FC2ブログ

激セマならぬ驚きの異空間 【宮殿】

2019.04.20

 西武柳沢駅北口は再開発が進んでいないため、都市インフラのスケール感が昭和時代のまま。
駅前広場なんかリトルリーグのダイヤモンドより小さい。つまりキャッチボールもできないような“広場”である。


190420 kyuden-11
正面左の黄色い看板が「宮殿」


そんなミニチュアサイズの広場の隅にある、やはり縮尺的にクラッとくる物件。
ウサギ穴に落ちたアリスが降り着いた広間で見つける小さな扉のような… というくらいに小さい入り口だが、入ってみれば驚きの異世界が広がっている。


190420 kyuden-21-2


ものすごく狭い間口から激セマ店を想像していたわけだが、そもそも入り口を入ったあたりが外ヅラほど狭いわけでもなく、しかも奥行きがある。


190420 kyuden-13


右に通路、左にボックス席が並ぶ。中ほどには右に直角に折れる出っ張りがあり、そこにも客席。直進すると店幅はさらに広がり、通路の両側にボックス席。


190420 kyuden-14
“裏口”方向から見た店内。テカっているあたりが表口になっているらしい


で、僕はそのへんまで進入して席に着いたわけだが、その先にも出入り口があるらしいということをあとで調べて知った。
てか、そっちが正面入り口で、僕がずっと見ていた駅前極細物件は裏口だったらしいのだ。
全然気づかなかったので店舗正面の外観写真がないのが残念。


190420 kyuden-17


ちなみに、A裏口から入った一角、B中央右の出っ張り、Cその先の奥(実は表口から入ってすぐ)の3ブロックに分かれるようだが、僕の座ったCブロックだけでも4人掛けボックス席が8つほどあるという広さ。


190420 kyuden-20


以前、来てみたら臨時休業で別の喫茶店に入ったことがあるが、カレー4種というメニュー構成がそのお店と一緒(「チャオ」参照)。カフェカレーでバリエーションがあるのは意外に珍しく、それが2店もあるあたりがこの街のユニークなところ。
「チャオ」では黒カレーを食べたので、今回は赤カレー700円を注文。


190420 kyuden-15


BGMは“JET STREAM”。
Cブロックには2人の先客。2人のわりにやたら煙くて閉口したが、帰るとき気づいたんだがBが禁煙エリアだった。
ちゃんと見て席を選びましょう ( ̄  ̄;) ウーム…


190420 kyuden-19


赤カレーは「独自のブレンドスパイスに、コチジャン、赤唐辛子、パプリカを加えスパイシーで辛さのある赤いソースに仕上げたビーフカレーです」
と書いてあるとおり、かなり辛い。複雑な香りのハーモニーというより、唐辛子の辛さがストレートに来る感じ。甘みも強いので一瞬ケチャップ系エビチリを連想。


190420 kyuden-18


牛肉がけっこうゴロゴロ。
筋の多い部位で、これがトロッとなるまで煮込んだらもっとおいしくなるんじゃないだろうか?


190420 kyuden-16


カレーのほかに、パスタ、サンドイッチ、トースト… と軽食メニューが充実しているが、食事もいいけど、ここはゆっくりお茶するのにふさわしい空間だと思う。
イージーリスニングに耳を傾け、世界宮殿巡りなど空の旅に思いをはせるのだ。


190420 kyuden-12


[DATA]
宮殿
東京都西東京市保谷町3-11-5



[Today's recommendation]

wachat190420.jpg 
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




ベタな選曲でスイマセン 「( ̄ω ̄;) ドーモスイマセン…
https://youtu.be/fwjX-m4LkYk



 コペルニクス的? 試飲サービス
2019.04.20 カフェ・フーガ/東京都東村山市栄町2-8-21


久米川駅近くモザーク通りの角の喫茶店「カフェ・フーガ」でコーヒー豆を購入。


190420 cafe fuga-11


中深煎りのフーガブレンド100gをお願いすると、「時間があったら試飲していきません?」と店主さん。「うちは豆のお客さんにはそうしてもらってるんです」
お言葉に甘えて1杯お願いすると、「深煎り平気だったらマンデリンいってみましょうか」と。

どうなってるんだ、このサービス。フーガブレンド100gが580円。マンデリン1杯、その値段で飲める店はそうあるものじゃないだろう。しかもその場でドリップ、デミカップなんかじゃなく普通の量、素晴らしい香りと味わい…。
どうなってるんだ、このサービス(笑)。

せっかくだからコーヒーのお供に北海道あずききんつば150円をお願いする。


190420 cafe fuga-12 190420 cafe fuga-13


お会計を済ませ、豆を渡される。
マンデリンときんつばで優雅な午後のひとときを過ごし、おみやげにコーヒー豆をいただいた、みたいななんとも得した気分にさせられる。


190420 cafe fuga-14


珈琲の香りの向こうに… 【カフェ・フーガ】

2018.03.04

 以前はほとんどコーヒーを飲まなかった相方が、最近目覚めたみたいなのだ。
街を歩いていて見かけたり、ネットや雑誌の記事なども気になるらしく、しばしば情報をもたらす。

つい先日の話。
「久米川のモザーク通りで自家焙煎のコーヒー豆屋さん見つけた」
という。

「『長澤』じゃなくて?」
「もっと手前で、左側」
「じゃ『フーガ』?」
「それ、どのへん?」
「えーと… ほら、『不二家』の向かいあたりに雑貨屋さんあったじゃない。あのへん」
「何だっけ、それ…? でももっと向こうだと思うけどな」
「あれ? そういえばあの雑貨屋、どうなった?」
と、おかしな方向に話が飛んだ。


cafefuga11.jpg


鷹の台で食事したあと、コーヒーに目覚めた相方はそのお店に寄る、と。
連れてこられたのは、やっぱり「カフェ・フーガ」でした(笑)。
「あれー? こんなにこっちだったかなー?」と。
方角や距離感に不自由な相方は、だいたいこんな感じである。


cafefuga13.jpg


テーブル3卓、カウンター4席の小さなお店。
店内は全面禁煙。
店主は60手前くらい? の男性。
ブラジルNカルモデオーロ550円とフーガブレンド(中深煎り)500円をオーダー。


cafefuga14.jpgcafefuga15.jpg


壁にはアンリ・ルソーを思わせるエキゾチックな絵画が掛かり、テーブルの天板ガラスにはパリの街角の写真が差し込まれ、エリック・サティ『Je te veux』のギターアレンジヴァージョンが流れ、香り高いコーヒー…。


cafefuga16.jpgcafefuga17.jpg


と、一部フランス度が高いが、といってすごくおしゃれかというと、そうでもない。
ガチガチに作り込まれておらず自然体で、くつろげる空間になっている。


cafefuga18.jpg


隅の焙煎機の上に“コーヒー焙煎室”というプレートが掛かっていたり、カウンター左端の席には“ハンドドリップ見学席”と書いてあったりと、遊び心もちらほら。
駅前なのに、時間の流れるのがゆっくりな感じ。


cafefuga20.jpg


お支払いのとき、「このへんに雑貨屋さんありませんでした?」と聞いてみる。
一拍置いて、「それ、うちです」と店主。
なんでも、以前は雑貨屋とコーヒーショップを別々の場所でやっていて、10年ほど前にそれを一つにして、雑貨屋の場所で喫茶店を始めたそうだ。


cafefuga19.jpg


「前の喫茶店って、どのへんでやられてたんですか?」
「正丸峠、知ってます?」
「秩父に行く途中の?」
「あの2つ先の峠でやってました(笑)」
ずいぶん変わった場所で商売してたんだ。

そうか、カフェ・フーガはあの雑貨屋さんだったのか。不思議な巡り合わせというか、いろいろ思い出す。あのころいろいろ弱っていて、その店で変なもの買ったりしてたんだよなぁ…(笑)。


cafefuga12.jpg
cafefuga21.jpg
昔、雑貨屋さんで買ったヘンなもの一例


[DATA]
カフェ・フーガ
東京都東村山市栄町2-8-21



[Today's recommendation]

Eric Satie Oeuvres pour piano Jean-Joel Barbier
Erik Satie
『Œuvres Pour Piano』
Jean-Joël Barbier(Pf)

https://www.youtube.com/watch?v=JQ1YQFFj0Xw


chat180304-2.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
すっきりとしてかつ味わい深い… 【麺蔵 もみじ】 Dec 11, 2019
意外やマッタリ落ち着く自宅型すし店 【愛寿司】 Dec 09, 2019
ソースメーカー直営の甘味・惣菜処 【さくら茶屋】 Dec 07, 2019
価格も素晴らしく昭和な街の中華屋さん 【双葉食堂】 Dec 06, 2019
ドカ盛り1CLに、感謝… 【来々軒】 Dec 05, 2019
駅ビルに残る“新宿な”異空間 【ビア&カフェ BERG】 Dec 04, 2019
四季のヘルシーメニューを穴場カフェで 【季節のテーブル 野の花】 Dec 02, 2019
年内限定特別価格! と○ふ◯コースを堪能 【葉月】 Dec 01, 2019
忘れえぬ夕べの味玉 【阿佐谷ホープ軒】 Nov 30, 2019
高級感ある焼き肉ランチ 【和牛亭あらかわ】 Nov 29, 2019
ハレの日のごちそう感 【うどん弥 根古坂】 Nov 28, 2019
高度成長期を知る団地の中華屋さん 【桃園 若葉町店】 Nov 26, 2019
Category
Ranking
          
          
Category-2