fc2ブログ

埼玉を代表する… 【十万石ふくさや 行田本店】

2022.10.30

 朝、出掛ける前に行き先を決めるのに、はじめ「食べ物から決めてはどうか」という案が出た。
“埼玉_銘菓”で検索して上位表示された「絶対喜ばれる! 埼玉県のお土産15選!」という「じゃらんニュース」の記事をのぞいてみると、第1位が“十万石まんじゅう”というものだった。

前記事の「長野屋」を出て八幡通りを駅のほうへぶらぶら歩いているとき、
「えっ…!? 行田といえば十万石まんじゅうじゃない」
と言うのを聞いて、
「そうだ。十万石まんじゅう買わないと!」
と応えたのは、朝のデジャヴ感があったためであり、実はそのものを知っているわけではなかった。

博物館でもらった地図に「十万石本店」が載っていて、近そうなのでそのまま向かうことに。


20221030 jumangoku-23


大通りに出るとお店は一発でわかる。
よく目立つ赤い袖看板と、白壁の蔵づくり。


20221030 jumangoku-12


1883年築造の呉服屋の店蔵を1969年に当地に曳家、「十万石ふくさや本店」としたもので、国の登録有形文化財である。
ちなみに“十万石”は、忍城忍藩の石高にちなんだもの。


20221030 jumangoku-13


「十万石ふくさや」は1952年創業。

――「埼玉県の伝統的な和菓子」として知られるが、製造元の創業は第2次世界大戦後であり、十万石まんじゅうも伝統的な和菓子ではなく、戦後に誕生したものである。Wikipedia


20221030 jumangoku-14

20221030 jumangoku-15


冒頭のネット記事の件からもわかるように、埼玉県では圧倒的知名度を誇るらしい。
その理由はテレビCMで、テレビ埼玉において1979年の開局当初から現在まで放送されているらしい。
埼玉県民なら誰でも知っているらしい。



https://youtu.be/MiGMoUgbxkw


HPにテレビCMの動画が張ってあるが、僕は見たことなかった。
埼玉県民なら誰でも知っているかもしれないが、埼玉県民以外は誰も知らないかもしれない ( ̄ω ̄;)


20221030 jumangoku-18


十万石まんじゅう以外の各種和菓子から洋菓子まで、店内の品ぞろえは非常に豊富。


20221030 jumangoku-17


買うのはやはり十万石まんじゅう。
バラで4個購入。


20221030 jumangoku-1920221030 jumangoku-20
さすが埼玉県第1位! のおいしさ


前記事とあわせ、図らずも和菓子祭りになってしまった。
しかし行田編は、まだ終わらない。

(つづく)


20221030 jumangoku-11


[DATA]
十万石ふくさや 行田本店
埼玉県行田市行田20-15
https://www.jumangoku.co.jp/shop/374/
https://www.jumangoku.co.jp/





[Today's recommendation]

wachat221030-66.jpg




https://youtu.be/-JXvjejaVEc
1883年作曲


門前のお菓子司シリーズ 【長野屋製菓】

2022.10.30

 前記事の予告写真を引き取って、「行田八幡神社」真ん前で「おそば 田丸屋」隣の隣の和菓子屋さん「長野屋」。


20221030 naganoya-11


近場観光では昼ごはんのほかにお土産というか帰りの車中用というか、甘いものを買うのがパターンになっている。
観光地で甘いものといったら、たいがい和菓子だ。


20221030 naganoya-12


門前にそば処とお菓子司が並んでいるのはきわめて好都合… というか、いい光景だと思う。


20221030 naganoya-17


前記事「田丸屋」の大正13年に対し、こちらは創業大正7(1918)年という情報がある。
アラ100企業が並んでいるあたり、八幡宮の歴史の重みといえよう。


20221030 naganoya-13


店に入ると上品そうな箱詰めの和菓子が並んでいる。
贈答用の需要が多い店なのかもしれない。



20221030 naganoya-14


店構えといい商品構成といい、一見敷居が高そうな印象だが店のおばさまは気さくに話してくれる。
もちろんバラ売りもOKだ。


20221030 naganoya-15


名物っぽい3色の“志乃ぶ最中”を各1個。
甘納豆と羊羹もおいしそうだったので追加。


20221030 naganoya-19


最中の皮自体が3色で、薄茶が粒あん、白が白あん、ピンクが柚子あん。
最中の皮は口蓋にくっつく系とくっつかない系があるが、こちらは手指やら口まわりやらいたるところによくくっつく。
粒あんはしっかりした炊き上がりが特徴的で、柚子あんはほんのり柚子の香り。
餡の中には砂糖の塊の、時折ザリッという食感が面白い。


20221030 naganoya-20


さて、お土産も買ったことだし、駅のほうへぶらぶら歩いてみようか。
しかし…
「えっ…!? 行田といえば○○○まんじゅうじゃない」と言う人がいる。

(つづく)


20221030 naganoya-18


[DATA]
長野屋製菓
埼玉県行田市行田15-9





[Today's recommendation]

wachat221030-55-22.jpg




https://youtu.be/kG0Od6rkWhE
1918年初演


Latest Articles
26の寺院が軒を連ねる ――烏山寺町 Nov 29, 2022
滝山の土曜の午后1時 【珍来】 Nov 27, 2022
こんなコミュニティ、いいね! 【喫茶庵 うたたね】 Nov 26, 2022
チャチャッと 【IKEA立川 ビストロ&スウェーデンフードマーケット】 Nov 26, 2022
かつおの追憶 ――発酵で旅する東京の森 Nov 24, 2022
洋食の追憶 【ホテルオークラレストラン ゆりの木】 Nov 23, 2022
150年後というか、50年前との邂逅 【東京国立博物館 表慶館】 Nov 21, 2022
一日楽しめる巨大ミュージアム 【東京国立博物館】 Nov 20, 2022
いざ総本山へ! 【永福町大勝軒】 Nov 19, 2022
物見遊山気分で 【永福寺】 Nov 18, 2022
スタミナ or ヘルシー? 【木曽路】 Nov 17, 2022
地元の特権! 【森のキッチン】 Nov 16, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2