fc2ブログ

観光ハイな人々 【道の駅みょうぎ】

2023.05.05

 今回の群馬の旅の目的地は「小根山森林公園・野鳥の森」のエビネ自生地と「妙義神社」の2つ。その真ん中に偶然、峠の釜めしで有名な「おぎのや」があり、ぐっと観光らしい組み立てになった。
GW期間に1回くらいは観光っぽいことをしたいと思っていたので、かなり満足。


20230505 myogi-bc-11


妙義神社はGoogleマップで調べたところ参道に土産物屋やそば屋があり、けっこう観光化されてるっぽい。


20230505 myogi-bc-1420230505 myogi-bc-1520230505 myogi-bc-16


僕にとって寺社参りは物見遊山であり、寺社そのものとは別に門前・鳥居前も気になるのである。
妙義神社の鳥居前には道の駅もあり、観光資源であると同時に足の便も担っている。


20230505 myogi-bc-12


前記事の「おぎのや 横川店」から「道の駅みょうぎ」までは約6.5km、わずか十数分の距離である。


20230505 myogi-bc-13


駐車場の真ん前に妙義山(白雲山)がドーンと。
まさに絶景!
妙義山は、ぜひ見てみたいが絶対登ることはないと思っている山であり、これがジャストな距離感といえよう。


20230505 myogi-bc-17


そのまま妙義神社にお参りに行ったので(次記事掲載予定)、記事的には時系列が前後するが、神社から戻ってソフトクリームが食べたくなった。


20230505 myogi-bc-18


小根山森林公園・野鳥の森はそれなりに体力を使う山歩きだったし、好天で気温も上がって、喉が渇いている。


20230505 myogi-bc-19


それにしても、ソフトクリームなんてめったに食べることはないので、一種の“観光ハイ”といえよう。
いちごとミルクのミックスにしちゃったりなんかして。。。
冷たくて甘くておいしいぞ (;^_^A


20230505 myogi-bc-20


自宅用お土産に包み焼き餅というものも買う。


20230505 myogi-bc-21


あんこがおいしく、香ばしい焼き餅とのコンビネーションが素朴でよい。


20230505 myogi-bc-22


次回、霊峰妙義へ。

(つづく)


20230505 myogi-bc-23


[DATA]
道の駅みょうぎ
群馬県富岡市妙義町岳322-7
https://www.myogi-bc.jp/
https://twitter.com/myogi_bc
https://www.instagram.com/michinoeki_myogi/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/YSuHrTfcikU



wachat230505-55.jpg



20230505 myogi-bc-24
次号予告


観光気分満喫! 【峠の釜めし本舗 おぎのや 横川店】

2023.05.05

 話は前々記事に戻る。

上信越道・松井田妙義ICを下りて小根山森林公園・野鳥の森に向かう途中、ドーンという感じでお釜のIN看板が目に留まった。
「おぎのや」と書いてある。

おぎのやって、あのおぎのや?
そういえばさっき標識かなんかで横川って文字見たな…。
えー、そんなとこまで来ちゃったの!?

このときようやく、ずいぶん遠くまで来ちゃった感が生じたという。


20230505 oginoya-11


横川の「荻野屋」といえば、言わずと知れた超有名駅弁・峠の釜めしの製造元。

北陸新幹線開業に伴い信越本線 横川-軽井沢間が廃止され… というマイナス要素が強くインプットされているため、デパートの駅弁フェアなど催事ドサ回り… みたいなイメージを勝手に思い描いていた峠の釜めしだが、看板の主「おぎのや 横川店」は実に堂々たるドライブイン風の構えである。


20230505 oginoya-12


絶対的看板商品をもってすればいかなる事業展開も可能と。
そりゃ電車じゃなくても車で横川あたりを走っていて“釜めし”の看板見れば、入ってみようか… と思うのが人情というもの。


20230505 oginoya-13


もとより“観光”というテーマを掲げるワタクシにとっておあつらえ向きのネタであり、昼ごはんは「おぎのや」の釜めしと、その時点で決まっていたようなもの。


20230505 oginoya-14


というわけで、前記事の小根山森林公園・野鳥の森のあと「おぎのや」に直行した次第。


20230505 oginoya-15


行きは気づかずに素通りしたが、小根山森林公園の上り口からわずか400mほどのところにJR横川駅がある。
「おぎのや 横川店」は駅の南側のR18(中山道)沿い。


20230505 oginoya-16


11時を回ったところだが、駐車場の時点でかなり混んでいる。
土産物店併設の高速道路SAのようなつくりでいろいろ見て回りたくなるが、もたもたしてると大変なことになりそうなので、とっとと食事にすることに。


20230505 oginoya-17


しかしフードコート「たびーとキッチン(tabeat kitchen)」はその時間ですでに臨戦態勢だったという。


20230505 oginoya-18

20230505 oginoya-19


なんとか席を確保し、券売機へ。
峠の釜めし・小そばセット1550円と上州舞茸天ぷらうどん850円をポチッとな。


20230505 oginoya-20


釜めしは駅弁のパッケージそのものがドーンとトレーにのってる。


20230505 oginoya-22


かなり奇異な印象を受けるが、違う荷姿で出てこられたら…? と考えたら、これしかありえないのである。


20230505 oginoya-24


釜めしの具のあんずと香の物のなす漬けが、昔もいまもインパクト大。
あとで土産物の売店で漬物セット(あのパッケージ)がないものかと探したが見つからず、残念。


20230505 oginoya-26


益子焼の容器はもちろん持ち帰ったが、1週間後までにはキッチンの棚の奥深くにしまわれてしまったもよう。


20230505 oginoya-25


舞茸天うどんは、ボリュームのある舞茸の天ぷらが3つ4つ。


20230505 oginoya-23


うどんはツルッとでなくゴツゴツした食べ応えの武蔵野系に近い素朴な田舎うどん。
油をよく吸ったキノコの天ぷらとの相性抜群なタイプ。


20230505 oginoya-28


峠の釜めしを食べるのはいつ以来だろう。
初めて食べたのは大学2年の春休み、ヨネオカくんと2人で電車で富山に向かう途中… いや帰り… いやいや両方だったかな?

“現地”で食べたのはそれ以来という、実は貴重な機会なのであった。

(つづく)


20230505 oginoya-21


[DATA]
峠の釜めし本舗 おぎのや 横川店
群馬県安中市松井田町横川297-1
https://www.oginoya.co.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/NRE3Bv1goyI



wachat230505-33.jpg



20230505 oginoya-29
次号予告


Latest Articles
増量サービス中!?😅 【忠豊】 May 22, 2024
近場旅行の醍醐味 【JA女性部 さとやま工房】 May 21, 2024
おもてなしの味 【すきふね】 May 20, 2024
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2