FC2ブログ

心のよりどころ 【龍巳うどん】

2021.05.13

 いまやっている仕事の一つはかなり厳密に期日が決まっていて、今月は17日月曜日がおしり、仕事用語でいうと校了日だ。現実には今日明日でほぼ終わらせないといけない状況だが、動きが鈍く大丈夫か…? と気をもんでいたら、いきなり動きだした。まだ明日もあるから今日はこれくらいでいいんじゃないの…? と思っても止まらず、今日中にけりをつけようという勢いなのだ。そういう工程上のゆらぎのしわ寄せはすべて僕のところに来る仕組みになっているから非常にストレスフルなのである。


210510 tatsumiudon-22


気晴らしに歩いて昼ごはんを買いに。


210510 tatsumiudon-21
高架化工事の巨大クレーンのあたりに旧店舗があった


「龍巳うどん」はいろいろあっていまの「龍巳うどん」になっているが、そのいろいろの一つが西武鉄道の「新宿線東村山駅付近連続立体交差事業」(高架化工事)。
線路沿いから道の反対側のいまの場所に移転している。


210510 tatsumiudon-25


店名変更後も変わらず繁盛しているようで、けっこうなことだが、混むのが苦手な僕は移転後店内で食べたことがない。すっかり“持ち帰りの店”になっちゃってる。
それもこのあたりのうどん文化の一側面で、このお店は今も昔もテイクアウト用の小窓のあるつくりなのだ。図らずもコロナ禍にマッチしていると。


210510 tatsumiudon-24210510 tatsumiudon-23


注文は3L 天付肉汁。


210510 tatsumiudon-26


毎度のおさらいだが、“L”とは「きくや」系共通のカウント法で、L=3玉を起点に、LL(4玉)、3L(5玉)、4L(6玉)、… と増えていく。3玉がベースということからもわかるように、1玉の量は多くない。


210510 tatsumiudon-30


半年ぶりの来店で、この間大きな変化があって、つゆ用のカップが付いてきた。


210510 tatsumiudon-28


それまではただビニール袋に入っていたんだが、考えてみればそれだと外で食べられない。
車等でカップ麺食べてる人っていますよね。ああいうニーズへの対応?


210510 tatsumiudon-29


久々の地元系うどんだからか、いつにもまして地粉の香りが強く感じられる。
店舗や店名が変わっても、たぶん変わらぬ味わい。
激動の時代、地域の人々の心のよりどころもいえる存在に違いない。


210510 tatsumiudon-27


[DATA]
龍巳うどん
東京都東村山市野口町1-4-66





[Today's recommendation]

wachat210513.jpg




https://youtu.be/Yy2uHAS-el0


ホッとする地元の… 【龍巳うどん】

2020.11.21

 気がつけば、うどん三連チャン ( ̄Θ ̄;)
それどころか11月の日付の記事はこれで8本目だが、うち5本がうどん。
期せずしてうどん強化月間中! の当ブログ。


20201121 tatsumiudon-11


三連チャンといっても過去2回はよそのうどんである。
今回は地元・東村山。いわゆる武蔵野うどん。
ヨソサマの味が続いたから地元のソウルフードが食べたくなった。それが三連チャンの真相であろう。


20201121 tatsumiudon-1220201121 tatsumiudon-13


いままた外食しづらい局面に入っているが、こういうとき使いやすいのがテイクアウトカウンターのあるお店。


20201121 tatsumiudon-14


市内のうどん店で、店外で受け渡しができるつくりになっているのは「龍巳うどん」だけだと思う。
3月に始まった飲食店支援プロジェクト「#東村山エール飯」への自分の最初の投稿が龍巳うどんというのも、そういう理由による。
(訂正・追記:「野口製麺所本町店」もテイクアウトカウンターが造り付けてあります)


20201121 tatsumiudon-15


注文は3L 天付肉汁×2。
実質的には相方2L、ワタクシ4Lというような消化量となる。


20201121 tatsumiudon-16


毎度おさらいだが、“L”とは地元有名店「きくや」系列店で使われるカウント法で、L=3玉を起点に、LL(4玉)、3L(5玉)、4L(6玉)、… と増えていく。


20201121 tatsumiudon-17


換算すると、相方4玉、ワタクシ6玉。つまり1玉の量は多くない。


20201121 tatsumiudon-18


やっぱり地元の味はホッとする。


20201121 tatsumiudon-19


思ったとおりのおいしさという予定調和的安心感。


20201121 tatsumiudon-20


ブログ記事もある程度コピペで済むという手抜き的安心感もあり ヾ(°∇°*)


20201121 tatsumiudon-21


[DATA]
龍巳うどん
東京都東村山市野口町1-4-66





[Today's recommendation]

wachat20201121.jpg




https://youtu.be/Z_hOR50u7ek



20201121 tatsumiudon-22
木枯らし2号


地元といえば…✋ 【龍巳うどん】

2020.08.08

 殺人的忙しさでインスタの更新もままならなくなっているワタシです ( ̄Д ̄;;

これを書いているのが8月12日夕方だが、昨日今日と一歩も外に出ておらず…。連休中も同じような状況で、この「龍巳うどん」も相方に買ってきてもらった。そういえば前記事もそうで、僕は今月ほとんど消費行動というものをやっていないんじゃないだろうか…?


20200808 tatsumiudon-22


お盆休みで帰っている長女が「地元といえば、うどんでしょ」というので、お昼は「龍巳うどん」に即決。
ここはコロナ禍でも安定的にお客が入っている印象だが、この日はいちだんと繁盛していたらしい。
やはりお盆で帰っていて、地元といえば… という人が多かったのかもしれない。
で、さっきからお盆お盆と言ってるけど、どさくさに紛れて今年お盆早くね?


20200808 tatsumiudon-24
うどんでろん


3L 天付肉汁×3お買い上げ。
実質的には相方2L、ワタクシ4Lというような消化量となる。


20200808 tatsumiudon-23


毎度おさらいだが、“L”とは地元有名店「きくや」系列店で使われるカウント法で、L=3玉を起点に、LL(4玉)、3L(5玉)、4L(6玉)、… と増えていく。1玉の量は多くなく、どこかの店で成人男性4~5Lと推奨されていたような…?


20200808 tatsumiudon-27


荷姿は、天ぷらは1人分個包装だが、肉汁は3人分大きい袋に入ってきた(写真撮り忘れ)。どちらも簡素なビニール袋で、汁は器に移すときにこぼす危険性が高い。うどんも容器の仕切りを乗り越えてでろんと盛り付けられているのはいつもの光景で、要するにこの容器はこちらの分量や商品仕様に合っていない。
持ち帰りのシステムに何か根本的なカイゼンが必要な気もする。


20200808 tatsumiudon-26


でもおいしいからいいや。
飾り気がなくざっくりでほほ笑ましく、うどんでろんは惜しみないもてなしの心。
地元を離れていなくとも「帰ってきた」と感じる、武蔵野うどん。


20200808 tatsumiudon-21


[DATA]
龍巳うどん
東京都東村山市野口町1-4-66





[Today's recommendation]

wachat20200808.jpg




https://www.youtube.com/watch?v=AeCXhAIaq20


「諏訪町店」改め「駅前店」改め… 【龍巳うどん】

2019.06.29

 相方が11時半から用事があるというのでゆっくり昼ごはんを食べている余裕がなく、午前中散歩がてら弁当でも調達しようということになった。
こういう場合にと前々から考えていて実現していないプランがあり、それを提案。
「『きくや』のうどん弁当ってのはどう?」


190629 tatsumiudon-26


ここでいう「きくや」は東村山廻田町の有名店ではなく、その系列の「諏訪町店」改め「駅前店」のこと。
店名が変わったのは西武鉄道の「新宿線東村山駅付近連続立体交差事業」(高架化工事)に伴い移転したため。移転といっても道の向かい側に80mほど動いただけだが、住所が諏訪町から野口町に変わった。移転オープンは2017年11月。

移転後一度も入っていないので、持ち帰りでも何でも機会があれば利用しておこうと画策していたわけである。


190629 tatsumiudon-32


ほぼ11時ちょうど。
踏切の手前から肉汁うどんののぼりが見え、店は開いているようでひと安心。


190629 tatsumiudon-11


お店の前に「龍巳うどん」と書かれたスタンド看板。


190629 tatsumiudon-25


はじめ“冬至うどん”とか“年明けうどん”のような行事食的な新メニューかと思った。東南の方角を向いて食べれば福を呼ぶ… とか(それは辰巳や… ヾ(- -;)
しかし看板の大きさといい、のれんにもロゴとして入っていたりで、どうも店名のようなのだ。


190629 tatsumiudon-30


持ち帰り用窓口で注文したあと、店長さん風のおねえさんに聞いてみた。
「店名、変わったんですか?」
「そうなんです。実は…」


190629 tatsumiudon-28190629 tatsumiudon-29


理由は… まあ、民法上の事情と申しましょうか (;^_^A …


190629 tatsumiudon-31


注文は、LL 天付肉汁650円、3L 天付肉汁700円。


190629 tatsumiudon-22


“L”とは「きくや」系共通のカウント法で、L=3玉を起点に、LL(4玉)、3L(5玉)、4L(6玉)、… と増えていく。
3玉がベースということからもわかるように、1玉の量は多くない。


190629 tatsumiudon-51


天ぷら(タマネギのかき揚げ)は小ぶりが4つ。小さいほうが食べやすくてよい。
うどんは小麦が香り、量も十分。


190629 tatsumiudon-52


新生「龍巳うどん」さん、がんばってください。
応援してます。


190629 tatsumiudon-27


[DATA]
龍巳うどん
東京都東村山市野口町1-4-66





[Today's recommendation]

wachat190629.jpg
◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3




https://youtu.be/ZBseZ6y7hDQ


名店の系譜とは 【きくや 諏訪町店】

2017.08.09

 武蔵野うどんの聖地・東村山で人気1、2を争うのが「きくや」。ただし、それは廻田町の本店の話で、こちら諏訪町の支店に関して言えば、少なくともネットのグルメサイトを見る限り必ずしも好意的な評価ばかりでもないようだ。

僕はきくやは本店よりもこっちの店を利用することが多い。
東村山駅から近いという利便性もあるが、ほかにもいくつか理由がある。


s-kikuya41.jpg


まず、諏訪町店は本店ほど混まない。これは諏訪町店がどうのというより本店の状況が僕には耐え難いということ。混みよう、客層がラーメンの行列店に似ていなくもない。
それに関連して、諏訪町店のほうが接客がソフトだ。おばちゃんがバリバリに頑張っている店は嫌いじゃないが、きくや本店ほど混んじゃうとどうしてもギスギス感が目立ってしまう。


s-kikuya37.jpg


そして、冒頭の話につながるんだが、“名店の支店のわりには”といった、ある意味宿命的な、なんちゃらバイアスがかかった不当な低評価が見受けられること。
これも人気ラーメン店を取り巻く状況を見るようで、つまり味が劣るというんだが、そんなはずないじゃん、と僕は思うので、むしろ積極的選択理由になるのである。


s-kikuya31.jpg


台風一過で今年一番の暑さのなか、街に人けはなく、お店も正午にしてそれほど混んでいない。カウンター席に4~5人、小上がり3卓はすべて空いている。
奥の席に上がり、3L 700円(僕)とLL 650円(妻)を頼む。
ちなみに「L」とはきくや独自の分量で、L=3玉が起点となる。以下、LL(4玉)、3L(5玉)、4L(6玉)… と増えていく。1玉の量は多くない。


s-kikuya36.jpg


店員は男性1人と女性4人。
ベテランぞろいの本店に対し、こちらは若手スタッフによる運営とされていたが、若手といっても店とともに年輪は重ねる。オープン25周年と、それなりに歴史のある店だ。
それでもにこやかで親切な接客は変わらない。


s-kikuya33.jpg


うどんはあっという間に出てきた。こういうところが低評価の原因なわけだが、僕はうどんの命はコシだとは思っていないので特に気にしない。しかも今日のはほぼゆでたてというコンディションだ。
ここはゆで置きというのとは違っていて、見切りで一定量をゆでている。だから早いときは早いし、ずいぶん待たされることもある。
武蔵野うどんの老舗格はお店によってシステムが違うので、麺の状態も店ごと、タイミングごとに違うわけで、それをそのつど楽しめばいいと思っている。もちろん、きくや本店も同様である。


s-kikuya42.jpg


肉汁、天ぷら付きがデフォルト。肉汁は鰹節がしっかり効いて、しょうゆとみりんの甘辛バランスがちょうどよい。
清瀬の系列店2店で最近食べたが、さすがに直系の貫禄というか、個人的にはいちばん好きな味だ。まさに原点回帰を感じる。


s-kikuya34.jpg


灰色がかった麺は地粉が香り、わしわしという食感が好ましい。
3Lでちょうどいいと思っていたが、今日はちょっと物足りない。実は僕には5Lくらいが適量かも、とか考えていると、いま入ってきた男性客が当たり前のように「8L」って…。そういう明らかに食いすぎの人を普通に見かけるのも、武蔵野うどんの特徴だったりする。


s-kikuya40.jpg


[DATA]
手打うどん きくや 諏訪町店
東京都東村山市諏訪町1-1-3





[Today's recommendation]


https://youtu.be/XDM1bZz3gQk



chat170809-22.jpg


Latest Articles
暑気払いの和菓子 【福栄堂】 Jul 30, 2021
日本の夏、カレーの夏 【大丸食堂】 Jul 29, 2021
焦がれてやまない… 【松ちゃん】 Jul 27, 2021
東京唯一の… 【やさいの食卓 八農菜】 Jul 25, 2021
いまも変わらぬ素朴な味 【内田酒まんじゅう】 Jul 24, 2021
夏の土用です 【うなぎ源八】 Jul 23, 2021
夏の休日 【ますも庵】 Jul 22, 2021
朝ラーふたたび 【十七代目哲麺】 Jul 20, 2021
あつがなついぜ! 【彩雅】 Jul 19, 2021
人と人が出会う… 【つむじ】 Jul 17, 2021
ゲリラ豪雨からの… 【鮮魚とゝや】 Jul 15, 2021
出口は見えるか…!? 【九州ラーメン いし】 Jul 13, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2