fc2ブログ

こんなラーメン屋さん、懐かしい 【ラーメンショップまるよし】

2021.09.17

 先月、「ジョイフル本田 瑞穂店」フードコートのお店を取り上げた。そのラーメン店「来良哲」の運営会社が大手チェーンではなく地元ラーメン店というので興味をひかれたと。
「来良哲」には僕なりに好印象が残っている。ならばその“本店”を素通りのままというわけにもいくまい。


20210917 maruyoshi-34


フードコートの店舗名は「まるよしファミリー 来良哲」となっている。
その「まるよし」こそ、来良哲運営元の街のラーメン屋さん。
ジョイフル本田から1.2kmの江戸街道沿いに、お店はある。


20210917 maruyoshi-3520210917 maruyoshi-36


ジョイフル本田ができたばかりのころ、買い物に行くとき通るのはこっちの道(江戸街道)だったのだ。いまは狭山丘陵の麓を通ることが多く、新青梅街道の南側の事情に疎い。当時の記憶も薄れている。
江戸街道のイオンモールとジョイフル本田の間には当時ラーメン店が2~3軒あって、「一二三」は吉祥寺の人気店と同名だったので覚えているが、言われてみればこういう位置にこういう店あったかも… というのが「まるよし」。


20210917 maruyoshi-39


街のラーメン屋さんといっても、フードコートに出店するくらいだし、商売っ気というかギスギス感はあるのかもと身構えるところはあったが、拍子抜けするくらいにほのぼのした、昭和遺産的な街のラーメン屋さんであった。


20210917 maruyoshi-33


店内はカウンター5席、2人テーブル×2、小上がりに座卓×2と、こじんまりしたつくり。
スタッフはおかみさん風と若い男性の2人体制。
ほのぼの感は丁寧で優しく茶目っ気も備えた、おかみさんの接客によるところが大きい。


20210917 maruyoshi-3120210917 maruyoshi-32

20210917 maruyoshi-2920210917 maruyoshi-30


パッと手にとった品書き(↑上)にある、お得ならーめんセットAセット(らーめん+半チャーハン)を注文すると、「この時間、ランチサービスでお安くなってるんです」とおかみさん。ランチの品書き(↑下)を示しつつ、「Aセット、醤油でよろしいですか?」と。
それで100円安くなる。
「来良哲」のときの逆をいっているようでおもしろかった。


20210917 maruyoshi-2720210917 maruyoshi-28


「味玉、一緒にどうです?」と、おかみさんはよどみなく。「いまお安くなってますが」
断れる流れではないのである。


20210917 maruyoshi-2120210917 maruyoshi-22


Aセット来る。
写真を撮らせてもらっていると、「じゃ、きれいにしなくちゃね」とチャーハンの八角皿をお点前のような手付きで回すおかみさん。
皿の辺の角度を整えたのか? だとすれば、スマホのシャッターをただ押すだけの人間としてはとても参考になる。


20210917 maruyoshi-2520210917 maruyoshi-26


ラーメンスープは口の中をやけどするほど熱々の油膜が表面を覆う。
鶏ガラベースに魚介系の香りが加わる昔懐かしい味わい。


20210917 maruyoshi-23


こういうセットでは作り置きのところも散見される半チャーハンだが、おかみさんがしっかりていねいに鍋振りをしている気配が厨房から伝わってきている。
チャーシュー、卵、ネギの基本の具材3種でシンプルに仕上がったチャーハンも、しみじみおいしい。


20210917 maruyoshi-24


僕らが若いころ、こういうお店は最も普通に存在していたんじゃないだろうか。
いわゆる街中華ほど歴史を感じさせないため忘れられがちだが、同じくらいに絶滅が危ぶまれる。
元気いっぱいな営業姿勢、頼もしい限り。


20210917 maruyoshi-3720210917 maruyoshi-38


[DATA]
ラーメンショップまるよし
東京都武蔵村山市中原4-7-26





[Today's recommendation]

wachat210917.jpg




https://youtu.be/UhWi2ukHT8Q



20210917 maruyoshi-11
一昨日のはやぶさ車窓写真 つづき


東池袋直系、安定のおいしさ 【武蔵村山大勝軒】

2021.06.28

 自転車コースのラーメンシリーズで、「武蔵村山大勝軒」。

“ラーメンの神様”こと故 山岸一雄氏直系“東池袋系大勝軒”の中の“小金井大勝軒グループ”に分類されるらしい。


20210628 murayamataishoken-11-220210628 murayamataishoken-12

20210628 murayamataishoken-2720210628 murayamataishoken-28
うどん・そば:①かたくりの湯 大の一讃輝観音茶屋穂波うどんこうちゃんうどん ゆで太郎入間宮寺店さしだ家 ラーメン:①松屋峰英軒山岡家瑞穂店ラーメンショップYAMANAKAわかまつ(2020年以降の掲載順) © OpenStreetMap contributors


「武蔵村山大勝軒」は2007年オープン。
そのころ一度入ったことがあるが、ラーメンの世界に疎い自分がなぜかその“小金井系”ということを認識していて、そのため「小金井大勝軒」は中野や東池袋のような源流に近い存在と勘違いしていた。昨年小金井大勝軒を取り上げたときに2005年オープンのまだ新しめのお店と知ってかなり驚いたのであった。


20210628 murayamataishoken-13


新青梅街道に面したロードサイド店で駐車場約40台。
いつも駐車場に出入りがある印象で混んでいそうなので、少し時間を遅らせて13:45入店。


20210628 murayamataishoken-14


入って正面に券売機。
“基本のラーメン”中華そば720円をポチッとな。


20210628 murayamataishoken-1520210628 murayamataishoken-1620210628 murayamataishoken-17


横に待機していらっしゃったおねえさんに食券を渡す。
「お好きな席へどうぞ~♪」


20210628 murayamataishoken-1820210628 murayamataishoken-19



テーブル席38席、カウンター16席というキャパ以上に広く感じられる店内。
かなり余裕をもった配置なので、たとえ満席でも密接感はさほど受けないかもしれない。


20210628 murayamataishoken-20


14時近くですいており、カウンター席でどっぷり落ち着く。


20210628 murayamataishoken-21


大勝軒はどの系統も量が多いことで知られるが、こちらは中華そば(並)で麺量300g。


20210628 murayamataishoken-22


自家製中太ストレート麺は大勝軒ならではのもちっとした食感。だしは豚骨・豚足・鶏がら・親鳥・もみじ・鯖・煮干し・野菜…、魚介系の香りが前面にきて、カエシには少しの酸味。もも肉のチャーシューはしっかりした肉感…。


20210628 murayamataishoken-23

20210628 murayamataishoken-24


すべてが無駄なくバランスされた東京ラーメンの王道…。


20210628 murayamataishoken-25


大勝軒といえば35年前に住んでいた家から近かった「中野大勝軒」には頻繁に通った。
そのころのことが思い出され、ずっと食べ続けてきたような気にさせられる。
心に刺さったラーメンを忠実に継承している系統なのかな… と。


20210628 murayamataishoken-26


[DATA]
武蔵村山大勝軒
東京都武蔵村山市中央2-128−2
https://koganei-taishoken-group.com/





[Today's recommendation]

wachat210628.jpg




https://youtu.be/TmENMZFUU_0


ラーメンの消えた日 【ラーメン一二三】

2019.09.25

 このページの右サイドに表示してあるLatest Articles(最新記事)のサムネイル画像からラーメンが消えて5日が経過した。そこには12記事分掲載されるように設定してあるので、平均1日1記事というペースだとしても、その間、半月以上はラーメンを食べなかったことになる。ラーメンばかり食べていた人物の食事の記録とはとうてい思えない。

…というくらい、以前はラーメンばっか食べていた。
ラーメンしか食べなかったと言っても過言ではない。(←いや、言い過ぎだけど)

せわしない9月も終盤、ようやく通常モードに戻ったことだし、ゆっくりラーメンを食べに行くことにした、というような事の次第であるという。


20190925 hifumi-25


八高線の箱根ヶ崎駅近くに「松屋」という知る人ぞ知る渋いラーメン屋があるが、どういうわけか行くといつも休み。
1時半近くで大きく移動もできないので近場で次の候補を考え、思い出したのが江戸街道の「一二三」。こちらも以前から気になっていた。


20190925 hifumi-12


この道を通るときの目的地は「ジョイフル本田瑞穂店」とほぼ決まっているが、ジョイフルのオープン(2007年)当初は園芸コーナー目当てに自転車や車で頻繁に通っていた。
「一二三」は、当時のラーメンブームをけん引した吉祥寺の個性的な店と同名だったので、なんてことないたたずまいだが印象に残っていたわけである。


20190925 hifumi-11


二股の分かれ道の三角地帯に位置する。
店の裏口の前に自転車を止めて表に回り込むと、入り口の横に“とんこつラーメン”とある。


20190925 hifumi-13


こういうロードサイドのとんこつの店にハズレはない… ような気がする。
ちょうどとんこつ系も食べたいと思っていたところだ(「松屋」は鶏ガラしょうゆ系)


20190925 hifumi-17


お店はとんこつ系にしては小ぎれいな感じ。
女性店主1人体制で回しているもよう。


20190925 hifumi-14


券売機で正油ラーメン650円ともやし50円を購入。
券売機のボタンに英語のシールが貼ってあるのは、米軍横田基地東ゲートに近いから?


20190925 hifumi-26


ラーメンは、ある種典型的な東京とんこつの様相を呈しているようだが、何がそう感じさせるかというと浅めのラーメンどんぶり。
もしや… と思ってあとで調べてみたら、はたしてラーショ(ラーメンショップ)系であった。


20190925 hifumi-18


これまで食べてきたラーショ系の中で、スープは濃厚なほうだと思う。
言い換えれば、ジャンキー度高し。もやし増しにしてちょうどよい加減… という濃度かな、個人的に。


20190925 hifumi-2020190925 hifumi-21

20190925 hifumi-2220190925 hifumi-23


ほぼストレートな中太麺はパツッとした食感でかなりおいしい。
チャーシューはほろっと崩れる。


20190925 hifumi-19-2


とんこつラーメンに青ネギの細切りは珍しいが、好みから言えばこっちのほうが絶対合うと思う。手間もコストも違うはずで、そのあたりにラーメン愛そのものを見るようであり好感度も上がる。

半月後、右のサムネイルがラーメンだらけになっている予感が… (〃 ̄∇ ̄)ノ


20190925 hifumi-24


[DATA]
ラーメン一二三
東京都武蔵村山市残堀5-86-6





[Today's recommendation]

wachat190921-2.jpg




https://youtu.be/2vjPBrBU-TM


もう一座、村山未踏峰 【天津園】

2018.05.21

 一時期、ちゃんとお店を調べていたことがあった。街で見かけた気になる物件について後日食べログ等で確認するということが多いわけだが、なかにはネット情報が先というケースもある。そういうのは、個性が強く、そこそこ有名というお店。情報が上がりやすいのだ。


180521 tenshinen-22


武蔵村山の桜街道に面した「天津園」がそのケース。
こちらの個性はズバリ、量。かつて“武蔵村山三山”と称された。そういうグループ化も情報化社会では大事な要素となる。
三山のうち「暁」は閉店したが、いまも「忠豊」と並び立つ存在。


180521 tenshinen-15
武蔵村山三山「天津園」前から奥多摩三山の一つ大岳山を望む


2時近くでお客さんは2組4人、比較的若めの3人組と年配単独客。3人組はほぼ宴会だ。
席数は4人テーブル×4。カウンターは半分荷物置きと化しているが3席程度は使えそう。
お店の人は年配のご夫婦。こちらの店主は「忠豊」出身だそうだ。


180521 tenshinen-20 180521 tenshinen-17


事前に調べてあるといってもずいぶん昔のことだし、こちらは量が多いという以外、何も覚えていない。
“山”といったらやっぱりチャーハンかな… ということで、注文はカニ炒飯810円。
なぜカニか、自分でも謎である。カニ炒飯は、おそらく人生初チョイス。あとで忠豊の記事を確認したところカニチャーハンに言及しているので、潜在意識に残っていたのかもしれない。


180521 tenshinen-16


まずスープときゅうりのキューちゃん的漬物。
スープは意表を突いて魚介系で、これでラーメンにしたら相当おいしいんじゃないだろうか。
で、炒飯。うわさにたがわぬ“山”でした。


180521 tenshinen-18


ところが、困ったことに、これくらいではビビらなくなった。
けっこう簡単に食べられちゃうのだ。
もちろん、このトシになって消化器が丈夫になっているはずがない。
あとで苦しむのだ。


180521 tenshinen-19


年をとると筋肉痛が遅れて出るとよくいわれるが、満腹中枢が働きだすタイミングも遅くなっている気がする。食後30分~1時間たって、いきなり来る。そこはきっちり食べた量に比例して、クチくなる。
この炒飯、1時間後にもだえ苦しんでいることは目に見えている。


180521 tenshinen-21


カニは、炒飯の山の上にのるカニ缶ほぐし身。
炒飯本体の具は、たっぷりの卵・ネギと、ここにもカニのカニカマ。
味付けはややしょうゆが強い焼き飯タイプ。
シンプルな内容なので、ひたすら食いまくる。


180521 tenshinen-23


お店を出て団地西通り商店街から「ピーデー熱帯魚センター」をのぞいてそのまま青梅街道に入り、奈良橋交差点を過ぎてズドンと来た。


180521 tenshinen-24


[参考写真]
180521 tenshinen-11180521 tenshinen-12
武蔵村山の山;「忠豊」と「天津園」

180521 tenshinen-13180521 tenshinen-14
今年食べた山系チャーハン;「珍来」「櫻華」


[DATA]
天津園
東京都武蔵村山市学園4-44-2



[Today's recommendation]

Marvin Gaye Tammi Terrell United
Marvin Gaye & Tammi Terrell
『United』

https://www.youtube.com/watch?v=-crsuEOlUO0



chat180521.jpg
◆ 猫写真はこちら


排骨? 骨付? 大肉? の点と線 【弘華飯店】

2017.05.27

 お店に入るなりおかあさんに「そこがいいんじゃない?」と席を指示され、「いまメニュー持ってくるね」と言うから壁を指さした。
「チャップ… チャーハン? 麺?」
「麺」と僕。

去年初めて食べたラーメン類でベスト3に入るのがここ「弘華飯店」の大肉麺(チャップそば)。
そしてこちらの大肉炒飯(チャップチャーハン)は、去年初めて食べた炒飯類でベスト3に入る。


kokahanten25.jpg


大肉(チャップ)とは豚の肩ロースに味付けをして油で揚げたもの。一般的に排骨(パイコー;パーコー)と呼ばれているあのものと同じと考えてよい。
ちなみに“排骨_大肉”で検索をかけると中国語のサイトがずらーっと並んで「アワワワ…」となる。

ラーメンの世界では「肉の万世」(「万世麺店」)で有名だが、ここでは万世タイプではなく「弘華飯店」タイプ、すなわちカレー風味のものに限定して話を進める。


kokahanten13.jpgkokahanten12.jpg


かつて僕の故郷にこれを出す中華屋さんがあり、その店では“骨付(ほねつき)肩肉”と呼んでいた。骨付炒飯と骨付ラーメンのほか、メニューには載っていないがホウレンソウと炒めて甘酢あんかけにしたものをご飯にかける料理があって、われわれ常連はそれを“ホウレンソウ白ご飯”と呼んで骨付シリーズの最上位に位置づけていた。


kokahanten24.jpg


さて、いま現在の武蔵村山に戻るのだが、目の前でお店のおかあさんが食べ始めたまかないが、まさにそのホウレンソウ白ご飯だ。客の食べているのよりランクの高いものを目の前で食べちゃダメだろう(笑)。
この店では大肉会飯(チャップめし)となる。
おかあさんはさっき僕の大肉麺のオーダーを通すときに「チャップめし」とも言っていたから、ついでにまかないも頼んであったのだろう。


kokahanten23.jpg


田舎の僕の好きな料理は東京のわが家の定番となった。ただし、前日から仕込まなければならないなど手間がかかるから、妻はそう頻繁には作ってくれない。
ちょっと特別なごちそうという感じで、これが出ると子どもたちも大喜びする。


kokahanten52.jpg


カレー風味×甘酢あんかけの魔力に最初に気づいたのは誰なのだろう?
興味深いサイトを発見した。
ここでは五香粉やカレー粉を使ったものに限定しているわけではないが、僕にとってのキーワード“横浜中華街”に鋭く切り込み、展開している。

「弘華飯店」も“横浜中華街の味”をうたっていて、それを見たときにピンとくるものがあった。
この記事の“日本で初めて排骨麺を出した店”というところにすべてはつながる気がするのだが…。


kokahanten22.jpg


そんなことはどうでもいいとばかりに、おかあさんはマイペース。僕のあとに若いお父さんと2人で来店した2歳の女の子の世話を焼いたり、店に入りそうになったスズメを追っ払ったり。まかないがなかなかはかどらない。

僕もおいしければそれでいいというたちなので、これ以上は突っ込まず。
郷里の中華料理店「老正興」が閉店したいまとなっては、この店を静かに見守るだけ。


kokahanten51.jpg


[DATA]
弘華飯店
東京都武蔵村山市学園3-58-2





[Today's recommendation]

20170527 saihairan-2220170527 oobanotombosou-23
サイハイラン、オオバノトンボソウ(狭山丘陵)




https://youtu.be/8tKfYwc4zx



Latest Articles
大正浪漫な芋ようかん 【味の店いせや】 Oct 23, 2021
門前〇〇そばシリーズ 【まことや 蓮馨寺】 Oct 22, 2021
鉄板の組み合わせ 【みんみん】 Oct 20, 2021
サッポロで朝ラー 【蝦夷】 Oct 19, 2021
人生初の…? 【山田うどん食堂 堀之内店】 Oct 17, 2021
ボリューム&ホスピタリティ 【一翆】 Oct 16, 2021
ニューノーマルな? 【らーめん しょういん】 Oct 14, 2021
甘いが贅沢なご当地グルメ 【新島田屋】 Oct 12, 2021
街歩きはじめました 【せいたろう】 Oct 11, 2021
一皿10ヶ○○円! 【珍来】 Oct 10, 2021
いまや貴重な… 【大龍】 Oct 08, 2021
新しいのか、新しくないのか 【新ラーメンショップ 堀兼店】 Oct 06, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2