fc2ブログ

穴場的ツツジの名所は…? ――吉野山園地

2022.04.29

 自分のInstagram投稿に“GW、泊まりがけはまだちょっとアレなので、毎日#近場観光 かな…”と書いている。
自宅を観光地の宿と見立てて名所を巡っているイメージかなぁ…

川越に続く2日目は、青梅の愛宕神社へ。

インスタのフォロイーさんの投稿で最近知ったんだが、こちらはツツジの穴場的スポット。
同じ青梅市のツツジの名所・塩船観音寺を訪れた3週間前にはまだ花には早かったので、ちょうどいいころかと思った。


20220429 yoshinoyamaenchi-1120220429 yoshinoyamaenchi-12


事前に調べたところ、このエリアは“吉野山園地”という名勝で、無料の駐車場もある。
その駐車場のすぐ横に立派なお寺さんがあるので、まずそちらにお参りに。


20220429 yoshinoyamaenchi-1320220429 yoshinoyamaenchi-14
即清寺山門

20220429 yoshinoyamaenchi-15
鐘楼

20220429 yoshinoyamaenchi-1620220429 yoshinoyamaenchi-17
本堂


即清寺は平安時代に神域の守護のため愛宕神社とともに創建されたとされる。
正面の山腹を歩けそうなので登り口に行ってみる“山内新四国霊場 第弐番”と書いてある。


20220429 yoshinoyamaenchi-18


あとで調べたところ、こちらの愛宕山には江戸末期の慶應年間、即清寺住職により山内新四国八十八箇所霊場が開創されたと。
その二番から三番の途中で挫折して早々に下山した軟弱なわしらって… ( ̄ω ̄;)


20220429 yoshinoyamaenchi-1920220429 yoshinoyamaenchi-20
二番と三番の間から見下ろす景色もすでに雄大


庭の手入れをしている女の方にお話を伺うと、「京都の景色に似ているらしくて、京都ということで撮影に使われたこともあるんです(笑)」と。
たしかに鐘楼などはかなり絵になると思う。


20220429 yoshinoyamaenchi-21


愛宕神社への裏のルートを教えてもらい、ぶらぶら向かう。
途中、「吉川英治記念館」の裏手にセッコクのような香りが漂っていて、気になってしつこくのぞき込んだがわからずじまい(記念館未訪問)。
お寺の女の方が「山が赤く見えますから」と言っていた愛宕山だが、残念ながら花の盛りは過ぎたもよう。

参拝は吉野街道の一の鳥居から。


20220429 yoshinoyamaenchi-2220220429 yoshinoyamaenchi-23
吉野街道に面した一の鳥居

20220429 yoshinoyamaenchi-2420220429 yoshinoyamaenchi-25
実相寺昭雄監督作品に出てきそうな二の鳥居

20220429 yoshinoyamaenchi-2620220429 yoshinoyamaenchi-27
三の鳥居

20220429 yoshinoyamaenchi-2820220429 yoshinoyamaenchi-29
愛宕神社の急階段を今年2回も登ったので、出世間違いなし?


20220429 yoshinoyamaenchi-3020220429 yoshinoyamaenchi-31


塩船観音とは同じ青梅市だが多摩川に隔てられだいぶ地域が異なるとはいえ、塩船ではまだほとんど咲いていなかったツツジが愛宕神社では散っている。
諸行無常と申しましょうか。

ムジョーに、ハラも減る。。。

(つづく)


20220429 yoshinoyamaenchi-3220220429 yoshinoyamaenchi-33


[DATA]
吉野山園地
東京都青梅市柚木町1丁目





[Today's recommendation]

wacha220429.jpg




https://youtu.be/OkAe0xmvczI


壮観な花の寺 【塩船観音寺】

2022.04.09

 前記事の続きで、「そば処 もとはし」で食事中、ふと窓の外を見ると霧雨が降りだしている。
お店を出るまで雨は強まりこそしないが弱まる気配もなく。
一瞬ちゅうちょしたが、せっかく来ているので予定どおり塩船観音を見物することに。


20220414 shiofune-kannon-1120220414 shiofune-kannon-12


前記事冒頭の写真のように、「もとはし」のすぐ先に塩船観音寺の山門(仁王門)がある。
門の横にある境内案内図を見ると、奥側が寺院を囲むようにつつじ園となっている。


20220414 shiofune-kannon-1320220414 shiofune-kannon-14


左側の舗装道路を行くのが近そうだが、ちゃんとお参りしましょう。
山門くぐるところから。


20220414 shiofune-kannon-1520220414 shiofune-kannon-16
仁王門(国指定重要文化財)


山門もその後ろの阿弥陀堂も古びていてたいへん趣きがある。
あとで調べると、どちらも国指定重要文化財。


20220414 shiofune-kannon-1720220414 shiofune-kannon-18
阿弥陀堂(国指定重要文化財)


このあと本堂までの建物建物、超然たる存在感を放っているのであった。


20220414 shiofune-kannon-1920220414 shiofune-kannon-20


阿弥陀堂の後ろに入山券売場というものがある。
“つつじまつり4月中旬~5月上旬・大人300円”と。

再びちゅうちょしたが、売り場の小屋にひと気がなくまだ祭り期間に入っていないようなので、そのまま入場。

前記事に書いている“盛り直前の絶妙なタイミング”というのはそういうこと。
花の盛りには金もかかるし人も多いと。


20220414 shiofune-kannon-2120220414 shiofune-kannon-22
薬師堂(青梅市有形文化財)

20220414 shiofune-kannon-2320220414 shiofune-kannon-24
本堂(国指定重要文化財)


20220414 shiofune-kannon-2720220414 shiofune-kannon-28
本堂(右)と、鐘楼(青梅市有形文化財)


ところで、都内でツツジといえば根津神社が思い浮かび、あんな感じかなぁ… と、漠然と想像していた。
薬師堂から階段を上って本堂にお参りし、左に向き直ると、(旧)鐘楼の向こうに見下ろす形で寺院中枢とその背後のつつじ園が垣間見える。
そのまま下ってもよいが、さらに小高い位置にある(新)鐘楼へと上る。


20220414 shiofune-kannon-2920220414 shiofune-kannon-30


そこからの眺めは、まさに壮観。
根津神社が吹っ飛ぶくらいの壮大なスケールのつつじ園が広がっていたのである。


20220414 shiofune-kannon-3120220414 shiofune-kannon-32


――塩船とは、周囲の地形が小丘に囲まれ 舟の形に似ており、仏が衆生を救おうとする大きな願いの舟である『弘誓の舟』になぞらえて塩船と名づけられ…HPより)

舳先にはフィギュアヘッドのごとく観音様がおわします。


20220414 shiofune-kannon-3320220414 shiofune-kannon-34


花の見ごろはもう少し先?
咲きそろえば、それは見事な景色になるのだろう。
わずかに咲いていたのは、なかなか自然な趣のあるつつじ。


20220414 shiofune-kannon-5020220414 shiofune-kannon-51


地元の方であろうか、お宮参りに遭遇。
人々の暮らしに溶け込んでいる存在のようだ。


20220414 shiofune-kannon-3520220414 shiofune-kannon-36


昭和の観光地を思い出させるような土産物屋があり、人もちらほら。
だんごの幟にひかれ入ってみることに。


20220414 shiofune-kannon-4120220414 shiofune-kannon-42
※許可をいただいて撮影


だんごとソフトクリームしか気づかなかったが、HPにはそば・うどんメニューも載っている。
ホールは明らかに席を間引いてあるので、コロナで食事メニューは休止中なのかも。
少々寂しさを感じつつ、往時のにぎわいに思いをはせる。


20220414 shiofune-kannon-3920220414 shiofune-kannon-40


焼きだんごができるまで5分くらい待つが、焼きたては手に温かくしょうゆの香りも引き立つ。
早速食べてみると、生地の滑らかさとやわらかさが上品で、生じょうゆがすっきりキリッとした味わい。
天気がよければビールのつまみにもなりそう… だが、車で来るところだし、それは無理か。


20220414 shiofune-kannon-5520220414 shiofune-kannon-56


前記事に“門前の茶屋”と書いているが、こっちは本物のそれだった。
今度はうどん食べに来たい。


20220414 shiofune-kannon-5720220414 shiofune-kannon-58


というか、満開のつつじは一度見ておかなければ。


20220414 shiofune-kannon-6320220414 shiofune-kannon-64


[DATA]
塩船観音寺
東京都青梅市塩船220-1
http://www.shiofunekannonji.or.jp/





[Today's recommendation]

waka220414-22.jpg




https://youtu.be/9biJdTz8GaI


観光はじめました ――御岳山

2021.09.23

 第5波がピークアウトの様相を呈しているとはいえまだ油断できる状況ではないが、これまでと違うのはワクチン接種が進んでいること。少し楽観的に考えてもいいんじゃないかと。もちろんマスクなど社会的マナーを大前提としての話。

観光がしたくてしょうがない。
予行演習的に最寄りの観光地・御岳山に行ってみることに。


20210923 mitake-21


秋分の日の朝。
御岳行きは起きてから決めたことなので、出遅れ感はぬぐえない。


20210923 mitake-22


9時すぎに出発してケーブルカー御岳登山鉄道の滝本駅近くの駐車場に10:15。


20210923 mitake-2320210923 mitake-24


なにげなく入った民間の? 駐車場に止めている間、上から引き返してきた車が満車で断られていた。うちが最後の1台だったもよう。駅隣接の駐車場は空き待ちの列。
初っぱなから運に恵まれる。


20210923 mitake-25-220210923 mitake-26


Suicaのチャージ金額が少なそうだったので券売機で往復チケットを買う(相方がまとめて)


20210923 mitake-27


ケーブルカーは10:30発。
家を出て1時間半で山の上。


20210923 mitake-2820210923 mitake-29


御岳山駅周りの土産物屋や展望台などをぶらぶら。


20210923 mitake-3020210923 mitake-31


急ぐ理由はまったくないし、ケーブルカー同乗者の人並みがはけるのを待って歩きだそうと。


20210923 mitake-32


「リフト…」と、リフト乗り場を指さす相方。
「ん…? リフト乗りたい?(笑)」
「リフトとセットの券、買ってあるから」
「な、なにゆえ…?」


20210923 mitake-3320210923 mitake-34


謎の行動のおかげでリフトに乗れた ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


20210923 mitake-3520210923 mitake-36


リフトを降りた先には大展望台と産安社。
“大”というわりにショボいつくりの展望台だが、眺めはバッチリ。


20210923 mitake-3720210923 mitake-38
20210923 mitake-39


せっかくだから産安社にお参り。
パワースポットということなので。


20210923 mitake-46


杉林をぶらぶら下っていくと、御岳山ふれあいセンターのところでメインの通り(十里木御嶽停車場線)と合流する。


〈御岳山の秋の花々―その1〉
20210923 mitake-4020210923 mitake-4120210923 mitake-42
アザミ類、オクモミジハグマ、ゲンノショウコ

20210923 mitake-4320210923 mitake-64
シラネセンキュウ、ツリフネソウ


結果論として、道をそれたことで花をたくさん見ることができた。
人生にムダな回り道はないという。


20210923 mitake-47


馬場家御師住宅の上のあたりで揚げパンが売られている。
正月の『一切れのパン』作戦を思い出して1個購入。


20210923 mitake-4820210923 mitake-49


この先、上り勾配がきつくなる。
御岳山に来るのは3回目か4回目だが、こんなに上った覚えがないんだが… ( ̄∇ ̄;)!?

でもそこの角を曲がるとにぎやかな門前町になっているはず。


20210923 mitake-50


たしかに記憶のとおりの門前の茶屋街ではあるが…
通りはひっそりと……。
緊急事態宣言につき全店営業を自粛しているようなのだ。


20210923 mitake-51

20210923 mitake-52

20210923 mitake-53


以前、ここのどのお店かで食事をしたことを覚えている。土産物屋に併設の食堂で、お決まりの山菜そば等を食べたと思うが、うまいとかうまくないとかということではなく、そういうのが好きだ。
観光の醍醐味で、ひそかに楽しみにしていただけに、残念。


20210923 mitake-5420210923 mitake-55


とりあえずお参りを済ませないと。


20210923 mitake-58


で、参道石段こんなに上りました…? ( ̄∇ ̄;)!?


20210923 mitake-5920210923 mitake-60


武蔵御嶽神社は、御岳山山頂(929m)の境内に本殿・拝殿などの社がある。
平地から拝んで御岳山と認識できる尖峰は、奥の院のある男具那ノ峰。


〈御岳山の秋の花々―その2〉
20210923 mitake-6120210923 mitake-62
ヤマジノホトトギス、ヤマトリカブト

20210923 mitake-4420210923 mitake-63
サラシナショウマ、レンゲショウマ


さて、昼ごはんだが、ケーブルの御岳山駅前の2店の土産物屋兼食堂は営業していた。
そこまで引き返すしかないのか、それとも一切れのパンか…。

(つづく)


20210923 mitake-65
天然記念物 御岳の神代ケヤキ


[DATA]
武藏御嶽神社
東京都青梅市御岳山176
http://musashimitakejinja.jp/





[Today's recommendation]

wachat210923.jpg




https://youtu.be/PD-MdiUm1_Y



20210923 mitake-66
狭山湖より望む御岳山(9/21撮影)。右端のとんがりが男具那ノ峰、正面が主峰の大岳山


Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2