fc2ブログ

黄赤白 ――五色不動めぐり 後編

2024.01.07

 五色不動めぐりは当初1月3日を予定していたが、元日早々いわゆるタンスの角に小指ぶつけ事故を起こし長距離歩くのが無理っぽいので延期した。
最近、物にぶつかったりコップをひっくり返したりすることが増えた気がする。
それにも理由がある気がする。

昨秋、眼科検診を2人分申し込んでおいたというので軽い気持ちで受けてみたところ、見事に引っかかった。2人そろって。
相方は“目白”、僕は“目緑”だ。

“目”のつく不動尊である五色不動(五眼不動)詣でには、眼病平癒祈願という意味もあったわけだ。


20240107 goshikifudoh-2-06
目青不動 教学院(前記事参照)

20240107 goshikifudoh-2-08
目黒不動 瀧泉寺(前記事参照)



◆ ◆ ◆

というわけで前記事の続きで、目黒不動のあと中目黒から三ノ輪へワープ。
Web情報によれば、目黄不動 永久寺は三ノ輪駅から徒歩3分。


20240107 goshikifudoh-2-11
大関横丁交差点


実際には改札から40mほどで1分もかからず、一度通り過ぎそうになった。
こちらの寺院はそれほどまでに目立たない… というか、気配を殺している感すらある。
門扉も勝手口も閉ざされているのだ。

ほかに入り口があるのかもしれないと裏の路地に入りぐるっと一周してみたが、やはり正面の門から入るしかなさそうだ。
途方に暮れとりあえず表の説明プレートと門扉の写真を撮って、さてどうしよう… と考えてもどうしようもない。


20240107 goshikifudoh-2-12


もうこれでお参りしたことにして次の目的地に向かおうと明治通りを渡って昭和通りの信号待ちの間、ふと振り返ると永久寺門前にお参りに来たふうの自転車の男女。
あの人たちなら入り方を知っているかもしれないと道の向かいからしばし観察するも、途方に暮れとりあえず表の説明プレートと門扉の写真を撮って… と、わしらとさほど変わらぬ様子😓


20240107 goshikifudoh-2-14


と、再び諦めかけたところ、駅のほうから年配の団体がやって来て、躊躇なく勝手口を開けぞろぞろ入っていくではないか‼
あの団体さんにくっついて入ったれ! と、急いで横断歩道を引き返し、ドサクサに紛れて潜入したのでありました😅

あとで口コミなどをみると、なかなかクセのあるお寺さんのようで💦

そんなわけで前振りが長くなってしまったが…



目黄不動 永久寺
東京都台東区三ノ輪2-14-5
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/eikyuji/

20240107 goshikifudoh-2-15

20240107 goshikifudoh-2-16


開山は南北朝時代。

――泰平の世となった寛永年間(1624~43)の中頃、東海道など五街道が整備されますと、街道の道中安全を祈願することが幕府によって命じられました。その時、上野寛永寺の天海大僧正の発願によって江戸府内の由緒ある古刹が五色不動として五街道沿いに定められました。その際、南北朝以来の古刹であり、また日光街道(今の昭和通り)に面した永久寺が目黄不動尊として指定されたのでした。天台宗東京教区HPより)


20240107 goshikifudoh-2-13



◆ ◆ ◆

永久寺のあと、日暮里中央通りを日暮里駅方面へ。
このあたりは2018年の七福神めぐり(下谷七福神)で歩いた記憶がある。

時刻は13時を回り、日暮里駅前でランチをとる次回掲載予定)


20240107 goshikifudoh-2-17
日暮里駅前交差点と日暮里・舎人ライナー


日暮里駅構内で崖線を越え、谷中霊園の北を通って夕やけだんだん(谷中銀座)と、このあたりは「谷中七福神」(2017年)をはじめ何度も通っている。
このように、回数を重ねるうちに、なじみのなかった街が線から面へと広がっていくのが街歩きの醍醐味といえよう。

で、谷中銀座の人出が多すぎて脇道にそれ、歩く距離が延びてしまったという。


20240107 goshikifudoh-2-18
夕やけだんだんと谷中銀座



目赤不動 南谷寺
東京都文京区本駒込1-20-20
http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/eikyuji/

20240107 goshikifudoh-2-19

20240107 goshikifudoh-2-20

20240107 goshikifudoh-2-22

20240107 goshikifudoh-2-2320240107 goshikifudoh-2-24


――元和年間に万行和尚が伊勢国赤目山で、不動明王像を授けられ、後に駒込村の動坂に庵を開き、赤目不動と号しました。そして寛永年間、三代将軍・家光が動坂の庵に立ち寄り、目黒・目白不動に対し目赤不動と呼ぶべしと命じました。江戸の五色不動の1つとして知られています。「南谷寺(目赤不動)」文京区HPより)


20240107 goshikifudoh-2-21



◆ ◆ ◆

続く目白不動まで最後の区間約4.2km、白山通り~不忍通りとほぼほぼ大通りを歩く。
前記事に書いているように大通りもスマホ頼みも嫌いだが、時間の制約上、地図の暗記が間に合わなかったと😅

途中、見覚えのある幟は去年の七福神の清土鬼子母神堂。
道の向かいは日本女子大学で、その裏の目白御殿が翌日あんなことになろうとは、神のみぞ知る。


IMG_0253 (2)
千石三丁目交差点方面



目白不動 金乗院
東京都豊島区高田2-12-39

20240107 goshikifudoh-2-25

20240107 goshikifudoh-2-26

20240107 goshikifudoh-2-27

20240107 goshikifudoh-2-28

20240107 goshikifudoh-2-29


疲れちゃったので縁起等は写真を参照いただきたいが、目黒とともにいまの時代に名を残す目白不動尊。
江戸五色不動尊の随一である。


20240107 goshikifudoh-2-30



◆ ◆ ◆

今回の五色不動めぐり、三軒茶屋~目黒不動5km、目黒不動~中目黒2.3km、三ノ輪~高田馬場9.6kmの都合約17km。
距離的にはそうでもないが、冷え込むなかアスファルトやコンクリートの硬い路面はやはりこたえ、僕は小指の痛みが悪化し、相方はハムストリングがやばいらしい。

今度は足腰の神仏を拝みに行かないと ( ̄- ̄;) ンー

(つづく)


20240107 goshikifudoh-0820240107 goshikifudoh-0920240107 goshikifudoh-10
© OpenStreetMap contributors


[DATA]
目白不動 金乗院
東京都豊島区高田2-12-39





[Today's recommendation]


https://youtu.be/S14IHuVC0uE?si=xwpWGIe-igwfUzim


https://youtu.be/tT9Eh8wNMkw?si=TOj6ca7jeSexAzuo


wachat240107-22.jpg



20240107 goshikifudoh-2-32
次号予告


3年ぶりに恒例七福神めぐり ――雑司が谷七福神

2023.01.03

 コロナ前、正月の恒例だった七福神めぐりを3年ぶりに挙行。

七福神めぐりは寺社観光と街歩きが組み合わさった、江戸時代の物見遊山気分を手軽に味わえる優れたイベントである。
十数年前に始めて、これまで回ったのが日本橋七福神、東久留米七福神、新宿山手七福神、武蔵野吉祥七福神、雑司が谷七福神、谷中七福神、下谷七福神浅草名所七福神江戸最初・山手七福神

今年は2016年と同じ雑司が谷へ。


20230103 zoshigaya-54
豊島区観光協会「雑司が谷七福神めぐり」より


雑司が谷七福神めぐりは2011年にスタートした新しいイベントだが、雑司ヶ谷霊園を含む歴史ある街並みをめぐるコンパクトなコース設定が秀逸。曲がりくねって適度にアップダウンもあり、大都会・池袋に隣接するとは思えない非日常感がある。

前回は鬼子母神堂スタート~仙行寺ゴールと歩いたが、今回はその逆回りとした。
理由は2020年の記事に書いた次の一節。

――七福神めぐりの醍醐味をあえて表現するとすれば、それは仙境から俗界への旅。水は低きに流れ、人は易きに流れる。水の神であり音楽の神である弁財天をゴールに、おのずと巡り順を考えるのだ。日本橋の水天宮、谷中の不忍池辯天堂、武蔵野の井の頭弁財天… と、それは最もにぎやかな場所でもある。

前回、池袋の街なかゴールというのは“にぎやか”要素からだが、寺社そのものがにぎやかなのは鬼子母神なのだった。
地形的にも低くなっており、七福神の弁財天を祀る観静院は、鬼子母神堂の本院・法明寺の塔頭である。


20230103 zoshigaya-11


ということで、池袋駅東口をスタート。
南池袋公園の横を通ってシアターグリーン通りへ。


20230103 zoshigaya-12


はじめの2つはビルディングで、布袋尊に至っては寺社ですらない。
ゴールとしては物足りないと前回感じたゆえんである。



○華の福禄壽/仙行寺
豊島区南池袋2-20-4
http://www.sengyoji.jp/

20230103 zoshigaya-13

20230103 zoshigaya-14

20230103 zoshigaya-50
“境内”の駄菓子屋には惹かれるものが…



○布袋尊/中野ビル
豊島区南池袋2-12-5

20230103 zoshigaya-17

20230103 zoshigaya-18



「中野ビル」前の東通りをそのまま東へ。
約450mで都電荒川線にぶつかる。
この界隈は都電沿線で、それもコースにレトロな趣を添えている。


20230103 zoshigaya-55


踏切の向こうは雑司ヶ谷霊園。

――ジョン万次郎、小泉八雲、夏目漱石、島村抱月、竹久夢二、泉鏡花、東條英機、永井荷風、サトウハチロー、東郷青児、大川橋蔵など著名人の墓が多くあり、夏目漱石の小説『こゝろ』の舞台にもなっている。「雑司ヶ谷霊園」Wikipediaより、最終更新2023年1月5日20:45)


20230103 zoshigaya-56-220230103 zoshigaya-21
お墓の台石でゴロゴロする猫


霊園を抜けると閑静な住宅街。
あたりには寺社が多くあるため緑豊かで情緒ある街並みが形成されている。


20230103 zoshigaya-22
弦巻通り


道は次第に下り坂に。
かつてこの先には弦巻川という川が流れていたという。

次に回る清土鬼子母神堂だけコースからそれる形となっているが、法明寺鬼子母神堂を中心に構成された雑司が谷七福神めぐりで、こちらは外すことのできない存在である。


20230103 zoshigaya-2320230103 zoshigaya-24


鬼子母神像は1561(永禄4)年、雑司の役にあった柳下若挟守の家臣山村丹右衛門が当地(清土)にて掘り出し、星の井という三角形の井戸で清め、東陽坊(現在の法明寺鬼子母神堂)に祀ったのが始まりとされる。
そのため当地は“雑司が谷鬼子母神出現所”“清土出現所”などと呼ばれる。

なお、吉祥天が七福神に数えられるのは珍しく、ここでは一般的な七福神の寿老人の代替ということになっている。



○吉祥天/清土鬼子母神堂
文京区目白台2-14-9

20230103 zoshigaya-25

20230103 zoshigaya-52
星の井(左)と吉祥天

20230103 zoshigaya-26

20230103 zoshigaya-51
守り人のごとく星の井に鎮座するカラス。鬼子母神の使いか?



弦巻通りを西へ。
かつて星の井のそばを流れていた弦巻川は暗渠となり、弦巻通りがそれに当たる。
趣ある商店街の名残を見ることができる。


20230103 zoshigaya-4720230103 zoshigaya-48


弦巻通りを右にそれ、清立院へ。
HPには、寛喜年間(1229~1232年)、真言宗三嶽山清龍寺として創立され、1259年ころ法華宗(日蓮宗)に改宗とある。
斜面を利用してつくられた境内からは周囲を一望できる。
背後は雑司ヶ谷霊園。



○毘沙門天/清立院
豊島区南池袋4-25-6
http://seiryuin.or.jp/

20230103 zoshigaya-29

20230103 zoshigaya-30

20230103 zoshigaya-31

20230103 zoshigaya-53



弦巻通りに戻って先に進むと、再び都電と交差する。


20230103 zoshigaya-32


踏切を渡ってすぐのところに、雑司が谷七福神唯一の神社である大鳥神社。
1712(正徳2)年に創建され、もともとは法明寺の境内にあったが、明治時代の神仏分離政策により独立し現在地に移転したとのこと。



○恵比壽神/大鳥神社
豊島区雑司が谷3-20-14
https://www.facebook.com/ootorijinja/

20230103 zoshigaya-33

20230103 zoshigaya-34

20230103 zoshigaya-35

20230103 zoshigaya-36



次の観静院は前述のように法明寺の塔頭。
鬼子母神表参道から法明寺参道へと続く広大な寺院領域にある。
音楽の神・弁財天にまつわるかのごとく、背後には日本最古の私立音楽学校・東京音楽大学池袋キャンパス。



○弁財天/観静院
豊島区南池袋3-5-7
https://temple.nichiren.or.jp/0021031-kanjoin/

20230103 zoshigaya-37

20230103 zoshigaya-38

20230103 zoshigaya-39



法明寺参道を戻り、鬼子母神堂へ。


20230103 zoshigaya-40


お堂の右手にはいい感じの茶屋が。
お参りのあと寄ってみよう♪


20230103 zoshigaya-42


本堂にお参りしたあと最後の大黒天を探すも、見つからず。
「やっぱり幟のあるところだよね」
しかし“大黒天”の幟の誘導する先には、先の茶屋しか見当たらない。

茶屋の看板をよく見ると、“大黒堂”。
「やっぱここかぁ!」



○大黒天/鬼子母神堂
豊島区雑司が谷3-15-20
https://www.kishimojin.jp/

20230103 zoshigaya-41

20230103 zoshigaya-43

20230103 zoshigaya-45
茶屋の中に大黒天像というか、大黒堂の中のおだんご売り場というか


茶屋でお団子ほおばりつつ七福神最後の大黒天参拝。
なんとも粋な趣向じゃありませんか。

(つづく)


20230103 zoshigaya-46


[DATA]
雑司が谷七福神めぐり
https://www.kanko-toshima.jp/?p=we-page-entry&spot=261038&nav=none
http://www.toshima-mirai.jp/zoshigaya/



[Today's recommendation]


https://youtu.be/uFbKIW_A_3s



wachat230103-11.jpg



20230103 zoshigaya-57
次号予告


猫つながりな一日 【甘味処 百】

2021.05.04

 うちのチビ猫の保護主さんの主催する保護猫チャリティーイベントに出かけた。
会場は千駄木よみせ通り裏。夕やけだんだんにも近い下町の人気エリアである。


210504 momo-11


オリジナルグッズや手作り品の販売、バザーなどが行われ、売り上げは保護猫の医療費、地域猫の手術代やごはん代、里親探しの活動費などに充てられる。
“猫の街”谷根千にぴったりのイベント。


210504 momo-12


Tシャツ、焼き菓子、石けん、クチュールBABAのブローチなどを購入。
東村山かいわいでローリング猫ストーンズTシャツを着た素敵なオジサマを見かけたら、それはワタシです ヾ(・ω・o)


210504 momo-13


昼ごはんのお店探しに難渋。
古い街だけに入りたいと思わせる店構えは山ほど見つかるが、人気エリアだけに人出がすごく、下町だけに店が狭そうな印象もぬぐえない。
自然、人の少ないほうに足が向き、商店街の出口まで来てしまった。


210504 momo-14


その先、飲食店は少なそうで、引き返そうか迷っていると、信号正面に「甘味処」の看板。


210504 momo-16


甘味処の軽食というものには惹かれるものがある。
「焼きそばとかカレーとか、やってないかな…」


210504 momo-17


横断歩道を渡ってサンプルケーススタンドをのぞく。
焼きそばとカレー (≧ω≦)b OK!!


210504 momo-18210504 momo-19


店名は「甘味処 百(もも)」。
40年近く前、最初にうちに来た猫が生んで里親が見つからず親猫と一緒に飼っていた子の名が、もも。
いろいろ猫つながりである。

注文は焼きそばとビーフカレー。


210504 momo-20


店内は小テーブルが8卓。壁際と窓際にそれぞれ1人席×2、その間に2卓くっつけた2人席×2。
先客が1組あり、そことの距離感を考え窓際の席に。窓に向かって1人ずつ別々に座る。

年配の夫婦経営と思われ、おとうさんが接客係で、奥の厨房に調理担当のおかあさんらしき姿がちらちらと。


210504 momo-25


焼きそばは豚肉、キャベツ、モヤシ、ブナシメジとごく普通の家庭的な中身。


210504 momo-26


何の変哲もないソース焼きそばと言いたいところだが、このオイリー感が家では出せない。フライパンの年季の違いとかに秘密がありそうだが、おいしい焼きそばである。


210504 momo-22


ビーフカレーは甘口で、辛さはほぼない。
懐かしい味だが、家庭や給食のカレーというより昔の洋食店が思い出される。ちょっとおしゃれな味わい。


210504 momo-24


品書きを見直していると、(あん)みつまめセットというものがある。軽食+(あん)みつまめで950円。
せっかくだから甘味も食べたい。


210504 momo-21


「いまからセットにしてもらうことはできますか?」
「大丈夫ですよ」とおとうさん。

ビーフカレーと焼きそばをそれぞれみつまめセットとあんみつセットに変更。


210504 momo-27

210504 momo-28


どちらも寒天たっぷり。みつまめは懐かしの缶詰フルーツ満載。
蜜がきっぱり甘い、昭和の和スイーツなのだった。


210504 momo-15


帰路はへび道を通って根津神社へ。
お参りしようと思ったが、拝殿はかなりの行列。そそくさと神社を抜ける。


210504 momo-29

210504 momo-30

210504 momo-33


ある程度覚悟はしていたが、都心は地元とは比べものにならないくらい人口密度が高い。
今回は必要な用事で出かけたが、ゆっくり下町散策などは当分できそうにないな…。


210504 momo-32


[DATA]
甘味処 百(もも)
東京都文京区千駄木2-35-6





[Today's recommendation]

wachat210504.jpg




https://youtu.be/dsy0cCe57vs


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2