fc2ブログ

だんごの奥深い世界 【大ちゃん】

2022.02.21

 おそろしくスローなペースながらちょいちょい進行している〈所沢おだんごmap〉シリーズ。どれくらいスローかというと、第1弾で掲載したお店がとっくに閉店してしまってるというくらいにスロー ( ̄Д ̄;;

詳しくは「村田屋」(閉店)「三上さんちの焼きだんご」「山口屋だんご店」を参照ください。


20220222 daichan-2020220222 daichan-21


なぜ所沢かというと、コロナ禍で街に背を向け所沢方面の田舎道を自転車で走っているうちに、何もないところに忽然とだんご屋さんが出現する案件に出くわす。一度ならず二度三度(上記3店の立地はすべて“何もないところ”)。
田舎道を徹底的に開拓しようとでも思わなければ通ることのないような場所で、自分的にはコロナ時代を象徴する現象であり、記録しておきたかった。


20220222 daichan-1120220222 daichan-12


今回の「大ちゃん」は所沢駅から300mほどと街なかのお店だが、最初“だんご”の文字を見たとき、やはりコロナ的現象に映った。
こちらの“本業”は焼き鳥屋さん。
緊急事態宣言下、あの手この手で苦境をこらえようとする姿かと。


20220222 daichan-1320220222 daichan-14


僕は昼間しかそんなとこ通らないので、焼き鳥屋だけに、開いているところを見たのは1~2回。暖簾が掛かっていても入りづらい雰囲気はあった。
それがこの日は違っていて、暖簾の下にいろいろ品が並んでいる。


20220222 daichan-1520220222 daichan-16


もともとだんごとゆでまんじゅうの張り紙はあったが、ほかに厚焼き玉子とつくだ煮も売られている。
アサリのつくだ煮、すごく安いんだけど、自家製だろうか? いろいろ気になる。


20220222 daichan-19


このあたりの無人野菜販売と同じシステムで、備え付けの貯金箱みたいのに料金を入れる自己申告制。
だんご1本とゆでまんじゅう2個とって、300円投入。


20220222 daichan-1720220222 daichan-18


お店の人がいないので勝手に写真撮らせてもらったが、POPや陳列が洗練されている。
女性的というか、非焼き鳥おやじ的センスが感じられ、いまはやりの間借りとかだったら面白いと思った。


20220222 daichan-24


ゆでまんじゅうとだんごの生地は同じだと思う。
まんじゅうはあんこがゆるめでさらっとおいしい。
だんごは平べったい羽二重タイプ。このあたりの焼きだんごでは珍しいかも。
たれがシンプルなしょうゆ(生醤油)というのは、やはりこのあたりの団子の味。


20220222 daichan-25


所沢の焼きだんごは奥が深い。


20220222 daichan-2220220222 daichan-23


[DATA]
大ちゃん
埼玉県所沢市くすのき台3-13-1





[Today's recommendation]

wachat20220222.jpg




https://youtu.be/qBruAooXPNU



20220222 daichan-26
八幡湿地 / 所沢市糀谷


Latest Articles
こんなつけ麺がいい! 【大王ラーメン】 May 15, 2022
食べ続けていたいから 【ラーメン 味六】 May 13, 2022
めぐるめぐるよ… 【名代にぼしラーメン 時代屋 保谷駅前店】 May 12, 2022
朝曇りは晴れ…? 【大勝軒 吉祥寺店】 May 10, 2022
思いがけぬ地誌探訪 【福生加美上水公園ビジターセンター】 May 08, 2022
満足度100%超え! 【ますや】 May 07, 2022
東京三大〇〇🍡 【新鶯亭】 May 06, 2022
鳥居前のレトロ茶屋 【東照宮第一売店】 May 05, 2022
昭和時代の“東京の”博多ラーメン 【九州ラーメン 博多っ子 新宿店】 May 04, 2022
いわゆる聖地巡礼? 【大酉茶屋 田々】 May 04, 2022
熱々ふわふわの奥多摩名物 【へそまんじゅう総本舗】 May 03, 2022
うま味豊かなきのこ汁&香り高いそば 【そばと茸の里】 May 02, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2