FC2ブログ

コロナ禍でも安全安心な 【中華料理 サンフジ】

2021.08.15

 キャットウォークづくりの参考に「IKEA立川」に商品を見に行ってみることに。
IKEAはペット用品シリーズ「LURVIG/ルールヴィグ」を展開していて、爪とぎ用マットなんかでお世話になっている。


20210815 sunfuji-11


もう一つ、長雨で自転車や徒歩が制約を受けている分、車で憂さ晴らしという目的もある。
不要不急のうんぬんというが、僕らはワクチン接種を終えているし、それでもマスク着用はもちろん距離・会話などこれまでと変わらず慎重な行動をとっている。
新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第1項に基づく都民向けの要請に“具体的に”記述のある項目(路上飲酒など)を除き、行動を自粛する必要はないと考える。


20210815 sunfuji-12


まず昼ごはん。
途中、すずかけ通りにある中華料理店「サンフジ」へ。


20210815 sunfuji-13


車の場合は当然、駐車場事情がお店選びに重要な要素となるが、こちらは数十台収容の広い駐車場がある。
前記事の「日本亭」もそうだが、移動手段が変わることで入るお店の傾向にも変化が表れ、視野が広がるようで好ましくもある。両者ともひと昔前の典型的ロードサイドスタイルで、いまや貴重な“独立系ファミレス”とでも呼ぶべき存在。


20210815 sunfuji-1420210815 sunfuji-1520210815 sunfuji-16


総席数131席(1階:テーブル・カウンター、2階:円卓)の大型店。


20210815 sunfuji-19


1階テーブル席は(おそらくはじめから)木のついたてで仕切ってあり、安心感があってくつろげる。


20210815 sunfuji-1720210815 sunfuji-18


事前に調べるわけじゃないがおのずとそういうお店に入ることが多いのは、withコロナ時代に適応して嗅覚が働くようになっているからかもしれない。
お店としても万が一の感染経路確認用に連絡先の記入を求めるなど、コロナ対策の徹底ぶリが伝わってくる。


20210815 sunfuji-2020210815 sunfuji-21


注文は麻婆丼セットと五目あんかけ焼きそば。
品数が多くセットのパターンもいくつもあって迷ってしまうが、そんなときはコスパ重視で(笑)。


20210815 sunfuji-2220210815 sunfuji-23


麻婆丼セットは、サラダ、スープ、ザーサイにエビチリまで付いて900円(+税)。
一皿一皿しっかり盛ってあり、かなりオトク感がある。


20210815 sunfuji-24


麻婆豆腐は街中華の和式とも花椒の効いたいまどきのカラシビ系とも違って、バランスよい香辛料の上にネギの香る、なんというか昔の高級中華を思い出させるような味わいというか。


20210815 sunfuji-25


五目あんかけ焼きそばはやけどするほど熱々での提供。


20210815 sunfuji-26


ハクサイ、チンゲン菜、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、豚肉、鶏肉、エビ、イカ、ハム。


20210815 sunfuji-27


麺は細めだがもちもち弾力の強い蒸し焼き麺。
餡とよく絡んでおいしい。


20210815 sunfuji-28


ところでIKEAではペット用品コーナーが縮小されていて、商品もほとんど置いてなかった。
安い棚板を1枚買ってきたが、それを壁に取り付けるスキルがあるかどうか…
【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )


20210815 sunfuji-29


[DATA]
中華料理 サンフジ
東京都立川市幸町2-3-5
https://sanfuji.owst.jp/





[Today's recommendation]

wachat210815.jpg




https://youtu.be/u1V8YRJnr4Q



20210815 sunfuji-30
雨に煙るすずかけ通り


春の息吹をいただく 【中国料理 五十番】

2020.03.13

 “春の楽しみ”というテーマのアンケート調査データをメタ解析(笑)してみたところ、「お花見」が圧倒的人気で「(国内・海外)旅行」が続く。
ほかの上位項目を列挙すると、「映画」「出会い」「美術館・博物館」「入学式・卒業式」「遊園地」「歓送迎会・お祝い会」……。

一方、新型コロナウイルス対策の専門家会議は、感染リスクを避けるために、①換気の悪い密閉空間、②多くの人の密集、③近距離での会話や発声――の3つの条件が同時に重なるような場所や場面を避ける行動をとるよう呼び掛けている。

“春の楽しみ”はおおむね感染リスク条件の2つ以上を満たしており、この春、国民は楽しみをすべて奪われ… ということが言いたいのかというとそうでもなく。上記ピックアップにはあえて“テンプレ”というバイアスをかけてあり…。


20200313 gojuban-26


ほかの上位回答項目に、たとえば「春の味覚」がある。
こんなときだからこそ、リスクを回避しつつ、この時期ならではの食材を味わってみては?


20200313 gojuban-11


立川WINS通りの中国料理店「五十番」の名物料理が“うどラーメン”。


20200313 gojuban-12


ウドは山菜として知られるが、栽培の歴史も古い数少ない日本原産の野菜である。春の季語にもなっている、まさにこの時期に旬を迎える食材。
なぜ立川でウドか?
実はウドは多摩地域の特産品(東京うど)で、東京都の出荷量は全国第9位、立川市は都内生産量の1/3のトップシェアを誇る。


20200313 gojuban-14


「五十番」は1963年創業の立川を代表する中華料理店。(たぶん)老舗の責務として地元特産品のPRに一役買おうとメニュー化されたのが、うどラーメンというわけである。


20200313 gojuban-1520200313 gojuban-16


――という、やたら長い前フリになってしまって、もうこれでいいか…(笑)。


20200313 gojuban-17


うどラーメンは、いわゆる広東麺タイプの五目うま煮そば。
スープは甘辛しょうゆ味。細麺と太麺があり、太麺をチョイス。


20200313 gojuban-18


ハクサイ、チンゲンサイ、キヌサヤ、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、豚肉、ハム、エビ、イカ、薬味ネギ… と、五目うま煮かくあるべきという具材が網羅されており、たとえばエビもイカもごろごろ… というようにそれぞれの量も潤沢。
そこにたっぷりのウドが加わる。


20200313 gojuban-19


食べ疲れするほどの量の具材の中にあってウドの存在感は際立っており、シャキシャキの歯応えと鮮烈な香りがたまらない。
根元の太いところのスライスから芽先まで、ウドの部位の違いも楽しめる。


20200313 gojuban-20


一見、高級中華料理店のようだが、これにデザートまで付いて850円という驚異のコスパ。接客も丁寧かつ素晴らしく庶民的。でありながら、やはり味はワンランク上の本格派で、以前食べた鶏の唐揚げはうなるほどおいしかった。
まさに多摩地区を代表する名店である。


20200313 gojuban-21


春の息吹(=生命力)に満ちる食材には、疫病から身を守る免疫力を高める効果が備わっているように思われるのだが… という結論。


20200313 gojuban-22


[DATA]
中国料理 五十番
東京都立川市錦町1-4-5
https://www.annex-tachikawa.com/units/tachikawa/gojyuban/
https://www.facebook.com/gojyuban/
https://twitter.com/news_number50





[Today's recommendation]

wachat20200313.jpg




https://youtu.be/NOTjyCM3Ou4



20200313 gojuban-25
東京うど(立川市上砂町)


えっ あのお店…!? という意外な展開 【ラーメン専門店ザボン 立川店】

2020.01.17

 立川高島屋で「ベルン」のミルフィユを購入後、昼ごはんを食べに南口へ。
その前に、確認したいことがあってフードテーマパーク「ラーメンスクエア」へ。


20200117 zabon-31


ラーメンスクエアは以前は〆のラーメンによく利用したが、立川で飲むこと自体ほとんどなくなり、やって来たのは2年半ぶりくらい。
入り口正面のいちばん目に付きやすい位置の店名が目に入った。
「ザボン」


20200117 zabon-33


高円寺にそんな店あったなぁ…
と、興味を惹かれて入り口横のパネルを見ると、“六本木本店、創業40年の老舗豚骨ラーメンが立川に初進出!”とある。
六本木にそんな店あったなぁ…

えっ… 六本木の「ザボン」って、まだやってるの!?


20200117 zabon-35


てか、もしかして六本木の「ザボン」と高円寺の「ザボン」って、関係あるのか…?
個人的には入った年代が20年も隔たっているから結び付かなかったけど、そういえばどっちも鹿児島ラーメンをうたっていたし。


20200117 zabon-36


この立川店も鹿児島ラーメン。
これは食べてみるしかないでしょう。


20200117 zabon-3720200117 zabon-38

20200117 zabon-39


表の券売機でザボンラーメン850円を購入して入店。
なんと、前客ゼロで、「お好きな席へ」というのでいちばん奥の4人掛けテーブルへ。
ザボンラーメンはしょうゆとみそがあるとのことで、しょうゆと申告。


20200117 zabon-40


僕のあとに次々お客さんが入ってきて、お店の存続面を考えれば安心するものはあるが、1人でこんなとこ座っていていいのかとちょっとアセる。
そのへんの客の誘導等の対応は、はっきり言ってヘタクソ。こういうところに出店しているからには、そのへんが無策では立ち行かないし、得られるところも少ないんじゃないかと思う。


20200117 zabon-42


鹿児島ラーメンの特徴は、ゆでキャベツを主体とした野菜のトッピングと揚げタマネギ… というのは、本場情報ではなく、まさに「ザボン」でインプットされている。
というくらい、六本木の会社に勤めていたころ、「ザボン」ではよく食べていた。


20200117 zabon-41-2


出てきたザボンラーメン、見た目や構成要素は思ったとおりである。
味的にどうかというと、よく食べていたのが30年も前のことでありまったく覚えていないのと、どうしても“出店”特有の底の浅さは否めないところ。


20200117 zabon-4320200117 zabon-44


ちなみに調べてみると、「ザボン」は六本木が本店で高円寺店や歌舞伎町(西武新宿店)は支店という形だったようだ。
全部入ったことがあるが、六本木は1980年代後半、歌舞伎町は2000年前後、高円寺はそのあとたまたま… と、自分の仕事の履歴を反映しているのだね。

歌舞伎町と高円寺店はすでに閉店、六本木本店は去年神田神保町に移転したもよう。

こういう生き残り戦略も昭和的なんじゃないかと思ってしまった。
なんか、雑で…。


20200117 zabon-45


[DATA]
ベルン(BeRNE)立川高島屋S.C.店
東京都立川市柴崎町3-6-29 アレアレア2 ラーメンスクエア
https://twitter.com/zabonramen





[Today's recommendation]

wachat20200117-2.jpg




https://youtu.be/X5jlTlUTWfQ


本気度がハンパない超濃厚スープ 【とんこつらーめん いちの屋】

2020.01.16

 立川市若葉町のエルロード商店会という、最近あまり見なくなったアーケード商店街のラーメン屋さん「いちの屋」へ。


20200116 ichinoya-21


この商店街はけやき台団地に隣接しており、団地商店街の例に漏れず衰退著しく、昨年末にも「いちの屋」の隣の和菓子屋さんとその3軒先のレストランが相次いで閉店、開いているお店がどんどん減っている。


20200116 ichinoya-24


そんな決して立地条件に恵まれているとはいえない土地に3年前に出店しているわけで、よほどの覚悟があるに違いない。
Twitterホーム画面のプロフィールには「一発でお店にたどり着いたら天才! 陸の孤島とんこつガラパゴスいちの屋!」と。
腹が座っているというか、開き直ってるというか… (; ^_^ A …


20200116 ichinoya-26


券売機で“左上の法則”にのっとって、白とんらーめん700円をポチッとな。
白とん(塩)は、商品説明に“当店のデビュー作”とあるように、博多系のとんこつラーメンの基本。はじめはやっぱココでしょう。


20200116 ichinoya-28


券売機の上に“平日ランチタイム「大盛り無料」”とある。
2時半近かったのでランチタイム的にどうかと思って聞いてみたら大丈夫とのこと。昼の営業時間15時までがランチタイムのようだ。


20200116 ichinoya-36


L字カウンター9席。
カウンターにはゴマ、おろしニンニク、豆板醤、紅ショウガなどが常備され、激辛高菜は“声をかけてください”とある。
博多系とんこつラーメンの基本スタイルである。


20200116 ichinoya-3020200116 ichinoya-31


さて、ここまで“博多”という用語を2度使っているが、それはこの物件が博多長浜をうたうお店のあとの居抜きという流れもあってそう思い込んでいたのであって、どうもそういうわけでもないらしい。


20200116 ichinoya-37


“やわ”から“ハリがね”までの例の麺のゆで加減と一緒に、“あっさり”から“こってり”までのスープの好みも頼めるらしく、“あっさり”はかつおだし汁割りとある。
オリジナリティの高いとんこつラーメンのようだ。


20200116 ichinoya-32


で、白とんらーめん、驚きの高粘度スープであった。
ひと口飲んで、覚悟が決まっているというか腹が座っているのが伝わってくる味である。
こういう例えが適切かどうか微妙なところだが、天○一○のスープを思わせるザラッという舌触り。もちろん味の系統はまったく異なるが。


20200116 ichinoya-33-2


麺は思ったより太めのストレート麺。具はチャーシュー、味玉、キクラゲ、ネギで、ビジュアル的になんてことのないバラロールのチャーシューが異常においしい。
濃厚だけれどもクドくないのが不思議で、珍しくスープを飲み干してしまった。


20200116 ichinoya-3420200116 ichinoya-38


個人的感想として、東大和の「大学ラーメン」に匹敵するおいしさで、大盛り無料の分、こちらが勝っている。


20200116 ichinoya-23


すずかけ通りの760m西にあった「おやじや」閉店以来、この系統のラーメン屋でしっくりくるところが見つけられていなかっただけに、ここはぜひともがんばっていただきたいと切に願うしだいである。


20200116 ichinoya-25


[DATA]
とんこつらーめん いちの屋
東京都立川市若葉町1-9-5
https://twitter.com/ichinoya21





[Today's recommendation]

wachat20200116.jpg




https://youtu.be/CqM11bt9QvI


人気店の期間限定出店 【初代青樹】

2019.06.13

 夜の立川編の続き。
〆のラーメンを求めて南口へ、


190613 aoki-11


立川アーバンホテル1階の「らーめん たま館(たまやかた)」は、アレアレアの「ラーメンスクエア」と並ぶラーメンの殿堂。


190613 aoki-13


夜の街に慣れていないため昼ごはん候補にチェックしているはずのラーメン・中華系のお店が一つも思い浮かばず、どっちかのラーメンコンプレックスに頼るという安直パターン。


190613 aoki-12


で、たまたまそのときいちばんすいていた「初代青樹」に。


190613 aoki-14
あっさり煮干し醤油らーめん(たぶん…)


なんか字ヅラに見覚えあるなぁ… と思って聞いてみた。
「いや、オレはこの味のラーメン、初めて食べたで」とNWKさん。
「ですよねー」と僕。
あとで調べたら北口の人気店「煮干しらーめん青樹」による“創業の地「らーめんたま館」へ期間限定出店”だそうだ(2018.10~)


190613 aoki-15 190613 aoki-16


えー、私ども、過去に「煮干しらーめん青樹」に入っているという記録が残っておりました。
2016年12月14日のこと。
どうりで見覚えあるはずだ。


190613 aoki-17


そのとき食べたラーメンの味を覚えているかと言われれば、まったく思い出せない。
なんともいいかげんな ( ̄▽ ̄;) はっはっはっ…

もっと恐ろしいことに、これを書いている時点で、2日前に食べたラーメンの味がきれいサッパリ… ゞ( ̄∇ ̄;) ヲイヲイ


190613 aoki-18


[DATA]
初代青樹
東京都立川市錦町1-2-16 らーめんたま館
http://niboshiaoki.com/shodaiaoki/
https://www.facebook.com/niboshiaoki
https://twitter.com/aoki0702
https://www.instagram.com/aoki0702/



[Today's recommendation]

wachat190613-2.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/YykjpeuMNEk


いまや激戦区立川を代表する 【とと ホンテン】

2018.12.17

 立川の忘年会のつづき。
どういうわけか「弁慶」を20時というおそろしく早い時間に出た。
なんと、ルミネはまだ営業している。
「成城石井」の酒コーナーをのぞいてみたりして、どんな忘年会ですかー(笑)。


181217 toto-honten-11


「こんな時間に帰ったら息子になんか言われる」とNWK氏。
じゃ2軒目行きましょうか、と普通なるわけだが、「じゃ、ラーメン屋行こか」となった。
いろいろ調べてきたから“とりあえず”ラーメン屋、と。


181217 toto-honten-12


線路沿いを引き返して立川通りの手前を北へ折れて、東橋交差点を渡って緑川通りを東へ。
こんなとこにラーメン屋あったか?
ありました。
しかも僕でも名前を聞いたことがある有名店「とと ホンテン」。
こんなとこにあったか… ( ̄ω ̄;) ムム…


181217 toto-honten-13


あとで調べたら2013年10月オープン。
それ以前はラーメンスクエアで営業していたという。
ああ、それで僕でも知っていたのね。なんか記憶あるし。


181217 toto-honten-15


人気のラーメン屋は苦手だぁ… と渋るところを無理やり引きずってこられたようなものだが、街外れということもあってか、来てみれば意外に落ち着いたたたずまいである。僕のイメージする人気店のガツガツ感とは一線を画す。
店内も同様に、ヘンにとがった感じを受けない。
まぁ、物静かで真面目そうなお店の人を見れば、そのへんのところは納得がいく。


181217 toto-honten-21


2人とも中華そば醤油 並 750円をポチッとな。


181217 toto-honten-23181217 toto-honten-24


こちらの特徴は素材へのこだわり。
HPによれば、ラーメン以外もすべて化学調味料無添加、野菜はほぼすべてが有機無農薬野菜という。
いわばジャンキー路線との対決姿勢を真っ向から打ち出すチャレンジャーである。


181217 toto-honten-18


中華そばは、優しい味わいの煮干しだしのスープに、太め・縮れ・平打ち麺がよく合っておいしい… という印象は覚えているが…。

度を過ごしてはいないが、酔ってはいたと思う。
前報に「一ノ蔵1合×2」と書いたら、NWKさんからすかさず「キミは一ノ蔵3杯やで」「いや、4杯かも」とLINEが入ったという。
真面目なラーメンにあーだこーだ言う資格はない、ただの酔っぱらいである。
ただ、NWKさんが「久しぶりにうまいラーメン食べたわ」と言っていたのを覚えている。


181217 toto-honten-22


“とりあえず”のラーメン屋を挟んで“2軒目”に行ったかというと、そうはなりませんね…。食べちゃうと、やっぱり。
かくして1980年代に大学生だった2人はそれぞれ、1980年代の女子寮の門限厳守のような時間の帰宅となったのでありました。


181217 toto-honten-19


[DATA]
とと ホンテン
東京都立川市曙町3-22-15
http://totohonten.com/
https://www.facebook.com/totohonten
https://twitter.com/totohonten
https://www.instagram.com/totohonten/





[Today's recommendation]

wachat181217-2-22.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2




https://www.youtube.com/watch?v=FTQbiNvZqaY
ベタな選曲で… ( ̄  ̄;∂) ドウモスイマセン…


創業大正元年、立川の戦後史を伝える 【福来軒】

2018.11.25

 今日は珍しく昼ごはんのお店が決まっているので、散歩コースもおのずと合理的で動きに無駄がなくなる。

立川駅北口の駐輪場に止め、高島屋の裏を通って曙町二丁目交差点から立川通り、「幸喜寿し」の路地を抜けシネマ通り、そのまま緑川通りを突き当たりまで。この間、興味深いお店を5軒ほど新発見。

中央線のガードをくぐり、錦町1丁目エリアへ。
ウインズ前を通ってたまたま気づいてジャパンカップの馬券買ったりと、行き当たりばったりの動きを交えつつ、立川南通り(江戸街道)から諏訪通りへ。
昼ごはんのお店はこの古い商店街の先。


181125 fukuraiken-25


時間が前後するが、今日11月25日は立川諏訪神社の酉の日(大鷲祭)三の酉。
食事のあとにのぞいてみた。


181125 fukuraiken-29


酉の市は初めてなので状況がつかめないが、人出がほぼないと言っていい。
時間がまだ早いのかな? でも参道の骨董市は2時で店じまいを始めている。


181125 fukuraiken-30


人のまばらなよく晴れた晩秋の境内で、遅い七五三参りの家族連れに混じってお参りを済ませる。


181125 fukuraiken-26


1時間ほど時計を巻き戻して、昼ごはん。
諏訪神社の酉の市の屋台が並ぶ通路から東門を出てすぐの三差路角地の中華料理店「福来軒」。


181125 fukuraiken-11


創業大正元年。
現存最古ともいわれる老舗中華店である。


181125 fukuraiken-12


実は街を歩いている最中に諏訪神社の酉の市のポスターをあちこちで見かけ、混むことを覚悟したが、そうでもなかった。まあ、前述のように神社の人出自体がないので…。


181125 fukuraiken-13 181125 fukuraiken-14


いわゆる昭和の街中華の年輪を重ねたたたずまいとは違って、店舗物件自体が古いわけではない。モノトーンのどちらかといえばモダンな内装である。BGMはJazz。


181125 fukuraiken-17


入り口横に白黒の店舗写真のパネルが飾ってある以外、老舗を感じさせる要素はないと言っていい。
年配客がほとんどで、若い男性がフロアマネージャー的に各テーブルに目配せをしている様子がホスピタリティの高さを感じさせ印象的。


181125 fukuraiken-18


注文は、ミニ丼セット(半中華そば付)850円のB、チャーハン。
メニュー表に書いてある「100円増しで,中華そば普通盛りにできます」をお願いしようとしたが、相方が却下。
もう1品はチャンポンメン980円。


181125 fukuraiken-15181125 fukuraiken-16


ミニ丼セットのBは、わかりやすくいえば“半チャーハン・半ラーメン”セット。しかし“半”というにはどちらも多く、感覚的には“8割チャーハン・8割ラーメン”。
“100円増し”しなくてよかったと思いました。


181125 fukuraiken-19


チャーハンはオーソドックスなタイプで、具はチャーシュー、卵、ナルト、ネギ、干しエビ。
てっぺんに飾ってあるのがグリーンピースではなく枝豆というあたりが、老舗の粋…??


181125 fukuraiken-20


いわゆる街中華ではなんてことのない普通のラーメンを期待するが、ここのラーメンはそんな平凡なものとはちょっと違う。
特に自家製という麺が個性的。無漂白粉を使っているような灰色がかった、パスタのリングイネを思わせる平打ち麺。
スープは少し酸味のあるあっさり味。丼の底に節粉が沈んでいる。


181125 fukuraiken-21



 チャンポンメン――2018-19秋冬メンコレ⑤ 【福来軒】

あんかけチャンポン。しかも卵とじ。
熱々麺の名品だと思う。


181125 fukuraiken-22


具の野菜は、ハクサイ、キャベツ、タマネギ、ニンジン、キクラゲのほか、枝豆が入るところが、チャーハン同様こちらの特徴。卵とじの上にゆで卵がのるダブル仕様。
ラーメンと同じ自家製麺で、こちらのほうが小麦の風味を強く感じる。


181125 fukuraiken-23


◆ ◆ ◆

古い写真について聞いてみると、北口の旧・第一デパートのあたりで営業していた当時のものと、男性店員さん。
「火事で失われたそうです。列車事故の火事とか…」
「え、それって有名な?」
老舗という情報は知っていたが、まさか現代史的に有名な「立川駅タンク車衝突事故」の被害当事者に行き着くとは思わなかった。ちなみに大正期の創業は屋台であったらしい。
火事の跡地に建った第一デパート5階に入居して、現在地に移ったのは25年ほど前という。

老舗にあぐらをかくことなく味は今風にまじめそのもので、店のつくりもセンスがよい。
何よりもその歴史。
絶大なアピールポイントを含め、伝えるべきところが的確に訴求できていないように感じて、勝手にもどかし思いをしている。


181125 fukuraiken-24


[DATA]
福来軒
東京都立川市柴崎町2-18-7



[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=MmJc-tKohcc



wachat181125-1.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2


必殺! 炭水化物固め 【翠燕】

2018.02.24

 本日は「ららぽーと立川立飛」で買い物。
このSCは、立飛ホールディングスの所有する不動産の開発事業として約2年前にオープンしたもので、道路も街区もまったく新しい。したがって一帯は、ららぽ内を除いて、小売店も飲食店も存在しない。


20180224.jpg


昼ごはんは、ららぽに入る前に済ませておこうと、周囲のお店を思い浮かべてみるが、中華系しか思い出せない。このところ中華の頻度が高いので違うものにしたい。


suien-tachikawasakae24.jpg


芋窪街道の栄町四丁目交差点(「チーズ王国」本社前の変則交差点)を江ノ島道のほうに入ったところに、ジャンルは思い出せないが“何かのお店”があったはず。行ってみると張り紙がしてあって、2週間ほど臨時休業とのこと。
その向こう、ららぽから遠ざかるが、栄町銀座という古い商店街を入ったところに“何かのお店”を最近発見した。で、行ってみると中華屋なのであった。
ちなみに1軒目の臨時休業の“何かのお店”、あとで調べてみると中華屋なのであった。
僕の頭の中では中華屋しかインプットされない仕組みでもできてるんだろうか?


suien-tachikawasakae19.jpg


しかしこの栄町銀座の「チャイナ厨房 翠燕(すいえん)」、外観が実にシブい。
暖簾なんか、飲み屋にしか見えない。
だから最初見たときインパクトが強かったんだと思う。


suien-tachikawasakae20.jpg


第一印象――ランチサービスやってる飲み屋、こんなさびれたなんもない場所に、突如出現。
というのも、銀座とは名ばかりで、600m近いこの通り、ほかに店舗は1~2軒しか残っていないのである。


suien-tachikawasakae25.jpgsuien-tachikawasakae23.jpg


店内は、チープな感じのテーブルセットが4つ、カウンターはほぼ使われていないもよう。
手前のテーブルに常連の昼飲みおばちゃん。
さっきまでお店のお母さんが作業台にしていた中ほどのテーブルに着く。


suien-tachikawasakae14.jpg


壁にはお品書きの張り紙が多数。セットメニューが充実している。半麺類+半チャーハンのバリエーションが多い。
たしかにオトクそうではあるが、このところそのテの似たような中華系のセットばかり食べてるような…。
サービスランチ620円の内容を聞いてみる。
「半ラーメンと半チャーハンのセットです」とお母さん。


suien-tachikawasakae18.jpg


うーん… でも安いから、もうそれでいいか(笑)。
もう1品は日替わりAランチ(ライス・スープ・小鉢1品セット)520円。小鉢は玉子チリ。


suien-tachikawasakae17.jpg


こちらは長州力似のお母さんと古賀稔彦似のたぶん息子さんという格闘一家的運営体制。僕の位置から厨房は見えないが、きわめて力強い鍋振り音が聞こえてきて期待感が高まる。

まず運ばれてきたサービスランチ、驚きのビジュアル。
えーと… 茶色い。


suien-tachikawasakae11.jpg


炒飯の具はチャーシュー、卵、ネギ。ラーメンの具はチャーシュー、メンマ、ネギ。そして予想外に付いてきた焼きそば、具はキャベツのみ。
少々の青みを除き、このセットの具材はほぼ茶系で占められている。
栄養バランス的に、というか糖質コントロール上、少なからず不安を覚えざるを得ないビジュアルなのである。


suien-tachikawasakae12.jpg


Aランチも品書きにない焼きそば付き。
で、“小鉢”の玉子チリが異常に多い。「卵5個は使ってる」と相方。
ちなみに“半チャーハン”も、普通の感覚では、フルサイズのチャーハンとしても多いほう。
こちらのお店、どうも“小”とか“半”とかの感覚に世間一般と大きな隔たりがあるようなのだ。
だから“普通の小鉢”サイズの焼きそばは、品書きに記載するほどのこともない、と。
格闘一家、おそるべし。


suien-tachikawasakae13.jpg


ただ量が多いのではなく、内容が濃い。さっきの玉子チリもそうだが、ラーメン、チャーハンともチャーシューのサイズ・量がすごい。
“サービスセット”という概念も、世間一般とズレている。普通は安くする分、材料費を削る。


suien-tachikawasakae15.jpgsuien-tachikawasakae16.jpg


このボリュームで2人合わせて1140円と、驚異のコスパ。
それで、どの料理もしっかり味がよい。
ギブギブ!  カンカンカン!


suien-tachikawasakae21.jpg


[DATA]
翠燕(すいえん)
東京都立川市栄町5-10-4
http://www.ne.jp/asahi/suien/535-4152/index.html



[Today's recommendation]

Sly Robbie Rhythm Killers
Sly & Robbie
『Rhythm Killers』

https://www.youtube.com/watch?v=ecQZR_-vOzw



chat180224.jpg
◆ 猫写真はこちら


ナットクの五目チャーハン 【太幸苑】

2017.10.31

 週末から昨日にかけて難しい仕事をやっつけて、今日は通常の下旬らしくヒマになった。1件ボリューム軽めの仕事が予想され、それが何時に来るかによって行動が大きく左右される。相手は9時半スタートの会社だが、担当者が定時に出勤するとは限らないから、ひたすら“待ち”になることも考えられる。
その仕事は9時33分に送られてきて、1時間足らずで完了。今日は伸び伸び行動できる。
とりあえず立川のららぽーとに買い物に行くことにする。


lalapo21.jpg


買い物というのは風呂で使うヘチマたわしで、以前は西友で買っていたが扱いがなくなって、いろいろ探してららぽの東急ハンズで見つけていた。
ららぽーとは久しぶりだが、3階まで上がると閑散としている。平日の昼前とはいえ、大丈夫なのか? がらんとしたハンズでヘチマ2個購入。
せっかくだから1階フードコートを見て回る。このあたりは人でいっぱい。
ひときわにぎわっているように見える中華バイキング「九龍點心」の行列に並ぶ… ことはしない。

わざわざ立川まで出てきて、僕なりの“せっかくの機会”の使い方は、ららぽでランチというのとはちょっと違う。


taikoen31.jpg


めざすは直線距離にして800m南、自転車ルートだとその倍ぐらいにはなるけど、立川通りの競輪場西交差点角にあるマンション裏側の中華料理「太幸苑」。
同じ建物の表通り側にも中華屋があって紛らわしい。人気のカレー店「シギリヤ」もこのマンションに入る。


taikoen20.jpg


店に入って面食らったんだが、客席はほぼ座敷になっている。座卓が6、テーブルは1卓のみ、厨房に面したカウンター席が4つ。
先客は座敷に若い男性1人、テーブルに酔っ払い2人。
僕はカウンターのいちばん奥に座る。


taikoen13.jpg


店主らしき男性のほかは女性4人と、ハレム制で運営されているもよう。1人若めの女性(といっても僕と同年代)のほかはだいたい70超えな感じ。
壁にいっぱい飾ってあるサイン色紙は競輪選手のものらしく、絶対1人も知らない。
ほかにずらっと品書きが張り出されているが、定食や一品料理、コース料理ぐらいしか見当たらず、きょろきょろしているとホール係の若いおねえさんがメニューブックを持ってきてくれた。
麺飯は意外に品数が少なく、意外に値が張る。ちょっと迷ったが、五目チャーハン840円に。


taikoen33.jpgtaikoen34.jpg


その時点で出されていないのはおそらく僕のチャーハンだけだと思うが、そのわりにみんな忙しそうだ。
チャーハンに取りかかっているご主人の周りで、おばちゃん3人がせわしなく動き回っている。口のほうもにぎやか。


taikoen35.jpg


この店には老舗の風格のようなものが漂っている。
どのあたりに漂っているかというと、ご主人の背中の曲線や中華鍋を振るときの構え、おばちゃんたちのメークのあたり、深いというか濃いというか。歴史の積み重ねというか、塗り重ねというか。


taikoen36.jpg


チャーハンにはスープのほかにサラダが付く。このスパゲティサラダが家庭的ながら卵ペーストにパセリのトッピングと、ひと手間かけてある。
チャーハンの具は、チャーシュー、卵、干しシイタケ、ネギ… まで確認できるが、五目のはずが4品? まあ、“五目”とは「五つの品目。また、種々のものの混合していること」と広辞苑にあるように、必ずしも5品とは限らず、実際五目中華なども5品以上という店がほとんど。でも少ないというのは珍しいかも。


taikoen37.jpg


ただ、よく見るとチャーシューは白っぽいのと黒っぽいのが半々な感じ。食感も違うような? チャーシューを部位の異なる2種類使って、五目なのかもしれない。
そのチャーシューの食感が、むにむに、くにゅくにゅと気持ちいい。量もかなり多い。
シイタケ入りのチャーハンはあまり好みではないが、ここのは処理の仕方やサイズが適切なためかまったく違和感がない。
サラダのおいしさも含めて全体に満足度は高く、840円でも割高感はない。


taikoen32.jpg


スープが上品でおいしく、次は麺類が食べたくなるというパターン。
しかしラーメン630円は微妙な価格設定だな…。


taikoen38.jpg


[DATA]
太幸苑
東京都立川市高松町2-25-1





[Today's recommendation]


https://youtu.be/4aeETEoNfOg



chat171031-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
時をかけるスパゲッティ&ドライカレー 【カフェグリーン】 Sep 22, 2021
素晴らしく昭和な 【キッチンサン】 Sep 20, 2021
こんなラーメン屋さん、懐かしい 【ラーメンショップまるよし】 Sep 18, 2021
日帰り旅 【大もりや】 Sep 17, 2021
元気をもらえる朝ラー 【村山ホープ軒 本店】 Sep 16, 2021
しっぽり飲みたい 【本むら庵】 Sep 14, 2021
コロナ禍でも根強い人気 【じゃがいも】 Sep 13, 2021
東村山が誇る銘菓 【宝来屋】 Sep 12, 2021
さんぽ 【サントアン】 Sep 11, 2021
カツカレー、こういう感じもいいな… 【八海食堂】 Sep 09, 2021
ポストワクチン時代は… 【木曽路】 Sep 07, 2021
夢から醒めて 【ぼん天 瑞穂店】 Sep 06, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2