fc2ブログ

渓流の景観を復元 【音無親水公園】

2023.10.08

 前回までのあらすじ:飛鳥山の区民まつりの喧騒から逃れるように「旧渋沢庭園」に迷い込み国重文建造物2棟を外から見学(内部は有料)後、隣の「北区飛鳥山博物館」では区民まつりで無料開放につき常設展示をじっくり見学と、あくまでお金をかけないケチケチ物見遊山を実践中のわしら。

飛鳥山博物館に入った目的は“おはぎ”だが、常設展示が思いのほか面白く見学に1時間近くを要し正午を回ってしまい、おはぎのタイミングを外してしまった。
余力が残っていたら戻ってくるということにして、ひとまず王子の街なかで昼ごはんの店を探すことに。


20231008 ojijinja-11


飛鳥山を下ろうとすると、山頂付近に行列ができている。
あんなところに何が?

――飛鳥山モノレール(あすかパークレール)は、JR王子駅中央口改札すぐの公園入り口から山頂までの高低差約18m、レール延長48mを2分で結んでいます。「飛鳥山モノレール(あすかパークレール)『アスカルゴ』」飛鳥山3つの博物館HPより)


20231008 ojijinja-1320231008 ojijinja-12
20231008 ojijinja-1520231008 ojijinja-14


これも無料。気になるぞ!
でも昼ごはんが先。


20231008 ojijinja-16
アスカルゴ山頂駅付近からの眺め


くだんの玉子焼きのお店はかなりの老舗のようで、そのあたりに行けば老舗飲食店などもあるかもしれない。
ちょうどアスカルゴ山頂駅から見下ろしたあたり。


20231008 ojijinja-17-2
下りてみると…

20231008 ojijinja-18
寄ってみると…

20231008 ojijinja-25
くぐってみると…


なんと、橋の下に渓流風の景観が広がっている。
そういえばたしか博物館の展示に“山と渓流の名所”というようなことが書いてあって、こんなところで渓流…? と疑問に思っていたが。
と、ここでまた寄り道。


20231008 ojijinja-19


――音無親水公園は、小平市の東部を源にして隅田川に注ぐ石神井川の旧流路に整備された公園です。石神井川は、北区付近では“音無川”と呼ばれ親しまれ、古くからの春の桜・夏の青楓と滝あび・秋の紅葉など四季の行楽の名所、景勝の地でした。「音無親水公園」北区HPより)


20231008 ojijinja-20


石神井川はそれこそ水源あたりからよく知っているが、上中流域がほぼ暗渠か三面コンクリート護岸の味も素っ気もない都市河川の最下流部がこんなことになっていようとは、まったく驚かされる。
昭和の河川改修工事で、飛鳥山公園の下に2本のトンネルを掘り流路のショートカットが行われた際、残された旧流路に“かつての渓流を取り戻したい”ということで整備された公園。
5月上旬~9月中旬は流路に水を流し、水遊びの場として人気という。


20231008 ojijinja-21


で、玉子焼き屋さんはというと、流路から二またに分かれる道の先。


20231008 ojijinja-24


その前に、ちょっと気になる案件があり、さっきの橋のたもとに引き返す。
玉子焼きにも昼ごはんにもなかなかたどり着けないままに…

(つづく)


20231008 ojijinja-23


[DATA]
音無親水公園
東京都北区王子本町1-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/GfG6H2-wWmo?si=b8pP727wrAhAi74g



wachat231008-33.jpg



20231008 ojijinja-26
次号予告


飛鳥山にて財政に思いを致す 【旧渋沢庭園】

2023.10.08

 「王子に行く」という。
気になる玉子焼きのお店があるんだとか。

ふーん、その玉子焼き屋どこらへんだろう… と、なにげなく地図を見て驚いた。
玉子カレーうどん、玉子珈琲焙煎所、玉子ビアガーデン…
あっちにも玉子、こっちにも玉子、この街はタマゴだらけなのだ。

居酒屋一休 玉子店、吉野家 玉子東店、ファミリーマート 玉子駅前店……
(だれか止めてください…💦)

玉子、もとい、王子は車では2~3度通ったことがあるが、駅を降りるのは初めて。
それどころか北区に足を踏み入れるのはこれが最初じゃないだろうか。
ちなみにうちのチビ猫は北区で保護されたとのことで、その好戦的な性格から“赤羽の白い稲妻”の異名をとる。

縁がないながらも王子の飛鳥山の存在は知っており、江戸の名勝ということでいつか行ってみたいと思っていた。


20231008 shibusawagarden-10


土地勘がないため南口というマイナーな改札を出てしまい、そのまま跨線人道橋を渡って直接飛鳥山へ。


20231008 shibusawagarden-11


行ってみると、飛鳥山はものすごい人出である。
なんと、「ふるさと北区 区民まつり」という“区内最大級のイベント”の真っ最中なのだった。


20231008 shibusawagarden-12


江戸情緒など期待したわけでもないが、こう人が多くちゃかなわんなぁ…
と、自然、人を避けるように公園出口方向に歩いていると、左手にいかめしい鉄扉を備えた緑豊かな一角。
「旧渋沢庭園」とある。


20231008 shibusawagarden-13


渋沢とはもちろんあの渋沢。
次期一万円札の顔の大役を担う近代日本経済の父・渋沢栄一である。


20231008 shibusawagarden-35


――近代日本経済の基礎を作った渋沢栄一は、設立に尽力した王子製紙(設立当時は抄紙会社)の工場を眼下に見守ることができる飛鳥山に、邸を構えました。1879年(明治12)からは内外の賓客を招く公の場として、その後1901年(明治34)から亡くなる31年(昭和6)までは家族と過ごす日常の生活の場としても使用し、「曖依村荘(あいいそんそう)」とも呼ばれ、栄一もこの地をこよなく愛していました。「飛鳥山とは」飛鳥山3つの博物館HPより)


20231008 shibusawagarden-14


庭園内には大正期の2つの建物「晩香廬(ばんこうろ)」と「青淵文庫(せいえんぶんこ)」が当時の姿のままに残されており、国の重要文化財に指定されている。

見学には入館料がかかるので(2館共通で300円)、ビンボーにつき写真は外観のみ (〃 ̄ω ̄〃ゞ


晩香廬

20231008 shibusawagarden-15

20231008 shibusawagarden-16

20231008 shibusawagarden-17

20231008 shibusawagarden-18


青淵文庫

20231008 shibusawagarden-19

20231008 shibusawagarden-20
現在、整備工事中

20231008 shibusawagarden-21


青淵文庫と芝生を挟んだ対面の位置に「山形亭跡」の説明板がある。
背後の建物がそういうものかと思ったらそうではなく、ただの跡地らしい。


20231008 shibusawagarden-22


その背後のあたりに「飛鳥山おみやげ館」というものがある。
見た目はKiosk風というかコンビニ風というか、味気はないが…


20231008 shibusawagarden-23

20231008 shibusawagarden-24


正式名称を「渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館」といい、グッズなどやはり渋沢アイテム中心の品ぞろえのお土産屋さんである。


20231008 shibusawagarden-26

20231008 shibusawagarden-27

20231008 shibusawagarden-28
※許可をいただいて撮影


いろいろ面白いものが並べてあり、たとえば“驚きの青いカレー”「青淵カレー」なんか相当気になるが、レトルトカレーに648円はちょっと… というように、全体にお高い。

まあ、さっきも入館料300円×2シブッたり、新一万円札の顔というお金の神様みたいなお方を前にそんなセコいこと言ってるから、いつまでも金運が向かないという ( ̄- ̄;) ンー


20231008 shibusawagarden-29


えー、気を取り直して。


20231008 shibusawagarden-30


都電もなかというものがあり、これは聞いたことがある。
「都電もなか5輛入 飛鳥山おみやげ館限定品」


20231008 shibusawagarden-32

20231008 shibusawagarden-33-2

20231008 shibusawagarden-34


王子は東京さくらトラム(都電荒川線)の要衝駅である。
いいお土産が買えた。

(つづく)


20231008 shibusawagarden-31


[DATA]
旧渋沢庭園
東京都北区西ヶ原2-16-1
https://www.shibusawa.or.jp/museum/facility/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/EpMn-5d0n3Q?si=nejjbMch0mT7fGoD



wachat231008-11.jpg
赤羽の白い稲妻⚡



20231008 shibusawagarden-36
次号予告


Latest Articles
増量サービス中!?😅 【忠豊】 May 22, 2024
近場旅行の醍醐味 【JA女性部 さとやま工房】 May 21, 2024
おもてなしの味 【すきふね】 May 20, 2024
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2