fc2ブログ

フラッとお参り 【川越八幡宮】

2024.01.27

 久々に自転車で川越へ。
川越はウチから見れば真北に当たり、冬場にわざわざ北へ行こうという気にはならないし。
このところ日が延びたのがはっきり感じられ、気分も明るくなって… みたいな?
あと日が延びたとはいえ北風は吹き続いており、帰りに向かい風というのはシンドイので、北へ。

普段通らないR254経由で新宿町交差点から川越駅東口方面へ抜け、見覚えがあるというか以前使ったことのある東武ストア裏の駐輪機のところに差しかかり、ここでいっか… と自転車を止める。
そのまま川越中心部「蔵造りの町並み」方向へと当たりをつけて歩いた道には“八幡通り”の標識。
せっかくだからお参りしていくか…。


20240127 kawagoehachimanshrime-11


川越八幡宮はこんな感じでときどきフラッとお参りしている。


20240127 kawagoehachimanshrime-12


いつも八幡通り側の裏参道から。


20240127 kawagoehachimanshrime-13


朱塗りの灯篭が並ぶ絵になる参道で、水鉢に浮き花が飾られいっそう華やか。


20240127 kawagoehachimanshrime-14


表参道から入り直し社殿へお参り。


20240127 kawagoehachimanshrime-15

20240127 kawagoehachimanshrime-16

20240127 kawagoehachimanshrime-17

20240127 kawagoehachimanshrime-18


川越八幡宮は1030(長元3)年、甲斐守源頼信により創建されたと伝えられる。1028(長元元)年、下総国の城主 平忠常が謀反を企て武蔵国に攻め入った平忠常の乱(長元の乱)の際、源頼信が平定の祈願をここで行い、戦勝に感謝し創祀したもの。


20240127 kawagoehachimanshrime-19


二の鳥居をくぐって右手に手水舎。


20240127 kawagoehachimanshrime-20

20240127 kawagoehachimanshrime-21

20240127 kawagoehachimanshrime-22


龍の吐出口の手水鉢も、もちろん花手水。
辰年を象徴する絵柄かも。


20240127 kawagoehachimanshrime-23


社殿左手には「厄除(桃)の神様」。

――古来より、桃は魔除けの果実として崇められており、昔話の桃太郎の鬼退治も魔を祓う桃の霊力に由来します。神社HPより)


20240127 kawagoehachimanshrime-24


その奥には「目の神様」。
昨秋、夫婦そろって眼科検診に引っかかっているだけに(こちらも参照ください)、このような神仏は避けて通れなくなっている。


20240127 kawagoehachimanshrime-25

20240127 kawagoehachimanshrime-26


これまでお参りといっても願い事は家内安全とか日々安寧にといった漠然たるものだったところ、一転、即物的事情に変化しているあたり、人生のステージを感じるといいましょうか… ( ̄- ̄;) ンー


20240127 kawagoehachimanshrime-27


たまたま目の神様だったが、こちらの神社のオープンで明るい雰囲気が好きで、いつも立ち寄っている気がする。

(つづく)


20240127 kawagoehachimanshrime-28


[DATA]
川越八幡宮
埼玉県川越市南通町19-3
https://www.kawagoe-hachimangu.net/
https://www.facebook.com/profile.php?id=100064673562921
https://twitter.com/gShPgGNoooFEXA2
https://www.instagram.com/kawagoehachimangu_official/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/0QDKJRAxMSw?si=D3LUBF5v5ORCP-1h



wachat240127-11.jpg



20240127 kawagoehachimanshrime-30
次号予告


リーズナブルに川越グルメ 【小川藤】

2022.04.28

 連休前の(たぶん)最後の仕事が夜のうちに来ていて、朝早くから取りかかれたのはありがたい。
9時すぎには片付けられ、気分はもうGW ヘ( ̄▽ ̄*)ノ ヒャッホーイ♪

…と、自分的にはGWでも世間一般的にはまだGWではないので、混んでいることはないだろうという読みから、観光地・川越に行ってみることに。


20220428 kawagoe-14-15


川越はときどき自転車で行くことはあったが、観光らしいことをしたのは去年10月が初めて。
そのときは到着が昼すぎになってしまい、とにかく何か食べないと… という観光どころじゃない状況で、見物したという満足感はいまひとつ得られていない。今回はその続き。

…が、自分的にはGWでも相方的にはやるべき仕事があり、川越到着12時半。
またもや、とにかく何か食べないと… ∑(_□_;) ii


20220428 kawagoe-20-21
蓮馨寺

20220428 kawagoe-16-17
川越八幡宮

20220428 kawagoe-18-19
川越熊野神社


蓮馨寺にお参りしたあと、蔵造りの町並み~時の鐘あたりで昼ごはんのお店を探す。
前回歩いてみて“川越=うなぎ”の構図が刷り込まれているが、GW初日(というか前日)からそんな出費をしていてはあとが持たない。ここはうなぎ以外で・・・


20220428 ogatoh-11-13


“蔵造りの町並み”は観光の中心。
食事ができそうなお店はやはりわれわれ向きではないなぁ… と一本東の川越街道を歩いていると、うなぎ屋の匂いが漂ってきた。


20220428 ogatoh-13-14


これはたまらん… と足早に通り過ぎようとしたが、ふと振り返ると相方がついてきていない。空腹のあまり匂いにあらがえず? うなぎ屋の前に立ち止まってしまっている。


20220428 ogatoh-15-16


「あんまり高くないよ」と言う。
ん、そうなの…? と、戻って店頭の品書きを見ると、うな重が2300円~とたしかにリーズナブル。
最安の品のうな丼(小)など1100円と、このご時世、激安と言っても過言ではない。

結局、うなぎ屋さんへ。


20220428 ogatoh-1720220428 ogatoh-18


「小川藤(おがとう)」は1923(大正12)年創業の老舗。
実は前回もここを通っており、川越でうなぎといえば真っ先に思い浮かぶお店だが、敷居が高そうな印象があった。
それだけに品書きの値段は、数字以上に安く思えたわけである。
おかみさんの接客もたいへん気さくで、敷居が高いどころか庶民的でとても居心地のいいお店なのだった。


20220428 ogatoh-2020220428 ogatoh-21


注文はうな丼(並)×2。
それと推しの強そうな“ほねせんべい”。


20220428 ogatoh-2220220428 ogatoh-23


意外なことにテーブル席2卓と小上がり1卓と狭い店内で、先客は小上がりに1組のみ。
…と思っていたら2階席もあって、僕らが食べ始めるころにお会計に立て続けに3組下りてきた。
あとで外観を見直して、ここの2階は絶対入ってみたいと思ったのだった。


20220428 ogatoh-24


まずほねせんべい。


20220428 ogatoh-25


ひとつつまんでぽりぽり食べ始めると、こ、これは…!
「ビ、ビール… ヽ(´д`)ノ ハァハァ…

クルマで来ているだけに、失敗失敗(笑)。


20220428 ogatoh-26-27


うな丼のふたを開けるときのわくわく感といったら!
開けたときの香ばしい香りが、これまたたまらない。
ひと口ほお張ると、おもわず出てしまう「おいしいねぇ~」


20220428 ogatoh-28-29


川越という歴史ある街で食べることに、ほかとは違う意味がある。


20220428 ogatoh-30-31


“川越=うなぎ”で、うなぎ屋さんに入ってはみたいが、観光地だけにお店選びは難しそうと。
歴史はあるが観光化していない、入るならそんな店にしたいという狙いに、ドンピシャなお店であった。


20220428 kawagoe-22-23


[DATA]
小川藤(おがとう)
埼玉県川越市松江町2-3-1
https://www.ogatou.jp/





[Today's recommendation]

wachat220428.jpg




https://youtu.be/SCm9O2KNEX4



20220428 kawagoe-24-2
大正浪漫夢通り


厄除け魔除け 疫病退散 【厄除けだんご ふかの】

2021.01.20

 前記事に書いたように仕事が一段落してヒマな時期に入ったので、久々に自転車で遠出することにした。

密を避けるため初詣の分散化が呼びかけられ、うちでも12月に先取りの“幸先詣”を行っているが、寺院・神社では初詣期間を節分(2月2日)や旧正月(2月12日)ころまでに設定しているところが多いようで、まだまだ有効期限内。
そんなわけで一大初詣スポット・川越に。

寺社めぐりの主目的は物見遊山。
お伊勢参りは団体観光旅行の始まりといわれる。そういった文化・風俗的背景に興味があるのであって、信仰心からお参りをするわけでもない。
川越はきっぱり観光地なので、まあ観光目的(というか下見)と思っていただいて差し支えない。


kawagoe20210120-25.jpg
埼玉区間だけでも約45km! © OpenStreetMap contributors


朝8時半に家を出て川越の街なかに入ったのが10時半。
川越八幡宮、川越大師 喜多院、川越氷川神社と回る。


20210120 yakuyokedango-28
川越八幡宮


川越には寺社が多くお勧めコースなども設定されているが、下調べをしない・出先で地図を見ない人間なので、漠然と位置を把握している3カ所を回ったと。


20210120 yakuyokedango-29
川越氷川神社


いずれも人気スポットで、なかでも喜多院は例年の初詣客数で県内3位の40万人強とのこと。
まだ比較的人出が多く、屋台も出ている。


20210120 yakuyokedango-23
川越大師 喜多院


周辺には“門前うどん”“甘酒茶屋”“茶そば”“開運だんご”といった門前の茶屋風のお店も多く惹かれるものがあるが、そこまでどっぷり観光の気分でもない。
さっき“下見”と書いたのはそういう意味で、1人だとなかなか…。


20210120 yakuyokedango-24


境内の「厄除けだんご ふかの」でおだんご3本パックを買う。


20210120 yakuyokedango-2520210120 yakuyokedango-26



焼きしょうゆの香ばしい匂いがたまらず、その場で1本いただく。
味付けは生じょうゆで、地元(狭山丘陵周辺)の焼きだんごと一緒。同じ文化圏と知ってうれしくなった。


20210120 yakuyokedango-2220210120 yakuyokedango-21


川越観光の中心「一番街 蔵造りの町並」や「時の鐘」周辺は閑散としている。
去年3月の三連休に車で通過したときはものすごい人出で、いわゆる“気の緩み”の象徴的光景として記憶に残っているが、これほどひと気のない川越もまた異様。観光客相手のお店がほとんどだろうから、人ごとながら心配になる。


20210120 yakuyokedango-31


車で1時間、電車なら30分かからない。
じっくり回ったら絶対楽しいはずで、コロナが収束したら絶対ちゃんと観光しに来よう。


20210120 yakuyokedango-27


[DATA]
厄除けだんご ふかの
埼玉県川越市小仙波町1-19-2





[Today's recommendation]

wachat20210120.jpg




https://youtu.be/5gtBYUvd4RE



20210120 yakuyokedango-32
狭山市堀兼


Latest Articles
いちごの里のうどんは… 【楽楽庵】 Feb 25, 2024
産直! いちご大福🍓 【道の駅 いちごの里 よしみ】 Feb 24, 2024
光る対応力でメニューを拡充 【森のキッチン】 Feb 23, 2024
2月22日は… 【おかき屋 百代】 Feb 22, 2024
タンメンの塩梅 【はつね】 Feb 20, 2024
ゆっくりな時間が流れる 【ジャスミン】 Feb 19, 2024
新回転寿司…? 【独楽寿司 町田木曽店】 Feb 18, 2024
異国情緒あふれる古刹 【山口観音】 Feb 17, 2024
観光地感を醸し出す 【観音茶屋】 Feb 15, 2024
見どころいっぱい 【狭山不動尊】 Feb 14, 2024
昭和ノスタルジックな風情の 【レストラン蘭】 Feb 13, 2024
世界が認めたCraft GIN 【マツザキ 中福本店】 Feb 12, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2