fc2ブログ

ラーメン好き? 【珍来亭】

2023.08.26

 午前中自転車で遠出しようと思ったが、三鷹付近でパラパラ降ってきて、アーケードや地下街など雨をしのげる場所の多い吉祥寺に一時避難した。
東京アメッシュなどで確かめると都心方面から向かってくる発達した雨雲もあって、動くに動けず、そのまま昼ごはんを食べるなどして雨をやり過ごすことにした。


20230826 chinraitei-11


1人のときの昼めしはラーメンくらいしか思い付かない。
幸い吉祥寺は“激戦区”といわれるほどラーメン屋には事欠かない。
しかし週末の吉祥寺のランチタイムは混雑を極める。
どこも行列で、ぐるぐるさまようハメに。


20230826 chinraitei-12


ふと気づいた。
ぐるぐるといっても数軒の同じ店をぐるぐる回っているにすぎなかった。
数軒とは、このブログで何度も取り上げている特定の5~6軒。
激戦区も何もあったもんじゃない。

ためしに「吉祥寺で人気のラーメン屋11選」とか「激戦区吉祥寺のおすすめ15選」とかいうまとめ記事をのぞいてみると、ほとんどの店は場所すら知らないのであった。

もしかしたら自分はラーメンというものに興味がないのかもしれない。
どうしよう、このブログ ( ̄- ̄;) ンー


20230826 chinraitei-13


で、入ったのは「珍来亭」。
創業1951(昭和26)年のハモニカ横丁の老舗。


20230826 chinraitei-14-2


こういう店なら知っている。
そしてこの店はまとめサイト常連の人気店でもあり、ぎりぎりセーフ… みたいな?
世事に疎い自分を世間につなぎ留める糸のような存在と言いましょうか😅


20230826 chinraitei-15


5年前の記事に“10年ほど前に何度か改装してレトロモダン路線のこぎれいなつくりに変わったと記憶している”と書いているが、去年のいまごろも改装工事を行っており、いっそう存在感を増している。


20230826 chinraitei-1620230826 chinraitei-17


毎度同じのラーメン+半チャーハンを頼もうと思ったが、品書きに見当たらない。
改装してセットメニューがなくなったのかと思い聞いてみると、セットは平日限定サービスとのこと。
なので注文は、単品でラーメンと半チャーハン… って、おんなじかい ゞ( ̄∇ ̄;) ヲイ!


20230826 chinraitei-19


ラーメン(しょうゆ)はぱっと見、スープの色の濃さがインパクトあるが、味はあっさり系。
魚介の風味漂う昔ながらのホッとする味わい。


20230826 chinraitei-20-2


麺は中太縮れで、やわめのゆで加減がやさしい感じを醸し出す。
チャーシュー、メンマ、小松菜、のり、ネギ。


20230826 chinraitei-21-2


チャーハンは、チャーシュー、卵、ネギという基本の具3種によるオーソドックスなもので、強めのゴマ油の香りが特徴的。
しっとり系かな。


20230826 chinraitei-22


こういう普通にしょっぱいラーメンが好きという意味では、自信を持ってラーメン好きを自称できるんだが。


20230826 chinraitei-23


[DATA]
珍来亭
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
https://twitter.com/chinraitei





[Today's recommendation]


https://youtu.be/pc6CWfBgIt8?si=x7aT8JYp3YI1iPFQ



wachat230826.jpg



20230826 chinraitei-24


ハモニカ横丁といえば 【珍来亭】

2022.04.21

 4本前の記事に書いている“今月分の仕事が全部終わった”というのが先週の金曜日で、週明けの火曜日にはもう翌月の仕事が始まっている。
いつもなら10日くらいぷらぷら過ごすところだが…。
連休絡みの前倒し進行である。

仕事が動き始めるときの張り詰めた空気感というのはいつまでたってもなじめないが、今月に限ってはサクサクいってほしい。いま動かなかったら連休明けに大変なことになるのは目に見えている。
今年の正月明けのような状況だけは勘弁してほしい。


20220421 chinraitei-1120220421 chinraitei-12


ということで、ちょっとヤバい感じにざわついているので、今回、文字部分に関しては過去記事のコピペ等でやりくりさせていただく。


20220421 chinraitei-1320220421 chinraitei-14


吉祥寺駅北口の「ハモニカ横丁」は、戦後まもなく出現した駅前マーケット、いわゆる“闇市”がルーツとされる。


20220421 chinraitei-15


北口駅前のサンロード入り口・ダイヤ街・武蔵通り・平和通りに囲まれた約3000㎡の区画。


20220421 chinraitei-17


仲見世通り・中央通り・朝日通り・のれん小路・祥和会通りの5つの通りからなる歩行者型商業地域で、店舗数は約100。


20220421 chinraitei-16


ハモニカ横丁・朝日通りにある人気ラーメン店「珍来亭」。


20220421 chinraitei-1820220421 chinraitei-19


――創業昭和26年。吉祥寺ハーモニカ横丁にある小さなラーメン屋です。Twitterプロフィール)


20220421 chinraitei-2020220421 chinraitei-2120220421 chinraitei-22


小さいお店で、1階にカウンター2席とテーブル1卓。

「2階へどうぞ!」
ということで、奥の急階段を上って2階へ。

2階はテーブル3卓と座敷2卓。


20220421 chinraitei-23


創業1951(昭和26)年。
俳優の故 佐藤慶さんの通う店として有名だった。


20220421 chinraitei-34


注文は、ランチセットのラーメン+半チャーハン。


20220421 chinraitei-2420220421 chinraitei-25


ラーメンは、黒っぽい濃い色のスープに中太縮れ麺。


20220421 chinraitei-2620220421 chinraitei-27


具は、チャーシュー、メンマ、小松菜、ノリ、ネギ。


20220421 chinraitei-31


チャーハンは、チャーシュー、卵、ネギという基本の具3種によるオーソドックスなもの。
強めのゴマ油の香りに食欲がいや増す。


20220421 chinraitei-30


いやー、うまかったし。
帰っておとなしく仕事するかぁ…


20220421 chinraitei-3320220421 chinraitei-35


[DATA]
珍来亭
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
https://twitter.com/chinraitei





[Today's recommendation]


https://youtu.be/x3HGxcZTsBw



wachat220421.jpg



20220421 chinraitei-37
妙正寺池


3代受け継がれたラーメンの深い味わい 【珍来亭】

2018.07.26

 吉祥寺駅北口の「ハモニカ横丁」は、戦後まもなく出現した駅前マーケット、いわゆる“闇市”がルーツとされる。


180726 chinraitei-56


いまさらながらその概要をまとめると――
ハモニカ横丁(正式名称:ハーモニカ横丁)は、北口駅前のサンロード入り口・ダイヤ街・武蔵通り・平和通りに囲まれた約3000㎡の区画。仲見世通り・中央通り・朝日通り・のれん小路・祥和会通りの5つの通りからなる歩行者型商業地域で、店舗数は約100。名称の由来は、武蔵野市在住の作家・亀井勝一郎(1907-66)が1962年の市民講座で、間口の狭い店が並ぶ様子をハーモニカの吹き口に例えたことによるという。“住みたい街”吉祥寺のランドマークともいえる人気エリアである。


180726 chinraitei-57


ハモニカ横丁・朝日通りにある人気ラーメン店「珍来亭」。
1951年創業、新宿で始めたラーメン屋台がルーツで、現在は3代目姉妹が切り盛りする。

――吉祥寺ハモニカ横丁にあるラーメン屋珍来亭です。昼はラーメン屋、夜は居酒屋になります。美人姉妹がお出迎え。(Twitterプロフィール自己紹介文ママ)


180726 chinraitei-58


小さいお店で、1階にカウンター3席とテーブル3席、2階に座敷2卓、テーブル3卓。
1階の客席は外からよく見えるが、いつも埋まっていて、2階は相席になることが多く、なかなか気軽に入ろうという気にはなれないお店である。
今日、通りかかったタイミングで、たまたまカウンター左端のお客さんが席を立つのが目に入った。入れ違いに入店。


180726 chinraitei-60


5年ぶりくらいになるだろうか、ずいぶん久しぶりだが、注文はいつも同じ。
しょう油味ラーメンと半チャーハンのセット730円。


180726 chinraitei-61


こちらは10年ほど前に何度か改装してレトロモダン路線のこぎれいなつくりに変わったと記憶しているが、以前は創業半世紀そのままに年季の入ったお店だったはず。
俳優の故 佐藤慶さんの通う店として有名だった。


180726 chinraitei-62


若いころ、ときどき探してみたが、見つかったためしがない。というか、ほかにも似たような店があり、店名を覚えずにただ“佐藤慶の通う店”という情報だけで探してみても、どれがそうなのか確信が持てない。有名ではあるが、目立つ存在ではなかった。
幅広い客層に支持され活気あふれるお店に変わったのは、美人姉妹に代替わりして、改装してからじゃなかったかと思うのだ。


180726 chinraitei-63


チャーハンは、チャーシュー、卵、ネギという基本の具3種によるオーソドックスなもの。


180726 chinraitei-64


ゴマ油の風味が強いので好みは分かれると思うが、武蔵野市在住歴の長いチャーハン好きの大学の先輩によれば、「吉祥寺でいちばんうまいチャーハン」。


180726 chinraitei-66


しょう油ラーメンは、黒っぽい濃い色のスープに中太縮れ麺が懐かしい。
具は、肩ロースのチャーシュー、メンマ、ホウレンソウ、ノリ、ネギ。


180726 chinraitei-65


――60年間継ぎ足しながらチャーシューを煮続けてきたしょうゆ。その濃厚なしょうゆに、豚骨と鶏ガラのスープを注げば、昔懐かしいしょうゆの香りがフワッと広がる。(NHK『サラメシ ― 佐藤慶が愛した醤油ラーメン』より)


180726 chinraitei-59


古いものを残しつつ常に変わり続けるというハモニカ横丁そのものような存在であり、それこそが吉祥寺という街の個性にほかならない。
このラーメンはそんな吉祥寺を代表する一杯である。


180726 chinraitei-67


[DATA]
珍来亭
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
https://twitter.com/chinraitei





[Today's recommendation]


https://youtu.be/aN7OhTXQT_8



chat180726-222-22.jpg


Latest Articles
増量サービス中!?😅 【忠豊】 May 22, 2024
近場旅行の醍醐味 【JA女性部 さとやま工房】 May 21, 2024
おもてなしの味 【すきふね】 May 20, 2024
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2