fc2ブログ

Joji Town at dawn♪ ―2

2023.08.12

 今日も運動のため自転車をこぎに4時半に家を出る。
4時半といっても16:30ではなく04:30である。
同じことを書くのはめんどくさいので、詳しいことは2週間前の記事を参照いただければ幸いです。


20230812 kichijoji-11
空堀川


2週間前に比べ日の出時刻が11分遅くなっている(7月29日04:46→8月12日04:57)
朝まだきの11分差というのはけっこう大きく、出発時間ははっきり感じられるほど暗くなっており、さすがに心細い。
台風も迫っていることだし、朝チャリも今日で最後かな… と、この日は思っていた。


20230812 kichijoji-12
東京大学農場付近


しかしこれを書いている時点(8/15)での週間天気予報の最高気温欄は、台風通過後ふたたび“36”の羅列に。
暑い日中を避けて運動不足解消… という目的からすると、朝チャリはまだまだ続くかも。


20230812 kichijoji-13
武蔵野中央公園


以下、ひと気のない吉祥寺のショット。
2週間前より上手に撮れている気がする👇


20230812 kichijoji-14
ダイヤ街

20230812 kichijoji-15
祥和会通り(ハモニカ横丁)

20230812 kichijoji-16
シュープラザ裏

20230812 kichijoji-17
プチロード

20230812 kichijoji-18
ペニーレーン


で、メインストリート「サンロード商店街」に出ると…


20230812 kichijoji-19


👆なんか思わせぶりだが、はたして続きはあるのか…?


20230812 kichijoji-20
※記事中の写真は8/3~12撮影のものを編集


[DATA]
武蔵野中央公園
東京都武蔵野市八幡町2-4-22





[Today's recommendation]


https://youtu.be/OqWsRd8xG_M



wachat230812.jpg



20230812 kichijoji-21-2
16番目の月


多摩地域の家系草分け 【吉祥寺 武蔵家】

2023.06.03

 数えてみると吉祥寺の中華・ラーメン屋さんは15店ほど取り上げていて、もう気になるところは残っていないかな… と思っていたが、昔からあるこちらを忘れてました… という「武蔵家」。

昔からあるというのはちょっと大げさだが、創業1999年。
知る限りでは多摩地域で武蔵境「大山家」(1997年創業)の次に古い家系ラーメンで、“昔から”というのはそういうニュアンス。


20230603 musashiya-37


駅南口からマルイ横を入って井の頭公園に向かう七井橋通りの1本右の通りに立地。

吉祥寺の最おしゃれスポットにあって誰はばかることなくとんこつ臭を漂わせ、道行くおしゃれ女子に「な、なに!? このニオイ!!」と言わしめるこちら。

以前はJR中央線のガード下(いまの「カフェゼノン」の場所?)で営業しており、隣の古本屋によく入っていた僕は、「な、なに!? このニオイ!!」となっていたのであった。


20230603 musashiya-38


そのころ一度入ったことがあるが、いまの場所に移転(2012年)後は初入店。
ちなみにチェーン展開されている「武蔵家」は中野に本店のある別系統らしい。


20230603 musashiya-36


ラーメン780円をポチッと。
お好みは“味の濃さ→うすい”。


20230603 musashiya-35


周りは“麺の硬さ→硬い”がほとんどなのでどんどん抜かされる。
家系は太麺が多いので、実は麺ゆでに時間がかかる。
きっちり15分かかった。


20230603 musashiya-31


家系は必ず味うすめにしてもらうが、食事制限とかそういうことではなく、たいがいの店で、うす味でだし-たれバランスがちょうどよくなるから。
最近はうす味でなお濃いというところも珍しくないが、こちらはちょうどよいうすさ。
タレに邪魔されることなくダシのうま味がじわじわ伝わってくる。


20230603 musashiya-32


麺が短いのは同じ吉祥寺の「洞くつ家」と似ている。
もともと同系統だけに?


20230603 musashiya-33


20世紀にすでに存在していたお店だけに、食べ進むにつれ初めて家系ラーメンを食べたときの衝撃がよみがえるようだ。


20230603 musashiya-39


[DATA]
吉祥寺 武蔵家
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11
https://www.6348musashiya.com/
https://twitter.com/kjj6348?lang=ja
https://www.instagram.com/6348musashiya/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/90RLzVUuXe4



wachat230603.jpg


価値観の混迷する時代に 【天下一品 吉祥寺店】

2023.05.24

 吉祥寺に用事で出かけ昼ごはんを食べようと思ったら、目当てのラーメン店がことごとく休みだった。
そういうこともあるんだなぁ… てか、ホープ軒って定休日あったのね💦


20230524 ten-ichi-11


駐輪場からの動線でさっき店の前を通った「天下一品」が頭に浮かんだ。


20230524 ten-ichi-12


昔、吉祥寺で昼ごはんといえば「ホープ軒本舗」「みんみん」「洞くつ家」と並んでよく入っていた「天下一品」だが、あるときコスパの悪さに気づいて足が遠のいた。


20230524 ten-ichi-24


オイルショック以来といわれるグローバル高インフレは価値観の混迷を招き、ラーメン価格はガラガラポン状態に陥っている。
テンイチのラーメン940円?
もはや高いのか安いのかわからん ( ̄▽ ̄)。o0○


20230524 ten-ichi-14


1060円 ▶ 990円
につられて、ラーメンランチをポチッと。


20230524 ten-ichi-15


まず3種のスープから選び… と年々複雑化が進むチェーン店のメニュー。こちらの券売機はボタン式なのでまだなんとかなったが、あのタッチパネル式のやつときたら…。


20230524 ten-ichi-18


食券を渡すと「エプロンはどうされますか?」と驚きのサービスを提案される。
ラーメンはあちこち汁飛ばしながらすするものだし、「いいオッサンがちまちまエプロンなんかしてられるかーい!」というのがわしら世代の感覚だと思うが、あとで隣の席に座った若い男性客はきっちりエプロン頼んでた。
価値観の多様化ですな σ( ̄、 ̄=) ンー


20230524 ten-ichi-16


6~7年前に立川で飲んだあとのシメに食べて以来の「天下一品」。
10年来の鶏そばブームの“鶏ポタ系”って、テンイチじゃん…! とひそかにリスペクトしてるという。


20230524 ten-ichi-1920230524 ten-ichi-20

20230524 ten-ichi-17


うまいが量が物足りないといつも感じていた。
それで小ライス?
しかし、ただ横に白いごはん置かれてもなぁ…。
濃厚スープには白ごはんという組み立てもわからなくもないが。


20230524 ten-ichi-21


提供サイドに立つと、何の手間も工夫も必要としない、付加価値のチョー低いセットなのであった。


20230524 ten-ichi-22


[DATA]
天下一品 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-3-3
https://www.tenkaippin.co.jp/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/5ItKS8bUUTA



wachat230525.jpg



20230524 ten-ichi-23
吉祥寺に用事=「塚田水産」の当たりくじの引き換え期限が迫っていた


昭和ラビリンスな 【三鷹大勝軒】

2023.05.06

 ☝ブログの日付上、いまだGWを向け出せていないワタクシ。
連休明け、お約束のごとく超多忙な日々が待ち受けていて、ブログのほうには手が回らず、たまったネタをさばききれずにいる。
土曜日のこの日は相方が仕事だったので、1人でふらふらという通常の土曜モードだ。

最近、山歩きが増えているが、毎回現場で装備の不備を痛感させられている。
吉祥寺の「石井スポーツ」に下調べに行き、そのまま昼ごはんという流れ。

吉祥寺の気になるラーメン店で入ったことのない店はもはや数少ないが、そのうちの一つ「三鷹大勝軒」。
なぜ吉祥寺なのに三鷹かというと、もともと三鷹駅近くにあったお店が吉祥寺に移転した(2017年6月)ということらしい。


20230506 mitaka-taishoken-43


吉祥寺には「大勝軒」が2店あり、もう1店は吉祥寺南町の「大勝軒 吉祥寺店」
そっちが“東池袋系”で、こっちは“永福町系”だ。
そのへんの事情はこちらを参照願えれば。

「三鷹大勝軒」の立地はヨドバシ吉祥寺店の背後の一角。
いまでこそだいぶ健全な飲み屋街だが、昔は昼間から客引きが立つようなピンク街、いわゆる“近鉄裏”である(👈古いな)。
学生のころ住んでいたのはこっちの方角なので、キャピキャピした(👈)吉祥寺より歩いていて安心感があったりする。


20230506 mitaka-taishoken-31

20230506 mitaka-taishoken-32

20230506 mitaka-taishoken-33

20230506 mitaka-taishoken-34
上の2枚は別のビルなのでわざわざこんな行き方する人はいないと思うが、迷路感を強調してみました😺


お店は昭和的テナントビルラビリンスの最奥。
カウンター6席ほどの激セマ店。
いろんな意味で、非常に入りづらい。


20230506 mitaka-taishoken-35


券売機で中華麺 並盛 850円をポチッとな。


20230506 mitaka-taishoken-36


煮干しの効いた熱々のスープ。
やわめの麺。


20230506 mitaka-taishoken-38


系統といっても店ごとにいろいろ違っているのは当然だが、それでもスープをひと口すすって永福町系を強く感じるのは、すごいと思う。


20230506 mitaka-taishoken-39


こちらは店主1人体制。
愛想がないとか接客が悪いとか、そんな口コミがやたら多いが、そういうのは気にならなかったな。
たしかに寡黙な人とは思うが、誠実の表現は人それぞれでいいと思うし。


20230506 mitaka-taishoken-42


食べ終わって帰りしな。

「ごちそうさま」
とあいさつすると、
「はーい♪ ありがとうございました」
と返ってきた。

洗い物をしながら背中を向けてだったが、ものすごく感じよかったんですけど。


20230506 mitaka-taishoken-41


[DATA]
三鷹大勝軒
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-3





[Today's recommendation]


https://youtu.be/XFkzRNyygfk



wachat230506.jpg


普通・薄めで! 【武道家 吉祥寺店】

2023.01.18

 吉祥寺は家系ラーメン激戦区なんだそうだ。
自分のいいかげんな記憶でも、たしかに吉祥寺または武蔵野市は多摩地区における家系ラーメンの先駆け的エリアであった。


20230118 budoya-11
「武蔵家」(手前右)と「武道家」(正面左)の位置関係


「大山家」1997年、「武蔵家」1999年、「洞くつ家」2003年…。
家系ラーメンがようやく東京都心に進出し始めたというような時代であったと思う。


20230118 budoya-12


それら先行組と並び称される人気店が「武道家」。
ずっと気になる存在だった。


20230118 budoya-13


「武道家」は早稲田に本店を構え、中野や成城学園前などに系列店を展開する一大勢力らしい。
吉祥寺店は井ノ頭通り沿いにあり、50m圏に「武蔵家」とチェーン系「吉祥寺家」があるという、たしかに激戦区。
井ノ頭通りと駅南口に向かうバス通りに挟まれた狭いエリアで、両方に入り口があるのは強みだと思う。


20230118 budoya-14


ラーメン並700円をポチッと。
お好みは“味薄め”。


20230118 budoya-15


いまや当たり前のように行き渡っている、麺の硬さ・味の濃さ・油の量など、客の好みに合わせて微調整するスタイルをつくったのは家系。

ゆで加減は“硬め”で頼む人が多く、いつも“普通”の自分はあとから入った客にどんどん抜かされることになる。
それから“味薄め”コールは自分以外に聞いたことがない。
――というように、家系の店では異なる時空に飛ばされたかのような感覚に陥るワタクシ。


20230118 budoya-16


10分近くかかって、ラーメン来る。
ウェーブのかかった太麺。具はチャーシュー、のり3枚、ホウレンソウ、ネギ。
家系ラーメンの基本形である。


20230118 budoya-17


スープをひと口…
うん、濃い。
麺をひとすすり…
うん、硬い (;^_^A


20230118 budoya-18


そうなのだ。家系に限らずいまどきのラーメンは硬めで濃いのが標準。
僕の好みからすると硬すぎ・濃すぎで、だから“普通・薄め”という注文になる。


20230118 budoya-1920230118 budoya-20


それにしても、こちらの味は相当に濃い。
薄めでこれなんだから、味濃いめはいったいどうなるのか。
あとで調べると超濃厚が売りなんだそうだ。なるほど…。
もはや自分の踏み込むべき領域ではないのだろう。


20230118 budoya-21


自己責任といえばそうだし大きなお世話だが、国民医療費の将来見通しなどに思いを致せば、このような傾向はいかがなものか、日本高血圧学会などに見解を伺いたいものである。


20230118 budoya-22


[DATA]
武道家 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-11
https://mobile.twitter.com/kichijoji0829





[Today's recommendation]


https://youtu.be/WFsAon_TWPQ



wachat230118.jpg


消滅商店街に残る… 【新雅】

2022.09.01

 古い話で恐縮だが、パソコン初期のころからある「シムシティ」という都市運営シミュレーションゲーム。自分的にはMS-DOS版のフロッピーディスクを上司に借りてやっていたというくらい古い話で、細かいことは覚えていないが、インフラを整備することで勝手に住宅地や商業施設ができ街が発展していく… というような内容だったように思う。

都市開発とは案外そんな感じで、学校をつくれば文房具屋ができ、病院をつくれば花屋ができ、駅をつくれば東横INNが勝手にできてくるのである。

昭和30年代・東京多摩地域という設定の「シムシティ」があったとして、“団地造成”というコマンドを打つと、周囲には勝手に商店街が形成されていき、その構成員として“そば屋・すし屋・中華屋”はワンセットで必須項目ということになるだろう。
いま衰退商店街に残っている飲食店があるとすれば、たいていはそのどれかである。


20220901 shingi-11
武蔵野中央公園。背後の建物が「NTT武蔵野研究開発センタ本館」


武蔵野市緑町の「武蔵野緑町パークタウン」はかつて「武蔵野緑町団地」という公団住宅で、その南には衰退したが再浮上の可能性を秘めた「グリーンパーク商店街」という魅力的な商店街が現存する「季節のテーブル 野の花」などを参照ください)

パークタウンを斜めに貫く通りを「NTT武蔵野研究開発センタ」に向かうと、この先鋭的研究施設や建て替えられて整然とした集合住宅のはざまに、ほんの一区画だけ古い建物群が残っている。
ここもかつては商店街だったかも… と、どこか心惹かれるこの場所に古い中華料理店が残っていることを、つい最近知った。


20220901 shingi-19


武蔵野市あたりに知らない中華屋さんはないと思い込んでいたが…。
言葉では説明しづらい場所なので写真をご覧いただきたい👇


20220901 shingi-12
武蔵野中央公園の東、「中島飛行機武蔵製作所工場 正門跡」裏側から望む「NTT武蔵野研究開発センタ本館」

20220901 shingi-13
研究所手前に残る古い建物群

20220901 shingi-14
緑色の庇テントを目印に…

20220901 shingi-15
右手が「武蔵野緑町パークタウン」。肝心の中華屋さんはまだ現れない

20220901 shingi-16
上の写真を反対から見ると、奥まった位置に赤い看板が…

20220901 shingi-17
寄ってみると、古い建物群のさらに裏側に“中華料理”の暖簾がはためいているではないか!


ということで、(ネット情報によれば)1966年ごろ創業の中華料理店「新雅」。
「漢珍亭」に続く、気になる街の中華屋さんに入ってみた…! シリーズ。


20220901 shingi-18


こちらサービスメニューが売りのもようで、最近観察を続けたところ、A.焼肉丼・ラーメンは固定で、B・Cが日替わり。
本日は、B.(半)チャーハン・特製麺、C.ビリ辛麺・(小)ライス。


20220901 shingi-20


店内は程よい広さで、中央に円卓、四隅にテーブル席。


20220901 shingi-21


赤い暖簾の影が映り込み、夕暮れ時のようにまったり落ち着く店内の雰囲気。
ホール係はとても感じのよいおかあさん。


20220901 shingi-22


「特製麺ってどんな…?」
「しょうゆ味で野菜がのってる麺なんですよ♪」

ということで、サービスメニューBの(半)チャーハン・特製麺を注文。


20220901 shingi-2320220901 shingi-24
“通研正門前商店街”という記述


メニュー表には、えびそばやかにそばといった“ちょい上”の品やら、やきめしという“ちょい下”な表現やらが混在する。
炒飯(チャーハン)が見当たらないので、やきめしがそれに相当すると思われる。

が、最初にやって来た半チャーハン、予想に反しなんという上品なビジュアルでしょう… w( ̄▽ ̄;)w


20220901 shingi-25


そんな感じで、洗練を追究したお店なんだと思う。
店内のきれいさと料理の洗練度は比例する… ような気がする。


20220901 shingi-26


特製麺は、一般的にはモヤシそばというのが近いかも。
しょうゆ味のラーメンの上に、モヤシ、タマネギ、ニラと、たっぷりのひき肉の炒め物がのる。
あっさりなしょうゆ味に野菜の甘味と油のコク味が加わり、深みのある味わいに。


20220901 shingi-27
時間差で出てきたので、チャーハンちょっと食べちゃってます (;^_^A


麺は昔ながらの細縮れ麺で、見た目以上にボリューミー。
これで750円って、特製麺だけで750円と言われても全然驚かないという驚異のコスパ!


20220901 shingi-28


メニュー表に“通研正門前商店街”と書いてあることに、あとで気づいた。
「通研」とは日本電信電話公社電気通信研究所の略で、現NTT武蔵野研究開発センタにあたる。

次に入ったとき、そのへんの昔の話をおかあさんに聞いてみたい。


20220901 shingi-29


[DATA]
新雅(しんぎ)
東京都武蔵野市緑町2-3-35





[Today's recommendation]

wachat220901.jpg




https://youtu.be/CMm0RYovM5U



20220901 shingi-36
次はここかな…?


あのころ、ジョージタウン 【蒼龍唐玉堂 吉祥寺店】

2022.08.18

 夏バテと総称される夏場の体の不調の多くは暑さによる睡眠不足や食欲不振を原因として説明できるが、記録的な暑さの今年、想定を超える負のスパイラルが発動しているもようで、なぜか体重が増えている。

猛暑の影響といえば、いつもの夏より少しビールが増えて、いつもの夏より運動が減って、昼寝が増えて… くらいしか思い浮かばないんだが、なぜか体重が増えているんだが ヾ(・ω・o) ォィォィ

こんなに自転車から遠ざかった夏というのも記憶にないが、おそらく真夏日くらいならなんとかなるが、猛暑日はどうにもならないと。

要するに運動不足なので、当然体力も落ちている。
体重増より体力(心肺持久力)低下のほうがむしろ全死亡リスクに大きく影響するらしい。
なんとか取り戻さないと。


20220818 soryutogyokudo-24


ようやく猛暑でも雨でもない今日、自転車で行けるところまで行ってみようと、リハビリ感覚で、ふらふらと吉祥寺まで。
最短ルートで約13kmと、ふらふらと行くのにちょうどよい距離感の吉祥寺。
ついでに昼ごはんを食べることに。


20220818 soryutogyokudo-25-2


新しいラーメン店に疎いが、ずっと気になっているのが「蒼龍唐玉堂」。
気になるというか、もやもやする。
2005年オープンを新しいというかどうかはおいといて。


20220818 soryutogyokudo-11
ペニーレーン


ペニーレーンとプチロードが交わる昭和時代の最おしゃれスポットに、かつて「くまもとラーメン 火の国」というお店があった。
たしかここ(または隣の「一風堂」)の物件だったはず。

…と、通りかかるたびに思い出す。


20220818 soryutogyokudo-12
ビルのテナント用袖看板の下から2番目を、裏から見ると… 👇


2~3回しか入ったことがなくたいして思い入れもないラーメン屋がなぜ思い出されるのか不思議だったが、最近その原因を発見した。👇


20220818 soryutogyokudo-13
一種のサブリミナル効果だったのだね、これが


と、どうでもいい理由ではあるが、気になったからには入ってみなければ ( ̄- ̄;)ンー


20220818 soryutogyokudo-14


「蒼龍唐玉堂」は担々麺専門店。


20220818 soryutogyokudo-16


担々麺だけで9種類もあって迷うが、いちばん基本っぽい黒胡麻担々麺を注文(券売機ではなく口頭注文制)。


20220818 soryutogyokudo-18


14時すぎで先客2組3名はまもなく帰り、客は僕1人に。
ふと見ると、厨房のスタッフが「万豚記」のスタッフTシャツを着てる。
そっち方面(際コーポレーション)の店であったか…。


20220818 soryutogyokudo-17


それで思い出したが、担々麺を食べるのは小川町交差点にあった「万豚記」と決まっていた時期があった。
これも面白い巡り合わせかも。
いまああいう担々麺が食べたいかというと、ちょっと違うんだが。


20220818 soryutogyokudo-19


黒胡麻担々麺来る。
見た目はかなり胡麻胡麻というか、ゴテッと濃厚そう。
ああいう担々麺とはだいぶ違って、いまどきっぽい?


20220818 soryutogyokudo-20


スープをひと口。
あまり辛くない。辛くないが濃い。濃くて甘い。
ああいうのでもこういうのでもなく、ならばどういうのかというと、強いて系統を挙げるとすれば「富士力食堂」のカレー系…? σ( ̄、 ̄=)ンー


20220818 soryutogyokudo-22


麺は角ばった平打ちで加水が少なくガツンとした食感。
麺量は多くないが、あとで品書きを見直すとライスサービスと書いてある。
ご飯と一緒に食べてちょうどいいくらいの味付けかなぁ… と思いました。


20220818 soryutogyokudo-21


もやもやは、まあ解消されたかな…。


20220818 soryutogyokudo-23


[DATA]
蒼龍唐玉堂(ソウリュウトウギョクドウ)吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-4
https://kiwa-group.co.jp/souryu_kichijoji/





[Today's recommendation]

wachat220818.jpg




https://youtu.be/S-rB0pHI9fU


朝曇りは晴れ…? 【大勝軒 吉祥寺店】

2022.05.07

 降ったりやんだりの予報でアメッシュを見つつ自転車で走っていると、南北に連なる発達した雨雲が房総半島から迫ってきている。現在地は吉祥寺付近で、街なかで屋根のある駐輪場に入れて雨雲をやり過ごすことにした。
ところが雲は東京湾を渡るとスピードを落とし、徐々に弱まっているようにも見える。弱まったとしても消えることはなく、引き続きこちらに向かっている。
動くに動けず、吉祥寺に閉じ込められる格好になってしまった。

慎重な行動には訳がある。
雨季の心構えができておらず、この半月で2回、ひどく降られてしまっている。

【ことわざ辞典】 羹に懲りて膾を吹く


20220507 kichijoji-taishoken-1120220507 kichijoji-taishoken-12


そうこうしているうちに13時を回り、もはや昼ごはんは吉祥寺で食べるしかない状況。
が、困ったことに土曜日の吉祥寺はどこも行列。


20220507 kichijoji-taishoken-1320220507 kichijoji-taishoken-14


勘が働いて街外れに行ってみると、読みどおり平日よりもむしろすいている感じ。
いつも行列ができているこの店も、簡単に入れた。


20220507 kichijoji-taishoken-1520220507 kichijoji-taishoken-16


「大勝軒 吉祥寺店」は、調べてみると2002年オープン。
もう20年になるわけで、そんな前からあったかなぁ…? と意外な感じがしたが、考えてみるとだいぶ前に1~2度入ったことがあり、それが10年前ってことはないぐらい古い話に思える。
そう考えるとそうかもなぁ… と、その時代は記憶がまだら模様である。


20220507 kichijoji-taishoken-1720220507 kichijoji-taishoken-18


らーめん(少)をポチッとな。
少でも1.5玉と。そういう世界。

【ことわざ辞典】 君子危うきに近寄らず


20220507 kichijoji-taishoken-19


ちなみに吉祥寺にはもう1店「大勝軒」があり、こっちは東池袋系だが、そっちは永福町系らしい。
そのあたりの事情は過去記事を参照していただければと。


20220507 kichijoji-taishoken-2020220507 kichijoji-taishoken-21


つるっとしてもちもちのストレート太麺に、煮干しの効いたやや酸味のあるスープは、王道東池袋系という感じ。


20220507 kichijoji-taishoken-2220220507 kichijoji-taishoken-23


しっかりした肉感のチャーシューに甘すぎないメンマ。
オールドスタイルで飽きのこないラーメン。


20220507 kichijoji-taishoken-24


結局、雨はほとんど降らず、ぼうぜんと見上げる青空。
おかげで情報の波に埋もれていたお店に入ることができたわけだが。

【ことわざ辞典】 結果オーライ ヾ(ーー )


20220507 kichijoji-taishoken-27-220220507 kichijoji-taishoken-28


[DATA]
大勝軒 吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-7





[Today's recommendation]

wachat220507.jpg




https://youtu.be/pBkHHoOIIn8


オーソドックスな東京とんこつ 【ぶぶか 吉祥寺北口店】

2021.12.15

 眼鏡がボロくなってる。
老化現象により見えすぎる眼鏡はどうにも疲れて長くは掛けていられなくなり、5代も前の古い眼鏡を使っているが、古いだけにレンズが擦り傷だらけ。
この古いのと同じ度数で新調したいが、どうやって測るのか? 眼鏡店なら光学機器でレンズから簡単に調べられるらしい。データがあればより確実だが、ずいぶん昔の話で残っているかどうか。
いちおう買ったお店に行ってみることに。


20211215 bubka-11


自転車で眼鏡店のある吉祥寺へ。

“本日は定休日です”

ガーン ( ̄▽ ̄;)!!ガーン


20211215 bubka-35


こういうことってよくあるよねー(ねーよ! ヾ(・ω・o) )

出かける前に調べることをしない… というか、何も決めずに出かけて途中で行き先を決めるから。

しょうがないから吉祥寺をぶらぶら… といきたいところだが、困ったことに足(の裏)が痛む。自転車では気づかなかったが、昨日新しめの靴で11.4km歩いた影響かも。
かばって歩いていたら膝裏の腱まで痛くなってきた。


20211215 bubka-13-220211215 bubka-14


おとなしく帰ろうと、眼鏡店から駅(というか駐輪場)に向かう途中に、ラーメン店。
腹が、減った……


20211215 bubka-1520211215 bubka-16


「ぶぶか」は有名店だが、はたしてこれまで入ったことがあるだろうか…。いや、ある。(反反語)


20211215 bubka-1720211215 bubka-18


記憶がまだらな時代というのがあって、そのへんの事柄は不確か。
以前、高田馬場に出店しており、そっちにはけっこう入っていた。


20211215 bubka-1920211215 bubka-20


「ぶぶか」といえば油そば。
が、つけ麺同様、油そばもほぼ食べない。
高田馬場店で僕以外すべて油そばという状況があって、さすがに居心地悪かった。

でも、今日もとんこつらーめんをポチッとな。


20211215 bubka-2120211215 bubka-22

20211215 bubka-2320211215 bubka-24


コロナ禍で“味集中カウンター”化しているラーメン店がけっこう多く、本当に落ち着いて食べられるので、この点はありがたい。


20211215 bubka-2620211215 bubka-25


名物・油そばについて“もはや普通のラーメンでは物足りないというマニアックな…”みたいな挑発的な張り紙がしてあるが、ラーメンはとがったところのない安心感のある味わいである。


20211215 bubka-2720211215 bubka-28


トッピングにゆでモヤシだけでなくゆでキャベツ。
とろとろチャーシュー、ノリ、ネギ。


20211215 bubka-2920211215 bubka-30


パツンと歯切れのよい中細麺のボリュームがすごい。
コスパ、抜群によい。


20211215 bubka-3120211215 bubka-32


いまさらだが、吉祥寺の選択肢が一つ増えた。


20211215 bubka-33


[DATA]
ぶぶか 吉祥寺北口店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-1
http://www.bubuka.top/





[Today's recommendation]

wachat211215.jpg




https://youtu.be/QjtD8A-MWBc



20211215 bubka-34
吉祥寺駅北口


いまや貴重な… 【大龍】

2021.10.07

 昔よく通った武蔵境駅北口「九州GTラーメン」は10年近く前に閉店しているが、GT店主はその後、府中市朝日町の自宅前でキッチンカー営業しているというので、一度食べに行った。
そのときいろいろ聞いた中で気になったのが、「はじめは南口で営業していて、当時ラーメン屋はうちと『大龍』さんしかなかった」という話。


20211007 dairyu-21


「大龍」というお店は武蔵境駅南口に現存する。
再開発に取り残されたような雑然とした一角ではあるが、そんな古いラーメン店が残っていることを知らなかった。


20211007 dairyu-22


調べてみると、1970年創業の古株。
みそラーメンが売りのようで、見るからに昔っぽいタイプのラーメンには心惹かれるものがある。


20211007 dairyu-2320211007 dairyu-24


以降、ときどき通りすがりに様子をうかがっていた。
カウンターのみの小さいお店で、このご時世、なかなか入りづらい。


20211007 dairyu-2520211007 dairyu-26


コロナは落ち着いてきてはいるが、やはり慎重を期して客が引けそうな時間に行ってみる。
13:40、先客なし c( ̄▽ ̄)


20211007 dairyu-27


注文はみそらーめん。


20211007 dairyu-28


客席8席に対しスタッフ2人というアンバランス感。高齢男性2人体制は「どさん子 柳沢店」を思い出させるものがある。
野菜を炒めた上から中華鍋にだしを張る製法も、どさん子スタイル。


20211007 dairyu-33


ただし、麺ゆでも野菜ファイヤーも、調理はすべて若めのおじさんがやる。
ずっと座ったままの年かさの御仁。おもむろに腰を上げると、最後の大切な仕事に取りかかった。ネギの盛り付けである。

瞳を描き終えた大龍は空高く舞い上がるのであった。


20211007 dairyu-29


炒め野菜はモヤシとタマネギで、細切れの豚肉が入る。シャキシャキ感の残る絶妙の火入れ。
トッピングにネギとコマツナ。麺はツルッとした中細麺。


20211007 dairyu-30


スープはごくあっさりした味わいだが、ピリッと舌を刺激するものがある。意外にニンニク(生?)を利かせてあるか、タマネギの辛味成分が効いているか。


20211007 dairyu-31


昭和の時代のごく普通のラーメンジャンルである。
いまや探しても見つからない貴重な存在になった。


20211007 dairyu-32


[DATA]
大龍
東京都武蔵野市境南町2-1-20





[Today's recommendation]

wachat20211007.jpg




https://youtu.be/D9BUXsa55hg



20211007 dairyu-34
画竜点睛… のイメージ?


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2