり。高円寺南の大久保通りの人気の… とかいうんじゃなく、もっとチープな感じの。世間に重んじられていなさそうな。チェーン店も可。


20230107 isshindo-12


駅近くというか踏切ぎわ。
「博多らーめん 一心堂」というらしい。


20230107 isshindo-13


南口の駐輪機に自転車を止めて踏切を渡り… 店頭で迷う。
博多ラーメンに見えない。
この膨大な情報量、どう見ても本場系中華料理店でしょう。


20230107 isshindo-2420230107 isshindo-2520230107 isshindo-26


店内は複雑な形のカウンター席のみ。
マスターは(たぶん)中国系の方。


20230107 isshindo-16


店内の壁もやはり品書きに埋め尽くされている。
考え始めたらツボにハマりそうなのでなるべく見ないようにして、注文はいちばんベーシックな……
って、ん…? 結局なに食べたんだろ?


20230107 isshindo-15


いまメニュー写真や券売機を見ても確信が持てない ( ̄- ̄;)ンー


20230107 isshindo-17


たぶん白・豚骨ラーメン720円。
具は、チャーシュー、キクラゲ、ノリ、青ネギ。


20230107 isshindo-18


チャーシューには八角が利かせてあって素晴らしくおいしい。
そういうところは日本人にはない感性かも。


20230107 isshindo-19


替え玉も、最初と同じくゆで加減“ふつう”で。


20230107 isshindo-20


替え玉2玉まで無料とある。
前記事の大盛り無料といい、生活習慣的にそのあたりに最大の問題がありそうな気がするんだが… ( 〃 ̄ω ̄〃ゞ


20230107 isshindo-21


麺のゆで時間を秒単位で明示してあったりする博多ラーメンはファストフードそのものであり、名店うんぬんというよりファストフードなりの付き合い方がしっくりくる。


20230107 isshindo-22


[DATA]
博多らーめん 一心堂
東京都杉並区井草1-2-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/EPo5wWmKEaI



wachat230107.jpg



20230107 isshindo-23


いざ総本山へ! 【永福町大勝軒】

2022.11.18

 前記事の続きで… というか、時系列ではこっちが先だが、永福町といえば「大勝軒」。

なぜかいつも立ち寄るポイントになっている井の頭公園の「ジブリ美術館」横のトイレのあと、今回はそこで玉川上水をそれ、井の頭公園駅の先で神田川を渡って立教通りへ。
このまま行くと井ノ頭通りと合流するはずだが、井ノ頭通りといえば「永福町大勝軒」。
たしか11時開店で、このタイミングだと開店直前に着けそうで、もしかしたら行列しないで入れるかも。そう考えればめったにない機会であり、今日入らなかったら一生入れないかも…
――と思ったのである。

創業1955年の「永福町大勝軒」。
昭和のころより行列店の代名詞的存在である。


20221118 eifuku-taishoken-11


11時5分前に到着。順番待ち1人。
読みは当たった… というか、食べ終わって出てくる人もいて、とっくに営業していた気配。
あとでHPを確認すると営業時間はやっぱり11:00~ で、どうなってるの? (・・∂)


20221118 eifuku-taishoken-23


近くの駐輪場に自転車を止める。
ちなみに僕は、(1~3時間無料の)駐輪場の位置はけっこう広域で把握しており、こういう一刻を争う場合にそれが役立つ。トイレとともに都会のちゃりんこライダーに欠かせない情報スキルといえよう。


20221118 eifuku-taishoken-12


で、お店に戻ると順番待ち2人で僕が3番目。
僕の後ろに行列はみるみる伸びていき、なかなかの見ものであった。

待っている間、人数と麺量を確認される。
「麺少なめもできますが?」
こちらは量が多いので有名なのだ。
「いえ、普通で大丈夫です」


20221118 eifuku-taishoken-13


入店までに7~8分。
L字形カウンターの端の席で、ラッキー。
注文は中華麺。


20221118 eifuku-taishoken-14

20221118 eifuku-taishoken-15


意外なことに、いつも横目に見ながら通り過ぎている大行列の印象とは対照的に、店内はゆったり落ち着いた雰囲気。BGMはクラシック音楽だ。
いすの配置に余裕があるのに加え、カウンターの天板に奥行きがあるため、1人当たりのテーブル面積がすごく広い。土地持ちになった気分である。
若い店員さんの接客も物腰柔らかく洗練されている。


20221118 eifuku-taishoken-16


約5分で中華麵来る。
ステンレストレー&でっかいどんぶりというのが、こちら系統のスタイルだ。


20221118 eifuku-taishoken-17


こちら系統とは、同じ「大勝軒」でも、この20年ほどの間に大きく勢力を伸ばした“東池袋系”ではなく、当店をおおもととする“永福町系”のこと。
そのへんの事情についてはこちらの記事を参照いただければ。


20221118 eifuku-taishoken-18


中華麺はスープの表面に油膜が張られ、いつまでも熱々。
煮干しの香りが記憶中枢を刺激する。


20221118 eifuku-taishoken-19


初めて食べるのに懐かしい。
昔よく食べた「一ツ橋 大勝軒」「保谷大勝軒」が思い出されるだけでなく、そのもっと先にも何かありそうな。


20221118 eifuku-taishoken-22
「EIFUKUCHOTAISHOKEN RAMEN STORY」, 2022 May(創刊号)より


麺がやわいのも、こちらの特徴とされている。
麺がやわいと条件反射的に急いで食べようとする。
熱々を急いで食べたらどうなるか。
最後、汗だくに ( >▽< ;;


20221118 eifuku-taishoken-20
食べ終わってお店を出ると、ご覧のとおり


ラーメンとは、個人的な体験。
わがラーメン人生が走馬灯のごとく…。


20221118 eifuku-taishoken-21
時刻は11時30分


[DATA]
永福町大勝軒
東京都杉並区和泉3-5-3
http://eifuku-taishouken.com/





[Today's recommendation]

wachat221118-33.jpg




https://youtu.be/wolO4fJr70Y



20221118 eifuku-taishoken-24


門前のサッポロ 【狸小路サッポロラーメン】

2022.04.26

 ちょくちょく門前の茶屋というものを取り上げているように、門前町(参道)が好き。
お参りは観光の起源とされ、食事や宿泊から遊興まで手広く参拝客のニーズを満たし発達したのが門前町である。
ハレとケをつなぐ回廊であり、神聖なるものと卑俗なるものをごたまぜにしたカオスな世界。


20220426 tanukikoji-1120220426 tanukikoji-12
大宮八幡宮 表参道第一鳥居


Wikipediaの項目「門前町」では“門前町”と“鳥居前町”に分けて主な門前町を例示してあり、その中でいちばん近くにあるのが杉並区の大宮八幡宮。
調べたのは1年ほど前だったと思うが、その時点までその存在を知らなかった。
それだけに気になって、大宮八幡宮には早々に出かけている。

東側に600mを超える表参道 / 正参道を構え、境内も賑わう立派な神社だが、参道周辺に門前町としての歴史的風致は感じられない。
これも一種の衰退商店街なのかもしれないと思った。
表参道入り口にラーメン店を2店見つけたのは収穫だったが。


20220426 tanukikoji-1320220426 tanukikoji-14
有名ラーメン店「草むら」右が表参道入り口。左2軒隣に「狸小路」がある


1店は有名店で名前は前々から知っていた。
特筆すべきはもう1店で、絶滅危惧種“サッポロ”である。


20220426 tanukikoji-1520220426 tanukikoji-16


上に“いちばん近い”と書いているが、全国レベルで並んでいるものの中では近くとも、自転車で行くとなるとなかなか遠い。
絶滅危惧種といえども行くのに少し覚悟が要り、見つけてからずいぶん時間がたってしまったが、「狸小路サッポロラーメン」へ。


20220426 tanukikoji-17


外の品書きの横に飾ってある“アイヌの大酋長”的なイラストに、正統的サッポロDNAが感じられる。


20220426 tanukikoji-18


なお“サッポロ”については過去記事蝦夷えぞえぞえぞ菊えぞふじ狩勝コタンニューコタン元祖札幌やどさん子どさん子どさん娘ピリカピリカをご参照いただきたい。


20220426 tanukikoji-1920220426 tanukikoji-20


ゆるく弧を描くカウンターのみ5~6席という小さいお店。
注文はみそらぁめん。


20220426 tanukikoji-28


注文を受けた店主は、麺の投入からモヤシの炒めまで手際よく進め、小休止。ここからけっこう(麺のゆで時間が)長いのは、「えぞ菊」のリズム感を思わせる。
コーンと刻みネギと肉みそ様のものをトッピングして完成。


20220426 tanukikoji-2120220426 tanukikoji-22


ドロッと粘性の高いスープは“サッポロ”としてはかなり濃厚。


20220426 tanukikoji-23


ショウガが効いているのとほかの要素とで、覚えのある味なんだが…? と思いながら食べていると、かみつぶした粒が花椒。
担々麺を思わせるみそラーメンなのであった。


20220426 tanukikoji-24


門前は懐が深い。
サッポロであろうがタヌキであろうが、門前にあるものは何でも茶屋なのである。


20220426 tanukikoji-2520220426 tanukikoji-26


[DATA]
狸小路サッポロラーメン
東京都杉並区大宮1-1-2





[Today's recommendation]

wachat220426.jpg




https://youtu.be/Pmd3UiNfNkA



20220426 tanukikoji-29


あのグループの本家本元! 【丸長中華そば店】

2019.09.26

 荻窪の「丸長」といえば、文字どおり“丸長のれん会”の本家本元。日本のラーメン界のトップの座にあると言っても過言ではない。
丸長のれん会とは何か。どうすごいのか。
少し説明しよう。

――昭和23年杉並区荻窪4丁目に青木勝治氏、青木保一氏、青木甲七郎氏、山上信成氏、坂口正安氏、以上5名で共同経営の形で、中華そば店丸長を開店。上記HPより)

その後、勝治氏が「荻窪丸長」に残り、ほかの4名はそれぞれ「阿佐ヶ谷永楽」(現「阿佐ヶ谷丸長」)、「川南栄龍軒」、「荻窪丸信」、「上原大勝軒」(=「中野大勝軒」)として独立。
「中野大勝軒」にはご存知“ラーメンの神様”山岸一雄氏がおり、最初ののれん分けとして東池袋に出店、“特製もりそば”のヒットによりラーメン界にその名をとどろかせる。
山岸氏亡き後も「東池袋系大勝軒」は店舗拡大を続け、現在に至る。

――というラーメン界の一大勢力の大もとに位置するのが、荻窪の「丸長中華そば店」である。
(参照:「荻窪丸信」「谷保丸信」「萬栄軒」「中野大勝軒」「サニー」


20190926 marucho-31


荻窪駅南口。
線路沿いに阿佐ヶ谷方面に200mほど。


20190926 marucho-21


店内は、右にカウンター8席、左に4人掛けテーブル3卓。
1時半を過ぎていてもカウンター席はすべて埋まっており、いちばん奥のテーブルのみ食器は片付いていないが席は丸々空いている状態。テーブル席に1人客が座っていいものか、忙しそうなおねえさんと目が合うのを待って合図を送ると、「座ってお待ちください」と。


20190926 marucho-23


座って品書きを探したが、カウンター上の張り紙しか見当たらない。実は事前にちょっと調べて漠然と食べる候補を決めてきたが、それが張り紙には書いていない。たぶん真ん中のテーブル横に小さいプレートが張ってあり、それにもっと細かいメニューが書いてあるのだ(細かいといっても組み合わせのバリエーションにすぎないが)

うろ覚えで「竹の子ワンタンメン…?」と申告。
注文はすんなり通りました ┐( -"-)┌ ヤレヤレ…


20190926 marucho-30


お客はほとんどが年配男性。僕のテーブルもすぐにおじさんおよびおじいさんと相席となった。
で、どちらも「まずビール」
そう来るかぁ。。。
相席でそれはさすがにキツいので(いちおう僕は現役なので)、この店はカウンターに空きがあるとき入るに限る。

ちなみに注文の過半数はつけ麺(つけそば)関係で、こちらはつけ麺の元祖とされる。
僕はつけ麺はあまり好きではないので、こういうところでも迷わず汁そばを頼む。


20190926 marucho-25


スープのだしには節系の個性を強く感じるが、ほかに具材も含め独特の香気を感じる。
夜に家族に「メンマくさい」と言われたほど。
最高位ラーメンの味の決め手はメンマである…! と、とりあえず言っておこう。
今回の注文は正しかった、と。


20190926 marucho-2720190926 marucho-28


もちもちの太麺は、昔よく食べた「中野大勝軒」が思い出される。
ワンタンも皮のコシが強く、麺に負けない存在感がある。


20190926 marucho-26-2


ラーメン680円。ワンタンメンは780円で、竹の子ラーメンも780円。
ゆえに、竹の子ワンタンメンは880円。
品書きになかったのでどうかと思ったが、まあ明朗会計である。

というか、このワンタン、竹の子。
それぞれ100円って、むちゃくちゃ安くないですか!?


20190926 marucho-32


[DATA]
丸長中華そば店
東京都杉並区荻窪4-31-12





[Today's recommendation]

wachat190926.jpg




https://youtu.be/8WQVb_nuKvs


伝説のその先の… 【御天 井草本店】

2019.03.09

 ラーメンの歴史というような話になると必ずといっていいほど登場する店の一つが「なんでんかんでん」。
1990年代初頭“環七ラーメン戦争”を巻き起こし、とんこつブームの火付け役となった。東京に初めて本場長浜ラーメンを持ち込んだともいわれる伝説の名店のその味をつくったのが、当初店長として厨房を取り仕切った岩佐俊孝氏だ。
ブーム絶頂の1995年、岩佐氏が「なんでんかんでん」を離れ開店させたのが、下井草の「御天」である。

――とか書いておきながら、「そうだったのかぁ。知らなかったー…」 \( ̄ー ̄;) ォィォィ!


190309 goten-11


ずぼらな性格でラーメンの歴史や系譜といった情報系に目が向かずただ食べるだけの人生を送ってきた。
ブログ記事を書くにあたってさすがにそれでは済まされないだろうと調べてみたらそういうことだった、というケースはよくある(冒頭の情報はこちらを参照させていただいた)


190309 goten-22


「御天」には過去(たぶん20世紀)、2度ほど入ったことがあるが、そんな歴史はツユ知らず、うまいうまいと食べていた。


190309 goten-24


ということで、おそらく20年ぶりくらいの来店。


190309 goten-55


「御天」といえば“せん菜”という極細モヤシのようなトッピングが名物だったが、“せん菜販売終了につき、もやしラーメンを提供”というようなことが書いてある。
普通のモヤシじゃなぁ… ということで、注文はラーメン750円。


190309 goten-56


こちらの特徴は、超絶濃厚とんこつスープ。
味も濃いが、においもすごい。


190309 goten-15


さっき入る前、新青梅街道の反対側の歩道にまでにおいが漂っていた気がする。「なんでんかんでん」も、においで客を引き寄せたということらしい。
駄目な人にはダメなにおいだが、僕は引き寄せられるほう。


190309 goten-61


ラーメンはうわさにたがわぬ濃厚こってりスープ。
麺は極細ストレートと、まさに本場スタイル。


190309 goten-16-2


脂が強いので腹にたまりそうだが、細麺はするする入り、やはり1玉ではちょっと物足りないなぁ… となるあたりも本場流か…。


190309 goten-57


店内を見回しても替え玉の表示は見つからないが、まあ、ないはずはないだろうと「替え玉お願いできます?」と申告。
替え玉は後ろからおねえさんが直接どんぶり投入方式の提供だ。


190309 goten-58
替え玉は直接投入方式


ここで卓上の辛子高菜と紅しょうがを入れる。


190309 goten-59190309 goten-60


経験則で適量入れたつもりが、スープが激辛になってしまった。こちらの辛子高菜は非常に辛いので要注意だ。
お会計は880円だったので替え玉130円の計算。


190309 goten-14


こういう自分の中で古いという認識のないお店も、もはや四半世紀になる中堅どころだ。
昭和とまではいかないが、20世紀も十分遠くなりにけり… としみじみ。


190309 goten-23


[DATA]
御天 井草本店
東京都杉並区井草1-29-3
https://www.facebook.com/gotengoten





[Today's recommendation]

wachat190309-22.jpg




https://youtu.be/Xb3fZmkzy84


“サッポロ”というコンテンツ 【コタン】

2019.03.05

 このブログは基本的にお店屋さんを取り上げるものであるから、まず場所を説明しておきたい。手っ取り早いのが道順、つまり道の名前を出すことだが、この道路名というやつが実にめんどくさい。
都道府県道レベルで見てみると、使い慣れた名前はだいたい通称や愛称(通り名)であって、行政上の名称は路線の起終点を順に並べた「県道○○△△線」とすることが原則とされている。たとえば通称「世田谷通り」は、正式には「東京都道・神奈川県道3号世田谷町田線」となる。Wikipediaもそうなってる。
それじゃ説明にならんだろう。

そんな感じ(中略)でいろいろめんどくさいので、駅前商店街の細道の名前なぞ、なかなか調べがつかなかったりするのである。


190305 kotan-31


なぜそんなことを長々と書いているかというと、☝ この道の名前を調べるのにたいへん苦労したから。
西荻窪駅北口のJ:COMショップとカラオケ館の間の道を、「西荻まち歩きマップ2015」では「八幡通り」としている。理由は井草八幡宮への最短ルートであるから。別説として、途中の橋が「駅通橋」なので「駅通り」なのかもしれない、とも。どちらも簡潔・明快でストンと落ちるものがある。
逆に言えば、個人レベルでもこのように決定していけるところも、混乱のもとであるのだが。


190305 kotan-12-2


さて、この八幡通り、まあ古い人には洋食「真砂」のあった通りといったほうがわかりやすいと思うが… って、はじめからそれで済んだんじゃないの? \( ̄ー ̄;) ォィ!
…というのはおいといて。


190305 kotan-30


えー、あらためてこの八幡通り、100mほど入ったあたりの三軒長屋の一角のラーメン屋「コタン」。
おしゃれな店が並ぶ西荻にあって異質なオーラを放っている。


190305 kotan-14


1971(昭和46)年創業。
建物が古いということなら西荻は骨董の街であり古い物件のリノベーションの盛んな地域でもあるので、ぜんぜん珍しくない。
古いのはコンテンツ自体であり、いわゆるオワコン的な…?


190305 kotan-15


この店の標榜するところは、都内でも見ることが少なくなったサッポロラーメンである。


190305 kotan-61


“サッポロ”についてはこれまで取り上げてきたお店を参照していただきたい蝦夷えぞえぞえぞ菊えぞふじ狩勝ニューコタン元祖札幌やどさん子どさん子ピリカピリカ


190305 kotan-20


1時すぎでお客さんはなし。
3年ほど前に一度入ったことがあるが、そのときもこんな感じだった。


190305 kotan-21


入り口に掛かっている看板のランチメニュー:ラーメン(味噌:しょうゆ・塩)、餃子3個、半ライスで750円(税別)を、味噌ラーメンでオーダー。


190305 kotan-58190305 kotan-60


「ライスお付けしてよろしいですか?」とご主人。
「お願いします」と答えておいて、“よろしいですか?”が気になったのであらためてカウンター上のメニューを見直してみると、“お好きなラーメンに、プラス100円で餃子(3個)、ライスお付けします”と書いてあり、その上に“各50円、50円”と手書きで追加してある。つまりライスなしで700円という選択もできるわけで、なかなか親切だと思った。
お新香もつき、一式まとめて5分ほどでの提供。


190305 kotan-57


味噌ラーメンのスープはあっさりしている印象だが、徐々に合わせみそのニンニクが効いてくる。
あっさりな分、だしのうま味が前に出てくる感じ。


190305 kotan-28-2


炒め野菜はモヤシ、キャベツ、ニンジン。
このテのラーメンでは珍しくデフォルトでチャーシューがのる。
チャーシューは店主自慢の品のようで、おいしいとろとろチャーシューだ。


190305 kotan-59


餃子はひと口サイズで、これもニンニクがかなり効いており、小ぶりながらパンチのある味だ。


190305 kotan-32


コンテンツのはやりすたりということでは、たとえばすぐ近くの「坂本屋」は中華屋のカツ丼、南口の「はつね」はタンメンで、それぞれ大行列店となっている。
昭和の王道的大衆食堂メニューとしてサッポロみそラーメンも引けを取らないように思えるが、そこが微妙なところである。


190305 kotan-55190305 kotan-56



“日本一の”と冠されることもあるほかの2店のように、じゃあ“日本一のサッポロラーメン”と誰かが言ったとして、それで行列ができるかというと、それも微妙なところで…。

それでも“私が愛してやまない「みそラーメン」なんです” (by 山本〇博?)


190305 kotan-62


[DATA]
コタン
東京都杉並区西荻北3-22-20





[Today's recommendation]

wachat190305-22.jpg




https://youtu.be/07Fp-omNXCw


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2