fc2ブログ

ちょっと小粋な昼ごはん 【ふじや】

2023.01.14

 正月休みが明けたと思ったら3連休… というのは、月単位の仕事をしている身には過酷な日程である。
ブログ記事の日付が1月9日から14日に飛んでいるように、平日は目いっぱい仕事だ。
当たり前か。

仕事小休止の土曜日。
予報が思わしくないなか、アメッシュをにらみながらのチャリ行。
武蔵村山~瑞穂から北に転進、ぐるっと狭山丘陵を一周する予定だったが、前方にまとまった雨雲が出現。
はい、撤収! \( ̄□\) λλλλλ,,,,,


20230114 fujiya-11


せっかくこんなとこまで来たんだから、気になるおだんご屋さんに寄ってみることに。


20230114 fujiya-12


多摩大橋通り武蔵村山市役所西交差点から斜め右、スーパーオザム方面に進んですぐ。
去年入ったうどん屋さん「一休」の手前という位置。
看板がないのでただの「だんご屋」さんだったが、あとで調べて「ふじや」さんに昇格。


20230114 fujiya-13


実は主目的はおだんごではない。
こちらはのり巻きといなりを売っているが、昼ごろまでには売り切れてしまう。この時間(10:25)なら買えるだろうから、昼ごはんを調達しようというわけだ。


20230114 fujiya-14


しかし“いなのり”、あるにはあるが残り少なく、この時間でも際どかったかもしれない。
一方、おだんごのほうはいままさに焼き始めている感じで、保温ケースは空っぽだが焼き場にはたくさん並んでいる。


20230114 fujiya-15


のり巻き3本、いなり2個、おだんご2本。
90円均一で90×7、しめて630円。


20230114 fujiya-16


店内には「中村屋」の看板が掛かっているので、元は(月餅・中華まんの)中村屋のフランチャイズチェーンだったのかもしれない。
中村屋といえばタバコ屋のイメージだが、テイクアウト用小窓にはまさにタバコ屋さんの面影が残る。


20230114 fujiya-26
参考写真:某「中村屋」のタバコ売り場。こんな感じだったのかも


これくらいの買い物でもきちんと包装紙で包んでもらうとうれしいし、お店としては矜持の表れなのだろう。


20230114 fujiya-18

20230114 fujiya-22

20230114 fujiya-23


のり巻き(かんぴょう巻き)は子どものころ好きじゃなかった。
甘いのり巻きというものがダメだったんだが、年をとると“粋”とかいう概念が入ってきて、かんぴょう巻きを味わうという余裕が生まれる。


20230114 fujiya-19


かんぴょうもいなりの揚げも、しっかり甘い。
甘いことは甘いが、後引きが少なくすっきりした甘さ。
酢飯もきっちりすっぱく、味を引き締める。


20230114 fujiya-20


おだんごはザラッとした生地で、米粉かな?
タレも甘味なしのきっぱり生じょうゆな感じ。

のり巻きの話じゃないが、甘いよりしょっぱ好きとしては、かなーりおいしいだんごです❣


20230114 fujiya-21


甘さもしょっぱさも、シンプルで飽きのこない味というのがいちばん。


20230114 fujiya-17


[DATA]
ふじや
東京都武蔵村山市本町1-45-3





[Today's recommendation]


https://youtu.be/D34XE_Is-uk



wachat230114.jpg



20230114 fujiya-25
コサギとダイサギ(空堀川 / 東村山市富士見町)


小だぬき発見! 【シャトー洋菓子店】

2022.01.16

 たぬきケーキというものに興味があって、これまで(たぶん)3回取り上げている(「サン・ローザ」「ファンフル」「モンテリマール」)。
バタークリームを使った昭和時代のケーキだが、レトロ感がウケていまちょっとしたブームらしい。
ブーム前にも一定数コアファンはあったようで、「全国たぬきケーキ生息マップ」というサイトもあり、マイブーム初期から参考にさせてもらっている。
といっても行動圏に残っていたのは3店のみで、それが上のリンク先というわけだ(サン・ローザは閉店)。


20220116 château-1120220116 château-12


たぬきマップの精度はかなりしっかりしているが、Googleマップにも漏れはあるように、完璧ということはないだろうと、古いケーキ屋さんを見つけると店内をのぞき込むクセがついた。ケーキ屋さんは入った以上、買わずには済まされない対面システムだから、外からのぞき込むと。
だがそれでたぬきを発見したことはない。


20220116 château-1320220116 château-14


そんな感じでのぞいていて、お店の人と目が合い「どうぞ♪」と声をかけられ、逃げるように立ち去った前科があるのが「シャトー洋菓子店」である。


20220116 château-2120220116 château-22


村山団地に隣接する団地西通りの商店街。
いわゆる衰退商店街に立地するお店だが、昨秋、なぜか推薦するコメントが2件立て続けに寄せられた。
そのうち1件には「小ダヌキ発見しました」とある。「全国たぬきケーキ生息マップさんにも載っていないようです」と。
やっぱり漏れはあったのね ヾ( ̄ω ̄〃)


20220116 château-1520220116 château-16


前記事の続きじゃないが、せっかくこの商店街に来ているのだから寄ってみる。


20220116 château-1720220116 château-18


小だぬきはプチフールという詰め合わせに生息していた。
10個入りと15個入りのあるこのセット、いずれもタヌキ的なオールドスタイルのケーキのようである。


20220116 château-1920220116 château-20


「たぬきケーキはずっとつくり続けてこられたんですか?」と聞くと、「はい、プチフールは初代のつくる昔ながらのケーキのセットなんです」とおねえさん。

初代の昔ながらのケーキと2代目の現代感覚のケーキの両方を扱うのがこちらの特徴という。


20220116 château-2820220116 château-29


プチフールはすべてバタークリームのオールドスタイル。
昭和の人間には宝石箱のように映るといったら大げさか。


20220116 château-23


ただしこの数量、消費期限は1週間というが、2人暮らしの僕らにはビミョーである。
悩んだ末、子どもが帰ったときの楽しみということにして、今回は見送り。
ケーキ単品で、初代のモカロールと2代目の生チョコタルトを購入。


20220116 château-24


バタークリームを使ったモカロールはひたすら懐かしい味わい。香りもスポンジ生地も昭和そのもの。
50年前にタイムスリップするかのような感覚。

プチフールのもろもろへの期待感も、むろん高まる。


20220116 château-25


[DATA]
シャトー洋菓子店
東京都武蔵村山市学園3-64-19
https://4810cake.jimdofree.com/
https://www.facebook.com/shatoyogashi/





[Today's recommendation]

wachat220116-22.jpg




https://youtu.be/omzg05Sa494



20220116 château-26


丘の麓のほのぼのうどん 【田舍屋】

2017.10.23

 狭山丘陵のふもと、青梅街道の大曲りの北側は、山に向かって古い道が入り込み、まばらな集落が形成されている。武蔵野の里山という風景。
そのあたりに評判のうどん屋があることは知っていたが、適当に入った道は4本ほど東だったようで、おかげで上らなくてもいい坂を上ってしまった。


in‌akaya31


あてずっぽうに細道を西にスライドするうちに、神社の参道の向こうに“手打うどん”の暖簾を発見。
いったん青梅街道に下り、1本先を入り直す。


in‌akaya32


「田舎屋」はこのあたりにしては新しい住宅地に位置する。
1時15分すぎで駐車場に車が2台、中からはにぎやかな話し声が聞こえてくる。


in‌akaya33


店内は4人掛けテーブルが3卓、入って正面と右側にカウンター席。先客は高齢男性2人組とおばちゃん3人組。
右側の厨房に面したカウンターの端の席に着く。


in‌akaya34in‌akaya35


目の前に張ってある写真を見ながら、
「ざるうどんは肉汁ですか?」と聞いてみる。
「肉汁もかつおだしもできますよ」と店主。
「じゃ、肉汁で」
「大盛り?」
「いや、普通で」


inakaya15.jpg


カウンターの上にはゆでまんじゅう、目の前には焼だんごの張り紙、壁のお品書きにはいなりずしと、いろいろあって楽しい。
中ほどのキッチンカウンターでは天ぷらが大皿に盛り付けてあり、セルフでとってくるシステム。サツマイモ、ちくわ、マイタケ、タマネギ(全品50円)からマイタケをチョイス。


in‌akaya36in‌akaya37


うどんは5分ほどで提供。
地粉の灰色がかった色合いとよじれ具合は典型的な武蔵野うどんの姿。ちゃんと耳も付いている。コシはしっかりあるが強すぎず、香りも甘味もほどよく感じられるおいしいうどんだ。
肉汁は豚肉ぱらぱらな感じ。だしのうま味は強いが甘すぎずバランスがよい。糧・薬味はゆでホウレンソウと刻みネギ。天ぷらは揚げ置きだがカラッとしている。

個人的な好みでは、今年食べたうどんの中で、東海林さだお氏のネタのパクリだが“いずぬ”である。東北弁で、一、二を争うおいしさってこと。


in‌akaya38


店主のおとうさんは一息ついて、空いた客席に座っておばちゃん3人組と世間話を始めた。
「お客さんからぼったくってんじゃないの?(笑)」というような内容。
この3人がぼったくり飲み屋の関係者かどうかは知らないが、商工会の話題に移っているから商売をしていることは間違いなさそう。東大和の商工会はフォローが手厚い、と。それに比べて村山は…。


in‌akaya39


そんなゆるい会話が僕の背後で繰り広げられていたが、おとうさん、おもむろに立ち上がって厨房に入ったかと思うとすぐ僕のところにやって来た。
「もう少しどうですか?」と、うどんの入ったテボを差し出すのである。ちょうど食べ終わったタイミング。
「うわっ! ありがとうございます」と遠慮なくいただく。
このサービス分がけっこうな量で(下右写真)、最後きつくなったほど。でもこういうのは本当にうれしくなる。


in‌akaya40in‌akaya41


支払いのとき、おかあさんが僕の席の器を見ながら、
「えーと、大盛り?」
「いやいや、普通」と奥のおとうさん。
「ごめんなさいね。500円…」
「あと天ぷら」とワタクシが自己申告。
「天ぷら… 2つ?」
「いやいや、1つ(笑)」
「ハハハ、ごめんなさいね。550円」
そんなに食べそうに見えるかなぁ? まあ、たしかにほかのお客さんよりかなり若いとは思うけど。


in‌akaya43


すっかりほのぼの気分にさせられたが、帰り道、ハッ! となった。
なぜ僕はゆでまんじゅうを買わなかったんだろう?
家族はまんじゅう好きで、特に妻はとっておいたまんじゅうを子どもに食われて本気で怒ったことがあるほど。
どうやってごまかそうかなぁ…。


in‌akaya42


[DATA]
田舍屋
東京都武蔵村山市中藤4-39-5





[Today's recommendation]


https://youtu.be/QmSQBYLx0vo



chat171022-22.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
ブレない王道? スタイル 【壱発ラーメン 福生店】 May 18, 2024
歌舞伎町のご長寿食堂 【つるかめ食堂 歌舞伎町店】 May 17, 2024
The 名演! 【NHKホール】 May 15, 2024
いわゆる奥渋にて 【増田屋】 May 14, 2024
結局、いつもいつもの… 【杜の都寿司田 仙台駅ビル店】 May 13, 2024
〽ひろせがわ~ 【仙台城跡】 May 13, 2024
5月4日は植物園の日 【神代植物公園】 May 11, 2024
深大寺といえば… 【一福茶屋】 May 10, 2024
東京を代表する古刹 【深大寺】 May 09, 2024
銀座モダンな 【ビヤホールライオン 新宿店】 May 08, 2024
長く困難な ――馬頭刈尾根 May 07, 2024
予想以上にハードな ――大岳沢分岐 May 06, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2