fc2ブログ

伝説の峠の茶屋 【平九郎茶屋】

2023.11.03

 前記事の続きで、大平山から奥武蔵グリーンラインへ抜け、車道を下って顔振峠へ。

――顔振峠(かあぶりとうげ)は、奥武蔵の東部、埼玉県飯能市と越生町にある峠である。標高500m。峠には三軒の茶屋があり、奥武蔵グリーンラインや関東ふれあいの道の休憩場所として賑わう。峠から東に徒歩10分ほどのところに展望台があり、晴れた日にはさいたま副都心の高層ビルなどが見渡せる。「顔振峠」Wikipediaより、最終更新 2023年5月14日23:55)


20231105 heikuro-chaya-11


関東ふれあいの道では埼玉県コース11「義経伝説と滝のあるみち」に当たる。
義経伝説とはこの顔振峠にまつわるもので、京落ちで奥州へ逃れる途次にあった義経・弁慶の主従が、あまりの絶景に何度も振り返ったというもの。


20231105 santakioyasumidokoro-30


たしかに、顔振峠その地点でなくとも、暗い杉林を上ってきて劇的に展望が開ける感じがする。
義経の奥州行とは逆向きの行程で、振り返るのではなく、目の前に広がる。


20231105 heikuro-chaya-16


ところで、時刻は11時30分。
昼メシの問題。

顔振峠周辺にはいくつか茶屋があるというのでそれをアテにしていたが、最初に目に入ったお店は閉まっており、過去の経験から暗雲立ち込める。
いちおうカップ麺は持ってきたが、往来の多い車道まで来てしまっては道端でカップ麺というのも間抜けな感じだし。


20231105 heikuro-chaya-13


前方にもう一軒茶屋。
“心を込めて営業中”の幟。
ありがとうございます🐱


20231105 heikuro-chaya-17


壁には「平九郎茶屋」の文字。
ちょうどこのあたりが顔振峠に当たり、顔振峠といえば平九郎茶屋という感じで、僕でも聞いたことがあるくらい名の通ったお店だ。


20231105 heikuro-chaya-14

20231105 heikuro-chaya-15


平九郎とは渋沢栄一の養子・渋沢平九郎で、明治維新の際、振武軍の参謀として飯能の戦に敗れ、当地で自決した。「渋沢平九郎自決の地」は黒山バス停近くにある。
平九郎が単身落ち延びる際に草履をもとめその代価として刀を預けたという逸話が残る峠の茶屋が、こちら。


20231105 heikuro-chaya-18

20231105 heikuro-chaya-19

20231105 heikuro-chaya-20


ざるそば2つと旬野菜天ぷらを注文。


20231105 heikuro-chaya-21-2


ややあって戻ってきたおかみさん。
「今日は天ぷらやらないって。なにしろ91だから…」

91というのは、名物的な大女将? のことのようで、それは致し方ない。
代わりにみそおでんを頼む。


20231105 heikuro-chaya-22


みそおでんはゆずみそで、疲れた体に優しい甘みが染み渡る。


20231105 heikuro-chaya-23-2


20231105 heikuro-chaya-24


おそばは失礼ながら想像していたせいぜい3割… とはまるで違って、きれいな星の入った本格手打ち風。


20231105 heikuro-chaya-25

20231105 heikuro-chaya-26

20231105 heikuro-chaya-29


切りの太い素朴な田舎風。
峠の茶屋で秩父多摩の山並みを眺めながら、こんなおそばをすする幸せ。

(つづく)


20231105 heikuro-chaya-28


[DATA]
平九郎茶屋
埼玉県飯能市長沢1562





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UL1p65oSKS0?si=Kqk1zx1Ph7hdjM9L



wachat231103-55.jpg



20231105 heikuro-chaya-30
次号予告

エピローグ~下山のあとのお楽しみ 【奥武蔵美晴休憩所】

2023.04.23

「子ノ権現」の二本杉を少し下ると立派な駐車場があって驚かされる。
その先、立派な舗装道路が続いていて、さらに驚かされる。


20230423 okumusashi-11


先日の高尾山がそうだが、下りルートが整備された道だと、正直ホッとする。
疲れてガクガク言う足で悪路を下りたいとは思わないから。

…と思ったら吾野駅方面はすぐ道をそれ、上りと同じようなスギ・ヒノキ林のつづら折りだ (;^_^A


20230423 okumusashi-12


たしかに事前にざっと調べたところでは、向かっている「浅見茶屋」までは山道のはず。
舗装の車道は西吾野駅方面に向かっているもよう。


20230423 okumusashi-13


けっこう下って右手に沢が近く感じられるようになったころ、道は石の階段に。
階段を下ると小さな橋。
降魔橋である。


20230423 okumusashi-14


子ノ権現開山の際、山に放火して子ノ聖の入山を妨害しようとした鬼たちがこの地で降伏したと伝えられる。


20230423 okumusashi-15


そこからが吾野駅方面へ下る舗装道路で、今度こそ山歩きは終了。
まもなく「浅見茶屋」が見え、この先は一昨年歩いたルートのおさらいである。
(浅見茶屋は5組待ちだったので立ち寄らず)


20230423 okumusashi-16
「浅見茶屋」

20230423 okumusashi-17
不動滝


で、舗装道路はホッとすると(笑)。
そこから吾野駅まで3.5kmもあるんだが…。


20230423 okumusashi-18

20230423 okumusashi-19

20230423 okumusashi-20

20230423 okumusashi-21


〈子の山の花々〉
20230423 flower-1120230423 flower-12
20230423 flower-1320230423 flower-14
20230423 flower-1520230423 flower-16
20230423 flower-1720230423 flower-18
20230423 flower-1920230423 flower-20
チゴユリ、キランソウ、ナガバノスミレサイシン? ヒナスミレ? モミジガサ、ヤブレガサ、オカタツナミソウ? カンアオイ、キケマン、ミヤマハコベ


14:50、西武池袋線 吾野駅到着。


20230423 okumusashi-22


今回、ぜひやってみたかったことがある。
“下山のあとのお楽しみ”
いいなぁ、吉田類… と、『にっぽん百低山』いちばんのツボ。
今日はこのあとクルマの運転がないから、いくらでも飲めるのだ (≧ω≦)b


20230423 okumusashi-24

20230423 okumusashi-25


駅前の「美晴休憩所」でビールとアテの柿ピー・海苔ピーを調達。


20230423 okumusashi-26

20230423 okumusashi-27


「一番搾りはこれが最後の1本」と、お店のおかあさん。
えー!? いくらでも飲めると思っていたのに… というか、危なかった。(←スーパードライ回避派)


20230423 okumusashi-28


実は2日間、酒断ちをしている。
3日前に所沢のけやき台まで歩き、往復13kmと距離こそあるが平らなところでかなりヘロヘロになり、こんなことでは山登りはムリ、何か手を打たなければ…! と。
「竹寺」に食事の予約も入れてしまい、いよいよ引くに引けなくなったというのもある。
アルコールを抜くのは、実に4年ぶり。


20230423 okumusashi-29


3日ぶりの般若湯。
いやー、染みる!!

竹寺・子ノ権現編おしまい)


20230423 okumusashi-30


[DATA]
奥武蔵美晴休憩所
埼玉県飯能市坂石町分326-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/IcrbM1l_BoI



wachat230423-77.jpg



20230423 okumusashi-31


竹林に囲まれ旬の筍… の贅 【竹寺本坊隣 お食事処】 

2023.04.23

 前記事の続きで昼ごはん編。

「竹寺」境内に精進料理&そば・うどんの食事処があることは前々から知っていた。
門前の茶屋好き的には気になる案件なのである。


20230423 takedera-tonari-11


筍めし販売開始という情報をSNSで見つけ、事前注文販売とのことで電話で予約してあった。
ちなみにその電話でバスのりばや発車時刻、降車バス停など前々記事参照)、懇切丁寧に教えていただき、計画のベースになっている。ありがとうございました。


20230423 takedera-tonari-12


食事の予約など普段することはまずないが、筍めしはぜひ食べたかったし。
この普段と違う行動が、いろいろとピンチを救うことになる。


20230423 takedera-tonari-13


前日朝、ニュースを見ながらご飯を食べていると、ちょうど「竹寺」のことをやっていて、たけのこ料理も取り上げられていた。
その10日前にも昼飯どきのテレビで「竹寺」をやっていた。
(☝どちらもお寺Instagramにポストあり)

これは混むんじゃないの…? という不安は的中し、境内はけっこうな人出で、特に食事処が大変なことになっていた。


20230423 takedera-tonari-1420230423 takedera-tonari-1520230423 takedera-tonari-16


なんと、僕らが行った時点で“そば・うどん終了”の張り紙。
予約していなかったらメシ抜きで9.5kmの山道を踏破しなければならなかった💦


20230423 takedera-tonari-17


そして食事処を取り仕切る副住職がテンパっておられる (・Θ・;)


20230423 takedera-tonari-18


食事処は本坊の右手の趣ある建物。
名前を告げ、畳の部屋に案内していただく。
その間もそわそわと落ち着かないご様子の副住職。


20230423 takedera-tonari-19
部屋の一角には本物の竹が生えている。“竹優先”で天井にも穴を開けてある


「なにしろ30人の団体予約が入ってまして…。アルバイト雇ってもらいたいです、ほんと」
「あの、たとえば追加でそばを注文するということは…?」
「でき… ますが、ちょっとお時間を…。というか確約もできないんです。3人でやってるもので、ここ。ほんとアルバイト雇ってもらいたいですよ、2人ぐらい」

おだんごは…? と聞くことはさすがにできなかった。
副住職というより雇われ店長の悲哀のごときものが…。


20230423 takedera-tonari-20

20230423 takedera-tonari-21


まず焼き筍のお吸い物。
すっきり優しい味で疲れた身体に染み渡る。


20230423 takedera-tonari-22


筍めしは竹皮弁当箱入り。
掛け紙の牛頭天王のスタンプがかわいらしい。
ふたを開けると、筍めしにたくさんのおかず。


20230423 takedera-tonari-23


筍めしは炊き込みご飯だと思っていたら酢飯で、筍のほかに干ししいたけやにんじんなどを混ぜ込んだ五目ずしである。
酢飯の華やぐ香りにハレの日感が高まる。


20230423 takedera-tonari-24


おかずは筍の煮物、もみじの天ぷら、わらび、がんもどき、にんじん、ごぼう、こんにゃく、いんげん、青菜のごまあえ…。
揚げ物は前日の『おはよう日本』の「土曜すてき旅」コーナーでもやっていた筍フライで、筍を大葉で巻いてパン粉をまぶして揚げてある。
緑の練り物は竹笹ようかん。


20230423 takedera-tonari-25


基本、精進料理だと思うが、揚げ物や甘いものなどでしっかり腹にたまった感が得られる。
この先の行程も大変らしいが、十分活力チャージをさせていただいた。


20230423 takedera-tonari-26


お会計で、なおバタバタしておられる。

「なんか大変そうですね」
「ほんと、アルバイトを…」

と、念仏のように繰り返す副住職なのであった。

(つづく)


20230423 takedera-tonari-27


[DATA]
竹寺本坊隣 お食事処
埼玉県飯能市南704
https://takedera.net/
https://www.facebook.com/takedera108
https://twitter.com/takedera108
https://www.instagram.com/takedera/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/bofU5SGRNG8



wachat230423-33.jpg



20230423 takedera-tonari-28
次号予告


そうだ ○○、行こう。 【浅見茶屋】

2021.10.03

 観光します的な宣言をしてはいるが、仕事は普通にあるわけだし、ちゃんとした観光をするには日程調整をはじめ準備が必要だ。
もう一つ、東京都民的には例のGo Toトラベルの顛末をいまだ根に持っており、次に発動される場合、都民は2倍よけいに恩恵にあずかれる仕組みとなるべきと考えているので、その動向を注視する必要もある。
なので、まずは日帰りで近場の観光地めぐりというのが現実的なところ。

近場の観光地で真っ先に思い浮かぶのが高尾山。
先日の御岳山と違い、高尾山は登山コースがいくつも整備されており、これまで5回ほど行ったがケーブルカーを使ったことはない。いま行ってもたぶん歩いて登ることになると思うが、はたして登れるだろうか…?

「ということで、山登りの練習しといたほうがいいと思うんだ」
「じゃあ車で山のほうに行くんだね♪」
いや、まずは八国山くらいで… という言葉をのみ込んで、おもむろにGoogleマップを検索するワタシ。


20211003 asamichaya-11
御岳山を眺めながらのドライブになる


「ここなんかどうだろう?」
と、話が持ち上がって行き先が決まるまでトントンと早いが、そもそも朝起きてひと仕事してからの話だから、出発時点で10時を回っている。
そんなんで日帰り観光なんてできるわけないでしょ ヾ(・ω・o)


20211003 asamichaya-1320211003 asamichaya-14


で、やって来ました飯能市坂石。
11:40到着と、優秀優秀。

西武秩父線吾野駅の先、東郷公園横の参道から子ノ権現をめざすという計画だ。


20211003 asamichaya-12
登り口にあるカフェも気になるが…


ここを選んだ最大の理由が、途中に茶屋があること。
というか、茶屋まで登って余力があれば子ノ権現に向かってみようかと。
それだと茶屋目当てみたいでアレなので、(公表)目的地は茶屋の近くの青葉戸不動滝ということにして… (〃 ̄ω ̄〃ゞ


20211003 asamichaya-19


参道は高麗川の支流の権現川に沿って緩やかに上る舗装道路。
一帯は植林の杉林で下層植生が貧弱だったりするが、渓流の美しさには目をみはるものが。
湿気の多い谷あいに苔むした石や切り株が並ぶ、まるで『もののけ姫」の世界である。


20211003 asamichaya-15

20211003 asamichaya-18

20211003 asamichaya-1620211003 asamichaya-17


「すごいね! すごいね!!」
「京都の某寺で3000円払うのばからしいね!」とは、前日のテレビネタ。

徐々に勾配がきつくなる上り道もさほど苦にならないのは、絶え間なく聞こえるせせらぎがもたらすヒーリング効果によるかも。


20211003 asamichaya-21
青葉戸不動滝


「浅見茶屋」は創業1932(昭和7)年。
子ノ山(子ノ権現)旧表参道の門前の茶屋である。


20211003 asamichaya-2220211003 asamichaya-23

20211003 asamichaya-2420211003 asamichaya-25

20211003 asamichaya-2820211003 asamichaya-29


建物は1855年江戸末期建造の古民家だそう。
山の雰囲気に溶け込んだ趣ある外観は昔の山小屋を彷彿させるものがあり、わずか40分で訪れるまさに別天地。
逆に言うとその40分が大事で、車でここまで来る人も多いようだが、歩いてこそ得られるぜいたく感だと思った。


20211003 asamichaya-27


建物内部も手入れが行き届き、言うことなしの雰囲気。


20211003 asamichaya-3320211003 asamichaya-34

20211003 asamichaya-3120211003 asamichaya-32

20211003 asamichaya-3520211003 asamichaya-36


参道の看板は“うどん甘味処”となっていたが、ほぼうどんのみのメニュー構成。甘味要素は田楽くらいだが、茶屋好きの田楽好きとしてはそれだけでテンション上がる。
肉汁うどん、いなか汁うどん、味噌田楽を注文。


20211003 asamichaya-37

20211003 asamichaya-38


「ビールもいいんじゃない?」
「なに言ってんの。クルマでしょ」
歩いて登ってきた充実感で、麓に車があることを忘れていたという。


20211003 asamichaya-39


うどんは熱いのと冷たいのがあり、どちらもつけ汁ということで、熱いのは釜揚げタイプかと思う。僕らは両方冷たいのに。


20211003 asamichaya-4020211003 asamichaya-41



古い門前の茶屋ということで田舎っぽいうどんが出てくると思ったら、いまふうのスタイリッシュなビジュアル。
ガツンとコシがあって小麦の風味の強い、われわれの地元のものによく似たタイプのうどんである。


20211003 asamichaya-43


多摩地区・埼玉南部のうどんをすべて“武蔵野うどん”とくくる風潮があるが、飯能には“武州うどん”という呼び名のうどんがあるらしいということを、以前「指田屋」のおばちゃんに教わったことを思い出した。


20211003 asamichaya-42


どちらの汁も具だくさん。肉汁は豚肉と油揚げ、タマネギ、いなか汁はナス、ぶなしめじ、油揚げ、こんにゃく。なぜかいなかのほうだけ薬味ネギがあらかじめのってくる。

これだけのクオリティで観光地価格どころか街の物価尺度で測っても決して高くないところは特筆されよう。


20211003 asamichaya-4520211003 asamichaya-46


茶屋を出て“この先車行き止まり”の標識の横に、“子ノ権現45分”の棒杭。
「うん。無理かな(笑)」

ぶらぶらと水音を聞きながら参道を下る。


20211003 asamichaya-20


[DATA]
浅見茶屋
埼玉県飯能市坂石1050
https://www.facebook.com/asamichaya/
https://twitter.com/g55hbO8HMcWdeDm?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor





[Today's recommendation]

wachat211003.jpg




https://youtu.be/OGbx7H49Zp8



20211003 asamichaya-48


Latest Articles
あの時代の残照 【伊勢屋美原町店】 Feb 29, 2024
“ギョはん”宣言!? 【みんみん】 Feb 28, 2024
おばちゃん回帰的な? 【大丸食堂】 Feb 27, 2024
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2