fc2ブログ

雪の日に 【ラーメン 味六】

2024.02.06

 朝7時台の普段よりだいぶ早い時間に昨日やり残した仕事に取りかかる。
優先順位的には当然そっちが上だが、もう一つ可及的速やかに取りかからなければならない“仕事”が待っている。
雪かきである。

雪は昨夜7~8時がピークで、どうなることかと思ったが、寝るころまでに積雪量は減り始めており、案外たいしたことないかも… と寝て起きてみると、やっぱりたいしたことなかった。
安堵😌


20240206 ajiroku-11


しかしながら、大したことない雪であっても、雪かきは大したこと、すなわち大ごと。
雪かきに慣れてないというか、そもそも肉体労働に慣れていない。
1時間程度で終わったが、そのくらいでもヘロヘロである。


20240206 ajiroku-12


厳しい寒気+肉体疲労感…
もうラーメンしかないでしょう🍜


20240206 ajiroku-13


こんなとき食べたくなるのが「味六」のラーメン。
過去記事にもそんなのがあった。


20240206 ajiroku-15


こちらのラーメン、ともかく熱々で、身も心もあったまるぅ…♨ というイメージが、(自分の中で)定着している。


20240206 ajiroku-1620240206 ajiroku-1720240206 ajiroku-18


注文はワンタンメン。


20240206 ajiroku-14


ワンタンはプリプリとかビロビロとかとは対照的な、厚めで硬い歯応えが特徴的。
素朴というか無骨というか、その手づくり感がなんとも好ましい。
ふと東北地方の“はっとう”が思い浮かんだ。


20240206 ajiroku-19


餡はなんともいえないよい香りで、“ニンニク不使用”ながらパンチのある餃子もそうだが、秘密はネギの使い方…? みたいな。


20240206 ajiroku-20


ほかの具材、チャーシュー、メンマ、味玉、ひき肉… も、奇をてらうことなく昔ながらを真面目に踏襲している感じ。


20240206 ajiroku-21


それだけに、いまどきの流行から外れるかもしれないが、そうやって本当においしいと思えるラーメンも数少なくなっていく。


20240206 ajiroku-22


ともかく、熱々で、身も心もあったまるぅ…♨


20240206 ajiroku-23


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/engSQve1CKU?si=0ZF8R3iMZQODq89M



wachat240206.jpg


教訓を生かす? 【ラーメン 味六】

2023.12.18

 最近、不正確なことを2つ書いていたようだ。
身体に関わるきわめてパーソナルな事柄で、誤っていたとしてもひとさまに害を及ぼすたぐいの案件ではないが、後学のためもあろうかと、少し長くなるが経緯を記しておきたい。

一つは前々記事の“蚊に刺された”という記述。
翌日から翌々日にかけて(つまりいま現在)、患部がパンパンに腫れてきた。蚊でここまで腫れることはない。
ネットで調べたところ、どうもブヨ(ブユ)らしい(相変わらず推測だが)。悪いことに、当初自覚のあった手の甲だけでなく頬も刺されており、いまや手はタカケーショー、顔はコブトリジーサン状態に。


20231218-ajiroku-20.jpg


もう一つは11月30日の記事で、動悸・息切れ・めまい・ほてりの症状を“自律神経失調症の出始め”としているが、そんなあいまいなものではなく、どうやらその数日前に治療に使い始めた点眼薬の副作用だったらしい。最近ハタと気づいて、あらためて「くすりのしおり」にあたってみたところ、“徐脈、息切れ、めまい”等の記述。
自律神経と思い込んでいるから結び付かなかったわけだが、気づいたタイミングが、試しに2~3週(5mL)使ってみて“問題ない”ので2~3カ月分(5mL×2)追加処方してもらった直後だっただけに、偽善的な言い方をすれば貴重な医薬品を未開封のまま廃棄せざるを得ない事態に至ったことが情けない。

2件に共通するのは、当初考えていたより実際にははるかに重大な事象であったという点。
根拠のない楽観はNG――本日の教訓。


20231218-ajiroku-11-2.jpg


そういうわけで、眼科で処方を変えてもらい、その足で「ラーメン 味六」。


20231218-ajiroku-12.jpg


ラーメンといえば、もう一つ身体面の不安材料である血圧に関し、ラーメン類は(汁さえ飲まなければ)塩分摂取量はそう多くないというリクツを展開したことがある。
それもいまとなっては楽観主義ゆえの浅はかさ… ( ̄- ̄;) ンー


20231218-ajiroku-13.jpg

20231218-ajiroku-14.jpg

20231218-ajiroku-15.jpg


気を取り直して…
注文は味噌ラーメン+トッピングもやし。
もやしは免罪符… と、性懲りもなく💦


20231218-ajiroku-16.jpg


前に味噌ラーメンを食べたときと比べて味玉が半割になっていたりと、この原材料価格高騰下における試行錯誤の跡がうかがえる。
価格ももやしを付ければ限りなく1000円に近づくが、もうしょうがないでしょう、こういう世の中だから。


20231218-ajiroku-17.jpg


しかしながら、やっぱりウマいねぇ…。


20231218-ajiroku-18.jpg


うま味・甘味過多の時代の趨勢において、ちゃんと“しょっぱいラーメン”。
このしょっぱさがたまらず、ついスープをすくうレンゲの回数を重ね…。

教訓を生かす… 以前の問題のようだ。


20231218-ajiroku-19.jpg


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/QtTR-_Klcq8?si=dotB44-hEdMypLvb



wachat231218.jpg



20231218-ajiroku-21.jpg
東村山中央公園


暑い中にもアツい🍜 【ラーメン 味六】

2023.07.18

 昨日(月祝)の話。
いつものごとくGoogleマップ上をさまようワタシ。
家にこもるのが嫌いで行き先を探している。

いつものごとく埼玉県中西部にカーソルを走らせる。
所沢、鳩山、秩父、熊谷… と、やたら既視感ある地名が並ぶ。

――午後2時半までの最高気温は埼玉県鳩山町で39.3℃、栃木県佐野市で39.2℃、埼玉県所沢市で39℃……

連日ニュースで報じられている灼熱地帯なのだった。
そんなとこにわざわざ出かけようと思う?


20230718 ajiroku-11


ということで、お出かけは諦め、近場にごはん食べに行くことになった。
「『餃子の王将』なんてどう?」
「あ、いいねー♪」

ここで欲を出し、せっかくクルマ使わずに行ける近場なんだからビール飲みたいと言いだすワタシ。
「王将まで歩いて行く? 自転車だってムリだよ、この暑さ」
「うーむ… ( ̄- ̄;) ウーム

灼熱ということでは、地元も大差ないのであった。
結局、家で焼きそば作って食べました。

で、家だと昼からビール飲む気にならないんだよなぁ… ( ̄- ̄;) ウーム


20230718 ajiroku-12


2人だとどんな近場でも歩いて出かける姿をイメージできないが、今日は1人なので自転車くらいはOKなのだ。


20230718 ajiroku-13


「味六」は1年ぶりくらいの記事アップだが、この間も普通に入っているので、食べるのは2カ月ぶりくらいかな。


20230718 ajiroku-14


1年前とはいろいろ変わっていて、トッピングがどうのこうのということをあえて書こうとは思わないが、いままで見たことのないAとかBとかいうセットメニューができている。


20230718 ajiroku-1620230718 ajiroku-1720230718 ajiroku-18


A定食¥1050:お好きなラーメン(醤油 or 塩 ※味噌は100円増し)+ ミニチャーシュー丼
B定食¥1100:お好きなラーメン(醤油 or 塩 ※味噌は100円増し)+ ハーフ餃子(3ヶ)&半ライス

ワンタンメン(¥1050)食べようと思っていたので、ちょうど値ごろな感じである。
B定食を醤油ラーメンで。


20230718 ajiroku-19


まずラーメン来る。
ズズッ
うまー❣


20230718 ajiroku-23


ラーメンすすってるところにセットの餃子その他がやって来る… という流れだったので、全体像のラーメンは食べかけということをご容赦いただきたい。


20230718 ajiroku-20


なんてことない組み合わせのようにも思えるが、もともと地元イベントなどで売られて評判の餃子に加え、ご飯は山形県産のお米使用とのこと。


20230718 ajiroku-24


小ぶりでニンニク不使用ながらパンチのある餃子。
ビ、ビール…!
…とはならないんだなぁ、これが。

1人のときは節度が働いていて。


20230718 ajiroku-22


それにしても、食べている途中から汗が止まらなくなった。
もちろん冷房は効いているが、冷房効果は相対的なもので、外気温の絶対値がハンパないということ。
「暑い中、熱いラーメン食べて…」と、お会計で店主に同情されるくらい汗かいてるし(笑)。
これぞ正しいニッポンの夏!


20230718 ajiroku-21


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]


https://youtu.be/8LhCd1W2V0Q



wachat230718.jpg



20230718 ajiroku-25


懐かし系中華そば系 【ラーメン 味六】

2022.08.30

 このところこのブログの人はラーメンばっか食べてるんじゃないの? とか思われているかもしれないが、そのとおりです ( *¯ ꒳¯*)

2週間近く、ラーメンしか食べてないと言っても過言ではないでしょう。
文句あっか!? 🖕

でもラーメンといってもいろいろ。
最近食べたものを系統で列記すると、八王子ラーメン、家系ラーメン、丸長系大勝軒系、白河ラーメン、混濁系しょうゆラーメン、ラーショ系、そして本記事の懐かし系中華そば系… と、ラーメンばっか食べているように見えて一つとして同じものはない。
ちゃんと考えてる。
ダイバーシティなのである。

でもこれ、全部しょうゆラーメンなんだよね、大きく見ると…。

あ、あしたはみそラーメンだぁ ♪(* ̄∇ ̄)/


20220830 ajiroku-12


いろいろあって「ラーメン 味六」に入ったのは14時すぎ。


20220830 ajiroku-14


中休みがないのはありがたい。
ほかにお客がないのも、僕としてはありがたいが…。


20220830 ajiroku-15


注文はワンタンメン。


20220830 ajiroku-16


懐かし系中華そば。


20220830 ajiroku-17


懐かしいといっても、それほど古いお店というわけではなく、せいぜい四半世紀の歴史。
おそらく四半世紀前の味を実直に守り続けている。
それがいまの時代、得難いケースなのではないかと。


20220830 ajiroku-1820220830 ajiroku-19


固ゆでの味玉や、ビロビロしないしっかりコシのあるワンタンなど、見ようによっては不器用な在りよう。
しかしその圧倒的おいしさ…!


20220830 ajiroku-20


ただ守り続けるのでなく、日々完成度を追究しているよう。
不器用というより、世におもねらない。

懐かし系というより、ラーメン黄金狂時代における孤高の存在。


20220830 ajiroku-13


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]

wachat220930.jpg




https://youtu.be/slokZMl3BJk



20220901 shingi-35
「Fujicafe」、8月28日閉店


食べ続けていたいから 【ラーメン 味六】

2022.05.12

 ――原材料価格や物流費の高騰が続く中、外食チェーンの間で、値上げの動きが一段と広がっています。

と、昨日のNHKニュースで伝えていた。

先に発表された「『主要外食100社』価格改定動向調査」帝国データバンクによると、3割の企業が過去1年(2021年4月~22年4月)に値上げを実施しており、価格は平均77円アップ。値上げの要因としては、食肉、小麦粉、原油の高騰による影響が大きく、ウクライナ情勢の緊迫化を背景に原材料などのコストが高止まりするなか、外食業界の間で値上げの動きがいちだんと広がっている… と。


20220512 ajiroku-2620220512 ajiroku-27


輸入小麦の政府売渡価格は半年ごとに見直され、2022年4月期の価格は北米での不作などを要因として前期から17.3%引き上げられた。ただ、ウクライナ情勢が反映されるのはこれからで、10月の価格改定ではさらなる大幅引き上げは避けられないとの見方もある。小麦粉を扱う業種は特に危機感を募らせている。


20220512 ajiroku-1120220512 ajiroku-12


ラーメン店ではロシアのウクライナ侵攻前から影響が表れていた。
「ラーメン 味六」は製麺所の値上げを受け、ラーメン価格を据え置きとするためナルトのトッピング廃止という苦渋の決断を下している。


20220512 ajiroku-1520220512 ajiroku-16


――飲食店ではコスト削減や新たなメニューの提供、調達材の国産への切り替えなど、原材料価格の上昇を価格に転嫁させないための対策に知恵を絞っている。「『主要外食100社』価格改定動向調査」より)


20220512 ajiroku-1720220512 ajiroku-18


しかしそのような経営努力での吸収にも限界があり、今後の値上げは避けられないかもしれない。
そうなったときあたふたすることなくラーメンを食べ続けていたい。


20220512 ajiroku-2020220512 ajiroku-21
ワンタンメン 950円


ウクライナ報道を見るにつけ無力感にさいなまれるという人も少なくないと思う。

当面のエネルギーや食料の供給不安の主な原因はウクライナ危機にある。
視点を変えれば、ガソリンや小麦の値上がりを甘んじて受け入れることは、巡り巡ってロシアに対する経済制裁の実効性を高める。


20220512 ajiroku-24


ラーメン食べてウクライナ支援とかふざけたこと言うつもりはないが、少なくともラーメン店支援にはなる。
そういうのは結局、どこかでつながっていくような気もしている。


20220512 ajiroku-2220220512 ajiroku-23


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]

wachat220512.jpg




https://youtu.be/fE0RbPsC9uE



20220512 ajiroku-29
ギンラン / 多摩北部医療センター


ここにも及ぶ影響…? 【ラーメン 味六】

2022.03.08

 午前中いっぱい仕事をして、ぽっかり空きができたので気分転換に自転車で長めの距離を走ろうと思った。
が、普通に生活している分には気にならなくなった肘痛だが、自転車に乗るとまだ思わしくない。
午後には晴れる予報だったがいつまでも雲が切れず、ぱらぱら雨粒が落ちてきたりもしている。
ちょっと行って引き返した。

次の節気は春分だが、この雨は冷たい冬の雨だ。
少し自転車に乗っただけで体が冷え切ってしまった。


20220308 ajiroku-1120220308 ajiroku-12


先月ブログに書いたことを思い出していた。

――「味六」でラーメンを食べるのは、雨の日とか雪の日とか夕暮れ時とか、そんな寒々しいような心細いような条件のときがけっこう多い。

思い出した以上、食べずにはいられない。


20220308 ajiroku-1320220308 ajiroku-14


3週間というかなり早い間隔での来店である。


20220308 ajiroku-15

20220308 ajiroku-16


注文は味噌ラーメンと餃子。


20220308 ajiroku-1720220308 ajiroku-18


前回触れている麺の値上がり。
その原因となっている小麦価格の高騰に加え、ウクライナ情勢。


20220308 ajiroku-19-20


子どものころ習ったように、ウクライナはチェルノーゼムと呼ばれる肥沃な黒土地帯で、旧ソ連時代からヨーロッパの穀倉地帯といわれた。現在もウクライナやロシアは小麦の主要産地であり、ウクライナ危機により小麦の先物価格は過去最高値を記録した。


20220308 ajiroku-21-22


原材料価格の今後の推移は予測不能であり、飲食店はコロナ禍以上に打撃をこうむるおそれがある。
飲食店応援の機運をいま一度高める時機かもしれない。


20220308 ajiroku-22-23


味噌ラーメンと餃子で、あったまったけど…。


20220308 ajiroku-24-22


どこかすっきりしないのは、かつて経験したことのない不安に世界が覆われていることと無関係ではない。


20220308 ajiroku-2620220308 ajiroku-27


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]

wachat220308.jpg




https://youtu.be/wHylQRVN2Qs



20220308 ajiroku-28


NARUTO問題を考える 【ラーメン 味六】

2022.02.14

 このブログの過去記事を見ると、「味六」でラーメンを食べるのは、雨の日とか雪の日とか夕暮れ時とか、そんな寒々しいような心細いような条件のときがけっこう多い。
ラーメン食べて身も心もあったまりたいという欲求にいちばんかなうラーメンなんだと思う。

大雪かも… とニュースで散々聞かされた昨日の時点で、潜在意識下で味六ラーメンを求めていたのかもしれないなぁ… と。


20220214 ajiroku-1120220214 ajiroku-12


ということで、4カ月ぶりの「味六」。
1時で先客5名と、ちょっと寂しい。ラーメンのクオリティと客入りが比例していないように思えてもどかしい。


20220214 ajiroku-13


注文は中華そば。


20220214 ajiroku-1420220214 ajiroku-15


中華そば来る。
いつもと変わらぬ具だくさんで充溢感いっぱいのヴィジュアル。
うまそー (≧∇≦)b


20220214 ajiroku-18-19


…が、なんか違和感。
シブいというか地味というか、いつも以上に茶色いというか…。

あっ… あのものが…!
中華そばに欠かせない(かもしれない)、白くて赤くてグルグルな、あのものが見当たらない。
N・A・R・U・T・O……


20220214 ajiroku-25
参考写真:ナルトあり時代(2021年8月)


とまあ、大げさに驚いてみせているが、この件は1カ月前のインスタフォロイーさんの投稿で、ある程度想定してはいた。


20220214 ajiroku-29
参考写真:味噌ラーメンにも、ナルト(2021年3月)


ラーメンの具のナルトは『美味しんぼ』にもあるように不要論が根強い。
でも実際になくなったら寂しいと思う人も少なくないんじゃないだろうか。
僕自身は“味覚的にはなくてもいいけど、視覚的にはあってほしい”と思う。
合理的ではないけれども存在理由はあるのでは… と。


20220214 ajiroku-16


とりあえず、「味六」の中華そば、アッツアツのキレッキレで、うまー!
食べるたびにおいしくなってる気がする。


20220214 ajiroku-20-21


「ナルトなくなったんですね」と支払いのとき聞いてみた。
「そうなんです…」と、すまなそうな表情を浮かべるご主人。「麺が上がっちゃって、ラーメン値上げするわけにいかないからその分…」

実際、ナルトを残すお客が多いらしい。年配客に多いらしい。


20220214 ajiroku-22


寂しい気持ちがないわけじゃないが、「味六」のラーメンにナルトはなくていいんじゃないか?
熱々の固ゆで卵、そぼろ、チャーシュー、メンマ… と、素晴らしい自家製具材にあって、出来合いで異質だったかもしれない。


20220214 ajiroku-27-28


視覚的にもB級要素を排除したほうがこのラーメンの真価を正確に伝えられるのではないかと、いま写真を見て思っている。
味を左右する要素ではないし、うまいものはうまいと。


20220214 ajiroku-2320220214 ajiroku-24


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]

wachat220214.jpg




https://youtu.be/SSbBvKaM6sk


何も変わらずに… 【ラーメン 味六】

2021.11.02

 府中街道の西武新宿線踏切の際にあったラーメン店「すぱいす」が10月25日に閉店。1976(昭和51)年創業の古株でファン歴の長い客の多いお店だけに、SNSには投稿が相次ぎ、このブログにまで情報が寄せられた。線路の高架化工事に伴うもので、移転再開等のうわさもあるが、目下のところ真相不明のもよう。


20211102 ajiroku-2420211102 ajiroku-25
閉店した「すぱいす」。前方の幟の位置が「味六」


人の集まっていた場所がなくなれば人流に変化が生じるのは当然のことで、同じ通り沿いで同業者の「ラーメン 味六」にシフトする動きがあるのでは? と予想していたが、特に目立った変化は感じられない。


20211102 ajiroku-13


というか「味六」、前よりすいてないかい…?


20211102 ajiroku-14


店舗の集積には、リスクだけでなく、単独で立地するより客数そのものが増えることや、客層や商品のすみ分けができていれば相乗効果によるWin-Win関係の構築も期待されるといわれるが…。


20211102 ajiroku-15


ともかく、この日「味六」はすいていた。
混むのがニガテな自分にとってはありがたいことだが、お店にしたらあまりすいていても困るだろう。
と、やきもきしないでもないが、店主は常と変わらずマイペース。超然と構えている… ようにも見える。


20211102 ajiroku-16

20211102 ajiroku-17


競争や成り上がるといったギスギスした感じとは無縁。
無欲または商売っ気がないと言い換えることもできる。
周囲の環境変化に頓着しているとも思えない。


20211102 ajiroku-1820211102 ajiroku-19
注文はワンタンメン


それがこのお店のいいとこであり、居心地いいところ。
ラーメンの味も、奇をてらうことなく、ど真ん中ストレート。


20211102 ajiroku-22


こんなにおいしいのに、アピール足りなくないですか…?
でもその不言実行感、たまらなく好きなんです。


20211102 ajiroku-2020211102 ajiroku-21


これからも、変わらずに。


20211102 ajiroku-1120211102 ajiroku-12


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]

wachat211102.jpg




https://youtu.be/LjhCEhWiKXk



20211102 ajiroku-23
オギ原 / 空堀川

違った眺め 【ラーメン 味六】

2021.08.09

――Q これまでに認められている副反応にはどのようなものがありますか。
――A 現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。
(厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」

上に例示されている症状全部がまとめてやって来た。加えて、特にキツいのがめまいと耳鳴り。2回目接種の翌日のことである。
「まさか自分が!?」と感染者はみな口にするが、そのセリフを2回目接種の副反応に対して使っている自分は幸運であろう。

本日、相方の2回目の接種。
僕の副反応は3日目の今日には軽快しているが、相方は1回目に僕より長く筋肉痛が続いていただけに、少し気がかりである。


20210809 ajiroku-21


接種後の人と接種前の人、それぞれの滋養強壮を期待して(?)、昼はラーメンを食べに「味六」へ。


20210809 ajiroku-22


家族でぞろぞろと入るのは居酒屋のあとシメのラーメンを食べたとき以来で、その日なぜ居酒屋だったのかとブログ記事を読み返してみると、家族の祝い事だったらしい。
ところが記事では名目は伏せてあって、何のお祝いだったかどうしても思い出せない。それじゃ備忘録の役を果たしていないだろう ヾ( ̄o ̄;)


20210809 ajiroku-26


11時の開店直後に入店。先客はゼロ。
注文は、つけめん(相方)、冷やしラーメン(長女)、中華そば(わし)と、前回同様、見事にばらけた。


20210809 ajiroku-24-220210809 ajiroku-25


あと餃子。
「1人1皿食べるでしょ?」と、そのあたりが滋養強壮部門を担うもよう。
ワクチン接種に向けての気合の表れと受け止められよう。


20210809 ajiroku-27


一定間隔で呼び寄せられるラーメンというのがあって、「味六」の中華そばはその一つ。
コロナ禍でも規制が緩むたびに呼ばれている。


20210809 ajiroku-28


開店直後に入るのは珍しく、そのせいかいつもよりかつおだしがくっきりしていて、ラーメンスープの深淵を見通すような感覚を一瞬覚える。


20210809 ajiroku-29


つけめんは出された瞬間「うわっ!」と声が漏れる、ラーメンどんぶりに麺がてんこ盛り状態の荷姿。
が、中にはちゃんとすのこが敷いてあって、安心したようながっかりしたような… σ( ̄、 ̄=)


20210809 ajiroku-30


中華そばの秀逸な具材がそのままのってくるところがうれしい。


20210809 ajiroku-31


冷やしラーメンは見た目中華そばとあまり違わないが、スープが冷たい分、おそらく油脂分が少ない。


20210809 ajiroku-32

20210809 ajiroku-35
チャーシューのせ忘れましたー! と、慌てて追加(笑)。1枚おまけを付けてくれた


具も違っていて、モヤシ、ワカメ、キクラゲが加わるだけでなくネギも小口と、繊細な心遣いが感じられる。


20210809 ajiroku-36


餃子は小ぶりだが熱々のスープをたっぷり含んだ、まるで小籠包のような一品。
いつまでも熱々で、気合を注入される思い。


20210809 ajiroku-33


ワクチン接種は僕ら的には最終局面。
これが終わって気候が少し涼しくなったら、世間の眺めも少しは違って見えてくるかな。


20210809 ajiroku-38


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]

wachat210809.jpg




https://youtu.be/RtOYYp010lA



20210809 ajiroku-37
台風一過の空堀川


一杯のラーメン 【ラーメン 味六】

2021.03.26

 「ラーメン味六」の記事は去年4月以降4回目。
コロナ禍で最多かもしれない。


210326 ajiroku-29


ラーメン店にしては席の配置がゆったりしていること、午後の中休みをとらないため混む時間を外せることなど、密を回避した飲食場面をシミュレーションできるのが大きい。


210326 ajiroku-31


もちろんおいしいことも。
ときどき無性に食べたくなるラーメンの一つである。


210326 ajiroku-28


直近2回、ワンタンメンが続いたので、今回は味噌ラーメンに。
久々のラーメンという相方は、オーソドックスな中華そば。
あと餃子。


210326 ajiroku-23


中華そばは、チャーシュー、メンマ、味玉、そぼろ肉、ノリ、ナルト、ネギと具だくさん。


210326 ajiroku-22


味玉はアツアツの固ゆで、オリジナルそぼろ肉が特徴的かつ味の決め手でもある。
節系の香るピュアなスープに肉のうま味がじわじわ広がる。


210326 ajiroku-24


味噌ラーメンは上記トッピングにシャキシャキのモヤシが加わる。
ショウガの効いた合わせみそダレは、濃厚ながらダシの香りも損なうことのない絶妙の配合といえる。


210326 ajiroku-25


皮から手づくりという餃子は形が不ぞろいで、まさに手づくり感いっぱい。
小ぶりだが野菜の甘みたっぷりで食べ応え十分。


210326 ajiroku-26


一杯のラーメンの幸せをしみじみと思う、今日このごろ。


210326 ajiroku-21


[DATA]
ラーメン 味六
東京都東村山市本町1-4-5
https://www.ajiroku.com/





[Today's recommendation]

wachat210327.jpg




https://youtu.be/1PXzYVhA2CQ



210326 uguisukagura
ウグイスカグラ / 玉川上水


Latest Articles
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
気分は鴨川? 【千代乃家】 Apr 12, 2024
表参道から薬王院 【高尾山薬王院】 Apr 10, 2024
未踏ルートへ ――高尾山4・5号路 Apr 09, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2