fc2ブログ

行事食のすすめ 【喜作】

2024.02.03

 節分とは“季節の変わり目”という意味で、各季節の始まり(立春・立夏・立秋・立冬)の前日、すなわち1年に4回ある。
いまでは節分といえば立春の前日を指すようになっているが、それはこの日が季節ばかりでなく年の変わり目でもあり、節分の中でも特別重要な位置づけであるため。
旧暦では立春は正月であり(立春に最も近い新月を元日とした)、節分は大晦日にあたる。


20240203 kisaku-23


大晦日といえば、そば。
ということで、節分そば。
前にもそんなことを書いた気がするが…。

一方、節分といえば豆まきの豆やイワシ。
最近では恵方巻きだが、もともと関西の一部で行われていた風習がCVSの仕掛けをきっかけに広まったもので、全国的には歴史は浅い。
ここ関東の地で節分の行事食として食されてきたとされるのが、けんちん汁。


20240203 kisaku-11-2


けんちん汁は鎌倉 建長寺の精進料理“建長汁”がなまって“けんちん汁”になったという説があり(諸説あります)、農林水産省の郷土料理データベース「うちの郷土料理」にも神奈川県の項目として収載されている。


20240203 kisaku-12


そばとけんちん汁を組み合わせてみてはどうか?
けんちんそば。


20240203 kisaku-13


けんちんうどんはよく聞くが、はたしてそばは…
と近場で検索すると、さすが本場? 関東だけあってけっこうヒットする。
地元にもありました。


20240203 kisaku-14


ということで、東村山市野口町の「喜作」。
気取りのない手打ちそば店である。


20240203 kisaku-15


そばは細打ちと太打ち(田舎)がある。
どちらも好きだが、こちらの田舎そばはまさにけんちんそばのイメージにぴったり。


20240203 kisaku-16


注文のとき聞かれなかったが、やはり田舎そばでの提供で、けんちんそばはそれがデフォルトだと思う。


20240203 kisaku-17


けんちん汁は想定を上回る具だくさん。
だいこん、にんじん、ごぼう、さといも、油揚げ、さつま揚げ、豚肉、トッピングのホウレンソウ。


20240203 kisaku-19


根菜が主役のけんちん汁と山里の恵みであるそばとの相性が悪かろうはずがない。
このところ寒い日が続いており、心底あったまる感じ。


20240203 kisaku-18


節分にけんちん汁の由来を調べると、寒い時期の行事のため体を温めるため… 説が多い。
もうひとひねりないんかい! みたいなとこはあるが、まぁ、温まりました (;^_^A


20240203 kisaku-20


行事食のすすめ。


20240203 kisaku-21


[DATA]
喜作
東京都東村山市野口町2-29-15





[Today's recommendation]


https://youtu.be/7okulqWTP2Q?si=h8Vb_GKpRaVfjPbR



wachat240203.jpg



20240203 kisaku-22


菖蒲まつりからの… 【喜作】

2023.06.15

 昨日の夕方で仕事はすべて終わり、開放感に任せ午前中からぶらぶら。
季節柄、ハナショウブの名所 北山公園へ行ってみようということに。
恒例の「東村山 菖蒲まつり」はインスタ投稿が上がり始めてずいぶん日にちがたっているので、さすがに終わっているだろうと油断していたが、まだまだ絶賛開催中であった。


20230615 kisaku-11


平日ながら人出もそこそこあり、屋台も出ている。
主食系は地元っぽくないので、昼ごはんを食べに街に出る。


20230615 kisaku-13


が、菖蒲まつりとセットで利用できる飲食店が少ないのが、東村山駅西口エリアの泣きどころである。
それは同じく市内一大イベントである正福寺地蔵堂「地蔵まつり」にもいえること。
ちなみに北山公園と正福寺はごく近い。

地元民はもっと積極的に発信すべき… と考えたわけでもないが、西口グルメ情報。


20230615 kisaku-14


かつてランドマークともいえたうどん「小島屋」の印象深いレトロ物件が取り壊され殺風景になった廻田町四丁目交差点から、駅方向へ250m戻って右に入る。
「喜作」は古くからあるおそば屋さんで、このエリアで貴重な飲食店の一つ。


20230615 kisaku-15


駅西口は生活圏から遠いので店舗情報も漠然たるものだが、こちらのお店は営業日が安定していない印象で、なかなか足が向かない。
今日は暖簾および“営業中”の木札が掛かっているので安心して入店。


20230615 kisaku-16


「お好きな席へどうぞ」というので、小上がり席に上がらせてもらう。
店内は、窓際のカウンター4席、中央のホールにテーブル2卓、ホールを囲む小上がりに5卓。

先客は1組2名で、店内がらがらなのになぜかカウンター席。
あとから次々とお客が入ってきて、席はすべて埋まってしまった。


20230615 kisaku-17

20230615 kisaku-18

20230615 kisaku-19


注文は、冷やし狭山そば920円と天せいろ田舎そば970円。


20230615 kisaku-20-120230615 kisaku-20-220230615 kisaku-20-3


聞けば狭山そばとは「(具材の種類が)冷やし中華みたいな…?」ぶっかけそばタイプと。
ランチサービスで五目ごはん付きとのことで、付けてもらう。

天せいろ田舎そばは、直近の3年半前とまったく同じものを注文していたと、あとで気づいた。


20230615 kisaku-21


田舎そばは太め切り方が田舎風であると。
整った見た目以上にワイルドで、なかなか食べでがある。


20230615 kisaku-23


天ぷらは、エビ、ナス、ピーマン。
値段を考えれば必要最低限を満たすラインアップで、その上でお値段以上のエビの大きさ。


20230615 kisaku-22


だいたいのメニューでそばは細打ちか太打ち(田舎)かを選べるようで、天せいろが田舎なので狭山そばは細打ちにした。
紅ショウガを付けてよいか聞かれ、付けてもらったが、そこは好みの分かれるところ ( ̄- ̄;) ンー


20230615 kisaku-24
冷やし中華というか、冷やしたぬき風かな…


食べ比べてみると、予想に反して細打ちのほうがそばの香りが強いように感じなくもない。
何年か前に年越しそばで食べた香り高いそばを思い出した。


20230615 kisaku-25
ボリュームあるそばと具だくさんの五目ごはんでおなかいっぱい


菖蒲まつりは6月18日(日)まで。
今日、足元が悪かったのは会期中雨続きだったことの現れだが、会期末の週末は久しぶりの安定した晴天が予想され、ようやくスカッと盛り上がることが期待される。

菖蒲まつりにお越しの際は、こんなお店どうでしょう。


20230615 kisaku-26


[DATA]
喜作
東京都東村山市野口町2-29-15





[Today's recommendation]


https://youtu.be/lvm2Ij7cJBw



wachat230615.jpg



20230615 kisaku-27
北山公園


今年の年越しそばは… 【喜作】

2019.12.31

 年越しそばは、10月に伺って好印象だった野口町の「喜作」に前日予約を入れておいた。


20191231 kisaku-17


12時ごろ伺いますと言ってあったが、考えてみれば大みそかの12時といったらそば屋はシッチャカメッチャカだろうからちょっとまずかったかなぁ… と思いつつ伺ってみると、お店が開いていない。
店頭営業なしでそばの予約販売のみかと思って中に入ろうとしたら、鍵がかかっている。
「……?」


20191231 kisaku-12


ぼうぜんと立ち尽くしていると、中から反対側の引き戸が開いた。
僕が開けようとしたのは締め切りの戸だったのね ( ̄ω ̄;) ムム…


20191231 kisaku-1320191231 kisaku-14


「大みそかはお店閉めちゃうんですか?」と聞いてみた。「忙しくなりすぎるから?」
「いや、予約の分をこなすので精いっぱいなんです」とご主人。
たしかに、書き入れ時ではあるが、個人店で自家製麺のところは手いっぱいな面はあるんだろうな。


20191231 kisaku-11


大みそかは第九ではなくマーラーの2番。
夜は鴨鍋とそば。
毎年決まったパターンだ。


20191231 kisaku-15


皆さま、よいお年を。


20191231 kisaku-16


追記:思ったよりさらにおいしいそばでした。


20191231 kisaku-18


[DATA]
喜作
東京都東村山市野口町2-29-15





[Today's recommendation]

wachat191231-1.jpgwachat191231-2.jpg
うちの猫が2020年カレンダーに登場。2種類も!




https://youtu.be/ofVcoEfN10U


いい感じの田舎そば 【喜作】

2019.10.18

 当地に引っ越してしばらくして武蔵野うどんというものに出会い、カルチャーショックを受け、うどん屋めぐりということになった。
当時の東村山市内の武蔵野系のうどん屋は、現存の「ますや」「小島屋」「きくや」「きくや諏訪町店(現 龍巳うどん)」と、閉店した「宅部うどん」「とき」「よし」、まだ玉売り専門だった「こせがわ」といった陣容だったと思う。ほかに、そばの名店「ますも庵」のうどんが絶品だったこともあって、特徴あるそば屋(普通の街蕎麦でないそば屋という意味)にもうどんを食べに行ったりした。


20191018 kisaku-42


かれこれ20年ほど前、野口町2丁目の「喜作」にはそんな流れで入ったことがあった。
そんな流れだけに目的はうどんだったわけで、上記強力ラインアップの中でうどんで存在感を示すのは難しく、ほとんど印象に残っていない。そのときはたしか家族で入っていて誰かしらそばを食べているはずだが、そっちはもっと覚えていない。

ということで、かれこれ20年ぶり、そば・うどんの「喜作」へ。


20191018 kisaku-31


比較的ゆったりしたつくりのお店で、テーブル2卓を囲むように小上がり席が5卓と、駐車場に面したカウンター6席。


20191018 kisaku-40-2


実はサービスメニュー調査的な目的があったのだが、そういうメニューがなかったとしても全体にわりと安いんじゃないの…? という調べがついていたお店。


20191018 kisaku-37

20191018 kisaku-3820191018 kisaku-39


けっこうリーズナブルに感じられる天せいろを田舎そばで注文(870円+税)。
やって来た田舎そばは、思っていた以上に田舎だったという。


20191018 kisaku-32


そばは太めの平打ちで、いいかげんなそば好きにも食感も香りもわかりやすいタイプ。
自分がまさにそうで、いちばん好きなタイプである。
太さがそろっていてワイルド感はないが、粉の風味がかなり強いところがグッド。


20191018 kisaku-33


天ぷらはナスとピーマンとエビとネタ数は少ないが、エビがでかい。
20cm近くあるんじゃないの? というくらいデカい。


20191018 kisaku-34


そばは個性的で天ぷらがチョイ豪華。
加えて非常に気持ちよい接客。
実は地域の良店であったということを20年たって初めて認識するというこの不手際感って、どうよ?


20191018 kisaku-41


[DATA]
喜作
東京都東村山市野口町2-29-15





[Today's recommendation]

wachat191018.jpg




https://youtu.be/xo9qNFYMsLA


Latest Articles
木漏れ日の山頂めし ――物見山 Apr 24, 2024
のどかな峠の茶屋 【ふじみや】 Apr 23, 2024
遠足のメッカ ――日和田山 Apr 23, 2024
紆余曲折を経て 【モンスナック 新宿紀伊國屋ビル店】 Apr 21, 2024
ハナコのたぬき 【アベイユ】 Apr 20, 2024
書店めぐりはハラが減る 【スパゲッティーのパンチョ 吉祥寺店】 Apr 19, 2024
誠実さが光る老舗の 【奈美喜屋】 Apr 18, 2024
歓楽街の街中華 【中華料理 五十番】 Apr 17, 2024
競馬場グルメシリーズ 【やなぎ】 Apr 16, 2024
パークウインズにつれてって 【東京競馬場】 Apr 15, 2024
198X年のぼっちメシ 【まつざか】 Apr 13, 2024
雨に降られて 【はなや】 Apr 13, 2024
Ranking
          
          
Category
Category-2