fc2ブログ

あの将軍が開いた桜の名所 【北区飛鳥山博物館】

2023.10.08

 前記事の続きで、“北区内最大級のイベント”が行われている飛鳥山をいまだ抜け出せずにいるわしら。
来てみたらたまたま… みたいなパターンが多いが、そういうのを“持ってる”というのであれば、人が多いのがニガテな人間としては良しあしである。


20231008 asukayamamuse-13


前記事に「飛鳥山3つの博物館」HPの記事を引用しているが、この3つとは何であるか。

――1998年(平成10年)3月27日、東京都北区飛鳥山公園に博物館ゾーンが誕生しました。紙の博物館は、世界有数の紙専門のユニークな博物館です。北区飛鳥山博物館は、北区のことがなんでもわかる博物館です。渋沢史料館は、近代に日本を創ったリーダー・渋沢栄一の志を伝え続ける博物館です。「飛鳥山3つの博物館とは」飛鳥山3つの博物館HPより)


20231008 asukayamamuse-12


前記事の「晩香廬」と「青淵文庫」は「渋沢史料館」のメイン施設である。
今回は「北区飛鳥山博物館」へ。


20231008 asukayamamuse-14


どうせ“おはぎ”の幟につられたんでしょ?
と思われたあなた、当たりです😅


20231008 asukayamamuse-15


しかし入ってみると、「ふるさと北区 区民まつり」につき、常設展示および特別展覧会が通常300円のところ無料と。
やっぱり“持ってる”かも(笑)。


20231008 asukayamamuse-16


2階特別展示室 / ホワイエの「人間国宝奥山峰石と北区の工芸作家展」を見たあと、1階常設展示室へ。


20231008 asukayamamuse-18


展示をちょこっと拝見してから、監視係の方に「ここ、写真撮影は…?」と聞くと、記入申請が必要であると。
大げさなのはアレなので「だったらいいです」という僕に、「あ、でも簡単なんですよ…」と、ちょっと残念そうな職員さん。


20231008 asukayamamuse-19


常設展示は歴史に沿った流れで、3番の中里貝塚・西ヶ原貝塚あたりもなかなか見応えあるが、9番「名所王子・滝野川・飛鳥山」で一気に引き込まれる。


20231008 asukayamamuse-20


展示のテーマが“花見”。
北斎や広重の浮世絵がある。
江戸時代のお花見弁当の再現展示もある。

「やっぱり写真撮らせてください」と、さっきのおねえさんのところに戻って申請させていただきました。
(だからこのような写真付きの記事になっているのであって…)


20231008 asukayamamuse-22
「東都勝景一覧」1800(寛政12)年、葛飾北斎画・複製

20231008 asukayamamuse-21
「絵本江戸土産」1850-67(嘉永3-慶応3)年、歌川広重・二世広重画・複製

20231008 asukayamamuse-23
「花美人名所合 滝の川の紅葉」1896(明治29)年、尾形月耕画


飛鳥山は8代将軍・徳川吉宗が整備・造成を行った公園で、江戸時代の桜の名所として知られる。


20231008 asukayamamuse-24


江戸の桜の名所といえば上野の山だったが、4代家綱、5代綱吉の廟が上野に営まれ寛永寺が徳川家の菩提寺となると、花見の時期の風紀の乱れが問題に。
そこで吉宗は郊外の飛鳥山に1200本余りの桜を植え公園として整備、自ら宴席を設け名所としてアピールした。


20231008 asukayamamuse-25

20231008 asukayamamuse-32


これは享保の改革の一環であり、質素倹約、風俗矯正のスローガンの一方、“開かれた幕府”を印象づけるべく新たな娯楽の場を提供するという、硬軟織り交ぜた柔軟な行政改革であった。
このほかにも隅田川上流、品川の御殿山、さらには一泊行程の小金井・玉川上水堤と、郊外各地の桜の名所を整備していった。


20231008 asukayamamuse-31

20231008 asukayamamuse-33
金輪寺の座敷の再現


吉宗は将軍の日光社参の休憩に利用されていた金輪寺に懸け造りの舞台と御殿を建て、花見の御成を行ったという。

その座敷には、玉子焼き。
“王子名物 釜焼き玉子”とある。


20231008 asukayamamuse-30


そういえば玉子焼き買いに来たんだった… と、ここに至ってようやく自分の中でいろいろ方向性が見え始めたという😅

名物釜焼き玉子とは?
そして、おはぎはどうなった…?

(つづく)


20231008 asukayamamuse-11


[DATA]
北区飛鳥山博物館
東京都北区王子1-1-3
https://www.city.kita.tokyo.jp/hakubutsukan/index.html
https://www.instagram.com/asukayama_muse/
https://www.youtube.com/channel/UC253nfTJ-l_nUceC0nDhdiA?view_as=subscriber





[Today's recommendation]


https://youtu.be/k7PJxrNEvFc?si=XoK3D6ZA3vPlAJMi



wachat231008-22.jpg



20231008 asukayamamuse-34
次号予告


飛鳥山にて財政に思いを致す 【旧渋沢庭園】

2023.10.08

 「王子に行く」という。
気になる玉子焼きのお店があるんだとか。

ふーん、その玉子焼き屋どこらへんだろう… と、なにげなく地図を見て驚いた。
玉子カレーうどん、玉子珈琲焙煎所、玉子ビアガーデン…
あっちにも玉子、こっちにも玉子、この街はタマゴだらけなのだ。

居酒屋一休 玉子店、吉野家 玉子東店、ファミリーマート 玉子駅前店……
(だれか止めてください…💦)

玉子、もとい、王子は車では2~3度通ったことがあるが、駅を降りるのは初めて。
それどころか北区に足を踏み入れるのはこれが最初じゃないだろうか。
ちなみにうちのチビ猫は北区で保護されたとのことで、その好戦的な性格から“赤羽の白い稲妻”の異名をとる。

縁がないながらも王子の飛鳥山の存在は知っており、江戸の名勝ということでいつか行ってみたいと思っていた。


20231008 shibusawagarden-10


土地勘がないため南口というマイナーな改札を出てしまい、そのまま跨線人道橋を渡って直接飛鳥山へ。


20231008 shibusawagarden-11


行ってみると、飛鳥山はものすごい人出である。
なんと、「ふるさと北区 区民まつり」という“区内最大級のイベント”の真っ最中なのだった。


20231008 shibusawagarden-12


江戸情緒など期待したわけでもないが、こう人が多くちゃかなわんなぁ…
と、自然、人を避けるように公園出口方向に歩いていると、左手にいかめしい鉄扉を備えた緑豊かな一角。
「旧渋沢庭園」とある。


20231008 shibusawagarden-13


渋沢とはもちろんあの渋沢。
次期一万円札の顔の大役を担う近代日本経済の父・渋沢栄一である。


20231008 shibusawagarden-35


――近代日本経済の基礎を作った渋沢栄一は、設立に尽力した王子製紙(設立当時は抄紙会社)の工場を眼下に見守ることができる飛鳥山に、邸を構えました。1879年(明治12)からは内外の賓客を招く公の場として、その後1901年(明治34)から亡くなる31年(昭和6)までは家族と過ごす日常の生活の場としても使用し、「曖依村荘(あいいそんそう)」とも呼ばれ、栄一もこの地をこよなく愛していました。「飛鳥山とは」飛鳥山3つの博物館HPより)


20231008 shibusawagarden-14


庭園内には大正期の2つの建物「晩香廬(ばんこうろ)」と「青淵文庫(せいえんぶんこ)」が当時の姿のままに残されており、国の重要文化財に指定されている。

見学には入館料がかかるので(2館共通で300円)、ビンボーにつき写真は外観のみ (〃 ̄ω ̄〃ゞ


晩香廬

20231008 shibusawagarden-15

20231008 shibusawagarden-16

20231008 shibusawagarden-17

20231008 shibusawagarden-18


青淵文庫

20231008 shibusawagarden-19

20231008 shibusawagarden-20
現在、整備工事中

20231008 shibusawagarden-21


青淵文庫と芝生を挟んだ対面の位置に「山形亭跡」の説明板がある。
背後の建物がそういうものかと思ったらそうではなく、ただの跡地らしい。


20231008 shibusawagarden-22


その背後のあたりに「飛鳥山おみやげ館」というものがある。
見た目はKiosk風というかコンビニ風というか、味気はないが…


20231008 shibusawagarden-23

20231008 shibusawagarden-24


正式名称を「渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館」といい、グッズなどやはり渋沢アイテム中心の品ぞろえのお土産屋さんである。


20231008 shibusawagarden-26

20231008 shibusawagarden-27

20231008 shibusawagarden-28
※許可をいただいて撮影


いろいろ面白いものが並べてあり、たとえば“驚きの青いカレー”「青淵カレー」なんか相当気になるが、レトルトカレーに648円はちょっと… というように、全体にお高い。

まあ、さっきも入館料300円×2シブッたり、新一万円札の顔というお金の神様みたいなお方を前にそんなセコいこと言ってるから、いつまでも金運が向かないという ( ̄- ̄;) ンー


20231008 shibusawagarden-29


えー、気を取り直して。


20231008 shibusawagarden-30


都電もなかというものがあり、これは聞いたことがある。
「都電もなか5輛入 飛鳥山おみやげ館限定品」


20231008 shibusawagarden-32

20231008 shibusawagarden-33-2

20231008 shibusawagarden-34


王子は東京さくらトラム(都電荒川線)の要衝駅である。
いいお土産が買えた。

(つづく)


20231008 shibusawagarden-31


[DATA]
旧渋沢庭園
東京都北区西ヶ原2-16-1
https://www.shibusawa.or.jp/museum/facility/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/EpMn-5d0n3Q?si=nejjbMch0mT7fGoD



wachat231008-11.jpg
赤羽の白い稲妻⚡



20231008 shibusawagarden-36
次号予告


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2