FC2ブログ

話題の施設で観光気分 【レストランTiam】

2021.06.20

 昨年オープンして話題になった「ところざわサクラタウン」は、所沢市との共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の中核であり国内最大級のポップカルチャーの発信拠点となる、KADOKAWAグループが所有・運営する複合施設である。


20210620 sakuratown-52


自分の行動圏(自転車コース)に位置するため、前記事末尾の写真のような形でこのブログにもときどき登場するが、これまでちゃんと取り上げたことはなかった。
申し訳ないがトイレ休憩用の施設という捉え方だったが、横目で見る飲食店やショップが意外に地元コンシャスだったりで、実は気になっている。


20210620 sakuratown-12


朝までしつこく降り続いた雨も上がって急速に天候が回復する勢いにつられるように、ひやかしノリで出かけてみた。


20210620 sakuratown-11


自転車でのんびり行っても30分ほどの距離。
施設は、ホテルや商業施設、ジャパンパビリオンなどがある「本棟」と「角川武蔵野ミュージアム」、「武蔵野坐令和神社」の主に3棟からなる。


20210620 sakuratown-1320210620 sakuratown-14


まずお参り。


20210620 sakuratown-15-2


武蔵野坐令和神社は、“主祭神に東京大神宮より天照皇大神、相殿神に東所沢の氏神とされる本郷氷川神社より素盞鳴尊を勧請して祭神とし…”という格式と、“訪れてみたい日本のアニメ聖地88”の1番札所という大衆性の、聖俗両面併せ持つ。この二面性は施設のコンセプト全体に通底しているようにも感じられる。


20210620 sakuratown-16

20210620 sakuratown-17

20210620 sakuratown-18


例によって昼ごはんが主目的だったりするが、お目当ての「手打ちうどんさわいち」には順番待ち多数。隣の「ラーメンWalkerキッチン」も同様で、1つ上の階の「角川食堂」に至っては長蛇の列である。
途方に暮れました (o ̄∇ ̄)o!! ガーン


20210620 sakuratown-19

20210620 sakuratown-20

20210620 sakuratown-21


先に案内板を見ていた相方が、「上のほうにホテルレストランというのがあるみたいよ。ちょっと高そうだけど」と。
たしかに元・角川社員(←わし)としては知っている人間がいないとも限らないし、ラーメン屋に並んでいる姿を見られるのはちょっとアレだったり、足元を見られたくない(笑)というビミョーな心理が働く。

なにかミョーに荘厳なホテル用エレベーターホールへ。


20210620 sakuratown-22


6Fがホテル階で、その名も「EJ ANIME HOTEL」。


20210620 sakuratown-5520210620 sakuratown-56


ロビーは一見普通のホテル風で、レストランも格式高そう。


20210620 sakuratown-2620210620 sakuratown-27


が、振り返ると…


20210620 sakuratown-58

20210620 sakuratown-29


ビジネスとしてどっちが本筋でどっちがあそびなのか、どっちも本気なのか、あるいは…。
戸惑いつつ「レストランTiam」へ。


20210620 sakuratown-30

20210620 sakuratown-3120210620 sakuratown-32

20210620 sakuratown-33


ランチメニューから、ちょっと大きな和牛ハンバーグ・セットとビーフシチューかけオムライス・セットを注文。
参考までにグランドメニュー? のメニュー帳を開いてみると…


20210620 sakuratown-3420210620 sakuratown-35

20210620 sakuratown-3620210620 sakuratown-37


はじめほとんど客はいなかったが、次第に埋まっていった。
客層がミョーに若い。子どもと言ってもいい。


20210620 sakuratown-38


ようやく気づき始めたが、(仮説だが)ここは“一流ホテルというセット”であり、スタッフは“ホテルマンを演じている役者さん”なのかもしれない。
僕らは知らず知らず、異世界から忍び寄る“虚無”という役をやらされているのかもしれない。


20210620 sakuratown-39


そう考えると逆に面白い。
夢を見ない大人もふとさまよい込んでしまうファンタージエン。


20210620 sakuratown-40


…と、神道の世界からだいぶ遠くまで想像の翼を広げているのである。


20210620 sakuratown-41


食事はサラダに始まって…


20210620 sakuratown-42

20210620 sakuratown-43

20210620 sakuratown-44
ちょっと大きな和牛ハンバーグ・セット


20210620 sakuratown-45

20210620 sakuratown-47

20210620 sakuratown-48
ビーフシチューかけオムライス・セット


20210620 sakuratown-49


食事のあとはコンセプトショップやミュージアム棟、隣接する武蔵野樹林パークへ。
軽い気持ちで訪れて、気がつけばすっかり観光気分を満喫していた。


20210620 sakuratown-5020210620 sakuratown-51



[DATA]
レストランTiam(ティアム)
埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 EJアニメホテル
https://tokorozawa-sakuratown.jp/shop-restaurant/tiam.html
https://twitter.com/ejanimehotel?lang=ja





[Today's recommendation]

wachat210620.jpg




https://youtu.be/-7fUQBnpobM
武蔵野坐令和神社の写真の赤い幟に関連して



20210620 mojizuri-11
ネジバナ / 東所沢公園


システムはどうでもいいけど、コスパ抜群、味もよく! 【9秒カレー 所沢店】

2019.12.19

 清瀬付近を東へ移動中、雲行きがあやしいのでアメッシュを見てみると、朝の予報よりも北まで雨雲が広がってきているようだ。
雨を避けるべく北北西に転進。
目的地が決まっていないことがほとんどなため、こういう不規則行動をよくとるワタシ。
小金井街道~練馬所沢線を松郷交差点からそのまま県道126号所沢堀兼狭山線へ。


20191219 9byocurry-34


ここは新しい道でおもしろいお店は期待できないからあまり通らないが、この先の交差点に「山田うどん」系の食堂が左右に2店、デーンと構えているのは覚えていた。
昼ごはんどうすっかな… と思っていると、背後に新興霊園が控える建設会社の殺風景な建物の一角にインパクトある看板が掛かっている。
「9秒カレー」


20191219 9byocurry-33


はじめ弁当屋かと思ったが、よく見ると食堂のようだ。
どんなお店かは歴然。看板というか店名…? を見れば、誰もが9秒かからず理解できる。
その店名というかシステム…? の横の文字にビビッとくるものがある。
「500円(大盛無料)」
突発的に入店。


20191219 9byocurry-22


ネットで調べると、フランチャイズ展開のようだが、詳細までは調べがつかなかった。


20191219 9byocurry-23


牛丼屋や昔のカレースタンドのようなカウンターだけのつくりを想像したが、テーブル席がゆったり配置されている広めの店内。
もともと何用につくられた物件かわからないが、こういう業態の飲食店のための設計でないことは確か。


20191219 9byocurry-31


券売機に説明書きがある。
「スタッフが食券を受け取ってから9秒で提供できなければ、お代をお返し致します」


20191219 9byocurry-24


メニューは9秒カレーとからあげカレー、および各大盛りの4種類のみ。
一方にだけ“9秒”と付いているということは、唐揚げのほうには9秒ルールは適用されないということ…?
そりゃそうですよね? 唐揚げ作り置きとしても、温め直しは必要なわけだし。

で、大いに迷った末、9秒カレー(大盛)をポチッとな。


20191219 9byocurry-25


受け渡し口でおねえさんに食券を渡す瞬間、ちょっと緊張(笑)。
相手に食券つかませておいてこっちも離さず、「チッチッチッ…、はい9秒!」とかやるオヤジ、いそうだなぁ… (;^_^ A


20191219 9byocurry-3520191219 9byocurry-27


(たぶん)9秒以内で提供されたカレーに福神漬けをここでトッピングして席へ。
牛丼屋のようなカレーかな…? と予想したが、はっきり言ってもっとおいしいです。


20191219 9byocurry-28


辛さは少ないが香りのよいスパイスのバランスで、甘味の強いカレー。
具材はほぼ煮崩れているが肉率は高いようで、トロトロの豚脂身に何度も遭遇。


20191219 9byocurry-29-2


量的には… えー、多すぎ ヾ(- -;)
いちおう潜入ルポ的に伝える義務感から(笑) 大盛りにしたが、いい年したおとうさんはおとなしく普通盛りにしましょう。


20191219 9byocurry-32


帰路、ほかに9秒でいけるメニューにはどういうものがあるか考えてみて、立ち食いスタイルのかけそば・うどん、および牛丼のほかに思い付かなかったんだが、夕方、普段は見ないチャンネルのニュースを流していたら、4秒カツ丼というものをやっていて驚いた。
4秒カツ丼に驚いたというより、同じ日に同じ秒速メニューという偶然の一致に驚いた。


20191219 9byocurry-21


[DATA]
9秒カレー 所沢店
埼玉県所沢市下新井1405-23





[Today's recommendation]

wachat191219.jpg




https://youtu.be/o5FPPoLqkCk


知る人ぞ知る、ロードサイドの繁盛店 【ささ山】

2018.09.16

 「めぇめぇマルシェ」のあと、昼ごはんの店を探してさまよう。
当然、イベント出店者を利用するという選択もありうるが、せっかく所沢の田舎に来てるんだから、それっぽい田舎くさい料理店でも見つからないものかと考えてしまう。
そんなものがこのあたりに存在しないことは食べログを見れば一発でわかるのだが、そういう情報をあまり信用しなくなってしまってるので σ( ̄、 ̄=)ンー…
結局、田舎どころか、最寄りの繁華街である小手指まで流れてきてしまっているわけで…。


180916 sasayama-23


小手指に来るのは実に久しぶり。北口駅前は以前よりもっと殺風景になったように感じるが、気のせい?
駅前の通りをとりあえず国道まで歩いてみる。T字路交差点で右を見て左を見て…。
おー! いい感じに年季の入った定食屋が。


180916 sasayama-24


ポール看板に“和風とんかつ 刺身”、駐車場の野立て看板には“和風とんかつ 焼肉定食”とある「御食事処 ささ山」。


180916 sasayama-15
180916 sasayama-13 180916 sasayama-14


店内が混み合っていて驚いた。
ちょうど6~7人のグループが出るところで、片付いた左側カウンターのいちばん奥の席に通される。


180916 sasayama-17 180916 sasayama-18


入って右手が厨房に面したカウンター5席、中央にテーブル2卓、左の窓際がまたカウンターで7~8席。左のカウンターはあとで増設したようにも見える。
注文は、とんかつ定食790円(私)、サービス定食A(一口カツ・白身フライ付き定食)760円(相方)。


180916 sasayama-16


お客さんの多くは年配者。
意外なことに… と言ったら変かもしれないが、飲んでいる客がほとんどいない。そう感じるくらい、いまはどこでもリタイア世代の昼飲み客が多い多い。
あるいは、真っ昼間からたそがれの色濃い昼飲みにうってつけのこんなお店で、意外にも少ない、と。


180916 sasayama-19


とんかつ定食は、ご飯とみそ汁のほか、お新香(白菜漬け)と大根の煮物が付く。
一方、サービス定食にはさらに小松菜のおひたしが…。


180916 sasayama-21


この小鉢1つの差は何だろう?
その分が、“サービス” (; ̄ー ̄)…ン?
ナゾだ…(笑)。


180916 sasayama-20


とんかつは厚みがあって食べ応え十分。揚げ具合、衣の付きもよく、専門店の仕事ぶりを感じさせる。
大根のみそ汁はかつおだしが効いている。ご飯もおいしい。


180916 sasayama-22


サービス定食の一口カツはヒレ。
白身フライが驚くほどおいしい。値段からしてパーチ系などを予想していたが、冷凍っぽくないし、上品な風味とふっくらした食感は高級感すら漂う。


180916 sasayama-26


あとでお店のおばちゃんに聞いてみたら、「ヒラメです」と。
さっきマグロ刺身・平目刺身盛り合わせという短冊が目に留まっていて、案外変わった組み合わせかも… と思っていたが、仕入れによってメニューが変わるのかもしれない。
満足感が大きく、そのへんが本当の“サービス”。


180916 sasayama-11


R463は宮本町交差点からこっち、チェーン系のロードサイド店しかない印象で、こういうお店が残っているのは意外。
しかしそれにはちゃんと理由があるわけで、知っている人は知っている、ということなんだと思った。


180916 sasayama-12


[DATA]
ささ山
埼玉県所沢市青葉台1319-5



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=sUzs5dlLrm0



wachat180916-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2



180916 itadori
イタドリ(八国山 / 東村山市諏訪町)


路地裏のぷりぷりエビフライ 【とんかつ しゅん亭】

2018.03.11

 所沢のプロペ通りは渋谷センター街や池袋サンシャイン通りの下位互換のようなものだから、あらゆる業種においてほぼチェーン店しか存在しない。たべもの屋に関していえば、6年前にだんごの「松月堂」が閉店してからは、すっかり火が消えたようになってしまった。

というのは、あくまでも自分目線の光景。所沢市内でいちばん人出の多い通りには違いない。
実は裏道やどんつき、地下や2階などに気になるお店がいくつか潜んでいるが、この通り自体、あまり踏み込む気になれないから探索が進まないというのが実情。


shuntei180311-21.jpg


今日は相方が行きたい店があるというので久々にプロペへ。
僕はそこで昼ごはんなのかと思っていたが、行ってみれば喫茶店である。それも、どう見てもコーヒー専門店、食事ができるタイプではない。
ということで、まずはどこかで昼食をとらなければならない。
一本隣の路地に気になっているお店があるので行ってみる。


shuntei180311-16.jpg


路地の入り口に、とんかつののぼりとランチメニューの立て看板。路地に入ってすぐ、同じ内容の立て看板が、お店の場所。
「とんかつ しゅん亭」は、ときどきこの看板のメニューをチェックしたりしていたが、よく見ると味わい深い外観である。
建物自体は昔の喫茶店そのもの。正面の庇にとんかつ屋の看板を取り付けてある。そういう流れの居抜きなのかもしれない。


shuntei180311-15.jpg


店内は、喫茶店というより飲み屋。窓枠など喫茶店っぽさを随所に残すが、和テイストの店のロゴマークや棚の焼酎ボトルが、小粋要素を打ち消している。
席数は4人テーブル3卓とカウンター8席。


shuntei180311-18.jpgshuntei180311-19.jpg


揚げ物を中心にランチメニューが15品ほどと充実している。値段も850~1400円と手ごろ。
ミックス定食(エビ・一口ヒレ・コロッケ)1080円と、本日のおすすめ:メンチ2ヶとコロッケ定食880円→780円を注文。


shuntei180311-11.jpgshuntei180311-12.jpg


僕らの前にお客さんは1人だったが、ぽつぽつと入ってきて8席まで埋まった。
おかみさんがカウンターの常連さんと相撲談義を始めた。――去年は4回行けた、砂かぶりはテレビに映るからおとなしくしてなきゃいけない、相撲観戦はマス席に限る、と。
そういう感性、僕は好きです。


shuntei180311-13.jpgshuntei180311-14.jpg


「今日から相撲じゃないの?」と厨房のご主人。
「そうだっけ? 両国じゃないとピンとこないわね」とおかみさん。
なんだか昨日から相撲づいてるけど、そういうことかな。


shuntei180311-20.jpg


料理の提供は、揚げ物にしてはかなり早い。
僕のミックス定食、第一印象は「エビ、細いな…」
ひと口食べて理由がわかった。衣が極薄なのである。なので、この見た目はエビそのもののシェイプ。細く見えて、このエビ、かなり大きい。
食べても身が詰まってぷりぷりで、香りがいい。
普通のエビフライでこうなんだから、“1番人気”のセットに付く大エビフライってどんなのか、すごく気になる。


shuntei180311-22.jpg


ほかのフライも同様で、ヒレカツの肉はほぼこのサイズ、コロッケはジャガイモの塊。かなり食べでがある。
ご飯は一見少なそうだが、この容器がくせ者。円筒形で断面積は底まで変わらないので、容積が大きい。気を抜くと後半きつくなる。
ちなみにご飯の量は男女で変えてある。


shuntei180311-17.jpg


移り変わりの激しいプロペ通りも、一本脇に入ればこういう昔ながらの食堂が残っていることを確認。
このあと、すぐ近くの喫茶店でお茶にする予定だが、腹ごなしに御幸町~東町あたりをぐるっと散策して戻ってこよう。  (つづく)


shuntei180311-23.jpg


[DATA]
とんかつ しゅん亭
埼玉県所沢市日吉町4-1



[Today's recommendation]

Arctic Monkeys Humbug
Arctic Monkeys
『Humbug』

https://www.youtube.com/watch?v=Z5vZovv8cPk



chat180311-1.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
朝ラーといえば… 【中華そば 大和】 Aug 04, 2021
お高いようで、意外に…? 【たかはしや】 Aug 02, 2021
安い=ウマい! の法則 【ミートショップいのうえ】 Aug 01, 2021
暑気払いの和菓子 【福栄堂】 Jul 30, 2021
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2