FC2ブログ

ご近所さん御用達は良店の証し 【中華料理 しまむら】

2020.02.09

 久米川駅北口から花小金井方面へ散歩。
久米川北口商店街からそのまま線路沿いに下って小平霊園へ。霊園を突っ切り、正門から出て表参道を小平駅へ。ホーム西の踏切を渡って南口ロータリーから多摩湖自転車歩行者道に入り、そのまま緑道をひたすら南東へ、花小金井駅南口まで。

これで約4.9km。昨日の倍以上の距離である。
このコース設定が賢明でないのはちょっと考えればわかることで、北西の季節風の強いこんな日に南東にひたすら進んだら…。帰りのアゲンスト強すぎ… ΣΣ (ゝω …

「腹が、減った……」
駅舎を通過して飲食店の多い北口へ。


20200209 shimamura-11


中華料理店「しまむら」は約3年ぶり。


20200209 shimamura-12


ホール奥側のテーブルをくっつけて大人数の宴席らしい準備が整っていて、面食らわされた。
「大丈夫です?」
「大丈夫ですよ」とお店のおばちゃん。
「もう始まっちゃう感じ?」
「うーん。そろそろ来てもいいころだけど、ボウリングのお客さんだから時間がはっきりしないのよ。騒がしいのが嫌でなければ…」
まあ別に、さっと食べるだけだから。


20200209 shimamura-14


このお店に入るのは日曜日と決まっている。なぜか必ず日曜日。
テレビで必ず『NHKのど自慢』が流れていて、あ、そうか… となるのだ。


20200209 shimamura-15


あと、このお店では必ずランチ600円を注文することになっている。
ランチは、トンカツ、エビフライ、目玉焼き、ハム、マカロニサラダの盛り合わせのワンプレートごはんである。
…と、さらっと書いているが、それで600円。
すごくないですか?


20200209 shimamura-18

20200209 shimamura-19

20200209 shimamura-20


ほかのメニューもおそろしく安く、ざっと挙げるとラーメン、ワンタンが400円、カレーライス、チャーハンが450円、チキンライス、玉子丼、ハムエッグライス、もやしソバ、みそラーメン、タンメン、ソース焼ソバ、堅焼ソバが500円、中華丼、ハンバーグライス、ワンタンメン、広東メンが550円と、1CL(ワンコインランチ=支払い額550円以下の食事メニュー)が16品もある。


20200209 shimamura-16
20200209 shimamura-17


そしてこの値段、3年前とまったく変わっていないのである。
消費増税を挟んでいるので、実質値下げ。もともと激安なのに、値下げ。
すごくないですか?


20200209 shimamura-21

20200209 shimamura-22


もう一品は五目ソバ600円。
五目ソバの具は、ハクサイ、タマネギ、ニンジン、干しシイタケ、チャーシュー、豚コマ、ハム、カマボコ、ナルト、ゆで卵、卵焼き、ノリ… の10種類以上と、これも600円とは思えない内容だ。
僕のイメージする五目ソバ(五目中華・五目ラーメン)は、澄んだ清湯スープだが、こちらのスープは白湯。マイルドでやさしい味わいである。


20200209 shimamura-23


食べ終わるころ、予約客の先陣が来店。驚くことに小さいお子さんを連れた若いお母さんだ。てっきりベテラン軍勢と思っていたが…。
何世代にもわたって愛され続けてきたであろう駅前中華の実力の一端を垣間見る思いがした。


20200209 shimamura-13


[DATA]
中華料理 しまむら
東京都小平市花小金井1-12-1





[Today's recommendation]

wachat20200209.jpg ◆ 猫写真はこちら その1 その2 その3

 にほんブログ村 猫ブログへ





https://youtu.be/H7HmzwI67ec

 にほんブログ村 音楽ブログへ




20200209 shimamura-24
小平市大沼町




駅前中華のお子さまランチ 【中華料理 しまむら】

2017.05.28

 この店に初めて入ったのは10年ほど前だろうか。はっきり覚えていないが震災前だったことは確かだ。
そのときは日曜の昼で、テレビでは『NHKのど自慢』が流れていた。家族が見るからなんとなく眺めていた子どものころ以来、おそらく30年ぶりくらいののど自慢。


shimamura22.jpg


年のいってるおじさんが三橋美智也の『古城』を歌っていた。この人はこの曲とは生涯の付き合いなんだろうなと思った。
歌詞の深みが違う、こういう場所で聴くと。

NHKのど自慢は強力なタイムトリップツールであるが、家で見ても何も起こらない。しかるべきハコ(シアター)で視聴してこそ、昭和に飛ばされたりもする。


shimamura23.jpg


本日は妻と長女と3人で来店。
正午でほぼ満席。客層は雑多で、若い人もちらほら。
家族経営だと思われるが、ホール係のおねえさんが意外に若い。きびきびと、しかしマニュアル的でない気持ちのいい接客。


shimamura25.jpg


長女がみそラーメン500円、僕がチャーハン450円、妻がランチ(トンカツ、エビフライ、目玉焼、ライス、スープ)600円に。


shimamura26.jpg


われわれの位置から庇テントの文字が裏返しに透けて読め、「2階ご宴会、ご会合にご利用下さい」と書いてある。大きな柱時計の後ろが階段になっているようなのだが、アコーディオンカーテンに閉ざされ暗く閉塞感が漂っている。本当にご利用できるんだろうか?


shimamura17.jpg


まず妻のもとにナイフとフォークが用意される。
いきなり洋食スタイルと意表をついてきた。


shimamura27.jpg


配膳はみそラーメン、チャーハン、ランチの順で、やはり目を引くのはワンプレートのランチだ。
張り紙の内容よりハムとマカロニサラダが多い。
スープがチャーハンと同じ、つまり洋食なのにラーメンスープというところが面白い。


shimamura19.jpg


型抜きライスといい、トンカツの上のケチャップにグリーンピース添えといい、これは昭和のデパートのお子さまランチそのものだ。絵づくりに旗を持参すればよかった(笑)。
「揚げ物もマカロニサラダも手作り感マックスで好ましい」と妻の感想。


shimamura20.jpg


みそラーメンは懐かし系で、モヤシ、タマネギ、ニンジンなど炒め野菜がのったもの。
チャーハンの具はチャーシュー、ハム、ナルト、卵、ネギで、グリーンピース添え。ちょっとしょうゆっぽい味付け。オーソドックスなタイプでとてもおいしいが、量は少なめ。しかし450円でこの内容はかなり良心的といえる。


shimamura21.jpg


本日もテレビではのど自慢。
若い男性が知らない曲を上手に歌っている最中、柱時計が12時半を告げる。
「ボーン」
鐘一つかよ(笑)。


shimamura24.jpg


[DATA]
中華料理 しまむら
東京都小平市花小金井1-12-1





chat170528-3.jpg


Latest Articles
田舎道に忽然と出現した… 【うどんやさん】 Nov 30, 2020
それでもハラは減るわけで… 【松屋】 Nov 27, 2020
門前の茶屋で大地の恵みを 【観音茶屋】 Nov 24, 2020
農村を巡り、体感するツーリズムとは Nov 23, 2020
ホッとする地元の… 【龍巳うどん】 Nov 21, 2020
関東(ry) ロード ―4 【つかさ】 Nov 19, 2020
意外に多い○○系 【うどんの讃輝】 Nov 17, 2020
丘を越えはるか 【村田屋】 Nov 15, 2020
軽く20kmほど歩いてみた 【村山温泉 かたくりの湯】 Nov 13, 2020
祝🎊 放映決定! 【ながしま 磯とり料理】 Nov 09, 2020
おもてなしの心 【ますや】 Nov 06, 2020
フワッフワのシフォンケーキ 【東村山シフォン】 Nov 05, 2020
Category
Ranking
          
          
Category-2