fc2ブログ

人と人が出会う… 【つむじ】

2021.07.17

 今年3月に取り上げている「つむじ」。
そのときは弁当ネタでこのブログになじみがよいので記事にしているが、ほかの月も「つむじ市」にはだいたい出かけている。朝市感覚で主に野菜を買っている。


20210717 tsumuji-11


そもそも「つむじ」とは何か。
部外者としてはいまひとつ理解しきれていないのでつむじさんのInstagramプロフィールを引用すると、“相羽建設株式会社のモデルハウスが建つ拠点、人と人と、モノやコト、文化が出会う交差点”とあり、えーと… むしろわかりにくい(笑)。
文字を追うよりインスタの投稿を見るのが手っ取り早いかと (;^_^A


20210717 tsumuji-12


その「つむじ」で毎月第一土曜日に開かれる市(マルシェ)が「つむじ市」。
本日、定期のつむじ市とは別に、相羽建設創業50周年記念の「つむじマルシェ」が開催されるというので行ってみることに。


20210717 tsumuji-13


基本的にはいつもの「つむじ市」と同じ構成で、土間では野菜や食品が売られ、庭には屋台が出る。


20210717 tsumuji-14
20210717 tsumuji-1520210717 tsumuji-36
20210717 tsumuji-16


野菜は「小山農園」など地元農家、食品は「味六」の餃子と「豊島屋とうふ店」の豆腐と「野口製麺所」のうどんと。
屋台は「キッチンカー はらぺこりん」のカレーと「そばの実カフェsora」の焼き菓子と。


20210717 tsumuji-17


このほか、土間の棟の2階でベジ料理「vege tha-bor」と中国料理「麻辣椀」の弁当、「くころcafé」のパンが売られていた。


20210717 tsumuji-18

20210717 tsumuji-20


昼ごはん用に「野口製麺所」のうどん弁当と「麻辣椀」のスペシャル中華弁当、ビールとコーヒーのアテに「くころcafé」のタルティーヌとマドレーヌを買う。👇


20210717 tsumuji-23

20210717 tsumuji-24


ほかにもいろいろ買おうと思っていたが、中華弁当が予想より高かったので思いとどまっている。

その「麻辣椀」の中華弁当であるが、開けてびっくり、高いどころか1000円とは思えない驚きの豪華特盛り。


20210717 tsumuji-2620210717 tsumuji-27
「麻辣椀」スペシャル中華弁当


チャーハンの周りに点心がたくさん。
ニラ饅頭、海老フライ、レンコンのはさみ揚げ、エビ蒸し餃子、シューマイ、錦糸シューマイ、中華蒸しパン、ゴマ揚げ団子の8点に、別容器でマーボー豆腐も付く。


20210717 tsumuji-2520210717 tsumuji-29


チャーハンは干しエビか干し貝柱かの香りとうま味が効いて、非常においしい。
点心もすべて本格的で、おうちで飲茶気分が味わえる。


20210717 tsumuji-32
「野口製麺所」うどん弁当ブタ


「野口製麺所」のうどん弁当は、前の「つむじ」の記事でも取り上げている定番アイテムで、安定のおいしさ。
「くころcafé」のタルティーヌはマフィンの上にジャガイモとナチュラルチーズをのせてオーブンで焼いたもので、ビールに合う合う👍


20210717 tsumuji-33
「くころcafé」きたあかりのタルティーヌ


人と人が出会う交差点ということでは「つむじ市」で知ったお店は少なくない。本日出品している「くころcafé」もその一つ。

ところで「麻辣椀」のお弁当、普段お店で買えるんだろうか?
ちゃんと心構えを整えて(笑)あらためて買いに行きたいと思いました。


20210717 tsumuji-22


[DATA]
つむじ
東京都東村山市久米川町4-34-6
http://tsumuji.life/





[Today's recommendation]

wachat210717.jpg




https://youtu.be/RSgRApOXd9Q



20210717 tsumuji-35
梅雨明けの空


月初め、辻に立つ市 ―1 【つむじ市】

2021.03.06

 毎月第一土曜日は「つむじ市」の日。
府中街道久米川辻近く、“手仕事”と“食”をテーマとした地域の人と文化の出会い・交流の場「つむじ」に立つマーケットである。


210306 tsumiji-28


いつもは野菜目当てに伺うが、今日は昼ごはんもここで調達することにしている。
食品としては地元農家の新鮮野菜のほか、地元飲食店の弁当・惣菜、パン、焼き菓子などが出品されるのだ。


210306 tsumiji-37


ぶらぶら歩いてでかけ、10時50分「つむじ」到着。
なんだか人が多い。
品物、少ない… ( ̄ω ̄;)


210306 tsumiji-22


一応、写真を撮らせてもらう。
「何も残ってませんけど(笑)」とレジのおばさま。「今日は皆さん、早かったんです」
一応確認したが、予定していた「味六」の餃子と「豊島屋とうふ店」の豆腐は売り切れ。


210306 tsumiji-21


弁当・惣菜系で残っているのは「野口製麺所」のうどん弁当2つのみ。
まぁ、これをメインと考えていたので、2つ残っていたのはラッキーだったかも。


210306 tsumiji-27-2


庭に出たところに焼き芋の幟が立っている。
うどんだけじゃ腹持ちが悪そうなので、ちょうどいいかも…。

ということで、うどん+餃子+冷やっこ予定の昼ごはんは、うどん+焼き芋になりましたと (^○^)
(焼き芋屋さんは次回掲載)


210306 tsumiji-32


「野口製麺所」のうどん弁当、2つで中身が違う。
一つは豚バラぶっかけ風で、一つは温玉。ハスの天ぷら、ワカメ、薬味は共通。


210306 tsumiji-34


ゆで置きでもおいしいうどん、揚げ置きでもおいしい天ぷら。
もうすぐ「野口製麺所」名物、タケノコ天ぷら&タケノコぶっかけうどんの季節であるなぁ…。


210306 tsumiji-33

次回へつづく)


[DATA]
つむじ
東京都東村山市久米川町4-34-6
http://tsumuji.life/





[Today's recommendation]

wachat210306.jpg




https://youtu.be/PmrkY-EZy74


あくなき探求心の… 【野口製麺所】

2020.08.28

 Instagramのある投稿に目がくぎ付けになった。
写真はぱっと見でもわかる、沖縄そば。好物なので、それだけで自分に訴えるものがあるが、そのお店、「野口製麺所」となっている。
野口製麺所で沖縄そば…?
アタマの中がぐーるぐる (ーー;).。oO


20200828 noguchiseimenjo-11


おさらいをしておこう。
ここ東村山はいわゆる武蔵野うどんの中心地の一つで、名店も少なくない。そんな“聖地”で「野口製麺所」は讃岐うどんを標榜している。いわば異端であるが、にもかかわらず人気トップクラス。まさに稀有な存在である。


20200828 noguchiseimenjo-12


そんな、武蔵野で讃岐… なお店が、今度は沖縄… というのである。
ぐーるぐる (ーー;).。oO もするわな。

しかしすぐに思考が整った。
うまいに決まってる👍


20200828 noguchiseimenjo-13


夏季限定らしいのでフォロワーさんに確認すると、「8月いっぱいという感じ?」とのこと。
ぐずぐずしてはいられないのだ。


20200828 noguchiseimenjo-14


投稿は市役所横の本町店のものだが、店のつくりがよりオープンな印象の本店でも食べられるのか、いちおう野口製麺所さんのFacebookを確認してみた。
すると、最近の投稿は沖縄そばが多く、そこからは試行錯誤の過程が見て取れる。


20200828 noguchiseimenjo-15


見方によっては、通常のうどんの麺を流用して“沖縄そば風”にしてみました… という展開を思い浮かべる人もいるかもしれないが、とんでもない。
麺もつゆもガチで本物を追求しているようなのだ。
「野口製麺所」が本気…!
ますます、うまいに決まってる👍👍


20200828 noguchiseimenjo-16


注文は沖縄そば×2。
いちおうお店の人に聞いてみると、「いちおう8月いっぱいだが、評判がよければそのあとも…」みたいなニュアンス。


20200828 noguchiseimenjo-18


沖縄そばはコーレーグースとともに提供。
「はじめそのまま召し上がってください。島とうがらしは辛いので気を付けて」と。


20200828 noguchiseimenjo-19


まずスープをすする。
かつおの香る濃厚だしなのに和風ではない。どこかエキゾチックというか、まさに沖縄。
Facebookによると、だしはベースに豚を使い、じっくりゆっくりと仕上げ澄んだ色にできあがったところに数種類のかつお節をふんだんに投入して深みを重ねていく… とのこと。
うーん、深い。


20200828 noguchiseimenjo-20


麺は薄いグレーの武蔵野うどん風で、粉の香りもあるからまさに地粉っぽい。
またまたFacebookによると、“同じ小麦粉なのに選ぶものと製法を変えるとまるで別物。言ってみれば中華とうどんの中間”と。


20200828 noguchiseimenjo-21


大きくて味の染みた角煮が3個。
紅ショウガで華やかムードも上がる。


20200828 noguchiseimenjo-22


麺、つゆ、肉の三拍子がばっちり決まったおいしい沖縄そば。
こだわりやチャレンジ精神が伝わってきて圧倒された。
本場で食べたことはないけれど、もしかして現地でもここまでていねいに作る店は少ないのではないだろうか。


20200828 noguchiseimenjo-23


[DATA]
野口製麺所
東京都東村山市野口町4-46-1
https://www.facebook.com/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%BD%E9%BA%BA%E6%89%80-130454557067401/





[Today's recommendation]

wachat20200828.jpg




https://youtu.be/Z9IODJdi3GA



20200830 shijukara
スマホのシャッター押しただけ。どういう理屈でこう写るの??


贅沢感いっぱい! テイクアウトうどん 【野口製麺所】

2020.05.05

 2週間前の「#東村山エール飯」の記事に“少なくともあと2週間以上緊急事態は続くわけであり、まだまだテイクアウトのお世話になるはず”と書いておきながら、その後2週間以上、パン屋と和菓子屋を除いてテイクアウトをしていない。
この状況は、やっぱり難しい。

しかし緊急事態宣言は延長された。
おそらくこのひと月の間、自分の意識は目まぐるしく変化してきているが、現時点で思うのは、この先、少しずつテイクアウトからでもお店の味を楽しむ機会を増やしていきたいということ。緊急事態措置期間の延長により経営環境がいっそう厳しさを増すものと予想される飲食店のわずかなりとも助けになればとも。


20200505 noguchiseimenjo-11


「野口製麺所」さんには先々月、ある記事にコメントをお寄せいただき、“近いうちにうどんを食べに伺おうと思います”と返信している。なのでちゃんとお店で食べる機会をうかがっていたが、ちょっと無理っぽいので、とりあえずテイクアウトすることにした。


20200505 noguchiseimenjo-12


このところSNS等でよく見る季節限定タケノコぶっかけうどんが食べたいとずっと思っていた。
いま本町店はお休み中とのことで、野口町の本店に電話。タケノコがまだ終わっていないことを確認し、もう1品はテイクアウトメニューを電話で教えてもらいつつ、鶏肉のとろろうどんというようなものを注文。


20200505 noguchiseimenjo-13


正式には朝採り竹の子うどんと伊達鶏とろろうどん、ともに920円。


20200505 noguchiseimenjo-14


タケノコは一昨年もいただいておいしかったのでよく覚えているが、おそらくお店敷地で採れるもので、たぶん孟宗竹ではない(不確かな情報で恐縮だが)。
甘辛く煮つけてあり、“美味しく炙りました”とある。これがふんだんにのっていて、しかも僕の好きな穂先や姫皮付きの部位だけでも5切れほどもあって、実にぜいたく。


20200505 noguchiseimenjo-15


伊達鶏は香ばしく焼いてあり、これもボリュームたっぷり。レモンを搾ることで、同じぶっかけでもタケノコとはぜんぜん違った爽やかテイストに。とろろも加わり、食が進む進む。


20200505 noguchiseimenjo-16


麺類のテイクアウト全般にいえることで、さらにこのお店はうちから近いというわけでもないので、どうしてもゆでたてとは違った状態でいただくことになる。そんなときこそ粉の素性が物を言うのであり、コシが少々落ちてよりしっかり咀嚼できるだけに、ごまかしが利かない。
自粛の日々に元気をもらえる、おいしいうどんでした。


20200505 noguchiseimenjo-18


[DATA]
野口製麺所
東京都東村山市野口町4-46-1
https://www.facebook.com/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%BD%E9%BA%BA%E6%89%80-130454557067401/





[Today's recommendation]

wachat20200505.jpg




https://youtu.be/N_ENSdLOblk


菖蒲まつりから、お約束的な 【野口製麺所】

2018.05.13

 昨日の予報より早まって昼すぎには雨が降りだすという。
やや遠方での街歩きを考えていたが、予定を変更して近場散歩に。

起点は東村山駅。
西口ロータリー~福寿司~トロル~弁天橋~弁天池公園~野菜直売所~ネギ畑~竹林~北山公園


180513 noguchiseimenjo-11

180513 noguchiseimenjo-13180513 noguchiseimenjo-14180513 noguchiseimenjo-15
180513 noguchiseimenjo-12

180513 noguchiseimenjo-16
180513 noguchiseimenjo-17180513 noguchiseimenjo-18


北山公園はハナショウブの名所として知られる。
当地はもともと、この地域では数少ない水田地帯。宅地開発が進みつつあった1976年、東村山市は自然環境保護の観点から都市計画公園としての整備を決定、ハナショウブの植栽を始めた。現在では300種・8000株(約10万本)の花が見られる。


180513 noguchiseimenjo-19

180513 noguchiseimenjo-20180513 noguchiseimenjo-21180513 noguchiseimenjo-22
180513 noguchiseimenjo-23180513 noguchiseimenjo-24180513 noguchiseimenjo-25


公園では毎年花の時期に「菖蒲まつり」が行われる。
今年は6月2日(土)~17日(日)と3週間先の開会だが、花はだいぶ咲いている。ほぼ“葉っぱまつり”だった「桜まつり」(4月7・8日、東村山市各地)のようなことにならないか、ちょっと心配。
というか、僕はこれくらいまばらなほうが好きかも。


180513 noguchiseimenjo-26


お昼ごはんは近くの「野口製麺所」へ。
なんか菖蒲まつりのモデルコースになっちゃってるが、商工会の手の者ではございません(笑)。


180513 noguchiseimenjo-29


武蔵野うどんの聖地・東村山にあって1、2の人気を誇る野口製麺所、実は讃岐系である。ちなみにやはり人気1、2の「こげら」も讃岐で、上位を独占され、このままじゃどこかの国技みたいになっちゃうから頑張れキセノサトじゃないけど、これまでこの店に入るのにためらいがあった。

しかし、このところ加須うどん吉田うどんと続き、やっぱりいろんなタイプを食べれば楽しいに決まっているし、そういう流れで讃岐に対する警戒心も和らいでいるところへもってきて、予定外の北山公園。
そういうシンクロニシティは大事にしたい。


180513 noguchiseimenjo-30


11時7分で、店内にはすでに2組5人のお客さん。
複雑な形の一枚板のテーブルの端っこに着く。


180513 noguchiseimenjo-31


讃岐系とはいえ、東村山市で営業しているからには地粉のうどんは扱っている。東村山地粉肉汁うどんは外せない。温かいのか冷たいのを聞かれ、香りが立ちそうな温かいものを頼む。
もう1品はぶっかけうどん。


180513 noguchiseimenjo-28


注文をとりにきた感じのよいおじさんにシステムをひと通り聞いてみる。
天ぷらとおでんはセルフ・自己申告制だそうだ。
「もうすぐタケノコの天ぷらが揚がりますから、今日明日でタケノコ終わっちゃうのでぜひ召し上がってください」


180513 noguchiseimenjo-36180513 noguchiseimenjo-37


ほかのところで書かれているので覚悟はしていたが、たしかに時間がかかる。
うどんが出てくるまでの間、揚がってきたタケノコとナスの天ぷらをとってきて食べる。オススメのタケノコは孟宗竹ではなく細めで長いタイプ。香りがよく、軟らかくておいしい。


180513 noguchiseimenjo-34180513 noguchiseimenjo-35180513 noguchiseimenjo-39


せっかくなのでおでん鍋ものぞき、たまごと牛すじをピックアップ。しっかり濃いめで、お酒が欲しくなる味つけ。
うどんのゆで時間が長いから待ち時間に、というサービス精神のセルフシステムなんだろうな。
で、注文から32分でうどん提供。


180513 noguchiseimenjo-33


地粉うどんは、香りと食感は武蔵野系らしくほっとする味。


180513 noguchiseimenjo-38-2


肉汁には豚肉と煮込まれたにんじんと白菜が入り、ほかにトッピング的に水菜と油揚げ。
青菜の糧がつくのは武蔵野っぽいが、薬味が小口ネギなあたりは讃岐DNAか。


180513 noguchiseimenjo-40


ぶっかけは、まさに讃岐系の強烈なコシ。
われわれには新鮮にすら感じる。


180513 noguchiseimenjo-32-2


菖蒲まつりにお出かけの際は… って、回し者ではないけれども素直にお勧めしたい。
それ以外の季節でも、オープンな席があって、豊島屋酒造「屋守(おくのかみ)」などがラインアップ。
最高の昼飲み条件がそろっている。


180513 noguchiseimenjo-27


[DATA]
野口製麺所
東京都東村山市野口町4-46-1
https://www.facebook.com/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%BD%E9%BA%BA%E6%89%80-130454557067401/





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=1H7Qfw33GKI



chat180513.jpg
◆ 猫写真はこちら


Latest Articles
門前〇〇そばシリーズ 【まことや 蓮馨寺】 Oct 22, 2021
鉄板の組み合わせ 【みんみん】 Oct 20, 2021
サッポロで朝ラー 【蝦夷】 Oct 19, 2021
人生初の…? 【山田うどん食堂 堀之内店】 Oct 17, 2021
ボリューム&ホスピタリティ 【一翆】 Oct 16, 2021
ニューノーマルな? 【らーめん しょういん】 Oct 14, 2021
甘いが贅沢なご当地グルメ 【新島田屋】 Oct 12, 2021
街歩きはじめました 【せいたろう】 Oct 11, 2021
一皿10ヶ○○円! 【珍来】 Oct 10, 2021
いまや貴重な… 【大龍】 Oct 08, 2021
新しいのか、新しくないのか 【新ラーメンショップ 堀兼店】 Oct 06, 2021
そうだ ○○、行こう。 【浅見茶屋】 Oct 05, 2021
Ranking
          
          
Category
Category-2