fc2ブログ

タンメンかくあるべし! 【十八番】

2023.10.28

 前記事に続き自転車乗り回してラーメン食べるシリーズ。
自転車で軽く37kmほど走って環七通り「十八番(おはこ)」へ。


20231028 ohako-11


見るからにうまそうなラーメン写真がときどきインスタに上がっていて、気になっていた存在。


20231028 ohako-12


インスタすなわちビジュアル的に完璧! と主観的に感じるラーメンがときどきあって、こちらなんかがまさにそうだが、茶色いラーメンのみならず白いタンメンも、ビジュアル的に「カ・ン・ペ・キ!」


20231028 ohako-13-220231028 ohako-14-3


断言は避けるが茶色いたべもの断絶… 的生活習慣改善の目標を掲げようかというワタクシ。
注文はタンメン。


20231028 ohako-15


奥行きがなく横に広い物件で、入ったところが厨房に対面したカウンター席(4卓)で、右手奥にテーブル席がいくつか。


20231028 ohako-16


創業1963年。
ということは1990年前後のいわゆる“環七戦争”前から存在しており、激動の時代を生き抜いた貴重な存在といえる。


20231028 ohako-17


タンメンかくあるべし…! というビジュアルの、うわさにたがわぬタンメン的なタンメン。
前記事の“タンメン”と比較して、ワタクシ的には圧倒的に「これぞタンメン!」


20231028 ohako-18


具はハクサイ、キャベツ、モヤシ、豚肉。
しかしこちらの特徴は何といっても麺。
街中華には珍しい太めのびろびろ麺は、孟宗竹を使っての手打ちという。
弾力というより詰まった感じのコシや小麦の香り。
ラーメン的にはなかなか得難い魅力と思う。


20231028 ohako-19


なんだかんだいってラーメンどうのこうのはやっぱ麺に尽きる… と思わされる、究極のクオリティ。


20231028 ohako-20


[DATA]
十八番(おはこ)
東京都中野区大和町2-2-2





[Today's recommendation]


https://youtu.be/4xPze3VGZIg



wachat231028.jpg



20231028 ohako-21


君は環七戦争を知っているか? 【野方ホープ 野方本店】

2019.05.12

 野方に所用があって、それがちょうどお昼どき。
野方駅は高円寺に行くときに利用する程度でこの街そのものにあまりなじみはない。
それでもシブい定食屋や喫茶店がいくつかあることは知っているが、単身乗り込むのはちょっと… というところばかり。アウェー感もあるし。

そんなとき浮上するのがラーメン屋。
“一見・単身 Welcome”な感じがする。どの店もそういう客が多そうだから。
もう一つ加えて“一見・単身・男子”だらけだ、ラーメン屋は。


190512 nogata-hope-11


野方といえば「野方ホープ」じゃないか。
“環七ラーメン戦争”真っただ中の1988年に創業し、多くの名店が消え去るなか激戦区を生き抜き、いまや9店舗を展開する環七の勝ち組。


190512 nogata-hope-12


行くだけ行ってみて行列ができているようであれば退散… くらいの軽いノリで行ってみて、意外にすいているようなのでそのまま入店。

券売機が見当たらず、カウンター席に座って品書きを開く。…が、メニューの見方がわからない。
注文をとりに来た店員さんに聞いてしまいました。


190512 nogata-hope-14


「普通のラーメンは…?」
「はじめ(元)が普通のラーメンになります」
「それ、お願いします」
「脂の量を5段階から選べますが?」
カウンターの上に“こてこて・こってり・ふつう・あっさり・あぶらぬき”の張り紙。
「ふつうで」
「ランチタイムでごはんか麺大盛りがサービスになりますが?」
「大盛りで」


190512 nogata-hope-15


この一連の手続き終了までに、かなーりぐったりしてしまった (ーー;) ウーム…


190512 nogata-hope-55190512 nogata-hope-56


「野方ホープ」はずいぶん前、チェーン展開を始めた当初にいまの西早稲田駅近くの明治通りにできた支店に入ったことがある。店名から「ホープ軒」との関係が取り沙汰されていたこともあり、“ホープ軒さんとはいっさい関係ございません”的な張り紙がしてあったのを覚えている。でも味はよく似ている… と、あやふやな記憶ながら自分の中ではそういうことになっていた。
ちなみに前記事にチラッと書いた“東村山駅東口のとんこつラーメン”は当初「野方ホープ」を名乗っていたが、大人の事情的な事情? により改名したというお店。


190512 nogata-hope-57


湯切りパフォーマンスを経て、ラーメン来る。
…というように、オペレーションが何かといまどきである。

で、野方ホープのラーメン、こんなんだったかなぁ…?
とにかく濃い。それはもう経験したことがないほどに。
なので、僕がかすかに記憶している印象は完全に書き換えられることになった。


190512 nogata-hope-19-2


特に脂。上の写真の左上の白い塊がそれ。
ラードのようなそれを溶かしながら食べるということに気づかず、最後のほうまで丸々それが残っていて、まあ気づいたときにはコッテコテ(笑)。


190512 nogata-hope-20-3


さて、このラーメン、オトーサン的には強すぎるかな。
注文の仕方は、麺やわめ、味薄め、あぶらぬき… そのへんでお願いするのが自分的にちょうどよさそう。
麺大盛りは、ありがたかったです。


190512 nogata-hope-13


[DATA]
野方ホープ 野方本店
東京都中野区野方2-58-4
https://www.nogata-hope.com/
https://twitter.com/nogatahope





[Today's recommendation]

wachat190512-22.jpg




https://youtu.be/s3j9_vntTs4


サッポロの光と影…? 【どさん子 中野南口店】

2018.11.14

 あさイチからFS社のちょっとした仕事と、夜のうちにONさんから来ていたボリュームのある仕事をやって、NS社に請求書を送って…。ヒマな時期に入っているようで、けっこうやることはある。
しかし、それだけやってしまえば急ぎの仕事はないはずなので、今日こそ遠征だぁー!

11時半に出発。
昨日風邪ぎみだったのがウソのように体調がいい。精神的な部分もあるかも。
ちょっと変わったアプローチだが、ひばりが丘―大泉学園から南下、上井草―井荻でまた南下、本天沼二丁目交差点で早稲田通りに入り、ひたすら東へ。
目的地は中野。どうしても食べたいラーメンがあって。


181114 dosanko-11


丸井の地下駐輪場に止めて、お店の外観写真を撮るためにまず向かい側に渡って…。
もうすぐこのへんに… お! 見えてきた。
あれ…?


181114 dosanko-12


シャッター下りてる… Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!!

片道2時間、自転車こいでやって来て…
えーー!!

しかも張り紙がしてある。
ま、まさか…


181114 dosanko-13


えーと、営業時間の変更だそうです。
てか、シャッターにでかでかと「毎週水曜定休日」と書いてある。
片道2時間…。
頼むから定休日くらい調べてこようよ! \( ̄  ̄*) バシッ

しかしよく見てください(2枚目の写真に戻る)。
視界の左端、ちゃんと救済の道が示されているじゃありませんか w( ̄o ̄;)w オオー!


181114 dosanko-14


ということで、昼ごはんは急きょ「どさん子 中野南口店」ということに。


181114 dosanko-15


これまでこのブログでは「どさん子」に代表される“サッポロ”のお店を多数取り上げてきた蝦夷えぞえぞえぞ菊えぞふじ狩勝ニューコタン元祖札幌やどさん子ピリカピリカ。単純に、このテが好きなのである。


181114 dosanko-55181114 dosanko-56181114 dosanko-57


1970~80年代に一世を風靡した「どさん子」チェーンの光と影的な部分は「どさん子 柳沢店」を参照していただきたい。
しかし不思議なことにどさん子HPの店舗一覧に中野南口店は見当たらないのである。
思っている以上に影が濃いのかもしれない。

――一瞬の後、太古の静寂を破って、ゲドが大声で、はっきりと影の名を語った。時を同じくして、影もまた、唇も舌もないというのに、まったく同じ名を語った。(Ursula K. Le Guin, A Wizard of Earthsea, 1968)


181114 dosanko-18


ハデな若い女性と入れ違いに入店。
どさん子にギャル。さすがに中央線文化はラジカルなにおいが漂う。
店内はカウンターのみ10席ちょっと。2時近くでお客さん7人と、意外に繁盛してるもよう。


181114 dosanko-17


注文は味噌ラーメン550円。サッポロの基本である。
しかし、8月に入った柳沢店とは品ぞろえも値段もまったく違ってる(笑)。


181114 dosanko-58


スタッフは、ご夫婦かな、年配のおとうさん・おかあさん。
おとうさんが中華鍋を振る。


181114 dosanko-59


味噌ラーメンの具は、キャベツ、モヤシ、ニンジンの炒めと、ワカメ、コーン、ネギ、黒ゴマのトッピング。
しつこいようだが、柳沢店のものとはまったく別物。


181114 dosanko-22-2


みそダレは、このタイプでは穏やかなほうだと思う。ニンニクはそれほど効いていない。


181114 dosanko-61181114 dosanko-62


炒め野菜が香ばしい。
後半、ラー油とおろしニンニクで味を変える。


181114 dosanko-60


「大勝軒」はいつでも来れるし、こういうことでもなければこのお店は入らなかったかもしれない。
炒め野菜やトッピングの品数が値段のわりに多く、味も含めて満足度が高い。
これまでノーチェックだったのは、サッポロ好きとしてはうかつだった。


181114 dosanko-63


[DATA]
どさん子 中野南口店
東京都中野区中野3-33-9





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=brEYXm9yw88



wachat181114-22.jpg





焼き菓子詰め合わせ

2018.11.12 heureux(ウルー)/東京都東村山市本町3-8-14  https://heureux.co.jp/

181112 Heureux-11


今日11月14日は身内の誕生日。
焼き菓子の詰め合わせ(L)を一昨日送っている。


181112 Heureux-14181112 Heureux-13


「ウルー」は、以前はいちばん多く利用していたケーキ屋さんだ。
いまも要所はここになっているような気がする。


181112 Heureux-12


Latest Articles
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
まずは腹ごしらえ😅 【曙亭】 Apr 08, 2024
桜と同じ半月遅れの ――高尾山登山道 稲荷山コース Apr 07, 2024
赤ずきんといえば 【赤ずきん 久米川店】 Apr 04, 2024
活力の源 【九州ラーメン いし】 Apr 03, 2024
踏切ぎわのだんご屋さん 【みや古だんご】 Apr 01, 2024
生気の補充 【山田屋 十二社】 Mar 31, 2024
ネオたぬき… とは 【cafe222】 Mar 29, 2024
ファンタジック食堂街 【道の駅 和紙の里ひがしちちぶ フードコート】 Mar 28, 2024
地粉うどんと太めのそば 【めん処 みはらし】 Mar 27, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2