fc2ブログ

祈り ――川越寺社めぐり

2024.03.03

 今回歩いたのは川越の標準的な観光コースであり、自分としてもこれまで何度も通っているところだが、いつもより少しゆっくり、ていねいに見て回った。
通りかかった寺社仏閣にはなるべく立ち寄り手を合わせている。

川越編の最後に、今回めぐった寺社を、記事にしなかった分を含めまとめて掲載した。
(リンクの記事は過去のものを含みます)



◆ ◆ ◆

薬師神社
埼玉県川越市幸町15-7
https://koedo.or.jp/spot_001/

20240303 yakushi-tokinokane-18

川越のシンボル「時の鐘」の奥にある神社。もとは瑞光院医王院常蓮寺という寺で、明治維新の折に廃寺となり薬師神社と改める。明治の川越大火の翌年に時の鐘とともに再建された。(記事はこちら



蓮馨寺
埼玉県川越市連雀町7-1
https://renkeiji.jp/

20240303 kawagoe-16

河越夜戦(1546年)ののちに河越城の城将となった大道寺駿河守政繁の母・蓮馨尼の懇請により、浄土宗の僧・感誉を開山として創建された。正面の呑龍堂には呑龍上人の像が安置されており、“子育ての呑龍様”として親しまれる。(記事はこちら



川越 熊野神社
埼玉県川越市連雀町17-1
https://www.kawagoekumano.jp/

20240303 kawagoe-kumano-shrine-14

1590(天正18)年、蓮馨寺2世 然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まるといわれ、開運・縁結び・厄除けの神社として人気が高い。社紋は日本サッカーのシンボル八咫烏で、JFA(日本サッカー協会)公認“勝ち守り”も販売。(記事はこちら



川越八幡宮
埼玉県川越市南通町19-3
https://www.kawagoe-hachimangu.net/

20240303 kawagoe-15

1030(長元3)年、甲斐守源頼信により創建されたと伝わる。1028(長元元)年、下総国の城主 平忠常が謀反を企て武蔵国に攻め入った平忠常の乱(長元の乱)の際、源頼信が平定の祈願をここで行い、戦勝に感謝し創祀。(記事はこちら



喜多院
埼玉県川越市小仙波町1-20-1
https://kitain.net/

20240303 kawagoe-17

830(天長7)年、慈覚大師が無量寿寺を開いたのが始まりと伝えられる。1599(慶長4)年、徳川家の尊崇が厚かった天海僧正が第27世住職として入寺し、寺号を喜多院と改める。3代将軍徳川家光・春日局ゆかりの建物をはじめ多くの文化財を所蔵し、埼玉県を代表する寺院として全国的にも有名。(記事はこちら



日枝神社
埼玉県川越市小仙波町1-4-1
https://kitain.net/history/cultural-asset/spot11/

20240303 hie-shrine-23

平安初期の喜多院草創期より鎮守として境内に祀られており、近江日枝神社を勧請したものと伝えられている。赤坂の山王日枝神社は太田道灌が江戸城築城の際に川越日枝神社から城内紅葉山に分祀したもので、こちらが本社に当たる。(記事はこちら



三芳野神社
埼玉県川越市郭町2-25-11
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kankospot/hommarugotenzone/miyoshinojinja.html

20240303 kawagoe-18

平安初期の創建と伝えられ、川越城の鎮守として1624(寛永元)年、のちの城主酒井忠勝によって再建されたといわれる。京都北野神社(天満宮)を勧請したともいわれ、川越城築城により城内に位置することとなり、“お城の天神さま”と呼ばれた。わらべ唄「とおりゃんせ」発祥の地として知られる。(記事はこちら



◆ ◆ ◆

今回めぐっていない寺社仏閣も、まだまだたくさん。

2024.03.03川越編おしまい)


20240303 kawagoe-19
「川越城 本丸御殿」



[Today's recommendation]


https://youtu.be/kjtxHY-nlB4?si=oYvEy3KjyrhrQSK8



wachat240303-88.jpg



20240303 kawagoe-20


貴重な現存境内の茶屋 【名代焼だんご 松山商店】

2023.02.05

 前記事に「境内に常設の“茶屋”のある寺社は、小江戸川越をもってしても喜多院と蓮馨寺くらい」と書いているが、蓮馨寺境内の茶屋というのが、以前記事にした太麺やきそば「まことや」と、もう1店「名代焼だんご 松山商店」。


20230205 dangomatsuyama-11
右手前が「まことや」で、正面が「松山商店」(2021.10.21撮影)


正月に“雑司が谷七福神めぐり”で訪れた鬼子母神「おせんだんご」の栞に、“かつて雑司が谷鬼子母神境内には多数の茶屋・料理屋が立ち並んでいた”と書いてあり、想像力をかき立てられるものがあるが、蓮馨寺では実際にその名残を目にすることができるわけである。
現存の境内の茶屋は東京近郊でもなかなか珍しいのではないだろうか。


20230205 dangomatsuyama-12


「まことや」と「松山商店」は蓮馨寺HPでもバナーで紹介されている。


20230205 dangomatsuyama-13


――大正創業の松山商店の名物は「焼きだんご」。境内には醤油の香ばしい香りが漂い食欲をそそる。その他にもいなり寿司やのり巻き等があり、参拝客や地元常連客の憩いの場となっています。(蓮馨寺HP「醤油だんご 松山商店」より)


20230205 dangomatsuyama-14


年配のおとうさんとおかあさんでやられている素朴そのもののお店。
焼きだんごを2本。


20230205 dangomatsuyama-16

20230205 dangomatsuyama-17


店先の緋毛氈の腰掛けと、イートインのテーブル席


20230205 dangomatsuyama-18


腰掛けてだんごをほお張る。
生じょうゆ味の素朴そのものの焼きだんご。

(つづく)


20230205 dangomatsuyama-19


[DATA]
名代焼だんご 松山商店
埼玉県川越市連雀町7-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/4dzmnz-to88



wachat230205-77.jpg



20230205 dangomatsuyama-21
次号予告


ヒーリングのパワースポット 【蓮馨寺】

2023.02.05

 前記事の続きで、23位「蓮馨寺」。
「菓子屋横丁」からそのまま人通りの少ない裏通りで行ける。


20230205 renkeiji-11
第23位「蓮馨寺」


そもそも相方の実家に行くのに川越のど真ん中を通るのが最短で手っ取り早いので、観光客が多いなぁ… とか文句を言いながら通っていたのが川越で、自分も観光してみようと思ったのは1年ちょっと前くらいである。
そのきっかけの一つが蓮馨寺。


20230205 renkeiji-12


自転車単独行動の喜多院境内の「厄除けだんご ふかの」を記事にした際、やはりお寺さん境内に焼きそば屋さんがある旨、Instagramにコメントをいただいた。


20230205 renkeiji-13


門前または門ナカの茶屋というものには惹かれるものがあり、その10カ月後の最初の川越観光で食べたのが、コメントをいただいていた蓮馨寺境内の焼きそば「まことや」だった。


20230205 renkeiji-14蓮馨寺参道の「まことや」本店。その出店が蓮馨寺境内にある


そういう経緯もあり、蓮馨寺の自分的順位は23位よりだいぶ上。
境内に常設の“茶屋”のある寺社は、小江戸川越をもってしても喜多院と蓮馨寺くらいなのである。


20230205 renkeiji-15


蓮馨寺は1549(天文18)年、武蔵国河越城主大道寺政繁の母・蓮馨によって開基。

――河越夜戦(1546年)の後、河越城の城将となった大道寺駿河守政繁の母、蓮馨尼の懇請によって、浄土宗の僧・感誉を開山として創建したお寺です。正面の呑龍堂は大正初期の建築で、呑龍上人の像が安置されており、「子育ての呑龍様」として親しまれています。川越市HPより)

呑龍堂には、触ると病気が治るとされる釈迦の高弟・おびんずる様や、小江戸川越七福神巡りの福禄寿が祀られている。


20230205 renkeiji-16


ところで、境内には「まことや」のほか、もう1店たべもの屋さんがある。

(つづく)


20230205 renkeiji-17
次号予告


[DATA]
蓮馨寺
埼玉県川越市連雀町7-1
https://renkeiji.jp/
https://www.facebook.com/renkeiji.kawagoe/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/aAi5FHSkUAQ



wachat230205-55.jpg


リーズナブルに川越グルメ 【小川藤】

2022.04.28

 連休前の(たぶん)最後の仕事が夜のうちに来ていて、朝早くから取りかかれたのはありがたい。
9時すぎには片付けられ、気分はもうGW ヘ( ̄▽ ̄*)ノ ヒャッホーイ♪

…と、自分的にはGWでも世間一般的にはまだGWではないので、混んでいることはないだろうという読みから、観光地・川越に行ってみることに。


20220428 kawagoe-14-15


川越はときどき自転車で行くことはあったが、観光らしいことをしたのは去年10月が初めて。
そのときは到着が昼すぎになってしまい、とにかく何か食べないと… という観光どころじゃない状況で、見物したという満足感はいまひとつ得られていない。今回はその続き。

…が、自分的にはGWでも相方的にはやるべき仕事があり、川越到着12時半。
またもや、とにかく何か食べないと… ∑(_□_;) ii


20220428 kawagoe-20-21
蓮馨寺

20220428 kawagoe-16-17
川越八幡宮

20220428 kawagoe-18-19
川越熊野神社


蓮馨寺にお参りしたあと、蔵造りの町並み~時の鐘あたりで昼ごはんのお店を探す。
前回歩いてみて“川越=うなぎ”の構図が刷り込まれているが、GW初日(というか前日)からそんな出費をしていてはあとが持たない。ここはうなぎ以外で・・・


20220428 ogatoh-11-13


“蔵造りの町並み”は観光の中心。
食事ができそうなお店はやはりわれわれ向きではないなぁ… と一本東の川越街道を歩いていると、うなぎ屋の匂いが漂ってきた。


20220428 ogatoh-13-14


これはたまらん… と足早に通り過ぎようとしたが、ふと振り返ると相方がついてきていない。空腹のあまり匂いにあらがえず? うなぎ屋の前に立ち止まってしまっている。


20220428 ogatoh-15-16


「あんまり高くないよ」と言う。
ん、そうなの…? と、戻って店頭の品書きを見ると、うな重が2300円~とたしかにリーズナブル。
最安の品のうな丼(小)など1100円と、このご時世、激安と言っても過言ではない。

結局、うなぎ屋さんへ。


20220428 ogatoh-1720220428 ogatoh-18


「小川藤(おがとう)」は1923(大正12)年創業の老舗。
実は前回もここを通っており、川越でうなぎといえば真っ先に思い浮かぶお店だが、敷居が高そうな印象があった。
それだけに品書きの値段は、数字以上に安く思えたわけである。
おかみさんの接客もたいへん気さくで、敷居が高いどころか庶民的でとても居心地のいいお店なのだった。


20220428 ogatoh-2020220428 ogatoh-21


注文はうな丼(並)×2。
それと推しの強そうな“ほねせんべい”。


20220428 ogatoh-2220220428 ogatoh-23


意外なことにテーブル席2卓と小上がり1卓と狭い店内で、先客は小上がりに1組のみ。
…と思っていたら2階席もあって、僕らが食べ始めるころにお会計に立て続けに3組下りてきた。
あとで外観を見直して、ここの2階は絶対入ってみたいと思ったのだった。


20220428 ogatoh-24


まずほねせんべい。


20220428 ogatoh-25


ひとつつまんでぽりぽり食べ始めると、こ、これは…!
「ビ、ビール… ヽ(´д`)ノ ハァハァ…

クルマで来ているだけに、失敗失敗(笑)。


20220428 ogatoh-26-27


うな丼のふたを開けるときのわくわく感といったら!
開けたときの香ばしい香りが、これまたたまらない。
ひと口ほお張ると、おもわず出てしまう「おいしいねぇ~」


20220428 ogatoh-28-29


川越という歴史ある街で食べることに、ほかとは違う意味がある。


20220428 ogatoh-30-31


“川越=うなぎ”で、うなぎ屋さんに入ってはみたいが、観光地だけにお店選びは難しそうと。
歴史はあるが観光化していない、入るならそんな店にしたいという狙いに、ドンピシャなお店であった。


20220428 kawagoe-22-23


[DATA]
小川藤(おがとう)
埼玉県川越市松江町2-3-1
https://www.ogatou.jp/





[Today's recommendation]

wachat220428.jpg




https://youtu.be/SCm9O2KNEX4



20220428 kawagoe-24-2
大正浪漫夢通り


大正浪漫な芋ようかん 【味の店いせや】

2021.10.21

 前記事タイトル「門前〇〇そば」の〇〇はもちろん“焼き”だが、過去に同じタイトルを使ったことがあって、そのときの〇〇は“中華”だった。

そのタイトルについて、ヤバいことに前記事では“シリーズ”としているが、シリーズ化するほど門前〇〇そばがあるだろうかと。中華そばや焼きそばはほかにあってもおかしくないが、2回目に同じタイトルは使いづらいし、違うジャンルの〇〇そばであってほしいが、そんなものが存在するのかと。そもそも中華そばと焼きそばのほかに非蕎麦で“○○そば”という呼び名がどれほどあるだろうか…。沖縄そば? あとは、えーと…。

と、一人モヤモヤしてたんだが、大事なのは“○○そば”ではなく“門前”のほうだった (;^_^A


20211021 iseya-22


門前の茶屋というものに強くひかれ、それこそシリーズといっていいほど記事を上げてきた。前記事「まことや」もその一環である。
その「まことや」の写真にちょっと写っているように、蓮馨寺境内には焼きそば屋さんのほかにだんご屋さんもある。まさに門前の茶屋風。

せっかくだからハシゴしてだんごでも食べようかと思ったが、しょうゆの焼きだんごより、流れ的には甘いものかなぁ…。

ということで「名代焼だんご松山」は次の機会にということにして蓮馨寺をあとに。
蓮馨寺参道の立門前商栄会を「まことや本店」を過ぎて左折、レトロな雰囲気漂う通りで甘い物屋さんはすぐに見つかった。


20211021 iseya-1920211021 iseya-20


ここは大正浪漫夢通り。

――当商店街は、県内でも有数の歴史のある商店街です。中には、川越で江戸時代より連綿と続く店舗や、3代を越える店舗が数多く存在します。大正浪漫夢通りHPより)


20211021 iseya-1120211021 iseya-12


通りの中ほど、ひときわ目を引く洋風看板建築の「味の店いせや」。
創業1935(昭和10)年という老舗和菓子店である。


20211021 iseya-14


和菓子のほかに、いなり・のり巻き・茶めしなどが売られている。


20211021 iseya-17


酒まん、むしきんは決まり。
あとは川越だけに芋ようかんは外せないだろう。


20211021 iseya-1520211021 iseya-16


芋ようかんは2種類ある。聞いてみると少し違っていて、個包装のものは日持ちがするように作られているそうだ。
和菓子は生もの感覚でいただきたいので、パッケージされていないものを購入。


20211021 iseya-21


あずきのおいしさがよくわかる蒸しきんつばに、あっさりした甘みでなめらかな芋ようかん。
一つといわずもっと買えばよかったと後悔する。


20211021 iseya-18


ふっくら軽い仕上がりの酒まんじゅうはサイズ感もちょうどよく食べ歩きもおすすめ。
どれも破格のプライスで川越の懐の深さを感じた。

(つづく)


20211021 iseya-13


[DATA]
味の店いせや
埼玉県川越市連雀町13-6





[Today's recommendation]

wachat211021-2.jpg




https://youtu.be/ABm7nMVyNh4



20211021 iseya-23
「名代焼だんご松山」


門前〇〇そばシリーズ 【まことや 蓮馨寺】

2021.10.21

 2回目のワクチン接種から2カ月以上経過したこともあって、相方は実家に顔出しに行っている。車で迎えに行きがてら加須のうどんなど県北グルメを楽しむのを恒例としているが、今回は趣向を変えてみることに。
行き帰りには川越の街なかを通る。早めの時間に迎えに行って、帰りに川越観光をしようと。

朝7時に家を出て実家に10時、そそくさとお暇して、川越に12時すぎに到着。


20211021 makotoya-11


農産物直売所「あぐれっしゅ川越」横に無料の市内観光用駐車場(あぐれっしゅと共用)があることを事前に調べてあった。


20211021 makotoya-12


観光の中心「小江戸川越一番街商店街 蔵造りの町並み」まで直線距離で1kmあるが、途中川越城址の「本丸御殿」や「中ノ門堀跡」といった観光スポットもあるし、まったく問題ない距離感である。


20211021 makotoya-13


まず昼ごはん。
朝ごはんが早かったのと長時間運転しているのとで、おなかがペコペコだ。


20211021 makotoya-14


川越にはぜひとも食べてみたいものがある。
1月のこと、喜多院境内の「厄除けだんご ふかの」を記事にした際、Instagramにコメントをいただいた。

――川越はお寺にあるお店の焼きそばも有名なのでぜひ!

これは気になるだろう w( ̄o ̄)w オオッ!


20211021 makotoya-1520211021 makotoya-16


“川越_寺_焼きそば”で簡単にヒットする。
そのお寺は蓮馨寺。焼きそばは「まことや」という、テレビ番組にもよく取り上げられる有名店らしい。


20211021 makotoya-17
正面が呑龍堂


蓮馨寺は本川越駅と「時の鐘」の中間あたりに位置する。
1549(天文18)年、川越城主の母・蓮馨によって創建された浄土宗の寺院。触ると病気が治るとされる“おびんずる様”や小江戸川越七福神“福祿寿”が祀られている人気スポット。


20211021 makotoya-18
右を向くと鐘つき堂


門を入って正面の呑龍堂(本堂祈願所)への参道の途中、右を向くと鐘つき堂。
その手前に焼きそば物件はあった。


20211021 makotoya-19
呑龍堂から振り返るとこんな感じ


人気店ということで混んでいることも想定したが、境内は長閑なもの。
というか、街全体に人出は少ない。


20211021 makotoya-2020211021 makotoya-21
鐘つき堂と「まことや」


宣言や措置がすべて解除され新規感染者数も減少を続けているこのタイミングで、川越は絶対混む。
だからこそ平日に重なった今回、観光を思い立ったわけだが、想定以上にすいていて気兼ねなく歩くことができたのである。


20211021 makotoya-2220211021 makotoya-23


“小江戸川越 太麺焼きそば”並・大・特大とある。


20211021 makotoya-26


ハラペコだが、いちおう観光なのでこのあとも何か食べたくなるかもしれず、注文は並2つと。
注文から意外に時間がかかるので、ちゃんと調理してる感じ。


20211021 makotoya-27


太麺の焼きそばは昨今ご当地B級グルメ等で食べる機会が多いのかもしれない。そういうのに疎いので、“極太”と事前に調べがついていたにもかかわらず、あまりの太さに驚いた。太めのうどんくらい太い?
具はキャベツと鶏ひき肉とシンプル。


20211021 makotoya-28


受け渡し口にソースが置いてあり、聞いてみると「まずは食べてみて、必要なら」とのこと。
鶏のだし汁を使うとどこかで見たが、太麺にもしっかり味を吸わせてあるようで、たしかにソース不要な感じ。
同じく備え付けの七味をアドバイスどおり皿の隅にちょこっと振る。


20211021 makotoya-2920211021 makotoya-30


もちもちの太麺。
かみしめていると、頭をよぎるのは、やっぱりうどん。
加須あたりでうどんを食べるのとあまり変わらないかもしれない体験で、そういう文化圏で動いている。


20211021 makotoya-31


お寺を出てそのまま真っすぐ続く参道らしき通りから、あらためて歩き始める。
すぐに同じ「まことや」というお店に出くわし、あ、本店かぁ… と。
川越は歩いてみると相当奥深いものがありそうだ。

(つづく)


20211021 makotoya-3220211021 makotoya-33


[DATA]
まことや 蓮馨寺
埼玉県川越市連雀町7-1 連馨寺境内
https://renkeiji.jp/%E5%B0%8F%E6%B1%9F%E6%88%B8%E8%8C%B6%E6%88%BF%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%84/
https://www.facebook.com/kawagoemakotoya/





[Today's recommendation]

wachat211021-1.jpg




https://youtu.be/VrFXacfQjRU



20211021 makotoya-34
朝は早い


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2