fc2ブログ

早咲き桜と老舗和菓子 【喜紫多屋 緑町店】

2022.03.13

 小金井公園に散策に出かけた。
公園の南を流れる玉川上水沿いには江戸時代にヤマザクラが植えられ、小金井橋あたりは関東一とも称された名勝“小金井桜”にあたる。


20220313 koganei-1120220313 koganei-12


それにちなんで小金井公園も有数のお花見スポットとなっているが、公園内には早咲きの桜や梅園などもあり、ソメイヨシノに先駆けてお花見が楽しめる。


20220313 koganei-13

20220313 koganei-14


小金井市総合体育館の横に自転車を止めて反時計回りに歩く。
以前それほど感心が向かなかった「江戸東京たてもの園」だが、入ってみたいと思った途端(コロナで)休園で、今日も重点措置につき閉まっている。


20220313 koganei-15


去年やはりこの時期に訪れ、外から古民家の写真を撮っていることを思い出し、同じ早咲き桜↑↑でパチリ。

ぐるっと一周して戻ると、あたりはすごい人出。


20220313 koganei-1620220313 koganei-17


“わんぱく広場”“わんぱく山”と公園売店「パークス」のある公園の中心地である。
日曜日なのでいくつかキッチンカーも出店している。

その中に“カー”ではない昔ながらのテント式出店を発見。
「喜紫多屋」とある。
あー、はいはい。知ってるわ。


20220313 koganei-18-19


小金井街道と北大通りの交差点から少し路地を入ったところにある老舗和菓子店「喜紫多屋」から東に600m、緑中央通りにある支店「喜紫多屋 緑町店」の売店が土日祝日に小金井公園に出ると…。けっこうややこしい。
そういう話は知っていたが、実際に見たのは初めてかも。


20220313 koganei-20-21


“いきなりまんじゅう”と“いきなりだんご”が目に留まる。たしか九州の特産品だ。
聞いてみると、「母が九州を旅行したときに食べておいしかったので再現してみたというものなんです」と売店のおねえさん。


20220313 koganei-22-23


さつまいもまん、いきなり草だんご、いきなりいもまんじゅうを1個ずつ買う。


20220313 koganei-24


さつまいもまんは生地を膨らませた“まんじゅう”で、いきなりの生地は小麦粉を練って蒸した“だんご”風。
どちらも素朴な感じがよい。


20220313 koganei-2720220313 koganei-2620220313 koganei-28


いつも思うことだが、たぶんケーキなら1個も買えない金額でこちらは3個も買える。
和菓子のありがたさをしみじみ感じる春の一日。


20220313 koganei-25


[DATA]
喜紫多屋 緑町店
東京都小金井市緑町5-20-26







[Today's recommendation]

wachat0313.jpg




https://youtu.be/rMI62SBiQBM



20220313 koganei-29


菓子で季節を味わう? 【御菓子司 三陽】

2018.09.23

 9月23日は彼岸の中日すなわち秋分、翌日は旧暦8月15日すなわち中秋の名月。
旧暦の日付は、月の満ち欠けに基づいて1カ月を定める太陰暦。
秋分は二十四節気の一つで、太陽黄経180度のとき。二十四節気は太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められる、れっきとした太陽暦である。


180923-sanyo-20 (2)


ちなみに旧暦は新月の日を1日とする。月の満ち欠けの周期は約29.5日なので、満月はだいたい15日になり、ひと月は29日か30日になる。
ここで、1年は29.5日×12カ月で354日。太陽暦の約365日と11日も開きが生じる。仮に同時に1月1日がスタートしたとして、10年放っといたら、太陰暦では9月中旬には大みそかが来てしまうのだ。
これを微調整するのが二十四節気。節気(中気)と月の関係から19年に7回の頻度で閏月を挿入する(1年13カ月となる)ことでズレを補う。
旧暦は“太陰太陽暦”と呼ばれる暦法である(詳しくはこのへんを)。


180923-sanyo-13.jpg


三鷹の宇宙関係イベントの帰り、宇宙を引きずった書き出しになってしまっている。
が、切り替えも速い。
お彼岸にはおはぎ、十五夜には月見団子(笑)。


180923-sanyo-14.jpg


ということで和菓子屋さんへ。
武蔵小金井の「御菓子司 三陽」は1971年創業の人気店。
こちらは麩まんじゅうが有名である。


180923-sanyo-11.jpg


入り口にガラスの大瓶にススキが生けてある。
しかも葉に矢筈様の白斑が入るタカノハススキ(鷹羽薄)と、風流にもワンランク上な感じ。
「ススキ、ご自由にどうぞ」
と、粋な計らい。


180923-sanyo-16.jpg


お月見まんじゅう、おはぎ各種、お彼岸だんご…。
いろいろあって迷う。


180923-sanyo-15.jpg


迷ったときは定番商品。
と、麩まんじゅう。こし・つぶ各180円×2。


180923-sanyo-21.jpg


麩まんじゅうは夏の和菓子だ。
季節感的にどうなのか、くどい前振りは何だったのか…。


180923-sanyo-22.jpg


暑さ寒さも彼岸まで、という。
“まで”はまだ含むので、ぜんぜんOK o( ̄◇ ̄ゞラジャ
と、強引にまとめ、さあ明日から秋。


180923-sanyo-12.jpg


[DATA]
御菓子司 三陽
東京都小金井市本町2-9-10





[Today's recommendation]


https://www.youtube.com/watch?v=QLncD0ta2jQ



wachat180923-2-22.jpg


Latest Articles
ちゃちゃっと買える! 【森のキッチン】 Oct 06, 2022
オーソドックス&完成度高い半チャンセット 【ラーメン喜楽】 Oct 05, 2022
古民家で釜めし&串焼き 【六左衛門】 Oct 03, 2022
武蔵野うどん究極形 【小平うどん 小平本店】 Oct 02, 2022
答えは変わらない! 【村山ホープ軒 東大和店】 Oct 01, 2022
街道沿いの中華屋さん 【宝来】 Sep 29, 2022
手づくり感いっぱいな埼玉銘菓 【高橋売店】 Sep 28, 2022
国史跡の奇観岩山 【吉見百穴】 Sep 27, 2022
昭和の観光地食堂そのままな 【松音屋】 Sep 26, 2022
そうだ 茶屋、行こう。 【厄除けだんご どびんや】 Sep 26, 2022
文化財建造物を誇る名刹 【吉見観音 安楽寺】 Sep 25, 2022
敵は…!? 【むらやま 久米川店】 Sep 24, 2022
Ranking
          
          
Category
Category-2