fc2ブログ

伝説の峠の茶屋 【平九郎茶屋】

2023.11.03

 前記事の続きで、大平山から奥武蔵グリーンラインへ抜け、車道を下って顔振峠へ。

――顔振峠(かあぶりとうげ)は、奥武蔵の東部、埼玉県飯能市と越生町にある峠である。標高500m。峠には三軒の茶屋があり、奥武蔵グリーンラインや関東ふれあいの道の休憩場所として賑わう。峠から東に徒歩10分ほどのところに展望台があり、晴れた日にはさいたま副都心の高層ビルなどが見渡せる。「顔振峠」Wikipediaより、最終更新 2023年5月14日23:55)


20231105 heikuro-chaya-11


関東ふれあいの道では埼玉県コース11「義経伝説と滝のあるみち」に当たる。
義経伝説とはこの顔振峠にまつわるもので、京落ちで奥州へ逃れる途次にあった義経・弁慶の主従が、あまりの絶景に何度も振り返ったというもの。


20231105 santakioyasumidokoro-30


たしかに、顔振峠その地点でなくとも、暗い杉林を上ってきて劇的に展望が開ける感じがする。
義経の奥州行とは逆向きの行程で、振り返るのではなく、目の前に広がる。


20231105 heikuro-chaya-16


ところで、時刻は11時30分。
昼メシの問題。

顔振峠周辺にはいくつか茶屋があるというのでそれをアテにしていたが、最初に目に入ったお店は閉まっており、過去の経験から暗雲立ち込める。
いちおうカップ麺は持ってきたが、往来の多い車道まで来てしまっては道端でカップ麺というのも間抜けな感じだし。


20231105 heikuro-chaya-13


前方にもう一軒茶屋。
“心を込めて営業中”の幟。
ありがとうございます🐱


20231105 heikuro-chaya-17


壁には「平九郎茶屋」の文字。
ちょうどこのあたりが顔振峠に当たり、顔振峠といえば平九郎茶屋という感じで、僕でも聞いたことがあるくらい名の通ったお店だ。


20231105 heikuro-chaya-14

20231105 heikuro-chaya-15


平九郎とは渋沢栄一の養子・渋沢平九郎で、明治維新の際、振武軍の参謀として飯能の戦に敗れ、当地で自決した。「渋沢平九郎自決の地」は黒山バス停近くにある。
平九郎が単身落ち延びる際に草履をもとめその代価として刀を預けたという逸話が残る峠の茶屋が、こちら。


20231105 heikuro-chaya-18

20231105 heikuro-chaya-19

20231105 heikuro-chaya-20


ざるそば2つと旬野菜天ぷらを注文。


20231105 heikuro-chaya-21-2


ややあって戻ってきたおかみさん。
「今日は天ぷらやらないって。なにしろ91だから…」

91というのは、名物的な大女将? のことのようで、それは致し方ない。
代わりにみそおでんを頼む。


20231105 heikuro-chaya-22


みそおでんはゆずみそで、疲れた体に優しい甘みが染み渡る。


20231105 heikuro-chaya-23-2


20231105 heikuro-chaya-24


おそばは失礼ながら想像していたせいぜい3割… とはまるで違って、きれいな星の入った本格手打ち風。


20231105 heikuro-chaya-25

20231105 heikuro-chaya-26

20231105 heikuro-chaya-29


切りの太い素朴な田舎風。
峠の茶屋で秩父多摩の山並みを眺めながら、こんなおそばをすする幸せ。

(つづく)


20231105 heikuro-chaya-28


[DATA]
平九郎茶屋
埼玉県飯能市長沢1562





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UL1p65oSKS0?si=Kqk1zx1Ph7hdjM9L



wachat231103-55.jpg



20231105 heikuro-chaya-30
次号予告

プロローグ ――関東ふれあいの道~奥武蔵の古刹を訪ねるみち

2023.04.23

 高尾山に続いて1500m峰三頭山の登頂も果たし、調子に乗って「奥多摩三山ぐらい登っておかなきゃね」とか大それたことを口走ってる人がいる。

奥多摩三山とは、大岳山(1267m)、御前山(1405m)、三頭山(1531m)のこと。
山のレベルでいえば低山の部類だが、山登りのレベルが低級なわしらからすればオオゴトで、登山上級者の3000m級にも匹敵する。
ノリやイキオイで実行できるものでもないのでその件は白紙としても、山登りの楽しさに目覚めつつあることは確か。


20230423 kanfure-29


三頭山に登った2週間前、当初予定していたのは別の山で、奥武蔵の竹寺~子ノ権現コース。
竹寺まで車で行き、そこから子ノ権現までを歩いて往復するという非登山的計画だった。
しかしGoogle ストリートビューで車ルートを確認すると延々狭い山道でストレスがキツそうで、計画はいったんペンディングに。

竹寺まで麓から歩けばいいんじゃないの…? と、ふと思った。

その線で計画を組み直してみると、麓(名栗)―竹寺―子ノ権現… のあと、名栗に戻ってくるより山向こう(吾野)に下ったほうが楽そうだ。
となると名栗に車を置いておくわけにはいかないので電車・バスということになる。

電車・バスを乗り継いでの山登り。
なんか本格的なことになってきた ♪(* ̄∇ ̄)/


20230423 kanfure-11
西武鉄道 飯能駅

20230423 kanfure-1220230423 kanfure-13
飯能駅北口3番のりば


西武新宿線東村山駅08:14発―所沢乗り換え―西武池袋線飯能駅08:49着―飯能駅北口3番のりば 国際興業バス「飯01-2 ノーラ名栗・さわらびの湯経由湯の沢ゆき」09:13発―小殿バス停09:57着


20230423 kanfure-14


小殿バス停(飯能市上名栗)下車。
このバス停は入間川河川敷の名栗ふれあい公園駐車場に隣接し、公衆トイレもあって便利。


20230423 kanfure-15


コースは関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)の埼玉県コース②「奥武蔵の古刹を訪ねるみち」にあたる。


20230423 kanfure-16


――関東地方、一都六県をぐるりと一周する長距離自然歩道で、総延長は約1,800kmです。東京都八王子梅の木平を起終点に、高尾山、奥多摩、秩父、妙義山、太平山、筑波山、霞ヶ浦、九十九里浜、房総、三浦半島、丹沢などを結んでいます。美しい自然を楽しむばかりでなく田園風景、歴史や文化遺産にふれあうことのできる道です。より多くの人々が利用できるよう10km前後に区切った日帰りコースを160コース設定し、それぞれの起終点が鉄道やバス等と連絡できるようになっています。『首都圏自然歩道(関東ふれあいの道)』環境省「国立公園に、行ってみよう!」より)


20230423 kanfure-17


バス停の150m先に竹寺登山口がある。


20230423 kanfure-18


県道ぎわの取り付きからいきなり急な上り。
そのままジグザグにひたすら上る。


20230423 kanfure-19
登り口に備え付けてある“なぐりづえ”。殴打用のつえ… という意味ではない、たぶん


一帯は飯能市特産品「西川材」のスギ・ヒノキ林。
上りはキツいが、フィトンチッドによる森林浴効果は高そうである。


20230423 kanfure-21


15分ほど上ると、送電線に沿って樹木が伐採されている場所に出る。


20230423 kanfure-22


視界が開けて眼下に入間川沿いの集落が見渡せ、上ってきた高さを実感できる。


20230423 kanfure-23


その先、しだいに傾斜がゆるくなってつづら折りは少なくなるが、ひたすら上ることに変わりはない。


20230423 kanfure-24


上り始めから40分ほどで峠に至る。


20230423 kanfure-25

20230423 kanfure-30


峠の先は下り… って、当たり前か。


20230423 kanfure-26


最初のポイントの竹寺と次の子ノ権現の標高差は約150mで基本上りなわけで、ここで下るのはせっかく稼いだ高さがもったいない。
それでも容赦なく下る。
そういえばどこかのサイトで竹寺へのアプローチとして屋根を見下ろすアングルの写真を見たことを思い出した。


20230423 kanfure-27


やがて眼下にお堂の屋根が。

(つづく)


20230423 kanfure-28


[DATA]
関東ふれあいの道 竹寺登山口
埼玉県飯能市上名栗





[Today's recommendation]


https://youtu.be/48s3iG5uR8E



wachat230423-11.jpg



20230423 kanfure-34
次号予告


そうだ ○○、行こう。 【浅見茶屋】

2021.10.03

 観光します的な宣言をしてはいるが、仕事は普通にあるわけだし、ちゃんとした観光をするには日程調整をはじめ準備が必要だ。
もう一つ、東京都民的には例のGo Toトラベルの顛末をいまだ根に持っており、次に発動される場合、都民は2倍よけいに恩恵にあずかれる仕組みとなるべきと考えているので、その動向を注視する必要もある。
なので、まずは日帰りで近場の観光地めぐりというのが現実的なところ。

近場の観光地で真っ先に思い浮かぶのが高尾山。
先日の御岳山と違い、高尾山は登山コースがいくつも整備されており、これまで5回ほど行ったがケーブルカーを使ったことはない。いま行ってもたぶん歩いて登ることになると思うが、はたして登れるだろうか…?

「ということで、山登りの練習しといたほうがいいと思うんだ」
「じゃあ車で山のほうに行くんだね♪」
いや、まずは八国山くらいで… という言葉をのみ込んで、おもむろにGoogleマップを検索するワタシ。


20211003 asamichaya-11
御岳山を眺めながらのドライブになる


「ここなんかどうだろう?」
と、話が持ち上がって行き先が決まるまでトントンと早いが、そもそも朝起きてひと仕事してからの話だから、出発時点で10時を回っている。
そんなんで日帰り観光なんてできるわけないでしょ ヾ(・ω・o)


20211003 asamichaya-1320211003 asamichaya-14


で、やって来ました飯能市坂石。
11:40到着と、優秀優秀。

西武秩父線吾野駅の先、東郷公園横の参道から子ノ権現をめざすという計画だ。


20211003 asamichaya-12
登り口にあるカフェも気になるが…


ここを選んだ最大の理由が、途中に茶屋があること。
というか、茶屋まで登って余力があれば子ノ権現に向かってみようかと。
それだと茶屋目当てみたいでアレなので、(公表)目的地は茶屋の近くの青葉戸不動滝ということにして… (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20211003 asamichaya-19


参道は高麗川の支流の権現川に沿って緩やかに上る舗装道路。
一帯は植林の杉林で下層植生が貧弱だったりするが、渓流の美しさには目をみはるものが。
湿気の多い谷あいに苔むした石や切り株が並ぶ、まるで『もののけ姫」の世界である。


20211003 asamichaya-15

20211003 asamichaya-18

20211003 asamichaya-1620211003 asamichaya-17


「すごいね! すごいね!!」
「京都の某寺で3000円払うのばからしいね!」とは、前日のテレビネタ。

徐々に勾配がきつくなる上り道もさほど苦にならないのは、絶え間なく聞こえるせせらぎがもたらすヒーリング効果によるかも。


20211003 asamichaya-21
青葉戸不動滝


「浅見茶屋」は創業1932(昭和7)年。
子ノ山(子ノ権現)旧表参道の門前の茶屋である。


20211003 asamichaya-2220211003 asamichaya-23

20211003 asamichaya-2420211003 asamichaya-25

20211003 asamichaya-2820211003 asamichaya-29


建物は1855年江戸末期建造の古民家だそう。
山の雰囲気に溶け込んだ趣ある外観は昔の山小屋を彷彿させるものがあり、わずか40分で訪れるまさに別天地。
逆に言うとその40分が大事で、車でここまで来る人も多いようだが、歩いてこそ得られるぜいたく感だと思った。


20211003 asamichaya-27


建物内部も手入れが行き届き、言うことなしの雰囲気。


20211003 asamichaya-3320211003 asamichaya-34

20211003 asamichaya-3120211003 asamichaya-32

20211003 asamichaya-3520211003 asamichaya-36


参道の看板は“うどん甘味処”となっていたが、ほぼうどんのみのメニュー構成。甘味要素は田楽くらいだが、茶屋好きの田楽好きとしてはそれだけでテンション上がる。
肉汁うどん、いなか汁うどん、味噌田楽を注文。


20211003 asamichaya-37

20211003 asamichaya-38


「ビールもいいんじゃない?」
「なに言ってんの。クルマでしょ」
歩いて登ってきた充実感で、麓に車があることを忘れていたという。


20211003 asamichaya-39


うどんは熱いのと冷たいのがあり、どちらもつけ汁ということで、熱いのは釜揚げタイプかと思う。僕らは両方冷たいのに。


20211003 asamichaya-4020211003 asamichaya-41



古い門前の茶屋ということで田舎っぽいうどんが出てくると思ったら、いまふうのスタイリッシュなビジュアル。
ガツンとコシがあって小麦の風味の強い、われわれの地元のものによく似たタイプのうどんである。


20211003 asamichaya-43


多摩地区・埼玉南部のうどんをすべて“武蔵野うどん”とくくる風潮があるが、飯能には“武州うどん”という呼び名のうどんがあるらしいということを、以前「指田屋」のおばちゃんに教わったことを思い出した。


20211003 asamichaya-42


どちらの汁も具だくさん。肉汁は豚肉と油揚げ、タマネギ、いなか汁はナス、ぶなしめじ、油揚げ、こんにゃく。なぜかいなかのほうだけ薬味ネギがあらかじめのってくる。

これだけのクオリティで観光地価格どころか街の物価尺度で測っても決して高くないところは特筆されよう。


20211003 asamichaya-4520211003 asamichaya-46


茶屋を出て“この先車行き止まり”の標識の横に、“子ノ権現45分”の棒杭。
「うん。無理かな(笑)」

ぶらぶらと水音を聞きながら参道を下る。


20211003 asamichaya-20


[DATA]
浅見茶屋
埼玉県飯能市坂石1050
https://www.facebook.com/asamichaya/
https://twitter.com/g55hbO8HMcWdeDm?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor





[Today's recommendation]

wachat211003.jpg




https://youtu.be/OGbx7H49Zp8



20211003 asamichaya-48


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2