fc2ブログ

こんな花紀行 ――大高取山

2023.06.25

 先月、大高取山に登ったとき、希少植物のコクラン(黒蘭)らしきものを見つけ、こんな身近な場所にそんなものが生えていることに驚き、これはぜひ花を見に来なければと思った。
花期を調べ7月上旬とあたりをつけていたが、先週Instagramでどこの土地のものかわからないがコクランの花の投稿を見つけ、焦ってバタバタと… というのが今回の経緯。

というように、今回は珍しく明確な目的があった。


20230625 ohtakatori-12


番組演出上の不都合(笑)から前記事ではいっさい触れていないが、コクランは上りのわりと早い段階で見つかっている。
なのでこの記事は、前記事の行程(登り口 → 分岐 → 神ノ座山 → 大高取山 → 桂木山 → 桂木観音)を振り出しから再度なぞっているものとしてお読みいただければ。


20230625 ohtakatori-14


最初見つけた株は👆こんな感じ(右の暗緑色の葉が去年のもので、左が今年の新葉)。
まだ展葉前という感じで、来るのが早すぎたかも…。


20230625 ohtakatori-15


――コクラン(Liparis nervosa (Thunb.) Lindl.)は、単子葉植物ラン科クモキリソウ属の多年草で、地上にはえる。細長い偽球茎が独特であるが、花も小さく、地味なランである。偽球茎は多肉質、緑色で、細長い円筒形をしており、大部分が地表から上にあって普通は直立する。その姿は独特であり、他にあまり似たものがない。年に一本ずつが出るが数本が並んで見られる。常緑性で葉は二年にわたって残る。「コクラン (植物)」Wikipediaより、最終更新2022年7月8日10:54)


20230625 ohtakatori-16
真ん中らへんの茎のような部分が偽球茎(バルブ)で、コクランの特徴的なバルブは栽培したことがあればひと目でピンとくるものがある


20230625 ohtakatori-13


その後もポツポツとコクランの株は見つかるが、だいたい同じような生育状態で、上るにつれ株自体まったく見られなくなった。
空振りだったかな… と思っていると、不意に別のランが出現。
オオバノトンボソウ(Platanthera minor)である。


20230625 ohtakatori-17


まだつぼみ状態ではあるが、立派なのが数株。


20230625 ohtakatori-18

20230625 ohtakatori-19


まあ、ラン科植物を2種類見られたことだし、ラン好き的には満足である。


20230625 ohtakatori-20
大高取山山頂

20230625 ohtakatori-2120230625 ohtakatori-22
20230625 ohtakatori-23
ラン以外の草花:カンアオイ、タツナミソウ類、カラスビシャク


桂木観音からの帰路は、悩んだ末、往路と同じルートをとることに。


20230625 ohtakatori-28


微妙に往路と異なる場所に差しかかると、デジャヴ感があってドキドキとなった。
そして…!


20230625 ohtakatori-24
コクラン(Liparis nervosa (Thunb.) Lindl.)

20230625 ohtakatori-25

20230625 ohtakatori-26
この場所と比べると、はじめに見た自生地の株の多くは状態が悪く花をつける力のないものだったように思う


上の引用に書いてあるように、花も小さく地味なランである。
小さく地味で、スマホ撮影ではピントも合わせづらい。
しかしこれを見るために、上って下りて、また上り…。
牧野富太郎博士の心境が少し理解できたような気がした。

(つづく)


20230625 ohtakatori-27


[DATA]
大高取山
埼玉県入間郡越生町津久根





[Today's recommendation]


https://youtu.be/1zOrDcD1xxg


https://youtu.be/G7KNmW9a75Y



wachat230625-33.jpg



20230625 ohtakatori-29
次号予告


思いがけず、希少植物 ――大高取山

2023.05.03

 前号あらすじ――
GWでも混まなそうな埼玉県越生町を訪れたわれわれは、ハイキングおすすめコース“大高取展望コース”を歩くつもりも脱線の連続。思いもよらず“越生10名山”虚空蔵尊さくら山の絶景に触れ爽快感に浸っていたが…


20230503 ohtakatori-11


チェックポイントの桂木観音に向かうには虚空蔵尊の下まで戻ってコースに復帰するのがわかりやすいが、せっかく上ったのに下りたくないし、手元の地図によればこのまま先に進んで合流するルートもあるようだ。
それには虚空蔵尊さくら公園の奥へと延びている道をこのまま進んでいいものか?


20230503 ohtakatori-3220230503 ohtakatori-3320230503 ohtakatori-34
大ざっぱな地図。赤丸がこの記事のエリア


大ざっぱな地図を見ながら、ああでもないこうでもないとやっていると、公園整備の樹木伐採の作業員がワラワラと集まってきた。

「桂木観音? ってどっちだっけ?」
「なに? こっち上ってきちゃったの?」
「この先、下りなきゃいけないよ」
「そっちじゃないだろ」
と、てんでバラバラ、さっぱり要領を得ない。

「〇〇さんなら知ってるよ。おーい、〇〇さーん!」
と呼ばれて下りてきたのはチェーンソーを担いだ女性。
荒くれ者を束ねる山賊の女ボス… といった構図? w( ̄▽ ̄;)w

いろいろ聞いてわかったことは、桂木観音へは下って上るので大変だし下り口もわかりにくい。最終的に大高取山に行くのであれば、このまま上れば大高取なのでそのほうがいい。

「わかりました。このまま大高取、向かってみます」
ということで、桂木観音もパス。
要するに、はじめから決まっていた唯一の目標が、大高取山登頂(理由は後述


20230503 ohtakatori-12


その先は、つづら折りの上りが続いたりして思っていたより本格的な山歩きである。
案内板がわかりにくい、または、わかりにくい位置に案内板がない… というのがあって、迷ったり戻ったりすることも。


20230503 ohtakatori-13
歩き始めはスギ・広葉樹の混交林

20230503 ohtakatori-14
案内板の不備をときどき補ってある

20230503 ohtakatori-15
テーダマツは北米原産。成長が早く、以前は林業用樹種として各地で植樹されたらしい

20230503 ohtakatori-16
分かれ道を迷った末、選んだ道はテーダマツの落葉に厚く覆われ歩きにくく、引き返した

20230503 ohtakatori-17
この分岐を過ぎるとやや険しくなる

20230503 ohtakatori-18
右側が切り立って、やや危険

20230503 ohtakatori-19
やや急な階段も

20230503 ohtakatori-20

20230503 ohtakatori-2120230503 ohtakatori-2220230503 ohtakatori-23
幕岩展望台

20230503 ohtakatori-24
さいたま新都心~新宿新都心を一望のもとに

20230503 ohtakatori-25
幕岩を過ぎるとつづら折りの上りが続く

20230503 ohtakatori-26
やがて開けた峠に

20230503 ohtakatori-27
左に行くと桂木観音、右が大高取山山頂

20230503 ohtakatori-28
山頂っぽくなってきた

20230503 ohtakatori-29


途中、あまり見ないが絶対見覚えがある… という植物がちらほら生えている。
園芸店ではよく見るが自生しているのを見たことがないという意味。
ラン科植物にみえる。


20230503 ohtakatori-3520230503 ohtakatori-36


帰ってから調べてみると、どうもコクラン(黒蘭)のようなのだ。
コクランは南方のイメージがあり思いもよらなかったが、いちおう茨城・埼玉を北限として分布するらしい。
ラン好きとして、最近ではオニノヤガラマヤランに並ぶインパクトかも。

ぜひ花を見てみたい。
開花期(7月上旬)にもう一度来てみよう。


20230503 ohtakatori-30


大高取山376m。
本日2峰目の越生10名山登頂!

(つづく)


20230503 ohtakatori-31


[DATA]
大高取山
埼玉県入間郡越生町津久根





[Today's recommendation]


https://youtu.be/UziUw75JKJ8



wachat230503-22.jpg



20230503 ohtakatori-37
次号予告


Latest Articles
増量サービス中!?😅 【忠豊】 May 22, 2024
近場旅行の醍醐味 【JA女性部 さとやま工房】 May 21, 2024
おもてなしの味 【すきふね】 May 20, 2024
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2