fc2ブログ

有形文化財の建造物にて… 【そばの杜】

2022.02.06

 前記事の続きで、秩父神社にお参りしたあと市内を散策。

秩父に来ようと思った理由の一つに、混まなそうというのがある。
前記事の写真を見ていただけばわかるように、市内観光の中心である秩父神社やその参道の番場通り、日曜でもひと気まばら。
隣の隣の隣の観光都市・川越とは大違いである。


20220206 sobanomori-1120220206 sobanomori-12
番場通り


これだけ人が少なかったら飲食店はどこも混むことはないだろうと、踏切際の人気そば店「武蔵屋」をのぞいてみると、順番待ちの人が店外にあふれている。即、退散… という、いつもどおりの展開である。西武秩父駅近くにはラーメン店の大行列も。
前にも感じたが、街なかの滞留人口構成が極端にアンバランスである。


20220206 sobanomori-13-2
「手打そば 武蔵屋」


飲食店に行列する一定数は観光の人というよりグルメの人であり、ピンポイントに食べ物屋目当てで、街なかは素通りしてるんじゃないの…? と思えなくもない。観光動線の流れも悪そうだ。
観光資源に恵まれているように映るだけに、大きなお世話かとは思うが、なんかもったいない。


20220206 sobanomori-14


気を取り直して…。
街を歩いて、古い大衆食堂や洋食店や喫茶店にも惹かれるが、秩父ではやっぱりそばが食べたい。


20220206 sobanomori-15
秩父そばの会HPより


「道の駅 ちちぶ」でもらってきた“秩父そばの会”の“蕎麦たべあるきマップ”でお店を探す。
ちなみに上記「武蔵屋」や、前回入った「大むら本店」もそばの会会員である。


20220206 sobanomori-1620220206 sobanomori-17


街の中心っぽい本町交差点の立派な建物の前に“手打ち蕎麦”の幟。
マップを見ると、こちらもそばの会らしい。
建物自体は「秩父ふるさと館」というらしい。


20220206 sobanomori-2020220206 sobanomori-21


以下、すべて後付け知識だが概要を記すと――

「秩父ふるさと館」は、大正時代に繁栄した秩父銘仙問屋(旧 柿原商店)を整備再生し、観光拠点として2004年開場。メイン施設の店舗兼主屋、3棟の土蔵、石塀は国の登録有形文化財である。


20220206 sobanomori-5520220206 sobanomori-56


館内1階は地域物産の展示販売店やショットバーなど。


20220206 sobanomori-49


“秩父地方の伝統産業である秩父銘仙に、現代感覚を取り入れたものづくりにこだわる”という「知知夫手づくり工房」で洋紙と細川和紙を購入。
観光気分高まる c( ̄▽ ̄)


20220206 sobanomori-2420220206 sobanomori-25


2階は郷土料理も提供する手打ちそば店「そばの杜」。


20220206 sobanomori-2820220206 sobanomori-29

20220206 sobanomori-2620220206 sobanomori-27

20220206 sobanomori-3020220206 sobanomori-31


「そばの杜」は2009年オープン。


20220206 sobanomori-3220220206 sobanomori-33


広々とした店内は、テーブル席8席、最大32名収容の大広間と座敷2席、最大12名の個室空間からなる。


20220206 sobanomori-3420220206 sobanomori-35


広い空間に先客は1組。
古民家の素晴らしい雰囲気だけに、やっぱりもったいない…。


20220206 sobanomori-3620220206 sobanomori-37


注文は鴨汁そばとお昼ごはんセット。


20220206 sobanomori-4020220206 sobanomori-41


――そばは二八そばで、店主が修行時代に影響を受けた味をもとに発展させ、毎日手作りで心を込めて作っています。お店HPより)


20220206 sobanomori-43


鴨汁の鴨肉は少ないが、油をたっぷり吸った揚げなすとこんがり焼かれた長ねぎで風味がよく、熱々の汁で体が温まる。


20220206 sobanomori-42


お昼ごはんセットは、そば、天ぷら、とろろご飯、お新香。
そばは太めの平切りでルチンの黄色みが強い。
二八らしくねっとりした食感。


20220206 sobanomori-3820220206 sobanomori-39


全体にそつなくバランスのとれている印象で、普通に満足感が得られる。
若い女性2人体制の接客もマニュアルの行き届いた気持ちいいもの。


20220206 sobanomori-44


でもこういうのって、施設食堂みたいなものじゃないの?
はい。そうだと思います。


20220206 sobanomori-4520220206 sobanomori-46


でもそれでいいのです。
僕らはただの“観光の人”なのだから。


20220206 sobanomori-1820220206 sobanomori-19


[DATA]
そばの杜
埼玉県秩父市本町3-1 秩父ふるさと館2F
http://www.sobanomori.net/





[Today's recommendation]

wachat220206-22.jpg




https://youtu.be/uOerZ-ewUcA



20220206 sobanomori-47
次はここかな…


老舗そば屋で秩父名物 【大むら 本店】

2018.10.14

 車で秩父へ観光に行った。
と書くと予定された行動のように思われそうだが、行き先が決まったのは車を走らせるとき。「じゃ、秩父でも行くかぁ…」と。


181014 ohmura-61-2


アベノミクスのせいかどうか知らないが、最近、道路整備事業の進展が速く、さすがにナビなしでは車で遠出しづらくなった。
ナビはスマホのアプリで十分のような気もするので、とりあえずGoogleマップアプリのナビ機能を使ってみよう、というのが今回の趣旨。


181014 ohmura-11


走り始めてしばらくすると、スマホが何かしゃべってる。
「○○交差点を右折」
いやいや、僕は左折したいのだ(笑)。


181014 ohmura-16


そんな感じで飯能の街を抜けるまでに5回ぐらいナビとけんかして、あとはR299をひたすら走るだけだから案内不要。ナビさんも沈黙。
最後に2回右折の支持をいただいて、「道の駅 ちちぶ」に到着。


181014 ohmura-12181014 ohmura-13
181014 ohmura-14181014 ohmura-15


11時半近かったので、とりあえず昼ごはん。
道の駅に置いてあった「観光×食べ歩きマップ秩父2018」を手に街を歩いてみる。


181014 ohmura-62-2


でもやっぱり、(ここまで写真でお伝えしたとおり)秩父神社へのお参りは、食事より先に済ませましたよ(笑)。


181014 ohmura-36


最近、そばガレットのワークショップに参加してそばづいてる人がいて、「秩父といえばそばでしょ」と。
そうなの…? たしかにマップにはそば屋がたくさん載っている。


181014 ohmura-19


そばに異論はないが、こういうとき本格手打ちそばのお店だと、生まじめさゆえにこの浮ついた気分に水を差されかねない。いかにも観光地、というあか抜けないお店がいい。


181014 ohmura-64


ということで、店名からヤマ勘で選んだのが「大むら 本店」。
参道(番場通り)から1本西の裏道に位置する。


181014 ohmura-63


ヤマ勘のわりに、われながら鼻が利くというか、あとで調べてみると「大むら 本店」は秩父で一番の老舗だそうで、創業明治17(1884)年という情報がいくつか見つかった。


181014 ohmura-22


広めの店内に席がゆったり配置してある。真ん中の12席の大テーブルのほか、6人掛けテーブル、4人掛けテーブル×2、小上がりに座卓4人×3、2人×3。


181014 ohmura-23


「秩父といえば、わらじ丼でしょ」と相方。
そうなの…?


181014 ohmura-65181014 ohmura-66


僕は知らなかったが、たしかにおいしそうなのでミニわらじ丼セット(そばは小もりを選択)1030円に決める。
もう一品は、とり南そば700円。


181014 ohmura-67181014 ohmura-68


先客は5組15人ほど。オペレーションがちょっと変わっていて、1組分作り終わったら次の組に取りかかる、みたいなのんびりペースだ。入店から料理提供まで、実に45分を要す ( ̄▽ ̄;) アハハ…
別に決まった用事ないからいいけどね…。


181014 ohmura-69


わらじ丼はいわゆるソースカツ丼だが、カツが2枚のって一足… で、わらじだそうだ。
そば屋だけにそばつゆの配合されたソースが絶妙で、甘さがきつくなく上品。


181014 ohmura-70


セットの小もりそばのつゆが洗練された辛口で驚いたが、それがわらじ丼のおいしさの秘訣でもあるのだろう。


181014 ohmura-71


とり南そばのネギがやわらかくおいしい。寒さにあたって甘くなったのもいいけれど、この時期のフレッシュでさっぱりした感じもいいなと思う。
温かいそばがおいしい空気感だ。


181014 ohmura-72


食べ歩きマップのクーポンで、ミニわらじ丼セットは50円引きに。


181014 ohmura-34181014 ohmura-35


お店を出て、街をぶらぶら。
そのあとも寄るお店といえば、たべもの屋ばかりなのだった ( ̄∇ ̄)

(つづく)


181014 ohmura-33


[DATA]
大むら 本店
埼玉県秩父市東町12-17





[Today's recommendation]


https://youtu.be/JJyGkX3WzAM



wachat181014-1-222.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


Latest Articles
こんなつけ麺がいい! 【大王ラーメン】 May 15, 2022
食べ続けていたいから 【ラーメン 味六】 May 13, 2022
めぐるめぐるよ… 【名代にぼしラーメン 時代屋 保谷駅前店】 May 12, 2022
朝曇りは晴れ…? 【大勝軒 吉祥寺店】 May 10, 2022
思いがけぬ地誌探訪 【福生加美上水公園ビジターセンター】 May 08, 2022
満足度100%超え! 【ますや】 May 07, 2022
東京三大〇〇🍡 【新鶯亭】 May 06, 2022
鳥居前のレトロ茶屋 【東照宮第一売店】 May 05, 2022
昭和時代の“東京の”博多ラーメン 【九州ラーメン 博多っ子 新宿店】 May 04, 2022
いわゆる聖地巡礼? 【大酉茶屋 田々】 May 04, 2022
熱々ふわふわの奥多摩名物 【へそまんじゅう総本舗】 May 03, 2022
うま味豊かなきのこ汁&香り高いそば 【そばと茸の里】 May 02, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2