fc2ブログ

厄除けあれこれ 【喜多院】

2022.08.14

 1週間前のこと。
相方からLINEで突然、今年ワタクシが本厄である旨、宣告された。
電車でたまたま佐野厄除大師の車内広告を見て気づいたという。

そういうものに興味はないから知らないまま1年の半分以上をのほほんと暮らしてきたが、この先そういうわけにもいくまい。
興味はないが、度胸もないので、知ったからには気になってしょうがない。
悪いことに長女も本厄だというし、ますます気が気でない (・Θ・;)


20220814 kitain-11


前記事に書いている“用事”とは、厄除け。
お盆で長女が帰っているタイミングで厄除けすることになったと。


20220814 kitain-12


川越で厄除けといえば、川越大師 喜多院。


20220814 kitain-13


――第18代天台座主慈恵大師は神秘奇跡を数多く残しました。その慈恵大師を祀る喜多院は、厄除けのお大師さまと呼ばれ、多くの方々の信仰を集めています。HPより)


20220814 kitain-14


慈恵堂(本堂)に厄年一覧表が張ってあり、それによると佐野と違って僕はすでに後厄だ(笑)。


20220814 kitain-15


前厄・本厄・後厄の3年間のうち2年7カ月強をのほほんと暮らしてきたわけで、ここまで来たら残り数カ月、いっそ知らずにいられれば… と思わなくもないが、そこはあれ、1mは一命取る、因幡の白兎、雨月物語吉備津の釜…。
ゆめ油断めさるなという警鐘と捉えたい。


20220814 kitain-16


喜多院では護摩修行をもって厄除け等とするが、そのようなオオゴトはちょっとアレなので、普通にお参りしたあと魔除けの護符である角大師と豆大師の御札2枚が1組になった“門札”を授かる。


20220814 kitain-17


無事用事を済ませ…


20220814 kitain-19


ときに、喜多院境内には昔ながらの門前のお休み処が残っている。
その名も「厄除けだんご ふかの」
厄除けのついでに立ち寄るのにこれほどピッタシなお店があるだろうか。


20220814 kitain-20


厄除けだんご3本パックを買う(3本と5本がある)。
生じょうゆのしょっぱめの味付けがおいしい。


20220814 kitain-21


信仰に篤くない人間でもこうやってあれこれ書くことがあったりするユルいところが、日本人の宗教観の本質だったりとかなんだったりとか… 。


20220814 kitain-22

20220814 kitain-23


さて、だんごひと串が呼び水となって本格的に腹も減ってきたことだし。
厄払いの食事と。。。

(つづく)


20220814 kitain-24


[DATA]
喜多院
埼玉県川越市小仙波町1-20-1
https://kitain.net/





[Today's recommendation]

wachat220814-22.jpg




https://youtu.be/0pRG9FJKARA



20220814 kitain-25
次号予告


17万石の風格 【川越城本丸御殿】

2022.08.14

 川越に用事があって朝から出かけた。

川越は北埼玉の実家に行くのに昔から通っていたが、街なかは人も車も多く駐車場事情も悪そうで、近くて遠い観光地という位置づけだった。
それが去年秋、農産物直売所「あぐれっしゅ川越」横に無料の市内観光用駐車場があることを知り、ガラッと認識が変わった。
さらに最近、クルマ的にきわめてストレスレスな伊佐沼ルートを開拓し、川越はずっと身近な存在になった。

あぐれっしゅ横駐車場は川越観光の中心地から1kmほどあるが、普段歩くことに慣れていればどうってことない距離である。
で、中心部へ歩いて向かうときに必ず通るのが「川越城本丸御殿」。


20220814 kawagoejo-31


気になりつつもほかに観光スポットの多い川越において優先順位的に上位に来づらいこういう施設でも、ちょこっとのぞいてみるべか…? となるのが、時間を無限に使える無料駐車場の効能である。
川越市観光課等はそのあたりをもっとアピールしてもよいのではないかと思う。


20220814 kawagoejo-32


実は今日の用事とは全然関係ないのだが、ちょこっとのぞいてみようかと。
なにしろ「川越城本丸御殿」、入場料はたったの100円。


20220814 kawagoejo-33


――川越城は、長禄元年(1457年)に、上杉持朝の命により、家臣の太田道真・道灌親子が築いたといわれています。江戸時代には江戸の北の守りとして重要視され、代々幕府の重臣が城主となっていました。現存する建物は嘉永元年(1848年)に建てられたもので、本丸御殿の一部として玄関・大広間・家老詰所が残り、川越藩17万石の風格をしのばせています。川越市HP


20220814 kawagoejo-34
詰所表側の廊下

20220814 kawagoejo-35
第一展示室に保存されている葵の御紋の入ったオリジナルの鬼瓦

20220814 kawagoejo-36
家老詰所(奥の建物)

20220814 kawagoejo-37
廊下(裏側)

20220814 kawagoejo-38
家老詰所

20220814 kawagoejo-39
家老詰所廊下

20220814 kawagoejo-40
36畳の大広間。欄間と川越藩御用絵師 船津蘭山による杉戸絵「朝日に松」

20220814 kawagoejo-41
大広間床の間に飾られた大鎧および天下三槍「御手杵の槍」の鞘「杵黒熊毛槍鞘」


本丸御殿とは城主が生活し政務を行う場所であり、虚構のお城のイメージと違い実務のニュアンスが感じられて興味深い。
立派な復元天守などよりむしろリアルに歴史に接する思いがする。

(つづく)


20220814 kawagoejo-42


[DATA]
川越城本丸御殿
埼玉県川越市郭町2-30-1
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kankospot/hommarugotenzone/hommarugoten.html





[Today's recommendation]

wachat220814-11.jpg




https://youtu.be/d-AjmHS7FcI



20220814 kawagoejo-43
次号予告


Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2